詳細。。  釣り

風邪を押しての釣行、皆さんはマネしない様に。。
左の一番上は通常釣れるサイズです、小さく見えるでしょ、
クリックすると元のサイズで表示します
その下5匹は21〜23.5a、
アジって童顔???だから〜こじんまり写っちゃう。

右にも21aぐらいの魚がボチボチ居ます。
並べてない中にまだ まずまずの型がまだ交ざってました,,,

セイゴ、キス、アジ全体。。
キスも まずまずのサイズが釣れて即爆風...
クリックすると元のサイズで表示します
一応キスポイントですからこれぐらいのポテンシャルは秘めてますぜ!
でもPE0.4でやるのは無理があるなー最低でも0.8じゃないとヤバイです。

そうそう、ラストの追い込み1時間ではアジに交じってメバルが4匹釣れました。
それはそれは 掛けやすいメバル君、ただ 今のリグに違和感無く見事に掛けられた!

越前でも威力を発揮するのは間違いない!
どのレベルにもっていくかがキーになってくる。

鳥羽リグもあるのですけど---これの欠点は根を嫌うこと。
小さな根を把握して突っ込むのは問題ないですが 越前のようにガタガタでは...

そんな事を考えつつアジと戯れておりました。
本当に見事な 前アタリから 食い込ませ アワセ!までの流れ 教科書通り(笑)

どんな教科書??アジ用があれば欲しい。。
そんなこんなで リグ用の素材をプロショップオオノさんにて買出ししてきました。

どこも売ってなくて ライギョ用品にそれはありました(爆)
視野は広く持たないといけませんねー

まだ体調がイマイチ、早く全開で 地味ぃ〜〜〜〜〜なアタリを取りたいデス♪
0

凪から爆風しかし…  釣り

仕事が終わり 慌てず走り出す。
ルートは同じ、しかし 途中 曲がろうと思っていた場所を通過、

多少のことはOKOK、しかし 鳥羽が近づくにつれ 眠気…
ハンドルを切っている途中一瞬記憶がー

そんなタイミングで買出し、何とか踏ん張りポイントへ、
ポイントには数人、お目当ての場所にはエサおやじが陣取る。

後にそのおやじ、ヤッカイなおやじと判明!!
釣れる場所は1ヵ所、おやじの左側のみ 道具を迷わず運び 投げ始める。

前回 話した兄ちゃんにもらったヒントをいかしてー
即 答えが出た!ワームの関係で少し強くアワセを入れてます!

1匹目ゲット!すぐ2匹目!
アタリが見事に出るのでかけやすい。

あたりがなかったらすぐにレンジ変更でアタリが出るが徐々に失速…
エサおやじも失速、エサおやじが竿を片付け出したので 終わりですか?と聞くと、

イヤ、エサは止めてルアーをね。まだやるんかい!
悪いが今の状況はかなり厳しいと思う おじさんやるまでもないと思うけど。

場所が空かない、けど 深いレンジで魚は反応する。
そこまで 送り込んで あのアタリを取れるとは到底思えないー

だいたい竿を立てて、あまり書くまい...
少しして釣れずに帰っていった、昨日は12時まで釣れたけどな〜 と言い残し・・・

ルアーじゃなくてウキ釣りででしょ、とは言いませんでしたけど。
場所が空いたけど 潮止まりで アタリが出なくなった、私も場所移動。

この時点で13匹、やっぱり本命の場所でないと数が稼げないな。
前回通過しているので 気をつけて到着、すぐに投げ始めると ポンポン!とすぐに2匹釣れる!

しかし 抜けが多発、この時点でまだ違和感を感知できていない。
そんなタイミングでセイゴが掛かる、これが感知を遅らせてしまう,,,

ちょっと型のいいセイゴがバレているのか?なんて思っていた、
そんなことを思いながら場所を動きつつ 魚の食いやすいレンジキープを探しているとー

何とか追加できる程度に釣れてくる、しかし時折 水面でバレたり 抜けが多い。
それにアワセ切れが2回 さすがに0.8号ではかなり厳しくなってきたな...

1ヵ所だけ 同じ場所でアタリが出るが どうしても掛けられない場所があった、
何度もバラシていると 他の魚に影響するので 少し休ませて投げていた、

ここで アタリが出る!と構えて ツ-   ---ポワン--(ここでアワセていたが待つ)---ズン!バシっ!
デデデデデ----- バシャバシャ----暴れる魚を迷わず抜くがちょっと大きめのセイゴかー

アジだょ〜〜〜!22・3aのアジが中を舞う!
あのアタリはこんなサイズが当たっていたのか、それで抜けるんだ!

やはりそんなサイズは口も硬くアワセも確実に入れる必要がある、
そこへ0.8号ではタイミングが合えば簡単に切れるし皮一枚ならバレる。

そんなこんなで 気づいた時にはすでに遅し、夜明けで終了。
一晩目後半は23匹、月夜にこれだけ釣れればOKでしょ!

