2018/4/28

ラム・パターン・ハンドル(Lamb pattern Handled)-(5)  ラム・ハンドル・ハンター(Lamb Handled Hunter)

 
 ラム・ハンドル・ハンター(Lamb Handled Hunter)は、トーマス・ラム(Thomas Lamb)氏によってデザインされたハンドルを使用し設計されたシースナイフで、1954?年から1964年まで販売されました。使用されたハンドルデザインは、1945年12月に、ニューヨーク市のトーマス・ラム(Thomas Lamb)氏によってU.S.パテント2,390,544が取得され、ガーバー社に使用を認可したものでした。ガーバー社ではそれをラム・パターン・ハンドル(Lamb pattern Handled)と呼びました。
 1947年9月に、ラム・パターン・ハンドル(Lamb pattern Handled)を初めて使用して、アバクロンビー&フィッチ・ハンター(Abercrombie & Fitch hunter)が発売され、1953年4月まで販売されます。刻印は右側に(GERBER)、左側が(ABERCROMBIE & FITCH CO.) 、下側にラム・ハンドルの特許番号が打刻されていました。
 その後、ラム・ハンドル・ハンターとなり、クリップ・ポイントからストレート・ポイントになります。刻印は右側に(GERBER)、下側(ラム・ハンドルの特許番号)にとなります。1955年から下側に(GERBER)のみとなり、1965年からは、マグナム(Magnum)と呼ばれ1969年まで販売されます。刻印は下部に『GERBER のみのものとGERBER・エクスカリバーマーク、GERBER・MAGNUM・エクスカリバーマーク』となります。
その(5)マグナム・ハンター・キャッツタング&スチールコンボ

 マグナム・キャッツタングは、1965年から1967年に販売されました。 製造は約1年です。
 キャッツタング塗装は、融解したステンレス鋼をハンドルに噴霧したもので、ざらざらした猫の舌の感触に似ているという事でキャッツタング(猫舌)のマグナムと呼ばれます。
 ナイフは●全長:256mm ●ブレードの長さ:127mm ●ブレード材:ハイス鋼にクロームメッキ ●ハンドル材:アルミキャスト・キャツタング
 カンガルーシースにスチールが納められたコンボです。

 スチールはフィールドでナイフの切れ味が落ちたとき、タッチアップするためのものです。
 キャッツタングの製品そのものが稀少ですが、このコンボの製品はさらに少なく状態の良いものはとても少ないものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 メルカリに出品しました。
 https://item.mercari.com/jp/m58125079632/です。
 販売済み
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