2011/11/25

水まわり!?  装備品

ウォシュレットトイレの課題:水圧・・・相応の水圧がないと放出されない。
最近のクルーザーヨットは電動ポンプとアキュームレーターが装備されていて全く問題ない。
Con嬢のように古い船は足踏みポンプですが、足踏みは節水や節電には大いにメリットがあります!
一度足踏みポンプの先にホースを取り付けて試したら結構な勢いで放出した!
しかし、?ちをしながら足踏みはちょっと違和感があり、再考を要す。

次はお風呂湯ポンプ(残り湯を洗濯機に送るやつ)を買ってきて、ポリタンにポンプをセットしてAC電源で試したが安物(AC-DC10V0.9A吐出圧9L/min)で弱い。コードを切ってBatteryに直結したら少し良くなった。
しかし、便座はACでしか作動しないので、Battery保護のために、新しくより良いポンプ(AC-DC12V1.5A吐出圧18L/min)を購入した。
今度は気持ちよく放出!(洗浄するときのみにポンプSWをONにする)

20Lのポリタンに2個のポンプを入れて1個はシャワー用にした。
ポリタンはトイレ裏の物入れに収まりトイレルームはすっきり!

クリックすると元のサイズで表示します

5mの水ホースをポンプにつないでBatteryのDCで外に防水SWを取り付けコクピットシャワーの出来上がり!!
(これから冬を迎えると云うのにちょっと気が早いよね!?)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/11/7

上架整備  準備&整備

ヨットオーナーにとって年1度のメインイベント:上架整備・・・
今回初めて新西ヨットハーバーのヤードでこの週末に実施したが生憎の雨・・・・

それでも、クラブの同僚艇ゆうばれと共同作業、双方12人で晴れ間のわずかな時間に一気に仕上げたが、下架は1日伸びて晴れの3日目になった!
此処は船台使用料が高く、日程がかさむと負担が大きくなってしまう。

今年はツートンカラーの船底に!?
塗料が足りなかったのではなく、塗料の性能を検証するのと、外洋で転覆した時(想定したくないが)救難機からの発見を容易にするための色にしてみました!(写真)

従来のSeajet033(黒)は今年のように良く走ると塗料が研磨されて、その後フジツボの付着が多くなる(半年持たない)。
赤色の塗料は本船用のもの、赤色しかないが「ゆうばれ」の実績をみると良く走っている割にはフジツボの付着が少ない。
ひょっとして赤色がフジツボの嫌いな色かも!!??
クリックすると元のサイズで表示します

共同で上架整備をするといろいろメリットがあって助かる。
特にペラクリンはいつも余って廃棄していたが、このペラクリンのセットは2艇で丁度の量である。
それと、何よりも大勢でワイワイ作業するのは楽しい!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/11/1

新艇から学ぶその@  装備品

先日のフローティングヨットショウでHG31から拝借=背もたれのSetup!

ワッチ交代でちょっと横になりたいときにライジャケやカッパを脱いでそのまま横に!!

また、バースを少しでも広く取りたい時に・・・・Good Idea!


クリックすると元のサイズで表示します

ウオッシュレットトイレも取り付け完了(同ヨットショウで岡崎33Cから拝借)!
便座の水圧課題は未了、今日の作業はここまで!!

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