次回公演予定


2018年8月16日(木)〜19日(日)
ノーコンタクツ
『パイレーツ・オブ・トレビアン2〜呪われた最後の海賊たち〜』
大塚萬劇場


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2018/3/10

言葉を纏ふ〜纏の二 太宰治『きりぎりす』〜   公演情報

2016年
お芝居を始めて15年経ったことを記念して
一人芝居に挑戦しました

その時戴いた温かいお言葉を
積極的に真に受けて
今年、第二弾を打ち上げます


あさがお企画
「言葉を纏ふ 〜纏の二 太宰治『きりぎりす』〜」

※あさがお企画とは、私が一人芝居を打つ時の屋号です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◯日程

2018年5月18〜20日

18日(金) 19:00
19日(土) 15:00/19:00
20日(日) 17:00


◯場所

Gallery&Space しあん
(東京都台東区東上野1-3-2)
都営地下鉄大江戸線 新御徒町駅より徒歩1分


◯チケット

2500円


ご予約はコメントでも承りますが
TwitterやFacebookをご利用の方は
そちらで「あべあゆみ」を検索して戴き
ダイレクトメッセージを戴くと早いです
1

2017/6/18

『二十歳の原点2017』  公演情報

2013年に上演し
その後4回も
同じ時期に
同じ脚本で
同じ演出で
同じ出演者で
上演し続けてきた
『二十歳の原点』

今年で5回目になります

「再演」はよくあることだけど
これだけちゃんと「再演」する公演は
そうはありません
劇場は変わったりしたけれど
それでも内容は全く変わりません

変わったことと言えば
「出演者がちょうど1年歳をとった」
「観る側もちょうど1年歳をとった」
それくらい

本当にわずかな
1年歳をとったことで起こる変化は
観てわかるものではないのかもしれません

それでも
稽古場で1年ぶりにこの作品に触れてみると
1年ちゃんと自分が生きてきたということを実感します

20年というところで
変化を止めてしまった女性
生きていたら68歳

そういえば私が「先輩」と呼んでいたある人は
33年で変化を止めた
生きていたらこないだ40歳になっている


私は37年
たぶん変化し続けています

変化を止めようという気持ちは
わからないものではありません

けれど


けれど

去年の舞台の写真を見て
1年分だけでも変化した自分が
誇らしく思えたりもするのです

クリックすると元のサイズで表示します

当たり前のことだけど
自分ひとりでは何も出来ない
変化も継続も

私に
明日も元気でいたいと思わせてくれる
人や言葉に
改めて感謝します
4

2016/11/19

ねこぐすと熊楠  公演情報

今、最終稿が出来上がりました
上演はいつかと言えば

9時間後です

自分が読む文章を
自分で書くので
困るのは自分だけだから
ギリギリまで考えたり直したり出来ます

でももう少し早ければ
もっとしっかり準備が出来るのに

夏休みの宿題は
8月31日まで本気になれないタイプです

今回は、限られた客席数ということもあり
小さな発表になりますが
また機会を作って
上演出来たら、と思います

何しろ、もっと知名度上がれば良いのに
って思うのですよこの人

南方熊楠

少し知ってみると、本当に面白い

おりこうさんのお手本にはならないけど
こうやって物事を見ることが
本当の勉強なんだろうなって思う


本日11月19日(土)19時半より
30分くらいの短いお話が
千歳烏山の
自然派ワインバー烏楠 で
上演されます
0

2016/1/31

2016年の私  公演情報

2015年は
隔週でブログを書く目標を立てたものの挫折し
せっかくの自分個人の宣伝の場を
有効活用出来ず

「ぶっ、ブログ?いちおう、あります…けど…」


あちこちで目が泳ぐ結果になってしまったので

2016年は
月一度の更新を目標にしてみます



昨年の読書数は結局91冊
目標の100冊には届きませんでした

今年も目標は100冊
内容も少しは上げていかないと
年齢と反比例して脳が退化していくので
なんとか頑張ります


今年は
2月にオフィス再生の『英霊の聲―正気』
3月にモデルになった作品の展示会
4月に緊縛系の舞台出演
5月に初めての一人芝居
6月にオフィス再生の『二十歳の原点』
8月にノーコンタクツの舞台出演

…が決まっており
今書いてるだけでも若干の眩暈を覚えるくらい
盛りだくさんの一年になります


一つ一つをおろそかにしないように
時間を無駄にしないように
行動していこうと思います


今年もよろしくお願いします
1

2015/8/6

『天皇ごっこ〜母と息子の囚人狂時代〜』  公演情報

クリックすると元のサイズで表示します

オフィス再生
『天皇ごっこ〜母と息子の囚人狂時代〜』

見沢知廉没後10年・高橋京子三回忌追悼公演

◯日程

2015年8月28〜30日

28日(金) 19:30
29日(土) 13:00/19:00★
30日(日) 14:00

★29日19時はプレトークがあり、混雑が予想されます


◯場所

千歳船橋APOCシアター
(東京都世田谷区桜丘5-47-4)
小田急線 千歳船橋駅より徒歩2分


◯チケット

前売・当日共 3000円
(全席自由)

