鳥羽。。  釣り

まぁ爆風でした鳥羽。。
そして同行者が居たのでポイントは半分探れなくて一応釣れた程度ですねー

二人して35匹で同行者が23.5aのアジを釣り何とか形になったかと、
一人で探れば30〜40匹の釣果ではないかと思われます。

群れが移動するので入れば釣れる感じでしたから
年明けまで天気が安定してくれればまだ釣れると思います。


今回の二人分の釣果。
クリックすると元のサイズで表示します
他にバラシがボチボチあり上手くやればもう少し釣れますね。

23.5aは良く太っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
他は少しヤセ気味の個体が多く塩焼き分はこれだけ、

塩焼き分にセイゴを1匹プラスしてー
クリックすると元のサイズで表示します
刺身2パック、塩焼き1パック、アクアパッツア用1パックになりました。
アクア用メバルは頭を割り焼きやすくしてあります。

アラで出汁を取りザルでアラをコシてから野菜を入れ煮込むタイプに、
身は皮付きにしてあるのでソテーしてから投入してもらえば大丈夫かと。

コレ差し上げるモノなので正月明け3日にもう一度鳥羽でアジを確保して
その分を自宅用にしたいと思います。


0

一応。。  釣り

体調が微妙ではありますが明日(火)鳥羽に向かいます。
今回は会社の若い兄ちゃんが行くと言うので同行となりました、

無理に同行してもらわなくていいのだけどね〜
道中一人のが気楽なんですけどってところです。

今から準備しますゎ。
早く寝ないと,,,
0

風邪。。  釣り

やっと風邪のピークは越えた気がするが微妙な感じ、
今シーズンラストの鳥羽に行かないと終わらないな〜

27日(火)の晩に行きますが雨の予報が出ているみたいな・・・
近場でお茶を濁してもしょうがない感アリアリ、

T君、まだ釣れてますかね鳥羽---
何とかなるでしょ。。
0

風邪。。  釣り

ひどくはないのだが風邪を引いた。
竿を削ろうと思っていたのに放置,,,

ここで無理をしてもね。
0

地元。。  釣り

新作リグを試すために地元でのアジングは初?
仕事終わりから無理やり行って来ました。

ポイントに着く前に道に迷う(汗)
何とか釣り場に到着。

ロッド2本を持ってポイントに入るが
投げ始めてみると ティップの入るロッドが必要な場所。

すぐにアタリは出たが 魚が泳ぎながら当たるので
弾くと言うより ただただアワセのタイミングが取れない。

竿にアタリは出るが一瞬なので 構えていてもミートしない。
完全にリグが合っていないのと竿が硬すぎる。

車に戻る元気もないのでロッドはそのまま、
リールは持ち込んでいたのでラインを02と03で組んでいたがどちらも02号へ。

リグは一応使えるので一端終了。
ジグ単1.3gへ、その頃にはもぉ眠くてヘロヘロ...

