取り込んでみました。。  釣り

今回の越前メバル&ヒラセイゴ〜
よほどヒラセイゴに好かれているみたいです。。

クリックすると元のサイズで表示します
ワニグリップより大きいのが28a右下。
今回のメバルはフライパンで焼きました〜

結構厚い身でも火が通ります。
塩焼きでこんな厚い身に火を通すのには時間がかかる上に皮が焦げて来ます。

大き目のメバルを塩焼きにする場合は 2枚おろしにして半身を骨付きで焼くのがお勧め!
半身は刺身やソテーにすれば無駄が減ります。

刺身が一番無駄が出やすいのでー
アラで出汁を取るなら別ですけど、中骨に身が残ります。

焼けば骨から身が外れるのと半身なら火の通りも早い。
塩焼きもしたいので またナイスメバルを釣ってこないといけません!!

準備しよっと。。
0

詳細。。  釣り

今回は久しぶりに越前メバルの洗礼を受けた。
PEを1号にしたいと思うほどでしたからね、

それより歯を食いしばって奥歯が疲れた,,,
そうそう無い勢いでバラシましたから(爆)

一度フックを小さくしたのですが一撃でダメでしたから場所で考えないと…
それだけ越前が本調子ではなかったのであります。

アレコレ試すので少しでも軽く、これが本気の越前には通用しない。
釣れないと少ないアタリを いかに違和感なく吸い込ませるかに気がいってしまう...

いざナイスサイズの魚が掛かれば 開く、運が悪いと折れる。
そんなコトを繰り返してきましたから 今回も繰り返した訳です(笑)

そして28aまでメバルは釣れました もっとサイズアップする要素はありまくりだった訳で…
前半は コッとアタリが出て魚が走るまでが早い状態だった、

なのでアタリが出て一テンポ開け(竿を下げてリールを巻き込む)アワセに行く。
アワセまでのタイミングが短くなっていたのが バレの原因なのは分かりきっている。

それをどうしようもないのが越前〜
後半はアタリが小さくなって アワセまでの間が取れるようになったので釣果につながった。

そうなると ポンピングにも勢いが出て一度魚が顔を出した瞬間を見逃さず一気に寄せにかかる!
根にいっても 迷わずポンピング!こうでないとメバルをバラす。

ロッドには負担になるが 竿を上手く曲げてバットで持ち上げる感じ、
胴を大きく曲げるポンピングは×よく言うハイスピードワンピッチポンピングがそれである。

ツーピースの先の部分はほぼ機能していないぐらいバットを使います。
尾鷲でもライトロッドゲームでも良く使いますょ。

さて 明日は仕事、次の週末は満月なので越前は ほぼ無し。
三重でキスでも狙ってみようかな〜 PE1号を巻いて越前も有りか!?

天気を見て考えたいと思います。
それ以前に休みはあるのか???
0

越前、来たぁ〜!!  釣り

今回は土曜が仕事になりワンデイ、なので越前へ走る。
こんなタイミングで太郎さんから連絡が入る。

土曜の仕事が終わって関ヶ原で合流、そこから久しぶりの越前へ、
コンビニで準備をして釣り場へ向かう。

1ヶ所目はどんな状況か、う〜んイマイチ,,,
少しずれて投げると、1発 コン!と明確なアタリをもらうが食い込まないタイプのアタリ、

フックを少し小さ目で一撃で食わせる作戦にすると見事なアタリが出てアワセるが抜ける、
回収するとフックが開き気味になっていた。

弱いフックじゃダメなので即元に戻して同じ方向へ投げると、
ドドン!ヒット!ロッドが見事にひん曲がる!次の瞬間 プン!とテンションが抜ける・・・

切れたー ラインの先を見ると ビミニのダブルラインが二股に残っている、
ダブルの部分から切れたのだ。

こんな切れ方は,,,魚が重かった証拠。。
もちろんドラグはフルドラグなので1mmも出ませんけど何か(笑)

速攻でリグって投げる!デッドスロー からの クっ ヒット!
竿が大きく曲がる〜!ポンピングからの〜 抜けっ・・・え〜〜〜

回収すると フック無いし,,,(汗)
即縛って投げる、デッドスロー からの クッ ヒット!パンパンパンと鋭くポンピング!

スコっ あっバレた,,,回収すると2.5号のリーダーが切れていた。
もーダメだ、リーダー2.5号を新品を通しで縛り直し投げる!