場所の威力を感じます!私の力じゃないですね。
それと体力がよく持ちましたょ、場所を移動して仮眠します。





一応、起き出して竿を持つ。
今回の場所は キスポイント、ほぼ車横付けさ(笑)

投げてすぐ 赤チン、アンタかー
次は オオモンハタのチビ、これが最近どこも多い。

そしてグ-フ- そしてキス!
ベラが来て ドドン!と来て太いキス!

もう1本太いのが釣れた。
この頃から南風が強く吹き出す、ヤバイなー

3匹キスを追加して場所移動、
しかし 風裏はエサ釣り師に陣取られ釣りにならず。

ややこしい場所はグ-フ-4連発、
キス1匹でキスの部は終了。

場所移動と買い出しに向かう。
そこから場所取り場所で仮眠。

マジ寝してしまいそうで怖い...
何とか起きてエサおやじが帰るのを待っていると おやじは4時半頃帰っていった。

入れ替わりでポイントに入るが 右からの風が強い!
投げて使えるタックルを選択、フィネッツアはダメ。

ストレンジには飛ばせるリグを準備、
オリジナル改はジグヘッド単体用で準備。

投げてラインの扱いをチェック、
どうもストレンジがしっくりこない。

オリジナル改と一応フィネッツアに変更、
徐々に暗くなり---しかし風は強いまま、まいったな。。

そんな中 違和感でアワセ、巻きを入れるとアジだったー
こんな風で違和感のアタリはキツイな〜

ラインメンディングをしっかりして フォールカウントをしっかり決めて挑む、
キッチリ刻んで狙わないと何がなんだかわからないですょ。

カウント10、違和感でヒット!
次も同カウント10で違和感でヒット!

次は無い、カウント13で違和感を察知 ヒット!
同じでは食わないのでカウント16で違和感ヒット!

次は一気にカウント5でヒット!
カウント10に下げてヒット!

同じでは食わなくて 7でヒット!
レンジを探しつつ風にあおられつつ2匹追加。

途中大勢で現われたルアーマンの1人が声をかけてきて 稲沢から来ていると、
上飯田のお客みたいだ。

なので一応〜ヒットしているワームと釣り方を教えていたら1匹釣れた。
使っている竿はインバイト63、竿は軽いが使い方を間違えると ただの棒。

風が強く厳しい中の1匹は貴重である。
そんな時 現われた ヤッカイなおっさん。

昨日ウキで釣ってルアーで釣れなかったおじさんだ。
私が教えている間に私のやっていた場所に入って投げているし 本日は仲間連れ、

自慢話をしつつ投げているが一向に釣れる雰囲気無し。
一昨日 ジギングに出て ハマチ3匹にスマガツオ1匹!

魚 美味かった〜!とお仲間に話している。
釣果渋かった〜じゃないのね.... 高い金を払ってそれだけじゃダメじゃね??

そう言えば昨年も自慢話をずっとしていたのを思いだしました(汗)
ブチブチに根掛かって切りまくり コブラヘッドがなくなった〜 と言っていた。

コブラヘッドでやってたの??今の魚にはフックデカくね??
この前違う場所で デカイアジをかけて寄せたまでは良かったが抜いたら切れた、とも。

きっと魚が大きくないとアタリは取れないのだと思いますね、
どうぞそのまま大物ハンターでいっておくんなさい(笑)

そんな自慢話も聞きたくないので私は場所移動。
昨夜バラシまくった魚の確保に向かいます!

ポイントは一応風裏、しかし巻き込む風が強く苦労します。
昨夜と同じ感じで前半パタパタっと釣れて沈黙、しばらくするとパタパタ,,,

回遊待ちな感じ、昨夜よりも時間が早いので慌てずに魚を探すと 浅い方向に魚が居る。
しかしそれは パワフルな大きめのアジな感じだー

案の定 かけバラシ多発(汗)
さすがに大きく何かを変えないと魚は確保できない。

そう判断してポイントを移動、
その替わってすぐ フルキャストで 巻きに入ると ゴン!

バイトのみ、そのまま巻く ゴゴン!バイトのみ、ゴっ!ヒット!
竿を絞り込む引きでアジ登場!場所でこんなに引くか?!

数投目、フルキャスト巻きに入った瞬間 ゴゴっ!フルアワセー???
ラインが上にぃ?????魚はかかっているけどまだラインは上???

そうかキャストで出たラインスラッグが風にあおられて宙に浮いているところでバイト!
魚がかかっても空中に浮いていたんだ〜、なんて言ってられない〜

魚が凄く強い!!!
上がってきたのは20aオーバー!

こんなのが食ってたら08じゃダメだわ(汗)
その後 2回ほどアタリだけで魚をかけることができず,,,

場所を動く、風に押されながら投げ下ろし かなり飛んだな。
ゴ ゴン!ヒット!これアジのアタリか??