投げていると明らかにアタリが落ち着いて来た、
テ..ヒット!ちょっと魚を見るまでは極小メバルかと思っていたのでアジで一安心。

リリースしてしばし投げていると流れに押されて根掛かりロスト、
何せ寝ぼけているからラインがどうとか見てられない。

皆さん知ってるかどうか、
キャストからのフォールでアタリを確実に見ることが出来る方法がある。

それは置き竿にすること。
人が持っていると竿は思っている以上に安定していない、

微かな潮の流れや何かに微かに触れたりするとティップに全て現れる。
ただカリカリ・パンパンな竿ではその限りではありませんょ。

それと問題はアワセられないこと、
アタッても竿を持っていないのと どうしても水や風にラインを持っていかれているのでー

ラインの遊びが多くあるのでアワセが遅れます。
まぁ寝ぼけて見ているので着底まで 今触ったなー しばらくして着底かー

それほど深く探らなくていいな、
そして風も弱いので1gに変更して 中層から誘いにカウンターでアワセが入り2匹目。

少しして誘いからの止めでジグヘッドが頭を下げた瞬間に押さえ込まれドラグが滑り魚は逃走、
アジのサイズが良かったのかメバルなのかシーバスなのか不明。

次のアタリは上手く掛けて3匹目、
もう人間が限界・・・ 月も真上なので終了。

車に戻り即撃沈、3時間寝て帰って来ました。
0

色々。。  釣り

最近の出来事、レインの新しいアジングロッドが100本限定で出ますね。
48000円ぐらい、前回は通し番号を入れたらしいが 今回は入れないとか、

入れても入れなくても関係ないけど買えないから(笑)
一番リール側のガイドが近くて小さいから巻きが得意な方には不向きかもしれません。

誘ってフォールが得意な方はいいのかな〜
竿自体はカリカリな感じではないので,,,

メーカーさんが言うには軽い竿なので軽いリールを組んでもらわないとバランスが良くないと、
CI4なりバンキシュがそれにあたるのだが---

竿48000円にヴァンキシュ(が正解か?)40000円台なので8万オーバー!
アホか。


オリジナル用のブランクを見て来ました。
フルソリッドがショートロッドには向いているかもしれないなー

そのまま使えないけど…
そしてリールシートを買って来ました。

硬質スポンジも、少し内径が大きかったな〜
何とか使えるからいいか、帰ってから即スポンジを削りましたょ。

面倒なので2個一気に削ってやりました。
後は加工して合わせないといけません。

使わないロッドをバラシて使えるように組み直さないと部品代だけでもバカにならない。


それとT君でも簡単にリグれる あるモノを制作します。
その材料を仕入れて来ました。

私は必要ないですが面倒なコトが嫌いな方用に制作してみますね〜
簡単なコトなんですが そのちょっとが面倒なんで 出来たら試してみます。
0

詳細。。  釣り

こんな感じで明るい時間もアジは釣れます。
クリックすると元のサイズで表示します
ただ場所がモノを言いますねーピントがね〜(笑)

前半の釣果でT君の魚込み。
クリックすると元のサイズで表示します
明るくなってキス3匹釣れてからアジがラストに釣れました。
もう少し反応してくれたらよかったのですが,,,

後半はこんな感じ、
クリックすると元のサイズで表示します
入りは一番上の画像のアジから始まりましたが おっさん・・・
少しマシなメバルが1匹交じりました。

マメバルは結構釣れましたね、
小さくても口が硬いから外すのが面倒ですゎ。

帰ってから魚をさばいて寝たのが3時半、
次の日は良かったのですが その次の日の仕事が大変でした(汗)