デッドスローからの ゴン!アワセ!竿が満月になるがすぐにテンションが抜ける、
回収すると今度はフックの先が丸くなっていた...

こんなにバラシたのは初めてじゃね?なんて思っていると、
少し離れた場所で太郎さんナイスメバルゲット〜

先を越されてるし〜(汗)今バラシまくったのはメバルなのか???
それはおかしい、竿の曲がりが・・・

もう一度落ち着いてキャストからのデッドスローで クッ 溜めて ヒット!
ワンピッチポンピング〜〜〜〜〜バシャ!出た!コレは捕れる!

でも竿の曲がりが先ほどではない、上がって来たのは25a絡みのメバル、
う〜ん、どうなんだろう竿の曲がりが明らかにゆるかった。。

それより次!遠投からのデッドスローで ヒット!
有無を言わせぬポンピングで一回り大きいメバル2匹目ゲット!

調子が出て来た?ので次!
前半ほどの見事なアタリは減って来たので 集中していると ト --- ヒット!

小さなアタリほど魚の確保率が上がる〜 3匹目ゲット!
途中フックの先を丸くされたりしつつ4匹目ゲット!

5匹目は更にサイズアップ!
そしてバラシの原因でもある他魚登場!!

フッキングしてから沖でシブキが上がる!
先ほどのナイスメバルよりも重い!

鬼ポンピングを迷わず入れる!
よっしゃ出た!魚体がシルバーだけど〜 ヒラセイゴだ!!

こんなのが居るんだ(汗)
フックのポイントを丸くしたお方を確保したかったのですが今回は無し。

場所を少し動いて広く探っていると クッ ヒット!
25a絡みのメバルをゲット!

その後アタリが出ないので 場所移動。
そして気温が下がって防寒の下も装着、風がちびたい・・・

二手に分かれて投げ始める。
太郎さんがメバルゲットー

私はオープンをサラッと流して根に寄せていくと フッ 来た!ヒット!
右に行かれると面倒なのでロングロッドを生かしたコントロールでメバルゲット!

すぐに 2匹目をゲット!
3匹目は17-8aなのでリリース。

場所を少し動いてみたりするが どうもアタリが出ない。
もう一度元の場所に入ると 根にラインが触ったと同時にアタリ、

アワセを入れるとやはり根に巻かれている が引きずり出す。
もう1本根に行かれるが 引きずり出す。

もう1本は小さかったのでリリース、
オープンエリアを流していて カッツン!とアタリが出るがのらず、

その後流してみるが反応出ず。
身体も冷えて釣果も出ないのでコンビニにてカップラーメンさ〜

その後初めに入った場所に入り直してみるが グ-フ-の反応のみでした。
空が明るくなりかけたので終了して越前を後にしました。

今回のメバル最大28a1匹、26a2匹、25.5a2匹、25a1匹、
ヒラセイゴ34a、がお持ち帰りで太郎さんに少し進呈してます。

前半のアベレージ高くね〜か〜 ̄▽ ̄;)
バラシまくった魚はもっと竿が曲がったぞー(滝汗)

0

忘れていた。。  釣り

この前のセイゴをさばいていて 忘れていたことがあった。
胃袋が薄くなるほど食べているのは最近の傾向なのだが、

なんだか硬いモノを食べているセイゴが居た。
何だ?と取り出すと クルマエビ!それも2匹!

サイズ的にはサイマキサイズ(釣り餌用サイズ)だが居るんだねクルマエビ。
魚の性格で食べているものが全然違うのは結構驚きます。

ヒラセイゴはベイトのイワシやイナッコをメインに食べていて、
マルセイゴは雑食に近いですね。



本日は病院で仕事はお休み。
午後は車のスモールライトが1つ切れていたので交換作業、

からの洗車&ワックスがけ(晴天過ぎてヤバかった…)、
イシグロにちょっと行って何も買わず帰宅。

病院帰りには上飯田に寄りリーダー用のフロロを購入。
0.8号ではそろそろヤバくなって来たので1号を---

大巻きの320mで税込み1000円チョイ、
普段買うモノは300mで1300円ぐらいなのでー

量も多く安いのでコチラにしました。
それとメーカーはシーガーだしね〜♪

さぁ土曜は休みになるのだろうか,,,,
0

準備。。  釣り

この前 消耗したモノの補充と準備。。
シンカー、ここまで使うとは,,,

ジグヘッドだったら手持ちがなくなっていたな…
0.09号を使わなくても0.25号で充分なんだけど〜

テストなんで(笑)
なのでメインラインをキッチリビミニからのダブルラインをリーダーに8の字ダブルで結節、

エンドノットを3回ほどで 50aのマルタと対等に戦えます(笑)
けど抜くのは無理だからね(爆)

