詳細。。  釣り

またショボイ釣果で詳細も,,,一応。。
今回はメバル・セイゴ・キス、これにイカが入ればまずまずだったのですけどねー
クリックすると元のサイズで表示します
メバル・キスが21a、セイゴも同じぐらいだと思います。
ビーチーメバル多数リリース(汗)

なので 薄〜く薄〜く切り刻んで刺身を作りました!
左からキス→セイゴ→メバルの順です。
クリックすると元のサイズで表示します
とにかくセイゴが一番薄く切りにくい〜〜〜
身がモチッとしているせいで 包丁に巻きついて来る,,,

なので面倒でも一切れ一切れ切る度に包丁を濡れ布巾でふきます。
そうすると何とか刺身になりますゎ...

キス・メバルは問題なし♪
キスは食べても美味しいから やっぱりキスを探さないとイカン!!

その前にストレンジを手直ししないと---
キスシーズンに頑張ってもらわないと いつ頑張るの?!

遅いけど イシグロに行ってくるかー



ストレンジキスバージョンができた。
なぜキスにストレンジが効くのか、それは誘いが早いから。

アジにもキビキビしたアクションが効くこともあるが、
まずレンジを優先する釣り方が多い。

魚に違和感を与えずアタリを出すところにアジらしさがある と、思ってます。
それに対しキスはテンポ良く早く誘う、群れを見つけてからはフォール!

キスはサビくイメージが強いが、それは遠投の話。
近距離戦が多くなる私の釣りではスローはグ-フ-を呼ぶ!!

北陸に至ってはキス狙いでスローは命取り!
それはまた機会があれば書きたいと思います。キガムカナイヨウニショッ(笑)

木曜の仕事終わりから鳥羽に向かいそれからアレコレ〜って感じかな。
そうそう、早い釣りには感度の良い張りのある竿が有利、

ワンピースのストレンジは正にそのロッドなんですょ。
0

久しぶりの鳥羽はー  釣り

仕事終わりから トコトコ走り出す。
今回は鳥羽を目指す、しかし 高気圧に覆われてはいるものの風が強い。

予報では風は収まると言うがそんな雰囲気ではない。
霞・四日市はいつもの渋滞、毎回何とかならんですかねー

他は快調に抜けて松坂の遊前を8時ちょっとで通過。
二見周辺は風でダバダバ〜

鳥羽でも場所によっては厳しい風、
そんな中 風裏を目指す、しかしない(汗)

一応通っている場所なのでそれぐらいは…
ただ月が絡むので 風裏で月に強い?場所に入る(笑)そんな場所があるのか?!

まずは テスト。いきなりデス。
トバセンを久しぶりに用意、BB2000PGにバリバス0.3号。

ジグヘッド1.5gぐらいかなー を投げてみる。
まずまずの距離が出る、これだけ飛べばOKでしょ。

今回はレンジは関係ない、水面周辺しか流さない。
右から左に流れがあるので ドリフト気味に--- ツ...

来た!ドラグを引きずり出し走り回る、足元まで来ても突っ込む〜
メバル20a弱ゲット!

こりゃこんな感じで釣れたらいいね〜 とはいきませんでした(泣)
そこからはビーチーの連続、嵐。

浅い場所にはビーチーが群れているみたいです(汗)
そんな中 ウオーキングのお兄さん「熱唱!爆唱!爆笑!」

思いっきり 桜坂を歌っているが サビを福山さんに似せて歌ってますプププ...
ありゃ桜坂じゃなくて「桜山」だな(超爆)帰りも熱唱していた(滝汗)

桜山も聞けたし場所移動(笑)
時折風も吹くが何とか釣りになる、さぁセイゴは居るかー

いきなりメバル地獄---
やはり浅い場所にはメバル東京がある。

深い方向を探っていて なんとも言えないアタリー
掛かった!セイゴ登場〜〜〜

しばらくして 同じアタリでもう1匹ゲット!
しかし アタリが難しいのと群れが小さいのか その後追加ならず...