0

鳥羽。。  釣り

エリアの詳細もないまま鳥羽ですゎ(笑)
今回は太郎さんとジョーさんが鳥羽に来ていたので一気に鳥羽へ向かいました。

仕事終わりから走って鳥羽へ1時半着、
そんな頃には太郎さんもジョーさんもダウン寸前。

ジョーさんはダウンしてた(笑)
ポイントへ割り込ませてもらい投げると2匹釣れて沈黙。

飛距離が関係している感じはしたがジグ単な感じではないのでもう1タックル追加、
ポツポツ釣れて風が変に吹く。

硬めのショートではテンションが抜けてしまうので動かしまくらないといけない、
なので柔らかめの竿に変更すると調子が出て来た。

そんな頃太郎さん達は次の目的地へ移動。
私はプチラッシュでアジを追加していて失速・・・

そのタイミングでT君登場!
二人がかりで頑張るが不調なのはかわらず場所移動。

移動した先でポツリポツリと追加して朝のラッシュに期待したが見せ場もなく---
キス3匹の後にマシなサイズのアジが釣れて終了。

T君とお話ししながら10時頃から休憩、
前半の釣りではT君の魚も引き取ったので41匹でした。

3時頃起き出すがまだ日が高いので 車を洗う、
綺麗になったので現場復帰。

するとすぐに1匹アジが釣れた!
さぁ〜これからだ〜 なんて思ったけど後が続かずチビメバルがポチポチ,,,

日が隠れたので さぁー本番だ!と気合いを入れたところで、
「すいません、バッテリーが上がったのでブースターでつないでください」と---

なぜ言い切る。
申し訳ありませんが とかなんとか言えないモノだろうか、

困った人を助けない訳にもいかず・・・
ウチの車はバッテリーが狭いところに入っているので面倒なんだけどー

そんなところへ地元のお姉さんがKカーで帰っ来られたのでおっさんはまた
「バッテリーが上がったのでブースターでつながせてください」と言い切る。

渋々OKしてくれてブースターをつないだまでは良かったのだが、
おっさんセルを回すばかり、お姉さんにアクセルを踏むコトも言わず---

何で私が「すいませんアクセルを踏んでもらえますか」と言ってあげるも
おっさんの車がかなり旧型の大き目の車なのでKカーにつないだぐらいではセルが回らない。

お姉さんに「すいません 無理っぽいので ありがとうございました」とお礼を言って??
おっさんにはJAFFを勧めて私は釣り場へ戻る。

そしてすぐに釣れる(泣)
やはり魚が入って来ていたょ〜

しばらくしておっさんの車のエンジンがかかり消えていった。
良い時間に人を巻き込むな!!

風もあるし色々試す時間もないのでリグって遠投からの---

一応明るい時間にキャストからのラインの横風によるフケ具合を見て
どれぐらいで着底するかをロッドでラインを送り込んで着底までの時間をだいたい覚え、

それを暗くなってからキャストからのラインを水面に落としてから竿で送り込んでいき〜
そろそろ底に着くだろうところで竿で誘いを入れる パンパンパン テゥン!ヒット!

このパターンがハマり連発!沖目にアジの群れが陣取っているので少しだけジグ単を試す、
同じコトをしているのだが少し違うだけでアタリすらなくなる。

しょうがないのでリグを戻し魚を探すが居ない、
ちょっとのことで魚が居なくなるから困る。

探っていると少し左に居た!
そこからは浅い場所寄りで根掛かりに気を使い入れ食いとはいかなかったがボチボチ追加して

今回のアジングは7時半に終了です。
まだ釣れましたが帰りの時間もあるのでしょうがないですね、

アホなおっさんが居なければまだ釣れたと思います。
そんな後半の釣果は36匹でした。

やはり今一つ数が伸びなかったですね---
それと月が出ていたにも関わらずアジは釣れました。

なぜ釣れたか、それは明るい時間でも釣れる場所ですから
アジが月明かりを気にしない場所なんですょ、簡単でしょ(笑)

なので徹夜をしても明るくなって釣れなくなるまでアジを探していると
そんな場所を見つけることが出来るんですょ。

ここまでくれば月夜でも問題なくアジを釣るコトが出来る訳です、
月明かりで明暗がボケてアジが釣れない!と言わなくて済みます。
0

マス。。  釣り

アジの詳細も無いままエリアフィッシングですょ。
道中道に迷う迷う、いい加減に地図を見てパンフレットを持って来ていない(笑)

員弁の山の中で迷う、明らかに道が無くなるタイプ(滝汗)
神社仏閣で突き当ったり・・・

釣り仲間を拾ってから走り出しているので3時間もかかりました(爆)
員弁のサンクチュアリー初参上。

待ち合わせに時間に 2名30分遅れ---
4300円を払い釣り場へ、プラグでは面白くないと言うコトでスプーン縛り。

開始するも反応無し、
しばらくすると 何か微かにじゃれている感覚が---

ジグヘッドは泳がないので竿先が安定する、
スプーンは泳ぐのでそれだけでストレスです。

あの擦れた感じをアワセにいくのか??
スレを掛けにいっている感じなんだが,,,

そんなことを思っているとフォールでヒット!
フォールで食えば気持ちいいと言うかこっちのもんですゎ(笑)。

この辺りからやっと魚がヤル気になって来たのか反応しだす。
レンジをつかむのは難しいと判断したので底狙いに、

すると何匹かゲットすることが出来た。
底が何とかなれば今度は表層(笑)