ナイターでも簡単に縛れないと時間のロスが大きい、
目をつむっては縛れないけど 薄目を開ければ縛れます(笑)

丁寧にメインラインをシングルでリーダー縛って引きちぎると、
縛り目でPE側が切れます。かなりの確率で。

ビミニからのダブルラインはこの前も書いた通りPEが切れたのは1回。
その切れた理由はもちろん魚が重いからなのですけどもー

リーダーが切れない場合、PEの弱い場所に来る訳です。
結節は一応及第点と言うことですな♪

ラインが細いから出来る縛りですね。


もうちょい尾鷲にしようかな...
仕事が5月半ばから忙しくなりそうな話がー

ワンデイの時に越前は走ればね、
本当はガッツリ探りたいところですが 磯場も絡むので オヤジ無理せず(爆)

もうグ-フ-対策も出来上がっているので メインの場所でガジガジにされる心配もない!
なのでメインの場所にメバルが居れば何とかなる予定。

それとキスが早く釣れてくれたらソチラのが嬉しい!!
キスってとても楽しい!アジよりも楽しかったりするんだなコレが。。

実は尾鷲でキスと遊んでいて あるパターンを知った。
知ってはいるが実はなかなか試せないコトなのだが---

それを試すべく週末は連休にして欲しい訳ぇ〜
アジ用の竿でキス、これ結構楽しいですから 皆さんはアジを狙って下さいねくれぐれも(笑)
0

詳細。。  釣り

今回はウグイに泣かされました。
それと良く寝ました〜まぁ寝たからと言って疲れない訳ではないですけどね。

今回持ち込んだシンカーの半分以上サヨナラしましたからー
ウグイの猛攻恐るべし、デカイのに群れるからダメでしょ。

ヒットした瞬間から豪快なヘッドシェイクで迫力はあるのだが ガンガン寄せられる(汗)
初めて掛ける人が居たらちょっと驚く重さ...

ウグイの話をしても始まらないな,,,,
やはりPEは強い、でもラパラのラインはささくれる。

何度もリーダーを飛ばしたがPEが切れたのは1度、
パチン!と見事な音の後に「ドボン!」さすがに切れてくれないと竿が危ないからね。

ヒットするたび毎回 竿が見たことないほど曲がる。。
ウグイ居なくならないかな〜 ほんと迷惑,,,



今回組んだ竿はまずまずかな、
やはりデカイガイドはラインを無理せずに吸い込んでくれる。

そして少し控えめにシェイプしたティップも機能してくれた。
同じブランクの以前組んだモノがあるので もう少しシェイプしてみよ〜

大きなガイドは大きなリールも違和感なく使える。
小さなガイドに大きなリールではティップにリールのローターの動きが出てしまう。

竿先がリールの回転ごとにオジギをしてしまうんですょ。
それが小さい訳です^−^)v

アレコレしてるってコトで(笑)
しょうもない詳細でした。。

あっセイゴの塩焼きは美味しかったです♪
サヨリの刺身をラストはお茶漬けにしてみたら これまた美味しかった〜

キスはさばいて冷凍に、結構たまって来たのでから揚げが出来そ〜♪
0

なんとも難しい...  釣り

何とか土曜が休みになったので尾鷲。
いつものコース取りに買出しで いつもより少し早く着く(笑)

しかし 釣り始めるがアタリすらない。
1ヶ所目からすぐに移動、2ヶ所目もアタリ無し、さぁどうしたものか。

夕暮れの前半で食うパターンだったか もともと入っていないか、
大潮でこれは入っていない方向だと判断。

なので寝る。
10時半〜12時半まで、しかし状況が上向かない、二度寝(爆)

2時に開始、魚っ気はあるのでー トトン!ヒット!
今回使っているのはオリジナルにアルテグラ3000SDHに0.4号、

ベアリングを交換済みを使ってます。
0.4号にモノを言わせて強引に寄せてやっと1匹目のセイゴゲット。

ここから怒涛の入れ食い!違う魚の,,,
マルタさいずのウグイが連発!