メバルを一応少しだけキープして場所移動。
イカを少しやってみるが無反応、なので3時前には休憩。

明るくなるまで寝て もう一度イカをー
お留守みたいなので場所移動。

キス調査を少しだけ、
ポイントに入るとき 黒鯛が逃げていきました。

調査開始。
3投目掛けるがバラす,,,

タンタン バシっ!ストレンジが曲がる〜
これがキスならー キス〜^−^)v

少しして タタッ バシッ!ストレンジ曲がる〜
またキス〜^0^)b

モゾモゾ グ-フ-@ ゴゴっ グ-フ-A 何事もなくハリ無しB
カンカンカン バシッ!ゴンゴンゴンゴン--- ラーベー

ストレンジも活躍できたしOK!
7時前には鳥羽を後にしました。

キス・メバル・セイゴを少しづつでしたが確保できてよかったです。
まだ少し早い気がしますが 一応釣れました、

月夜での確保ですから優秀ってことで。。














0

天気が安定。。  釣り

明日土曜日は高気圧におおわれてくるので天気が安定する。
満月が浮かぶので通常戦いにならない、イカを探しーのアジも...

なんて月が出たらアジは無理。
イカだけで走りまわるのも 最近はあまりしない。

なので イカも視野に入れつつ セイゴを見つけられたらいいなー
なら鳥羽でしょ!!

慌てずにのんびり行けるのと釣れ具合で5月の休みの作戦が立てやすくなる。
さぁ車にガソリンを入れてこないと〜

ヒゲオヤジさんはもう走っているのかな??
休みの多い人がうらやましいです。。
0

お休み。  釣り

一応 休みがわかった。
今度の日曜、それと次の金土日だけ,,,

休み少なっ!!
祝日は普通に仕事だし 誰か仕事を紹介して下さい。

本日は休みなのです。
ただ半年に一度の病院、主治医の坪井先生がサンキューなのでー

身代わりセンセ現る。
女医さんらしいが どうなる訳でもない。

お昼までには病院から逃走できると思いますので
久しぶりに釣り具屋へ行ってみよう。

これと言って買う物も無いが金も無い(笑)
安物のエギを2本ほど買うかどうかぐらいかな。




病院から帰ってきました。
先生美人さんでしたー 堀センセ素敵!

でも次会うのは10月、半年後です。
その帰り道 久しぶりに上飯田に寄りましたー

ちょとシンカーを買っただけで他に必要なモノはありませんね。
お昼は ラーメンを作って簡単に済ませ イシグロを覗いてきます。

遊はどっちでもいいな,,,気が向いたら寄ります。




遊に行ってきました。
たまたま 遊の広告を見た、すると ネオプレーンのシートカバーがあったー

790円だったかな、バックスを見てこようかと思っていたが、
この値段ならいいか〜 と購入です。

予想以上に大きめで まずまずでした。
裏面が滑りにくい素材でズルズルしないのも○

ついでに キス用のハリと絡み防止パイプも買いました。
後は釣りに行くだけ(笑)
0

詳細。。  釣り

詳細なんているか〜〜〜〜 一応 儀式ってことで−
ブログ更新もままならないので 気が向いたら読んで下され。

持ち帰ったメバルは2匹、
21aと16-7aだけ それだけ。

それを丁寧にさばいて薄く薄〜く切り身にして 1皿にしました。
誰が見ても「この魚は何だ?」と聞くでしょう(汗)

今度は薄く切った身で「メバル」と皿に並べてみようか...
それとも今度はイカを並べてやろか!

