2013/6/11 | 投稿者: 匠丸

本日は火曜日!市場はお休みでしたけど、潜水の季節限定イベントのサザエの放流を行いました。

まずは城ヶ島から船で運んできまーす。

クリックすると元のサイズで表示します
はい到着

お運びいただきました役の方々お疲れさまです

クリックすると元のサイズで表示します

これを皆で小さい船で放流しに行きます

各自お好みの場所へ・・・

今日は大量に放流したみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

このサザエが出荷できるようになるまでにはたぶん2〜3年掛かるでしょう。。
それまで生き延びていただけることを願うのみです。

さぁ、明日はまだ凪だと思うのでがんばりましょう
では、また。

by◎SHOSHI◎
0
タグ: サザエ アワビ

2013/4/23 | 投稿者: 匠丸

この本めっちゃ欲しい!!誰か僕に買って下さい。
その本とは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
これです。

みんなこれ欲しいでしょ?12年ぶりに作り直したお魚さんの図鑑ですよ!!
ただ価格が・・・高いんですよ。。。36,750円なんですよ。。。

だから誰か僕のために買って。。。

明日からシケてしまうので収入が・・・なんですよね。。。

もしも、購入したら報告しますね!!!

by◎SHOSHI◎
2
タグ: 図鑑

2012/3/5 | 投稿者: たくみ丸

今日は雨でしたねぇ〜思ったよりも風が吹いてきませんねぇ〜あっ、SHOSHIです!
今日は普段使っているハサミについて語ってみたいと思います。。。興味ない人の方が多いと思いますが・・・・・・続けさせていただきます。

とりあえずこのハサミから・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このハサミは主に釣りの仕掛けを作るときに使います。

クリックすると元のサイズで表示します
このハサミは片刃がギザギザしています。なのでPEラインも滑らず切れます!
なんとザ・ダイソーです。100円ですね!釣り人にお勧め!釣具屋でPE切れるハサミを買うとそこそこ高いですからね。ちなみに事務用品あたりにならべられています。ステンレススチールです。


続いてはのハサミは・・・こちら
クリックすると元のサイズで表示します
園芸用のハサミですね。。これもダイソークオリティです!

このハサミも・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ギザギザしてますねぇ!主に網修理の時に使っています。ダイソーなのに耐久性も中々あります。便利な世の中です。ダイソーに行くと「ナゼ!ナゼこれを100円で売ることが出来るんだ!」とよく思います。こちらのハサミは園芸コーナーにあります。こちらもステンレススチールです。糸を切るのには非常にいいですね。枝とか切ったことは無いんでそっちの切れ味は知りませんけど・・後ろに写ってる糸が巻いてある物体が網針(あばり)です。気が向いたらそのうち紹介します。


最後のハサミです。。こいつはダイソーではございません!
クリックすると元のサイズで表示します
こいつは長井で秋に開催される「お十夜」というイベントで買いました。
価格は忘れました。1,000円位だったかな?
ばね式なんです。小汚い紐が付いている理由は・・・開きすぎない為の処置です。

クリックすると元のサイズで表示します
このハサミは主に刺網をばらす時に使います。一本の糸を切るのにはあまり向いていません。。
鉄製なんで錆びやすいです。切れなくなったらダイソーのダイヤモンドやすりで研ぎます。

以上◎SHOSHI◎が使っているハサミのお話でした。。。
どぅ?役に立たなかったでしょ? さっ、こいつらを駆使して網つくりを続けますか。。。
by◎SHOSHI◎
2

2010/8/12 | 投稿者: ◎SHOSHI◎

恐怖の「おがさわら子供キャンプ」の始まりです。。。

クリックすると元のサイズで表示します
小学2年生から中学1年生までの計13人の子供たちと一緒に生活しました。僕が何をしていたかというとまぁスタッフですかね。子供たちと飯を作ったり掃除をしたりカヤックを漕いだりしていたわけですね。

基本的には子供たちに何をやらせるか決めて貰ってそれをアシストするっていう感じなんですが、大半が小学3年生だったため結構大人が介入してしまったって所がありますね。

クリックすると元のサイズで表示します

移動は主に徒歩なんでどこへ行くにも片道30分位は歩きます。
クリックすると元のサイズで表示します
歩きながらパッションフルーツを拾う事も!!

クリックすると元のサイズで表示します
ご飯は基本的にはたき火でおかまで炊きます。時間が無い時なんかは圧力釜を使いますが・・・一回に15合や20合炊いちゃいます。ちなみに玄米です。子供達は個人的におやつは持ってませんから食欲は旺盛です。

市販のカレーのルーを使わずにカレーを作ったりしました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

カヤックに乗って皆で漕いで行き目的地で磯に居るカニを捕まえて茹でて食べたりもしました。
クリックすると元のサイズで表示します

舗装路を歩けば30分の所をジャングルの中を一時間半もかけて歩いてみたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します

泳ぎ釣りといってシュノーけリングしながら魚を釣ってみたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します

山から竹を切ってきて竹竿で魚釣りをしてみたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ロクセンスズメダイを釣りまくりです。

ラストナイトでは島のバンドが野外ライブをするジャミンというイベントがやっており子供たちも一緒に行きみんなで踊りまくりました!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
僕は酔っ払いながら汗びっしょになりながら踊りました。。。

次の日の早朝子供たちが起きないうちに島の友達と釣りに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
釣果はアカハタ一匹という悲しい感じでした。。。

帰りにウミガメとも遭遇。。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

カヤック乗ってるときに一番難所で大きい波に乗ってしまい、正面が岩で本気で死ぬかと思った事があったのはここだけの話・・・デジカメも失くさなくて良かった・・

子供達は早起きして帰りの荷造り。。。そして、街へ・・・久しぶりのお買い物でジャンクフードを買いまくっていました。。。子供たちが泊って居たところは街まで歩いて一時間以上かかるようなところでしたからね。。。

クリックすると元のサイズで表示します

そして二時に出港です!
クリックすると元のサイズで表示します
みんなそれなりに楽しめたかな・・・?

