2014/4/29

ハクビシンの話し(6)  ハクビシン

 ハクビシンの手足を見てみます.あれ,手足はおかしいのかな?手ではなくて前足,後ろ足が正しいのではないだろうか.しかし,「猫の手も借りたい」とよくいわれるし.猫の前足は手と呼んでもよいのだろうか,どうなんだろう.

 あれ?

 疑問がふくらんできました.

 手か足か.

 それが問題である.

 サル(ある類人猿)は四足歩行から,二足歩行に進化.前足を手として使えるようになりヒトになった,のではなかったか.

 手と足問題は動物とヒトとを区別するとても重要な厳かな内容を秘めているのではないだろうか.

 このまま,人類の歴史にかかわるようなこの大きな疑問をうっちゃっておくことはできない.これでは今晩は眠ることができそうにない.

 考えずにおかりょうか.

クリックすると元のサイズで表示します
 これは右前足です.



 辞書で引いてみました.
 
 ー広辞苑「手」ー

人体の左右の肩から出た肢.(苦笑い)おお,人体の左右,先ず「人体の」とあるではないか.

人の手のように突き出ているもの.
あれ,これでは動物の前足もさすのでは?と見ていくと
@器具の把手・柄など.
A横木.
B蔓を絡ませるために立てる竹や木.
C幕などの乳を通してかけ渡す網.
Dほのお.

 動物関連はでてきません.
人体の手のように働くもの.
@働く人.働き手.ひとで.
A部下.配下.
B(動詞の連用形について)そのことをする人.分担する人.
Cくみ.隊.
D矢二筋を一組として数える語.
❹手を働かせてすること.
@持つこと.所持.所有.
A手で文字を書くこと.また,文字.
B能筆.能書.
Cうでまえ.技量.
Dてだて.手段.方法.
E相手に勝つわざ.策略.
F仕事をする力.
G手数.世話.
H(手を使ってする)器楽の演奏.また,楽曲.
Iかかわりあうこと.交際.関係.
❺手で指すもの.
@方向.方角.側面.
A種類.
B人品.風采.
❻自分の手.
@手前.自分.
A水から手を下してすること.
❼相手から受けたきず.
❽@代金.「酒−」
A江戸時代の雑税の一.

 以上.〈青文字は広辞苑より引用〉

 どうやら広辞苑は「手」はヒト,人関係のみに限定しているようです.ところが「大辞林」を引くと,
「手」
@人体の肩から先の部分.手首・てのひら・指先などをさすこともある.また,動物の前足をいうこともある.(青文字は大辞林引用)とでています.どうも大辞林のほうは広辞苑より,もう少しおおらかなようです.

 しかしですよ,イノシシの前足をイノシシの手といいます?また,牛や馬,シカの前足をあなた,手といいます.

 まてよ,蹄系は前足を手とは呼びにくいが,指が付いている系はどうだろう?

 犬には「お手」と命令して,人の手のひらに前足を乗せさせるという芸をさせるが,あれは犬の「手=前足」を乗せろというつもりで命令するのが正しいのか,それとも犬の「足=前足」を人の「手」に乗せろと命令するべきことなのか,どちらなのだろう?

 だんだん疑問が広く深くなっていきます.

 ここで再び広辞苑に出てもらって.お手=「御手」A犬などに,前足をあげて人の手に触れるように命ずる言葉.(青文字は広辞苑引用)

 やはり,あくまでも「前足」です.犬の「手」では決してありません.広辞苑は一貫しています.この姿勢は好きです.

 さて,大辞林のほうはどうか,やはりA犬に,前足をあげて人の手に触れるように命ずる言葉.(青文字は大辞林より引用)とあります.
 比べてみますと,違いは広辞苑では「犬などに」と「など」を使い犬以外にも使うことがあるということを含ませていますが,いっぽう大辞林の方は「犬に」と犬だけに限定しています.

 これは少しおかしい.

 世の中には猫にだって「御手」を命令する人がいるかもしれないではないですか.猫はしらんぷりをすると私は思いますが,それでも「御手」を命令したり,懇願する人は後を絶たないかもしれないではないですか.

 私はイノシシのハナ子にときどき「御手」と命令しています.(反応はなし)

 これはどう考えても広辞苑の方が大人ですね.

 こうして,「手」問題は思考が千千に乱れ,なかなか明確な答えが出てきません.

 結論として,わたくしといたしましては,やはり人間と動物との違いを際立たせることに重きをおきたいと考える次第でして,そういう理路整然とした論拠により,大辞林よりも広辞苑を支持したいとおもうものであります.

 「手」問題はこれぐらいにして(こうした緻密な考察も数日たつと忘れ,ハクビシンの手と言いだすかもしれません.が,まあ,年寄りですのでおゆるしください)ハクビシンの手じゃなかった前足を見てみます.

クリックすると元のサイズで表示します
 上が左手じゃなかった,左前足で下が右前足です.


 
 どうです.どう見ても足の裏という感じでしょう.全身毛に覆われているのに足の裏には毛がほとんどありません.木を掴みやすく,滑りにくくなっています.

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは後足です.

クリックすると元のサイズで表示します

 後足の裏にもほとんど毛がありません.人間の足の裏ではかかとに当たる部分に短毛が密集しているように見えますが,これは毛ではなく皮膚がブツブツと盛り上がり濃い茶褐色をしています.

 尻尾といい,足の裏の構造といい,やはり樹上生活に相当適応しているようです.

クリックすると元のサイズで表示します

 ハクビシンが寝ている姿です.

 毛が生えていない足と鼻先を体の中心に,まるで包み込むようにして寝ています.
 
 べつにふてくされて寝ているのではありません.寒いときでしたのでこういう姿勢で寝ているのであって,暑い時期は腹天で足を突き上げて寝ているかもしれませんが,夏,寝姿を見たことがないのでわかりません.
4



2018/1/30  11:15

投稿者:中村義仁

お世話になっております。

私日本テレビで番組制作をしております。
株式会社日企の中村と申します。

現在私たちの番組内でハクビシンについてとりあげておりまして、
その中でハクビシンの手がどのようになっているのかを説明するために
画像を使用したく思いましてご連絡させていただきました。

番組の内容など詳しい情報をお伝えしたいと思いますので
下記の連絡先にご連絡いただけるとありがたく思います。
何卒よろしくお願いいたします。

中村義仁
nakamura@nichiki.co.jp


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