魚が駄目ならイカでいくのがイカオヤジ??
でもこれ以上ヒゲオヤジさんに色々教えない様にしょう。

ヒゲのあるイカオヤジ 「ヒイカゲオヤジ」になりそうだから(爆)
フュージョン!失敗っみたいな ネームですな,,,

まだまだ色々ありますので アレコレ楽しみながら釣りをしていきたいと思います。
0

天気予報を見て 越前。。  釣り

今回は釣り事態止めようと思ってましたが、
思ったより夕暮れまで天候が安定していたので 曇りマークの多い越前方面へ。

しかし仕事が終わり走り出してから 天候悪化 ずっと雨でした...
越前でも普通に雨で結局カッパにニーブーツのフル装備。

はじめの場所は車横付け、様子見で投げてみるとー
1投目からアタリが!でもチビっぽい、掛からず。

アタリは出るがチビばかり 1匹微妙なサイズが釣れて 場所移動。
次は一番気になるポイントだが 入ってすぐに 洗濯機状態,,,

一度アタリがあっただけでした。
場所移動、次はずっと入ってなかった場所だがー

雨の日に場所探ししてる場合じゃないですね、
場所の把握に時間かかるのと濡れている堤防は思ったよりも危ない。

海水をかぶる可能性のある場所は濡れると滑りやすくなるので
歩くだけでも結構気を遣います。

それでいて風も吹くし なにより寒い!
手がたまりません、ワームをバッサリ食い切られただけ、場所移動。

次の場所では雨が強くなりしばし休憩、
しばらくして投げはじめるが 無反応ー

最後に移動した場所でアタリは出るがチビばかり,,,
グーフーまで現れる始末、夜も空けて来た頃 ツッ アワセ!

やっと少しましなサイズが釣れた〜 20aぐらいか、
これにて終了。

あまりにショボイので敦賀で少しジグを投げましたがー
正面からの爆風にて 周囲でも釣れておらず 即終了。

爆風の中帰って来ました。
この時期の爆風は厳しいですね、

冬場の爆風なら前もって予想して場所選びができますが、
天候回復でいきなりの爆風ですからどうしようもありません。

それにしても越前、全然回復の兆しが見えませんけど 困りましたね。
0

土曜は仕事ですゎ。。  釣り

天気も崩れる方向で週末は土曜も仕事。
それは構わないが 釣りモノに困る,,,

アジでもいいが 鳥羽でセイゴ狙いにするかな、
アジに匹敵する面倒なアタリをとらえないといけない。

この釣りをしていたから アジのアタリが取れると言っても過言ではない。
ただアジの方がスローなだけ、セイゴはスローではだませない。

あの口で ショボイ食い方するんですょ〜
でもねっ そのアタリを取れる様になると「ショボイ」ではなく「シブイ」になるんです。

今のが アタリかよ!!みたいな 燃える萌える(笑)
時折 見事にスコン!と食うセイゴが居て 萌える どころか 萎える...

キスも少し早いみたいだし、越前のメバルは次の新月周りで行ってみよぅ。
クロダイなんてのもいいかなー 鯛しゃぶが思ったより美味いから食べたいしなー

サゴシはさっちんさんに任せたし、なんだか全てが中途半端---
越前で尺アジが上がっているが 場所ありきの釣りみたいだから そんなの無理。

やっぱ セイゴかな(笑)
0

とりあえず,,,  釣り

とりあえず2台リールのラインを巻き直しました。
0.2号のアジングマスターは お役御免!

飛びがおかしい.... リールのラインは なんともなっていない。
その数投目 あっ ももったー(泣)

今回はジョーカー0.2号でも1回ももった、
これは 巻きスピードの遅さが影響した結果。

ただ柔らかいアジングマスターのももり度は見事!
ジョーカーはラインが硬い分少し軽度。

もう少し魚が釣れていたらトラブルは出なかったと思います。
ジョーカー0.2号が2台、アジングマスター0.3号が1台でしばらく様子見。。



今回の釣りでは オワセンに0.9gのヘッドを使い、
オワセン2Uには 0.8gで 少し 差を出してみた。

0.9gに軍配が上がった。
これは場所に合ったジグヘッドの形状にあると思われます。

以前 通った時に 試していて コレじゃねっ!!と 一応の答えは出ていました。
それを一応確認できた。

ただ0.8gが釣れない訳ではなく ワンポイントで挟んでいくと効果的。
もっと軽量のジグヘッドを試してもいいのですが、

魚の居るレンジが深かったので
軽いJHを無理に沈め 魚を見失うとヤッカイなので重さ固定!

それが いいのかは不明だが 明らかに魚の居るレンジは深い、
そこに なれない軽量JHは逆効果になる確率が高く トラブる確立も上がる。

一応 釣れていますから大ハズレではないですゎ。。
もしまた行く事があれば リグを試してから 軽量JHに移行していくと思います。
0

詳細。。  釣り

今回は にぎやかな感じになりました。
でも魚が小さい,,,

全体ではこんな感じデス。
クリックすると元のサイズで表示します
ごちゃごちゃで よくわからないですな。

アジだけ出してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
1匹リリースしているので画像では24匹だと思います。

それを さばくとこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
一皿山盛りん♪アジ・キス・カマス・メバルの4種。

そしてフライになるとこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
キッチリ油を切ってありますから 思ったより歯応えがありますょ。
一度 油で泳いでいますから 油抜きはやらないとね〜


今回は かなり冷え込んで厳しい釣りでした。
完全防備で真冬バージョン!

