次回公演予定


2018年8月16日(木)〜19日(日)
ノーコンタクツ
『パイレーツ・オブ・トレビアン2〜呪われた最後の海賊たち〜』
大塚萬劇場


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2017/12/23

ただ石があるだけの場所  通り過ぎた日々

あまり信心深い方ではなく
心霊現象の類はむしろ信じない方ではあるけれど
墓参りは行く方だと思う
 
舞台でその人の作品を使わせてもらうとか
その人の人生を作品にさせてもらうとか
そういう時に
わりと行く方だと思う
 
太宰治は三鷹の禅林寺
三島由紀夫は多磨霊園
 
高野悦子は栃木県の宗源寺
岸上大作は兵庫県の共同墓地
南方熊楠は和歌山県の高山寺
 
見沢知廉は駒込にある光源時
 
そして今回は
阿部定事件の被害者である
石田吉蔵さんが無縁仏として祀られているという
麻布の専光寺に行ってみた
 
 
お墓には特に何もない
石がある
 
お墓によっては
それ相応のカルシウムのかけらがある
 
それだけの場所だけど
それでも行くと少しだけ
ご挨拶した気分になる
 
よろしくお願いしますと
頑張りますと
ひとこと言うだけで
来て良かったなという気持ちになる
 
ほぼ無宗教の国と言われているけれど
根付いている気の持ちようは
ちょっとありがたい宗教の匂いがする
1

2017/11/5

評価と氷菓は同じ音  通り過ぎた日々

歳を重ねるごとに
「知らないひと」が怖くなってる気がする
 
たぶん
人が表情に出さない範囲で考えてる事の多さを
だんだんわかってきたからだと思う
 
誰かの記憶に残ることは
評価が記録されることと同じ
 
なるべくイイところだけ見せられるように
舞台ではイイかっこをするのだけども
 
普段は
もうこれ以上
誰かの記憶に残りたくない
散々な評価をされたくない
そう思うから怖いんだろう
 
とは言いながら
また新しい団体さんに参加して
舞台に立とうとしてる
なんだかんだ言って
残りたいんだろうな
 
I scream!
0

2015/8/14

みんないってしまう  通り過ぎた日々

今まで多くの教師にお世話になったきたけれど
中でも一番の「恩師」と言えるのは
中学3年の時の担任


社会科の先生で
黒板に地図を描くのがやたら上手かった
教え方も色々と工夫してくれていて
テストの問題がクロスワードパズルになってる事もあった


ほぼ日刊の学級新聞「轍(わだち)」は
卒業後まで発行され
最後は1995年4月20日で第230号
週休二日制が徐々に始まっていた当時
実際に登校していた日数を考えると
もはや日刊を越えていると思う


20年が経ち
当時よりも本を読んだりモノを考えたり
関わった舞台により社会的な知識も増え
今こそ先生とまた話が出来ればと
何年か前から思っていた


同窓会を機に担任に連絡を取ったという知人の話にも後押しされ
20年ぶりに連絡を試みた
卒業アルバムに掲載された住所を頼りに
暑中見舞いを書いた
郵便番号が5ケタしかない事に時代の流れを感じる


宛先不明で戻ってくるかもしれないな
先生からの返事が来たら一番嬉しいな


数日後、実家の方に先生の娘さんから連絡が入った


先生は、私の暑中見舞いが届く2週間ほど前に亡くなられた


今日、先生の自宅を訪ねてお線香をあげさせてもらった
連絡をくれた娘さんも、先生の奥さんも、
お盆の忙しい中に訪ねたにも拘わらず
快く迎えて下さり
先生の話をたくさんしてくれた


私には
先生が私を覚えている、という自信があった
暑中見舞いを見れば「あっ、アベチャンだ!」と思い出す先生が想像出来た

でも先生に暑中見舞いは届かなかった

遅刻の多い生徒ではあったと思うけど
また遅刻してしまった


あと一年
あと一か月
早く連絡していれば
きっと先生と飲みながら話が出来たのに


いつか、いつかと行動しなかった私は
なんとのんきだったのだろう


先生と話がしたかった
うっとおしいほどの話が聞きたかった

先生があの時ああ言ってくれたから
今の私があるんですと
ありきたりだけど心からほんとうの
感謝を伝えたかった



先生の遺したものは多くあるけれど
私自身もまた
先生の遺したものの一つ
伝えられなかった感謝をめいっぱい抱えて



こうして生きている限り
私は遺されていく
0

2015/8/2

鈴木邦男さんの生誕祭  通り過ぎた日々

鈴木邦男さんの生誕祭に参加させて戴き
たくさんの面白い方々に挨拶してきました

クリックすると元のサイズで表示します


頭脳警察のパンタさん
クリックすると元のサイズで表示します


『止まった時計』の著者の松本麗華さん
クリックすると元のサイズで表示します


なぞかけ職人のねづっちさん
クリックすると元のサイズで表示します



色んな方がいらっしゃってました
鈴木さんの周りの方々を見ていると
「右翼」とか「左翼」とか
所属団体がどうだとか属性は何々だとか
そういうカテゴライズが
とっかかりとしては非常に便利でわかりやすいと同時に
話していくうちにとっても無意味になるということを
強く感じます

