2013/2/8

レアチーズケーキ・ゼラチンの入れ方  

私はゼラチンを溶かすときは出来るだけ湯せんにかけるようにしている。電子レンジのほうが手軽ですのだが、後悔し易いから。
一般常識?食材の保存方法
あと、フィニッシュのゼラチンの混ぜ込みにはフードエキスパートセッサーを利用する人もいるくらいですので、ここは注意深く滑らかにまんべんなく混ぜるのがあのレシピのヒントだとおもいます。やはり泡だて器を使ったほうが良かったのでは。

補足ですが・・・底のグラハムクラッカーをよけて、固まっていないチーズ生地ゾーンだけをとり、湯せんにかけ、人肌熱いくらいの温度に温めてて泡だて器で滑らかに混ぜたら・・・たぶん、きちんと冷やしたら固まるようにリカ飲屋できたかも。現実的に復活させて何事も無かったみたいに創り上げおいしく食べたということがあるです。あと1、2gくらいゼラチンが色々な人々てもいいのだが、そちらの点はそういうにすごい目安じゃないかも。ゼラチン少な目のレシピもあるし、やはり沸騰させないように、でも注意深く溶かしてよく混ぜ込むほうが大切です。

混ぜ込みが足りないので次の日水分が出てしまったのです。
もし気に成るならヨーグルトは受け皿に置いたザルにガーゼを敷いた上にのせ、水切りをしておいたらいいとおもいます。次は熟練くいくとよいです。
0

2013/2/6

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