ハンズアップしながら水面直下を遠投で行うとボチボチ反応が出る。
エリアでこんな釣り方している人を初めて見たと言われましたね。

0.9gでは飛距離が出ないので1.8gを遠投して警戒心の薄いマスを
水面で食わせる作戦です。

まぁこれも魚が移動すれば釣れないので色を替えウエイトを替え頑張りましたが
終始渋い状況はかわらず12-3匹で終了。

同行者はサイトで釣っていました。
サイトは苦手(見ずらい)なのでパス。

一番の問題は勧められたフックで 始めから装着されたフックは大き目の太目、
進められたモノは細軸の小さ目、明らかに掛けバラシが多発したのでー

掛けバラシではないな、スプーンに魚が触るが針先が魚に触れていない。
軽量なフックが踊るのはないのでしょうか?完全にフックの選択ミスです。

スプーンのフックを外しスプリットリングにスナップを通しそこにフックを掛けて投げると
すぐに釣れましたから間違いないデス。

マスがスプーンにマジでチェイスしていないのにフックが軽量小型では難しいね。。
また「無理やり」行きましたら検証して来ます。
0

鳥羽。。  釣り

9時半に走り出し11時半着。
ポイントは空いていたので即開始〜

風が微妙に吹いているけど問題無し、
今回は手持ちワームオンパレード。

チビキャロスワンプから、各色試すがオキアミ系カラーがアタリが出ますねー
でも食い込まない。

グローオキアミの青ラメ?でアジ確保。
アタリは出るが連続で乗せられない,,,

マサカのアタリでワンテンポ遅らせる、
ワンテンポ遅らせ過ぎると放される(汗)

半テンポに切り替える(笑)
上手くハマると掛かる。

ポツポツ追加するのがやっと・・・
ふと 足元にアジアダーのピンクが落ちていた、

誰?こんなところに捨てる輩は〜
そのアダーを使うと食うわ食うわ(笑)

小細工はしましたがアジアダーバブルピンク釣れました。
プチラッシュが終わった頃にT君登場〜

そして風が変に吹き出す---
微妙に釣りにくいがポツリ・・・ポツリ・・・

ここで私は場所移動、T君にその場を任せて他を調査。
ポイントに入ると風が巻いて微妙な感じ、

釣れ具合も微妙だな〜
夜明けまで微妙なままでした。

そしてタックルを試していてやっとハマった!
硬目に仕上がった竿を試していてジグヘッドも試しましたがリグった方が合います。

リグって遠投すると 遠くで見事に食う!
明るくなってからポンポンと追加してT君が合流、

分かれてから18匹を確保したらしい、さすが!!
明るくなってまずまずのサイズのアジが顔を出す。

そしてエソからのグ-フー終了〜
T君とお話しタイム。。

前半27匹、後半18匹で45匹でした。
キス1も居ましたね、T君お疲れさんでした。

やはり1本の竿で通すのは できないこともないが対応の幅が広がらない、
場所で水深や明暗の感じや流れなどが変化するのでアレコレ試さないとね。

なんでも買えば済むがそれでは面白くない、
なのでアレコレ悪あがきをするんです。

それで釣れるからね、釣れなかったらやるまでもない。
今回の激ショートはアワセが早く鋭く入りますゎ。

そして風さえ無ければ微妙なアタリもとらえるので少しティップをシェイプすればオツケー
全然イケるね。

もう少し遊んだら正規のブランクで竿を組んでみようかな。。
0




AutoPage最新お知らせ