そうなるとリグが飛ぶんです、寄せられるが抜けない。
50aクラスでまん丸ですから---

すぐにPE装着のタックルに持ち替えていますが 抜けないのは同じ、
リグの消耗が激しい、色々な方向を探るがどこもマルタ。

これはウグイが多すぎてセイゴを見つけ出すのは無理!
ウグイが群れた時は 昔やっていた ぶっ込みセイゴでも同じだった。

ウグイにエサをやられるのでセイゴにエサが届かない。
なのでエリアを変更しないとダメ、場所移動。

2時半過ぎから入った場所には魚っ気があるので期待して投げると一撃!ヒラセイゴゲット!
すぐに2匹目、連発すると ついアワセが雑になりがちなので、

重さがティップにしっかりのってから確実にアワセる。
これが上手くいってバラシなしでセイゴを追加していく、

正にボコボコ!10匹を超えた頃 ここまで食うなら色々試さないとー
なんて思ったのがまずかった---

各ワームをローテしながらサイズなのかカラーなのか試していると、
ショートバイトは出せるが魚からの反応が無くなってしまった。

場所を少し動いて安定して狙えるモノに戻す。
するとアタリが出るんです…

あまり色々試し過ぎるのも問題みたいです(汗)
新聞配達のおじさんが走り出したので時間が少ない、

ここからは真剣勝負!
先ほどみたいなアタリの数は出ないので派手なアタリは見送る方向で、

空は白み始めているが 絶対に反応する。
そう思い込んで投げていると 「コ」 テンションゼロ〜 アワセ!ヒット!

まずまずのセイゴゲット!
その数投後 コ, 来たっヒット!暴れるセイゴを抜いて次!

投げる方向を替えて ウン ヒット!これもゲットして次!
もう周囲が明るくなってきた、どうも右寄りでバイトがあるので 重点的に、

その数投目 フッ --- ヒット!明るくなっても食ってくるね〜
完全に明るくなったが次はヒットしてくれるだろうか、

意外にも コン!とアタリが出てヒット!
ウオーキングの人も多い中セイゴをゲットして終了。

そのままサヨリにシフトするが残念ながらサヨリからの反応はなかった。
場所を移動して仮眠、夜は寒くて防寒を着込んだ 車の中は暑くなるだろうから窓を少し開けてー

寝たら寒かったまま起きた・・・
せっかく起きたのでキス調査、風が無ければ寒くないが風が冷たい。

しかし小さ目のキスがポツポツ釣れてゼンメも釣れます。
1匹大き目のキスが釣れて風のキス調査終了。

移動して休憩、5時に起きてサヨリ調査に向かう。
あまり期待せずに投げる、太陽が山に隠れた頃 テゥン!来た!

中さいずか、1匹釣れて一安心。
次は来るだろうか、触った、食わない。

何度か微妙なお触りはあったが食い込まなかった、
一度はゴン!と来たがフッキングに至らない。

こりゃダメかな、と思った頃 竿が入った!
聞き合せを入れると走る走る!

結構な重さで最大級サヨリゲット!
後で測ると37aだった。

その後魚からの反応が無くなりセイゴにシフトする。
これが全然反応が出ない、やはり早い時間から魚が入っているパターンではなかった。

場所移動してみても状況は同じ、
しつこく探るとウグイが反応した,,,

これは何をしても魚を拾えない、
あきらめて帰るか時間を空けて入り直すしかない。

今回は塩焼きにしたいので魚の数が少し少ない、
なので車で2時まで休憩して4時までの2時間勝負にかける。

仮眠から起き出して魚っ気の無い感じだが投げ出す。
するとすぐにヒラセイゴがヒット!

ゴミが気になるがそんな中 アタリが派手に出る、そしてバレる。
そして やっと魚を掛けて抜くと途中で外れて海へ...

アレ?フックが無いしー 変なところで切れてる。
縛り直して投げていると PEが切れんばかりのささくれが、

アワセ切れしないように縛り直し投げていると セイゴヒット!
2匹目、次を狙うとヒット!ドバドバ,,,, マルタだ、ピュン!切れた、

縛り直したばかりなのに、少し動いてセイゴ3匹目をゲット!
しかしまたマルタ、フックがいかれる、縛り直して4匹目のセイゴを上げるがー

すぐにマルタヒットでリグが飛ぶ、ここまでウグイが入るとは,,,
時間は4時になったので 終了。

3時間少し切れるぐらい、夜寝ていたのでノンストップで帰れました。
セイゴ前半16匹後半4匹、サヨリ2匹とキス11匹でした。
0

初心に戻って。。  釣り

久しぶりにヒゲオヤジさんに会った。
尾鷲でずっと前に会って以来、年明け2回目。

備品を買い込んでいたので 竿を組むみたいだ。
そして見せてもらったブランクが長い!