凄い衝撃が伝わるが…
それにアブアジ832が毎回大きく曲がる。

魚によってはロッドのパワー不足を感じるほど 魚が強い!
上がってきたのは通常のアジより少し大きい程度。

遠投から巻いてきてそろそろピックアップ---ドン!竿が引っ手繰られる!!
真っ直ぐに のされるとラインが切れるがアワセでかろうじて竿に角度ができた。

何とかラインブレイクはのがれた〜
豪快に走り回る魚を抜くとー 今日イチのサイズのアジでした!!

後に23.5aと判明---丸々太ったアジでした。
沖に居るかと思えば足元でヒットしたり 投げた全域のどこかでアタリが出る状況〜

そんな時間も夜明けにて終了。
最後に7-8匹追加できて後半26匹、前半10匹でしたからまずまずかとー

でも二晩目は魚のサイズが良かったです。
最後の1時間は濃い時間でした!!

アブアジを使って北陸で釣行していた頃とリグもほぼ同じ、
魚のサイズが2〜3a上がると こんなに引きが強くなるとは,,,

これを ほっておくバカは居ないですよね、
次回も鳥羽釣行決定デス!!

フロロ1号を駆使してバラシた魚の確保に向かいます!
もちろんフックもワンランク上げていきますょ^−^)

まだ鳥羽で踏ん張ります♪
ちなみに 二日間同じ匹数じゃね13+23と10+26 ピッタリ36匹!

二日間で72匹でした。。
1

風邪。。  釣り

月曜から体調が少し変だった、
会社で働く人間が風邪だらけなのだ。

迷惑極まりない。
それでも残業…

火曜の帰り 車を降りて一気に寒気に襲われた!
薬を飲んで即ダウン、本日 何とか熱は下がったので定時まで働いた。

かなり厳しい体調ではあるが,,,
ただ明日は半年に一度になった病院のため仕事はお休み、やれやれ...

明日は午前中病院で午後はプロショップ桜山へ買出しに向かいます!
尾鷲方面の情報も仕入れたいので 上手く体調をキープしたい。。

桜山オリジナルロッド・アジトのプロトがあれば触ってみたい。
ただパッツン系らしいので---



追加、、
木曜は半年振りの病院です。
それと2週間仕事の関係で予約を伸ばしました。

久しぶりに訪れた病院は相変わらず人が多い。
季節の変わり目だから患者もおおいのだろう。

まずレントゲン、そこから 内科、ここまでは順調ー
しかし呼吸器内科で待たされる、1時間20分ぐらいだったか...

あんなに病人の多いところで 風邪で体調が悪いのに待たされては〜
だるいところへ 順番が回ってくる。

診察はすぐに終わるから問題はないのですけど、
女医の先生が産休に入られるそうでー

疲れとだるさで頭が働かず 何も気のきいた言葉も掛けられませんでした。
次回からは(半年先だが)代わりの女医さんが来るらしいです。

もう その場では そんなことも考えていられない状況だったので速攻帰宅。
食事後しばし仮眠、何とか起き出して 予定の桜山へ向かう。

アジトのプロトがありました!
名前はバビロン オールソリッドのワンピースモデル!

重すぎず軽すぎず なかなかのラインを狙ってきてます。
50tカーボン使用が大きなポイントで粘りと張りを出し、感度も備えた感じですね。

ただ問題は価格で47800円だったと記憶してます
50tカーボンがかなり高価らしいです・・・

魔界ではワームを少々、ライン フロロライトゲーム150m0.3号1260円を購入。
全て尾鷲対策なんです 徐々に尾鷲ムードを上げていかないと。。

夕食前には帰り 一応土曜の休みの可能性に対応して鳥羽の準備をしてました。
でも微熱があるのか だるいだるい〜〜



明けて金曜は通常なのですが、だるいだるい!
そのまま働き昼の時点でやっと 土曜が休みになると知る。

準備しておいて良かったが、体調が思わしくない。
それでも働いて3時過ぎから何とか だるさが和らいだ、なら 鳥羽でしょ。

4時半頃 やっと 釣りに行くことを決めました。
0

詳細。。  釣り

今回はセイゴが良くかかりました。
やはりスローな誘いに反応がいいです、ただ本命ではないので...
クリックすると元のサイズで表示します
サイズも小さくなってやり取りに苦労しなくてもすみます。。
鳥羽のセイゴはクセが無いのでとても美味しく頂けます♪

19匹並べて 並べるのは終了〜
魚をさばくのが優先です!ジツワ メンドウナダケデス!
クリックすると元のサイズで表示します
氷をガチガチに効かせたのでアジがパンパンです!
魚を取り出すのにトングを使わないと手がぁ〜〜〜〜

セイゴは三枚おろしに、
身が真っ白でしょー^−^)
クリックすると元のサイズで表示します
エラを1匹づつ切って海水の入ったバケツに入れてますから。
手返しは悪くなりますが 美味しい魚を食べたいのでしょうがないですね〜