ご予約はこちら



見沢知廉という人の作品に関わり始めたのは
2007年の三回忌公演
もう8年が経ちます

その間、私が出演したものだけでも
舞台が5作、映画が1作
見沢さんの人生を描いた作品が上演されました

今までと今回で違うのは
見沢さんのお母様・高橋京子さんがいらっしゃらないという事
亡くなられてから、初の上演です


観て戴くことも感想を聞くことも
もうありません

でも
彼らがいたことを知っている私たちは
多分これからも作品を創りつづけるのでしょう


生きることや死ぬことが
色んな物語のテーマになりますが
現在の私の感じる限り、この作品のテーマは
「遺されること」です


私たちはきっと
幸福な
「遺りもの」
なのです
0

2015/4/27

『ベランジェ』  公演情報

そう
本当に考えるべきは
何が「正しい」のか
ではなく
何が「バカバカしい」のか
ではないでしょうか


EgofiLter(エゴフィルター)
『ベランジェ』

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


◯日程

5月13〜17日

13日(水) 19:30
14日(木) 19:30
15日(金) 15:00★/19:30
16日(土) 15:00/19:30
17日(日) 15:00

※開場は開演の30分前です


◯場所
シアター711
(世田谷区北沢1-45-15)

小田急線・京王井の頭線
下北沢駅 徒歩7分


◯チケット

前売 2800円
当日 3000円
ペアチケット5000円
★15日(金)15時の回は平日昼割2000円


今の日本では
基本的人権ってものがあって
みんなが生きる権利を主張出来て
差別があると怒って良くて
平等である事が美徳で
そんな価値観が当たり前だけど

そうではない時代があり
そうではない国家があり
そうではない民族がいる

同じ生き物である人間に
迫害しても良いのだと
迫害するべきなのだと
それが正しいことなのだと

それぞれが大きな声で
自らの正しさを主張するけれど
その「正しさ」とは
どうして正しいのでしょうか

もしかして本当に考えるべきは
「正しさ」ではなく
「バカバカしさ」なのではないでしょうか
0

2014/4/20

楽園王版『青森県のせむし男』  公演情報

物語は
誰しも当事者であると同時に
誰しも傍観者なのであります

楽園王
『青森県のせむし男』

クリックすると元のサイズで表示します

寺山修司「青森県のせむし男」フェスティバル参加作品

原作・寺山修司


日時/2014年5月2日(金)・3日(土)

2日(金)19:00
3日(土)14:00/19:00


劇場/日暮里d−倉庫(JR日暮里駅 南口より徒歩10分)


チケット/前売2,500円・当日2,800円

 
出演/鈴木瑛貴・あべあゆみ・岩澤繭・村田望・政井卓実・植村せい・大畑麻衣子


予約フォーム



あの人は遠く北国からやってきた

奇妙で心が美しい『背負う男』は
母の物語の迷宮に巻き込まれて
いつまでもいつまでも
子供のまま成長しない……

寺山修司の『青森県のせむし男』、まもなく開幕です
1

2014/2/19

もの2けの姫  公演情報

パロディー
→著名な作品の構成や文体を巧みに取り入れ、風刺・滑稽・諧謔などを、目的に作り変えた文学作品。

オマージュ
→尊敬、敬意。また、賛辞。献辞。


…ということで
やっぱりこれは
パロディーというよりは
オマージュだろうと思うけど
どうかしら



ノーコンタクツ
『もの2けの姫』


クリックすると元のサイズで表示します

「もののけのひめ」と読みます


◯日程

2月21〜23日

21日(金) 19:30
22日(土) 14:00/19:00
23日(日) 13:00/18:00

※開場は開演の30分前です


◯場所
シアター風姿花伝
(新宿区中落合2-1-10)

西武池袋線 椎名町駅 徒歩6分
西武新宿線 下落合駅 徒歩8分
都営大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分


◯チケット

前売 3000円
当日 3500円


◯キャスト

麻見拓斗
長沢峻太

前田綾香
鈴木俊哉
尾鷲知恵(マグネシウムリボン)
青井利佳
あべあゆみ
田久保柚香(劇団くるめるシアター)
水出浩子(劇団Peek-a-Boo)
弓取尚太
秋山慎治(うぃなぁエンタテイメント)
榊原悠祐
永野百合香(シノハラステージング)
野瀬山麻子
古山彩美(護送撃団方式)
茂木祐輝
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