長さ調整はするだろうが どのあたりにバランスを持っていくのか、
グリップ回りは軽く仕上げるみたいだから...

オジサンの作戦はリールシート下のセパレート部分を長くするみたい。
アジングロッドで全長が長くなるのは結局全体に重くなると思うのですけど…

ティップには今流行りのチタンを搭載するみたいだから 重くなる。
それともう1本チタンを搭載したロッドを見せてくれた。

コチラは全体のバランスとしては問題なく使える、ただ重い。
あの重さを消すのは長さを調整するしかないね。

でもチタンいりますかね?
なんて話をしながら 横綱のラーメンを頂きました。

ゴチになって、また仕返し?お返ししますからね。


そして私も1本組んでいまして 正しくは組み直しですけど、
雨の尾鷲でキャストすると水しぶきが パッ!と飛ぶんですょ。

リールからラインがイヤイヤ手前のガイドに押し込まれていく、
モノフィララインならそれほどでもないが PEだと結構な抵抗だと思います。

飛距離は出ていますが きゅうくつな感じがとてもするのでー
今回のロッドはガイドを大き目と言うか一番デカイ物を使ってます。

軽さ対策で小さ目を使う事が多いので 初心に戻ってデカイガイドいっときます♪
それとグリップのセパレート部分は太くせず そのままブランクの太さです。

グリップエンドはアブの流用でぷっくりして可愛い感じに仕上がりそう〜
週末はメインで使ってみようと思います。。

土曜は休みなのかどうなのよ...
0

詳細。。  釣り

今回はセイゴ15匹でヒラセイゴ10匹、
ヒラセイゴ率高め〜 血圧みたい高め〜

サヨリ・マゴチのおまけ付き〜
さばいたヒラセイゴ今は脂ノリノリ!

恐ろしいほどの脂がお腹に巻いてます。。
きっと塩焼きが一番脂の旨味を感じられるはずなのだが、

焼くとコンロの掃除が面倒だったり焼く人が面倒だったり,,,
刺身なら私が大変なだけだから やはり刺身になりました。

マゴチも美味しいけど 骨抜きをしないといけないのが大変だなー
サヨリはやっぱり美味しいょ。。

今回さばいた魚から出て来たベイトはイワシも居たが小さ目のベイトが多く...
ショートバイトの意味がわかった気がする。

そしてショートバイトを伝えてくれたのがラピノバ0.09号。
今回で2回目使用だが 問題アリアリ---

ラインのささくれが結構目立ちます。
それで切れる訳ではないのですけど〜 リーダーを縛る時に困る。

細いヒゲが縛りを邪魔する。
なのでPEは無理して極細を使う必要はないですねー

細いに越した事はないのですが セイゴには必要ないな、
アジなら,,, モノフィラでいいからなぁ。。

一応対策としてはリーダーを竿1本以上取ると道糸を傷めにくい、
結節部はラインが細いので巻き込みのショックもほぼ感じないです。

0.09号はラピノバと言うネームじゃなかった気がするな、ま いいか。
アダーXもアダーではなくリンガーXだったしね(笑)

そろそろ越前も視野に入れていかないといけないけど、
結構冷え込んだりしているので無理に行かなくても ね。。
0

土日が休みになりました。。  釣り

なんだか締まらない感じで休みになりました。。
天気もよろしくないですが 尾鷲、行ってみますかー

いつものコースをキッチリ走っていつもの時間に到着、
寄り道も見事同じなら買うモノも同じ(笑)

釣り場に着いて もちろん雨なので オリジナルにPEを巻いたリールを組む、
色々持ち込んでもアカンので 1ヶ所目 うーんアタリ無し。

移動、そしてすぐ アタリ!セイゴゲット!
バケツに入れて 海水を あっセイゴ逃走〜 その後 悪い流れを回復できず・・・

何とか口を使わせようと悪あがきをすると 答えてくれたのは タナゴミーウー(爆)
こりゃ移動しかない、久しぶりのポイントに入る。

ショートバイト、PEなのにショートバイト、意地になる(笑)
そして見せすぎたぁ〜ミーウータナゴ,,,

少し早く 誘うと ショートバイト ドスン(爆)
どこがショートバイトなのか(笑)グイウー(汗)

あらためてショートバイトに挑む!
ッ- ヒッ フッ!バレた!ヒットまでいけない、重さはまでは感じたが---

こりゃ 泣けるぜー次、
キャストからココでアタリがー ッ- ヒット!