アジをさばいていて 気づいたら 「ラ王」の後ろ姿,,,
クリックすると元のサイズで表示します
今回は魚の数が少ないのと 身がとてもシッカリしているので荷崩れ無し!
あっ アジ崩れでした(笑)ア・ジ滑りも発生せず。。
クリックすると元のサイズで表示します
中間の小骨も今回は切り落としてます!
骨切りでもいいですけど 骨は無いに越したことはありませんから。
クリックすると元のサイズで表示します
ラ王を切り崩すとこんな感じになります。
最大22aのアジは半身丸ごとなんて 大きいですけどー

これが全然大丈夫!美味しく食べちゃいました^O^)
セイゴは本日フライになってましてコチラも美味しかったデス。


補足、
明け方前の約1時間なぜ変化に気づかなかったかと言いますと---
回収からのキャストまでは 一連の動作でいいのですがー

巻きスピードを安定させる為に一定のハンドル回転をキープしていると…
途中 居眠りが〜 立ったままヨロっ また回収からの一連の動作〜居眠り,,,

これでは気づけるはずもなく〜 もったいない時間を使った訳です。
当然魚もかかりません。



それと 場所を譲ったお兄さんは 替わってすぐにアジをかけていた、
そのワームとカラーを聞いて 持ってても使ってなかったょ〜

そのお兄さんお得意のワームなので私が使っても釣れないかも知れませんけどー
アレンジして使ってみようと思ってます!

お兄さんより沢山釣る為に へへへ...
そのお兄さんと少し話をしていて 使っている竿は月下美人だった、

その人も言っていたが 竿の流行がパッツン系なのか 5匹かけて2匹は落としていた。
ただアタリは感知しやすいみたいだが---

しかし 抜けアタリ そんなアタリは取れません… と言ってました(笑)
10回アタったら3回ぐらいは抜けるアタリが出るけどねー

ツ- ツ- ツ-   ツ- 今のアタリだよ〜
巻いている時は ------- -- 1gのテンションが抜けてー

運がいいと その後にギュン!と竿先が一気に入る。
しかし そこでアワセるとバレる確立が高い。

抜けた瞬間に気づいたら 私の場合 竿を上げて魚のくわえているテンションを
探すかリールを巻きながら掛けアワセにいってます。

掛けアワセから今気をつけていることがありましてー
これは企業秘密♪♪

抜ける感じで全然かからないのは潮がそこで効いている場合もあります。
前を横切る潮を漁港内の巻いて出てくる潮と当たる場所などは 逆に重くなったりしますょ。

有名な方々はすぐに ヨレを探すと言いますが そう簡単なモノではありません。
たまたま釣れた場所に何回か通って下げのタイミングだとここヨレてね?!

となる程度だと思います 実際、
やはり数を通って沢山釣って知るのが楽しいし発見が多い!

短時間で答えを出そうなんて無理なんです。
私なんて何年通っていると思っているのですか(笑)

アジングはちょうど1年たちました。
全然掛け足りない!!これからじゃ!!



そうそう、少し話は戻って お兄さんと話していて
月下美人はカーボンソリッドの先なんですょ〜 と、それはわかっている。

アブはショートソリッドをうたっている。
そうか!オリジナルの弱点を見つけた!

ついつい まるまるブランクを使おうとするのが間違いで〜
ツメるのは怖い(竿が硬くなる)が試してみる価値はありそうだ!

これでまたオリジナルを製作する理由ができてしまった シマッタ,,,(笑)
1

鳥羽、猫・狸・鳥・兎・爺・婆・鯵・鱸。  釣り

平日、全て残業… だだ疲れ状態(汗)
土曜も残業だとか ぬかす、が さすがに土曜の残業は回避...

仕事 終わりから走る、
今回は天候が安定しているから かなり厳しい釣りになるのは予想がつく。

なぜ厳しいかと言いますと、天候が良いと人が増えるんです。
かえって雨の方が人が少なくて助かります、寒いけど。

道中 渋滞もあったが 民家の近い田舎道を走っていてー
快調に走っていると 猫が出てくるんだょ〜 と思った瞬間!猫ダッシュ!

おぉ〜 減速で間に合った、猫め〜(怒)
一晩でタヌキ3、野ウサギ1、フクロウ(ミミズク?)1、どんだけ出て来るの---

釣り場に着くと 人が多い、やっぱり,,,
エサ釣りじ○いにやられまくり。

スキマにちょっと入って3匹ほどキープ、
面倒だから 場所移動、すると今度はエサ釣りば○あ(滝汗)

どちらも 立ち居地を押さえられ撃沈。
元の場所を見て他に移動しようと 戻ってみるとじじ○だけになっていた、

これは ○じいそろそろ帰るかもしれないので近くで様子見。
なんとか2匹追加したころ やっ○じじい退散!

