2012/11/29

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2012/11/29

血糖値とタバコ  

血糖値と喫煙
喫煙が体に与える影響は大きく、健康志向の高まりとともに、禁煙をする人が増えています。また、血糖値が高い場合や糖尿病は、さまざまな合併症を招くので、禁煙は必須と言えます。
喫煙は、血管を収縮する作用があり、血糖値が高い人や糖尿病を治療している人の場合、血液がドロドロで流れにくくなっています。また、動脈硬化の症状も見られる場合は、さらに、血液の流れが悪くなっています。このような状態で、喫煙をすると血管が狭くなり、普通の状態でも血液が流れにくいのに、さらに血液の流れが悪くなります。このような状態になると、毛細血管にまで血液が届きにくくなり、足先の壊死にや心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めることになります。ですから、糖尿病や血糖値が高い人は、まず、禁煙を勧められるのです。また、ニコチンが体の中に入ると、アドレナリンが作用して、心拍数が上がったり、血圧が上がったりします。これによって、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めることになります。
長い間喫煙をしていると、依存性が高いのでニコチン中毒になり、禁煙をするのが難しいのが事実です。しかし、血糖値が高い場合や健康を意識しているのなら、禁煙を行いましょう。禁煙を補助するパッチは、これまで、病院で処方されていましたが、最近は、ドラックストアや薬局でも買うことができるので、禁煙をスタートしやすいと言えます。
タバコが血糖値を上げ、体に悪影響を及ぼすことがわかっていても、なかなかやめられない場合は、禁煙外来などを利用して、禁煙に努めるようにした方がよいでしょう。
輸入
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