カッパだけではガマンできない状況---
二日目なんて 海から水蒸気が,,,,

帰り道松坂あたりで気温表示が5度でしたが 海はもっと冷えていました。
そんな中 ヒゲオヤジさんはオリジナルで頑張り 何匹釣ったのかな??

二日目の前半はヤバイ!と思うほど掛けていました(汗)
もう少しアジの型がいいとアタリが取りやすいのですけどね〜

それと 小さい割りに脂が乗っていたのが驚きデス!
なので初日のアジの身が痛んだみたいに少し柔らかくなっていた。

脂が乗ったアジは身が早く柔らかくなるょーっだ(笑)
でもフライになっちゃったから微妙な味はわからなかったさ〜(爆)
0

尾鷲方面キス探し.....?!  釣り

越前メバルが不調のあおりで 尾鷲方面の調査に走りました。
キスを探し〜の アジ見つけーの ですね(笑)

ヒゲオヤジさんと連絡を取りながら金曜の夕暮れ渋滞にハマる、
それでも 大内山のインター下のコンビニで待つ間 ロッドにラインを通す---

途中でヒゲオヤジさん高速から登場、待ち時間1分半(爆)
今は紀伊長島まで高速が延長されているが 私が下道なのでー

ちょうど合流のタイミングが コノ辺りかと、それが見事にハマりました。
そこから釣り場まで走り 一番入りたい場所に着くと先行者が陣取る、

もう1ケ所に入り様子を見る。
一応 イロイロ投げるが小さなベイトがたまにちょっかいを出す程度。

どうも良くないので 気になる場所が空くか1人で偵察、
先行しているのは地元のエギンガー 話の感じから もう少ししたら帰りそうだ!!

投げてアジ調査をしていると ツ- 来たっ!
アワセを入れると マメアジが上がって来た〜 小さいので リリースした。

でも イヤな予感が… もしかして 今のサイズがメインなのか??
逃がしたものはしょうがない 次を狙う。

少しして フッ 、ヒット!今度は15aほど、
続いて マメ、今度はキープ。

ここでやっと地元エギンガーが退散、
ヒゲオヤジさんを呼びに行く、呼びに行くまで反応は皆無だったらしい。

私のロッドは修理から復活のオワセンとテスト用の2本、
ヒゲオヤジさんはオリジナルオワセン3号・4号(笑・驚 もう4本目)

4号は7fクラスのロッドだ!さて頑張りましょ〜
イロイロ試すが 違和感バイトが---

それと レンジが中より下、
その範囲でコロコロ変化している感じ。

私がポツポツアジを追加していると ヒゲオヤジさんもアジをかける!
私なりのレンジキープをお教えして 自分なりにアレンジしていただく。

フォールの話しをしながら こんな感じでー と実際に投げ カウントしていて、
ヒゲオヤジさんの竿が 一気に引きずり込まれる!が 次の瞬間 無常にもロッドが跳ね上がる〜残念!

フォール中 一番多いパターンで、
新しい竿になれていないところに 一気にアタッたので 一瞬アワセが遅れた感じでした。

でも一気にヤル気がマックス(笑)
一応 誘いも簡単に説明。

今回はアジが小さいので 誘ってから 竿で聞くタイプの誘いを---
こーして こんな感じです、そうそう そこから横へ---「!」

それアタリっ!と私、今のがアタリですかーとヒゲオヤジさん、
キッチリアワセが入りアジゲットです(祝)

人の竿を見て違和感アタリを判断できて光栄デス(笑)
1人でこんな遠方まで走ってきてくれたので 教えられることは教えてあげないとね^−^)