すかさず交代で投げてみると 一撃!
やっぱり、 場所なんだょ完全にー

微調整しながら魚を見つけ連発でかけていく!
他に釣り人も増えてきたので場所を譲り 私は移動することに、

この時点でアジ25匹 セイゴ少々、もう少し追加を狙う。
AM1時半、移動していて釣り場を通り越す(核爆)

疲れが,,, そんなことも言ってられない!
ポイントに入り投げると すぐに反応が出る、

ツ ポワン バシッ!ビリビビリリリ--- アジゲット!
こんな感じで3匹ゲットしたところから 掛けバラシ・抜けが連発する。。

何かタイミングがズレている、それに気づくのに1時間ほどかかってしまう。
前回からフックを替えているが 魚の活性が落ちているのに気づくのが遅れた---

フックを交換した瞬間からアジがかかる様になり セイゴがなぜか連発〜
1時間も 無駄な時間を… 夜明けにて終了(汗)

ラストはアジ12匹、セイゴボチボチ。。
合わせて37匹、セイゴ15匹でした。

今回は じーじとばーばにやられました、
こりゃ これから鳥羽の後半戦は苦労するな,,,,
1

詳細。。  釣り

仕事がね〜残業続きでね〜疲れてます。。
週末は問題なく 鳥羽 行きますけどね。

今回の釣果。アジ・キス・セイゴです。
クリックすると元のサイズで表示します
アジは85匹居るので 並べられません。
今回は並べる前に気づきました(笑)

アジ・キスフライ用の山。。
クリックすると元のサイズで表示します
開きにしてから ゼイゴの処理もしてますょ。
開いてからキッチンバサミで切り落とすとダメージが少ないみたいです。

これは定番の刺身!旨い!
クリックすると元のサイズで表示します
今回は あぶりをする余裕無しー
魚をさばくだけで一苦労ですゎ,,,

まぁ釣れたからOKOK^−^)
0

爆風撃沈!キス狙いから 奇跡の巻き返し!!  釣り

今回は連休になりました。
なので仕事終わりから走りました!

湾岸は快調!名四も快調!霞までは,,,
やはり渋滞、四日市の後半 追い越し車線で2台の車がー

無理やりでも路肩に寄せろょ!!
道の真ん中で電話をしているアホ!!

それを抜けたら快調!
白子周辺ダラダラー鈴鹿からは裏道で快調!

通常の鳥羽20分遅れ、
それに この風は何??

しょうがなくこの前のポイントに入る。
何とか釣りになるので早速 始める。

前回よりも風が強い!
ラインメンディングをサボれない。

やっとラインさばきが落ち着いてきた頃、
シャクリに違和感 ビシュ!ジ----来た!1匹目ゲット!

しばし沈黙、潮が低いなー下げの 底前後か、
潮全体が左に流れる、できたら右に流れて欲しいところだがー

どうも正面より左ではアタリが出ないので右に送り込みたが それができないのだ。
右には障害物があるので距離は出せないが右イッパイに投げてー

カウントも少なめ 誘いを入れると食った!
作戦成功で2匹目ゲット!同じ場所に------- 反応なっし。

ここでアジキャロスワンプを投げると すぐにアタリが出るが食い切れないみたいでかからない、
続けてアタリが出るがフッキングに持ち込めないー で 沈黙。。

アジは居るけど反応させられない、
しかし リグを替えたときに 1発で食う。

ワームを替えただけではダメ。
スリム君改にしたときも1発。

1gから0.4gに替えたら2投目で食った。
色々試していて気づきました、1gを軽く使うのには無理があるのでー

0.4gを0.6gみたいに使う方が違和感が無い。
飛距離を稼ぎたいのと ジグヘッドの重さを確実に把握したいので 1gにこだわってましたが,,,

オリジナルロッドを使えば 0.4gも問題なく使えますので 0.6gなんていったら〜
ありがたい限り(笑)

フィネッツアで竿先が1a入るアタリが 5aは入るので 明らかにアタリが出る。
オリジナルで1aしか入らないアタリはフィネッツアでは手に持つロッドの違和感でしかない。

こんな爆風ではそれを把握するのは難しい。
竿を替えつつリグもアレコレ 周辺を歩いて散策メバルがドン!

一瞬 おっ!と思うが 走りに速さがないからな〜キミは、
15aぐらいのメバル君リリース。

やはりアジが食う場所は1ヶ所、
新規でポイント探しもいが この風では…

それに仕事の疲れが 通常しばし休憩なんてしないのですが---
30分ほど休憩、海の状況が好転することを祈りzz,,,

起きた時の身体の重いこと...
さぁどうだ!潮も満ちて来てー

渋っ!渋いのか居ないのかわからん!
でも突然 釣れるんだょー

気持ちは 江頭2:50の どうよ〜〜〜
時間は無常に過ぎて 夜明け、あきらめた!