やっと掛かった!上がって来たのはヒラセイゴ〜
オマエさんかー ココに居たのね。。

ショートバイトだが 食いは悪くないので コチラも違和感を与えない様に待てれば行けるぜ!
ココから怒涛のラッシュなのだが チビレも交じって 超ょームズイ。

アタリからアワセまで少しでも待てないとバラす。
アワセ!バシャバシャポロッ,,, 雨の夜中に熱いぜ---

慌ただしい時間は終わり ヒラセイゴ6匹バラシ多数、
ラストの場所移動ですぐに1匹ゲット後2バラシでセイゴの部終了。。

一応サヨリタックルに持ちかえて明け方から投げ出す、
しかし反応無し ただ反応したのは イワシみたいなちょっと違う魚2匹。

暴れてウロコをまき散らして2匹とも転げて逃げていきました。
サヨリは回遊が無ければどうしようもない魚ですから7時頃終了。。

見事に濡れた車を見て「デシャブ?」先週も車が濡れていたなー
雨も止んでいたので 車を拭き拭き 綺麗になったので 場所移動して休憩。

前回暑くて困ったので車を止める位置を考えておやすみなさいー
って10時半過ぎに暑くてまた起きた。。

結局時間がたてば日差しに起こされる訳ね、
さぁキス調査に行きますか。

天候も回復して向かい風・・・
探り出すもゼンメゼンメゼンメ---今回はゼンメが元気。

キスが釣れないな、と思っていた頃 止めからの誘いでドン!
ポンピングで浮かせながらも微妙に走る、竿も大きく曲がって何が上がって来る?

見えたのはマゴチ!横向き〜
ラインがPEなので迷わず抜く。

ラインが巻いた訳ではなく フックが横っ腹にフッキングしてました。
きっとシンカーに反応してハリスの上に止まったところを誘いアワセが入ったパターンだね。

コイツが居たらキスは食わない、食われちゃうな。
なのでキスは早々に切り上げ 血抜きしたマゴチをクーラーに入れようと、

バケツにはマゴチが吐き出した細かいハゼ類が5-6匹入ってました。
キスは察知して逃走したみたいです。

買出しをして4時まで休憩、しましたが1時間延長。
5時からサヨリ調査を開始するが サヨリは不在、イワシもどきがちょっかいを出すだけ...

少し早目に切り上げセイゴタックルに持ち替える。
この少し早い時間だからココだな、足元でゴン!と来るが食い込まなかった。

あの場所には1匹陣取っているので少し場所を休ませる、
沖目で1発アタるがバラし もう1匹バラす。

そして足元のセイゴを上手く掛けてゲットする。
そこからアタリ出ず、場所移動。

移動いてすぐにアタリが出てバラす、連続でバラシアタリが途絶てしまう。
こりゃヤバイな,,, 場所移動して 難しい場所の攻略にかける。

10時に終了する予定がすでに9時半、残業だな…
早アワセだけは気をつけて投げ出す。

出た 小さな触りの後の違和感〜 ヒット!
少しサイズアップのセイゴ!続いてミーウータナゴ連発、

投げる方向を替えて ッ ヒット!シマイサキ...もう居ないと思っていたのに居ました。
もう1匹シマイサキ、少し場所を動く。

ここから怒涛のアタリラッシュ!
ヒラセイゴも少しサイズアップが釣れて引きも強い!

アタリも違和感があれば ゴン!と竿がオジギをするほどのアタリが出る。
あまり派手なアタリはバラシが多くなってしまうけど…

そんな中 コココン と軽めのアタリをアワセるとサヨリが上がって来た〜
今回はあきらめていたのにこんな場所で釣れるとは---

アタリも無くなりそろそろ終わろうと思っていると おじさんルアーマン登場、
メインで使うタックルはベイト,,,少ししてセイゴを上げた。

魚をほっぽり出して何か車まで取りに行ってしまったので何で食ったか観察。
すると重いジグヘッドにスクリューテールだった、これで食うとは....

早い動きで反射食いさせるパターンなのでー
回遊の群れが入れば行けるが 周囲をウロウロしている魚は厳しいかもしれないな、

私の居る間は釣れていなかった。
ラストはウグイが釣れて私は終了〜 ちょうど12時に走り出しノンストップ3時着。

そこから魚をさばいて6時半にダウン、後半は7匹のセイゴを確保できて何とかなりました。
0




AutoPage最新お知らせ