違和感のアタリを取れたことで 今後の釣りに大きく約に立つと思います。
通常ありえないオリジナルロッドの製作の方向性も見えるはずです。

それにしても 渋い!
1時を回った頃からアタリが減り2時から休憩、3時頃から起き出す予定でした。

目覚ましを止めて 今起きても 集中できる体力が無いと判断、
もう一度お休みなさい。

明るくなってから起きて 場所移動。
昨夜の釣果はアジ10匹にメバル少々にカマス1でした。




次の場所はキス探し。
遠投タックル アブアジ832にアルテグラ2000SにPE0.4号。

ヒゲオヤジさんに狙う範囲の説明をして投げる。
すでに結構な風が吹いていて 追い風にのせると結構飛ぶ。

始めにハゼが釣れて 遠くで ククク っと生命反応!
巻いてくると 今シーズン初キッス♪♪

やっぱキレイで癒されるねぇ〜ただサイズは,,,,
少ししてもう1匹〜

ポツリポツリと追加していると ヒゲオヤジさんが初キス!
もうい1匹、そして 根際で ロッドが一気に曲がる!

これがキスだったらデカイょ〜〜〜と言いながら巻いていると、
スリムなボディ キス!じゃ…ない、な、まずまずのカマッシー(爆)

風も強いし アタリも遠のいたので 乗っ込みポイントへ移動。
今度は近距離戦だがー 私は大きなグーフー、ヒゲオヤジさんはミーウー・ウシ2発!!

乗ッ込みポイントはまだ早い感じです。
これにてキス調査終了〜 場所を移動して夕暮れまでお休み。




明るい時間に起きて早めに場所に入り準備。
明るい時間はオウモンハタのチビが3匹ほど釣れリリース。

暗くなって マメアジが1匹釣れて すぐ2匹目、見事な違和感バイト!
こんなアタリだと苦労するな、と思っていると ヒゲオヤジさんが連続でアジゲット!

やはり昨夜の違和感のアタリを感知してから何かをつかんだ様だ、
これからが怖いです。。

私は違和感と戦い 抜けアタリを丁寧に拾いアジを追加、
今回は結構抜けアタリが多く 文字通り テンションが微かに抜けてくれる。

ラインスラッグを取り 竿で聞くと ロッドティップが微かに押さえる、
これが ジグヘッドの重さとラインの水の抵抗。

その抵抗をパッツン系のロッドでは手で感じないといけない。
それはそれは感覚を研ぎ澄ますコトが必要になる。

それを見るのと 感覚の両方で取るのがオワセンなのだ。
そんな微かに曲がったティップが ス- と戻る、聞く作業は継続中にも関わらず!

40ー50aぐらいだろうか 竿が先が動いた頃 本来の竿の曲がりが戻る、
しかし 本来の曲がりまで、通常であれば 魚の重さが乗るが 乗って来ない。

そのまま竿を横へテンションを感じながら10aほど引くと またテンションが抜ける、
軽いままの竿が40−50a動いてテンションが戻る、しかし通常の重さだ、

足のポジションはそのまま 歩いて追従したのでは竿にその振動が伝わるので動けない、
左へ身体と腕を伸ばしながら 少し引いて また抜けたテンションについていくとー

腕イッパイ・身体イッパイで 重さが微かに乗った!
そこから足を踏み出しながらアワセを入れアジをかけた!

それを見ていたヒゲオヤジさんは 感心していた(笑)
きっと テンションを感じない時点でアワセても本日の状況では抜けると考えられる。

食いがいい時は 抜けたテンションを追いかける様に竿を早く動かし アジに追従して掛けに行くが
今回は戻ったテンションの具合で 後ろから 尾っぽ部分を吸っているだけだと考えられる、

なので 微かな重さが欲しかった訳です。


チ っと触って 少し間隔が空いて 違和感が来るコトが多く、
この時間が 熱い攻防を制するカギになりました。

12時を回った頃にはアタリも減り メバルが釣れたり〜
1時には二人して休憩、2時に復活して二人してアジを1匹ずつ追加して3時には終了となりました。

一応 キス探しに向かったのではありますが---
激渋アジングにハマったのは 言うまでもありません^−^;)

二日目はアジ15匹にメバル少々でした。
大変な二日間でしたが ヒゲオヤジさんお疲れさんでした!

今後のヒゲオヤジさんの逆襲が怖いです(笑)
これで確実に免許皆伝ですからね〜〜〜
0




AutoPage最新お知らせ