と思った瞬間キスが釣れた@。@)
キスが居るのかー なんて関心してたら もう1匹釣れた@。@:)

ここでマジ一晩目終了。
苦労してアジ9匹、キス2匹でした。




仮眠後 8時頃に起き出し 今度はキスを狙ってみる。
大きく移動してキスを探すよりも今居る場所のキスをさがすのも手かと…

夜アジが釣れる場所で投げてみるが グ-フ-のオンパレード,,,
場所を動いてみる すると底を切った瞬間 ドン!ジ--------------

何が食った???
ハンズアップで頑張るがーストレンジ敗れる〜

根に行かれました。。。
緩めると ズ-ズ- 魚は居るんだけどなー

出て来ないから 少しでも反対側に近い方に大きく移動ー
もうこれ以上いけませんょ〜 2・3度 綱引きをして緩めてー

もう一度綱引きぃで出た!
重い魚が浮いて来た はぁ〜デカイ磯ベラ デブデブの25aクラス,,,

ガッシーなら良かったのに、リリース。
今度は反対側に移動してのんびり投げる。

ベラでこんなに疲れるとは...
日差しが厳しくなってきた、

駆け上がりが近いから根掛かりに気をつけないと、
思った瞬間 ゴゴゴ!ヒット!

あ キスじゃん!
やっぱり駆け上がりの際に居たのかー

わかれば 駆け上がりを叩く。
平地は一応スローに誘い 駆け上がり周辺は シャクって落とす!の繰り返し、

変にゆっくり引くと根にガッツリ掛かるので 上げて落とす、根に置く感じ。
ツッ- ストン(テンションをかけて待ち)ツッ-ストン 間 ツッ-ストン ドドン!

外道のチビイサキ・チンタ・フエフキの様なやつ・エソ---
と色々と食って来ます。

昼頃まで釣りをしてキス11匹で終了。
前回の場所探しのときよりも釣れてるし、やはり走る時間を釣りに使えれば優位に立てることもあります。

今回はキスポイントで釣りをしていませんから 微妙なキスの釣果ですがー
本来もう少し釣りますょキスポイントなら(言い訳-爆)

午後の部に備えて買出しからの休憩からの場所取り(笑)
昼間もずっと風が吹いているので二晩目もかなり厳しいのは必至...




二晩目の始まりは まだ明るい4時半過ぎ、
一応投げて調子を出し リーダーを縛り直したり リグを準備したり。

船が忙しなく走り回り その数も減ってきた。
まだ釣り人は皆無、シーバスのボイルも無い。

暗くなりかけた頃 一組の歳のいった夫婦が現われる。
あーでもない こーでもないと やり取りをしているが、

だんなさんも グチを言いながらも楽しそうだ。
サビキでアジ狙いらしい さて釣れるのか?

そろそろ私もマジモードで投げ始める、が 風が止まない。
オリジナルを使い風対策をしつつ 小さなアタリが出る、

マメグ-フ- お前 かなりヤッカイだぞ!
風が収まらないので ストレンジにカッ飛びリグを装着。

PEだと風をカムので ピンキー0.3号を使う。
すると 足元で重くなって 巻きアワセで上がってきたのはアジ!!

これは行けるか〜と思ったが沈黙…
少し風が収まった気がするのでオリジナルに戻し投げる。

少しして もう少し風が収まった気がするのでフィネッツアと初代オリジナルを準備。
投げていると もっと風が収まってー そよそよ〜程度にまで風が弱まった!!

潮が左に流れていくので 右寄りに投げて左に寄せていく感じで誘っていくと ツ- !
もらった!ジィ-------- 走り回るアジをゲット!

風が収まれば 魚の反応が手に取る様にわかる!
アジが回ってきたのか ここからプチ連発!

流れが速いが 潮の色も良いから回遊してきた感じだ、
着水から5カウントぐらいで誘い始めると中間距離で食ってくる。

少しアタリが途絶えると レンジを少し下げてみたり上げてみたりすると 反応が出る。
でもアタリが途絶えた、ここでちょっと休憩。

釣れた魚をクーラーに移す、20匹ぐらいだろうかー
昨日の天気と釣果はなんだったのだろうか...(汗)

気合いを入れなおして 投げ出すがアタリは出ない。
しかし着水からすぐに誘いを入れると フッ- 来た!ジィ-----

アタリはさっきより 小さくなったが 1投1匹状態に持ち込む!!
バケツの置き場所が少し遠いので いちいち面倒だが少し移動する時間がもったいない、

魚を抜いて 振り向き しゃがんで アジをつかみ フックを外し エラを切ってバケツへ、
これを無駄なく繰り返し20匹ほどキャッチしただろうかー

途中 人が現われては 言いたい放題 次来た時は俺も釣ってやるよ!と自慢げだが
私はリールを巻いてアタリを取っていない 巻いてしまってはアタリは半分も取れない。

それに気づく人は少ない、ただ誘いだと思っている程度だ。
まぁ皆さん そう簡単にいきませんから それと場所を大人数で陣取るのだけは止めて下さい。

静かな夜に大声でダベリングもほどほどに、早い時間はまだしも 遅い時間は静寂な夜を感じなさい!
流れ星の音も聞こえるかもしれません(笑)