私はね
どんなに立派な肩書をもっていても
どんなに壮絶な行動をしたと語られても
どんなに崇高な思想を持っていると言われても
お酒を飲んでだらしなくなる人には敬意を払いません

エラい人は尊敬しますが
エラそうな人は軽蔑します


そういうカテゴライズで
「好き」「わりと好き」に分類される人と
たくさん会ってきました

良いイベントでした
ありがとうございました
0

2014/1/2

2014年の目標  通り過ぎた日々

2014年が始まりました

今まで達成出来なかった目標たちを踏まえ
今年の目標を立ててみる

ブログの更新は
週一だと挫折したので

隔週で年間26回
これを最低ラインにします

読書は年間120冊
映画は年間12本
和服を着るのは年間6回


2014年を
充実させらせるかどうかは
私次第

2015年を迎える時に
悔いる事のないよう
良い一年にせん事を
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/3/28

速さ、にお金を払う  通り過ぎた日々

ネット環境に、ひかりを導入
さらに
auのサービスにより
Wi−Fiとやらも導入

我が家でもステッカーを貼っちゃいたくなった

「Wi−Fiつかえます」


何しろ
PC、iphone共に
接続が速くなった
色んなものがサクサク動く
待ち時間がない

今までより通信料は高くなるものの
その分速くなったので
待ち時間を買ったようなものか


脊髄反射社会と言った人もいたけど
何しろ今は全部速い

情報も速い
変化も速い
コミュニケーションも速い
マクドナルドで食べ物が出てくるのも速い


速い事は、ムダがなくてありがたい

だけど
たまにムダが必要な時もあるだろう

大いなるムダ

それを否定したら芸術は成り立たないだろう


お金を払って速さを手に入れた
でもたまには
ルーターの電源を切って
のんびり耳かきでもしながら
接続中のアイコンを眺めるのもいいかな
0

2013/1/8

良い図書館がある街  通り過ぎた日々

引越してきてはじめて
家から一番近い図書館に行ってみた


自転車で数分の近さ
入るとすぐ
月毎にテーマが変わるらしい棚があった

1月のテーマは「江戸」だそうだ
浮世絵とか、職人とか、江戸時代の食べ物とか
絵本とか、写真集とか、文芸書
わざわざ探すことはあまりないけど
目にすると興味深い本がたくさん


これはいい


これはいいぞ


蔵書数が膨大と言うほどではないけど
比較的新しい本や
話題になった本がある

CDコーナーも
雑誌コーナーも
案外充実していて
何より見やすい

職員さんの雰囲気もいい
良い図書館ですね


高校時代
別に本好きでもないくせに
練馬区内の全ての図書館に行ってみた

新しいところも古いところも
それぞれに個性があって
練馬区は
いい図書館が多いのだ

しかしながら練馬区の図書館は
区内在住・在勤の人しか利用登録が出来ない
(世田谷区は他区在住でも出来た)

よそ者に厳しい図書館、練馬区

身内に優しい図書館、練馬区


良い図書館が近くにあるんだし
この際、積極的に本を処分しよう


古本屋がなんだ
ネットショップがなんだ
電子書籍がなんだ

まけるな図書館
がんばれ図書館

よし
ちゃんと税金を払うぞ
0

2012/11/26

そろそろ浮かれ締め  通り過ぎた日々

引越しを強行し
ようやく、新居でのネット環境がどうにかなった

iphone5を入手したおかげで
テザリングが可能になり
回線を引かなくても
インターネット等を利用出来るようになった


そしてようやく
ブログを見なおしてみると


まる二か月放置

一応、毎週更新しようと目標を定めたものの
引越しという新しい目標と
実際に引越して変化した環境に浮かれまくり
隅っこに追いやられてしまった

iphoneという新しいツールを手に入れたおかげで
毎晩の就寝時間も遅くなってしまった


ちょっと
浮かれすぎてやしないかい


池袋で新しく始めたバイトは
居酒屋の厨房

出勤二回目にして
まかないのネギを刻みつつ
自らの指まで刻んでしまい
止血した辺りで貧血を起こすという失態を演じた

それでもドジな新人に対する態度は温かく
新しい職場に恵まれた自分の幸運を噛み締める

私はとっても良い職場に出会えた
この職場にとって
私との出会いが良かったとは
まだ言えない


この文章を読み返したとき
懐かしく笑えているように

そろそろ
浮かれるのはおしまい
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