反応が消えた、ちょっと休憩。
隣の夫婦もアジを1匹釣っていた、そして奥さんは車で寝てました。

旦那さんが この魚は 何という魚ですか?メジナですか?と聞かれた、
それは 海タナゴですょ 教える、メジナじゃないですかー 海タナゴですね。

そうですか ありがとうございます。と釣り座に戻られた、私も もう一度釣り座に戻る。
すると 上層にまたアジとセイゴが走り回る。

先ほどギャラリーのいるところで セイゴをかけてしまい 足を止めてしまった。
失敗したなー なんて思っていたら 0.4gジグへッドの止めの誘いで -- ビシュ!

ジィ---------- ジィ----------- まただょ、
止めるというかデッドスローにしてやるとセイゴに好まれるみたい。

疲れて浮いたところを リーダーを持ってギリ抜く。
0.8号では限界ギリギリ〜

少しして もう1匹セイゴを追加。
その間後ろでは 旦那さん ささやく様に独り言 ウミタナゴカ-- ウミタナゴカ-- メジナジャナクテ ウミタナゴカ-- ずっとだょ(汗)

アジもずっと釣れてくれて結構追加できた!
しかし 12時をまわってアタリが途絶えた、まだ食うタイミングがあると思うが 場所移動をすることに。

セイゴポイントに入り 更なるアジを追加する為に(爆)
ただこのポイントは アタリはわかるが かけるのが最近難しい。

投げて手前寄りで食うときと 少し前で食うときと 群れの動きで気合いを入れるタイミングがよくズレる。
かけそこないが増えるのだ。

微かに押さえ込んでくれたらかけられるが 大きく押さえ込まれすぎるとかからない。
アタリが出れば全てかけられる訳ではないのょ〜 アタリの半分程度だと思う。

フゎ- フゎ- ホワン ビシュ!ビリビリリ---
アジの走る振動が伝わるがPEにABUアジ832だからラインは出さない。

フゎ-   ドン!スカッ!抜けた〜 もう一度小さなアタリが出るかと思っていると 一気に押さえ込む、
追い食いしているのはわかっているのに 難しい,,,

それでもボチボチアジを追加して そろそろ明け方も近いので 10匹釣ったら終了!
と決めて 投げ始める。

3匹まではすぐに釣れた! こりゃ早く終われるぞー
なんて思っていたら 抜け抜け抜け抜け.....

終いには 目の前でポロリが2回、ラストに集中して巻き返すつもりが セイゴにエラ洗いでプッツリ!
もう1匹セイゴがかかって コイツは確保。

空が明るくなりかけて 7匹まで来て 8匹目も何とか釣れたー
あと2匹ぃ〜!!ダメでした、疲れたから帰ろ。。

一生懸命ガンバって二晩目 アジ76匹でした。
よ〜〜〜〜頑張った!!(笑)
1

イロイロと,,,  釣り

今シーズンの鳥羽はどうも 昨年の様な爆発力は無い。
昨年が爆発していたか?と いう疑問もあるが,,,

今シーズンは遅くまでねばって釣れなくなるまで引きずらない!
食いが落ちた頃を見計らって尾鷲方面ににシフト。。

今の鳥羽を攻略できれば 尾鷲でも通用すると思う、かな?!
問題は場所ですねー有名人が足しげく通う場所は やはり人が多い。

だから平日に釣果をあげられてもね、参考になるがマネできない。
ただ 尾鷲方面に走った経験から 2-3ヶ所思いあたる場所がある、

その場所の特性から入るタイミングを組み立てるしか前半は手がない。
少し魚が見えた頃から無駄なく場所を替わるか見切って1ヵ所でねばるかを判断だね。

本来 尾鷲方面は9月頃 まずまずのアジが回遊する、
それに拍車をかける条件がある!これはナイショなんですけどー

そのタイミングを逃してますから---
鳥羽のアジは美味しいので外せないから〜 しょうがないところ(悩)

尾鷲を早く把握していきたいのには訳がある。
冬場には季節風が付き物、それを回避できるのが尾鷲方面なのだ!

風が吹いても海は荒れない。
山から海に吹く風は波を立てない、風は厄介だが 日本海みたいな大荒れは無い。

だから厳しい時期に 比較的釣りができるのだ、それに平均気温が高いのでー
1月2月でもアジが釣れる。。

春の越前があるので 春までひっぱるつもりはないが---
そんなことを考えつつ鳥羽と尾鷲をシュミレーションしています☆

鳥羽では あと1ヵ所 釣り場を増やしたいので 残り1ヶ月で見つけられるだろうか...
来シーズンの為にも!!先を見すえて。。


リールのメンテしてます。
さぁー気合いを入れて頑張ります^−^)



追加、
1gのジグヘッドを0.6gぐらいの感覚で扱えたら---
試してみたところ メバルがすぐに反応してくれたが アジ向きじゃない。

なので今回はスリム君改を投入です。
ごちゃごちゃするとダメになる確立が高くなることが多いので〜

シンプルにシンプルに それでいて 洗練されたモノが後々威力を発揮してくれます!
アレコレ考えすぎてごちゃごちゃなものは1匹釣れても後が続かない...

さて 土曜が休みになることを祈りながら鳥羽への準備が終わりました!
明日の仕事終わりから 鳥羽に走れるといいのですけどね,,,,
0

ロッド修理!?  釣り

雨の中、握っていたのはオリジナル。
キャストからラインを さばいてー ん?

握ったリールの位置よりもガイドが左に向いている様な〜
よく見たら リールシートが動いてました(爆)

グリグリっと直しそのまま釣り続行!
少しして 今度は竿を動かすと 何かパタパタと---

リールシートを止めた上に熱収縮ラバーを使っているのが緩んで外てました(汗)
それも無理やりハメて釣り続行!

少しして グリップを握る手に何か触る,,,
ライン??結構 太いラインだがー

リールシートを巻いて止めていたラインが緩んで ほつけてきてました(滝汗)
応急で止めて切って釣りを続行!

ナンデここまで...
あっ グリップを切ってシートの位置を仮止めで 熱収縮ラバーをしてしまった!!

だからリールごと動いたんだ〜 まいったまいった(笑)
そんな状況でもアジは釣れますから あまり深く考えず釣りを楽しんで下され^−^)



フィネッツアよりも硬くストレンジよりも柔らかい!を狙ったオリジナル、
長さを調整することで 少しストレンジ寄りではありますが まずまずの調子になりました!

たまたま上飯田に34の630があったので触ってみた。
テップは入るもののけ姫,,, 私には扱える代物ではありませぬゎ。

かてぇ〜〜〜 オリジナルのが断然使いやすいじょ(笑)
ありあわせのガイドを並べて そんなんで釣れるんです。

ブランクもありあわせ(笑)
折れたシーバスロッドなどありましたら進呈して下さい、とっても助かります♪
0

詳細。。  釣り

今回のアジ。
なぜ まな板にのせようとしたのか… 乗り切らないことぐらい考えたらわかりそうなー

疲れていたのでひょー(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
アジ30匹、セイゴ1匹とホゲリ寸前からの釣果ですからー
まずまずだったのではないでしょうか。。

30匹60切れと セイゴ1匹から2切れ後6切れ。
クリックすると元のサイズで表示します
アジ山盛りセイゴをのせたら崩れてきた〜〜〜
セイゴが原因による ア地滑り(爆)

今回少し あぶってみた!
クリックすると元のサイズで表示します
コレ激ヤバ!!面倒だからトングで挟んで直火で焼いたら 閃光花火!
脂が燃えて閃光が〜 焼肉だねこりゃ。。

素晴らしくやわらかくなる!
ポン酢で食べたが口でとけるょ〜

今度は おろしポン酢だな!絶対に旨い!
魚は一気になくなりましたとさ。。


追加,,
場所の特性で 今回海の色を見て 釣れないと思った。
釣れた場所もそうだと思う、ただ魚が立ち寄る要素がある。

前回の月夜は海の色が良かった、
なので二日とも その場所をメインにポイント選びを組み立てた。

その結果は釣果でわかると思います。
一晩目11匹、二晩目43匹、これは海の状況で釣れた訳です。

一晩目で状況を把握できたので二日目は明るい時間から場所を陣取った!
そしたら誰も来なかった........土曜の夜なのに(汗)

でもそれで集中できたのが良かったのだと思います。
早い時間に魚を ある程度ゲットできたので余裕ができました。

今回は海に嫌われたのと天候(風)に悩まされた、
本当はもう1点重大な問題があったのですが---今後に影響が出ますね,,,

それは置いといて 場所探しに賭けた訳です。
なぜソコを?それはイカ探しで昼間 底を探ったことがあったのですょ。

地形変化と複合的なことで アソコには魚が居る(寄る)であろう...
たまたま 今回は正解だった。

次 行って釣れる保障は何も無い、
通ってないのでポイントの特性をまだ知らないからだ。

突風が吹くときだけ限定だったりもありえる、
一応 魚が立ち寄る場所であることは間違いないので次回もチェックをしていきます。

こんなことの繰り返しでポイントを増やしていく訳です。
コレを知多で やろうとすると 人にうんざりして...

尾鷲方面でも人が多くてねーただ釣り場が多いので多少分散しますけど---
だから今シーズンの尾鷲では得意な釣り方を試していきたいと思っています。

ABUアジ830が威力を発揮してくれるのは間違いない!!
1




AutoPage最新お知らせ