船の中でもそれなりに元気でしたがアニメの「ナルト」が放送されている時だけやたらと静かでした。。
クリックすると元のサイズで表示します
船の中は基本的に「BS1、BS2」位しか映りませんからDVDが流されていたのでしょう。
小笠原丸に乗ること25時間半ようやく到着です!
待ちに待った親との再会。。。
クリックすると元のサイズで表示します
泣いてる子は意外にも居なかったのかな?とりあえず良く聞こえた声は「お腹空いた!」だった気がします。

また来年会える日を楽しみにいます。。。来年はもう少しフットワークが軽くなると良いなぁ〜ww

長々と個人的な書き込み失礼いたします。子供キャンプに興味がある方は千葉にあるブラウンズフィールドというマクロビオティックに力を入れている場所がありますんで遊びに行ってみては・・・http://www.brownsfield-jp.com/ ブラウンズフィールドの「イベント→フォト&レポート」へクリックしていけばもう少し詳しく「おがさわら子供キャンプ」について見ることができます。

マクロは僕に関係ないんですけどね・・・基本魚食べないみたいだし・・・考え的には悪くないと思いますけどね。。。
0

2010/8/12 | 投稿者: ◎SHOSHI◎

カヌーレースの次の日はお神輿を担ぎます。しかし一部の人はなんと朝の二時半起きです!若手の僕らも二時半起き。。初めて小笠原に来た僕の友達も道ずれですww
そんな早起きして何をするかといいますと、お祭りで配るお赤飯を作るんです。しかもお赤飯のお握りまで!!なかなかハードなんですよ。二時半起きですが集合は三時で、終わるのは7時くらいです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

寝不足のまま10時〜神事が始まり宮出しをします。

クリックすると元のサイズで表示します

お神輿が出発するのは2時位なんで宮出ししたらしばし僕らはビーチで昼寝です。僕らが寝ている間にもイベントはあり、朝必死で作った赤飯が配られ、小笠原の郷土料理の「アオウミガメの煮込み」もふるまわれます。正直ウミガメは好き嫌いがはっきりします!好きな人はめっちゃ好きで嫌いな人は匂いもダメでしょう。。。ちなみに僕は一口位でおなかいっぱいです。冷めると余計に匂いがきつくなる感じです。

お神輿の時間に近づいたのでお着替えタイムです!

とりあえずこんな感じ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この上に半纏とか着ますけど・・・

お神輿の写真は自分が担いじゃってるのであんまりないんですけど、

クリックすると元のサイズで表示します

ここのお神輿はカラフルです。ハイビスカスとか南洋のお花で飾りつけするので南国な雰囲気です。ちなみにお神輿の本体自体は僕の親父が作って奉納しました。長井にゆかりがあるっちゃありますね。。

クライマックスは海の中に突っ込み、神輿を海に沈めちゃいます!!担ぎ手の足の届かないところまで行っちゃいます!!僕も一緒にはしゃいじゃってますから残念ながら写真はありません・・・・興味がありましたら7月26日に父島に居られるように予定を組んでくださいww毎年日にちは決まってますから。。。とっても楽しいお祭りですよ!!

そんな感じでお祭りは終了!!

次の日〜はバイク修理をやったり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
まるで東南アジアです。。。

お祭りの打ち上げをしたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
カンンパチ、ハマダイ、メバチマグロなどのお寿司です。すごくおいしかった!

釣りをしたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこれが僕の親父・・・島では「タコG(タコじぃ)」と呼ばれています。

そして親父と僕の友達の小笠原ラストナイト・・・
クリックすると元のサイズで表示します
未成年者は呑んでませんのでご心配なく・・・

そして次の日・・・
クリックすると元のサイズで表示します
親父と友達とはお別れ・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
って事は僕はまだ居るわけです・・・

二日間フリーに釣りをしたりノンビリ過ごした後・・・

0

2010/8/12 | 投稿者: ◎SHOSHI◎

まぁとってもどうでもいいことなんですがなんとなく報告を・・・
とりあえず八月の朝市前には帰ってきました。。。しかし、帰ってきたら台風でお仕事がお休みです。。さすがに働くのが好きじゃない僕でも金銭的にキツイものがあります。。。まぁ自然相手なんで仕方がないんですけどね。


父島生活を振り返ってみると・・・まず、小笠原を発見したといわれている「小笠原 貞頼(おがさわら さだより)」さんをまつった神社がありまして、その神社の祭礼の一つの発見レースというのに参加しました。レースにも種類がありまして、「オープン部門」「アウトリガーカヌー部門」とありましてオープンの方はさらに細かく分類されて、「シーカヤック(クローズ)」「シーカヤック(オープン)」「シーカヤック(タンデム)」「スタンドアップパドルボード(SAP)」「サーフボード(パドル)」「スイミング」など、とりあえず人力なら何でも参加できるレースがあります。

メインレースは「アウトリガーカヌーレース」の方です。アウトリガーカヌーレースの方は自前に申し込みが必要で島の人たちは毎朝五時から練習してそれから出勤していたりしたようです。軽くレースのルールを説明しますと4人乗りのカヌーを沖に浮かべてあるブイを旋回してきてタイム順で上位8チームが決勝へと進めます。ちなみに全部で39チーム程出ておりなかなかの白熱したバトルを観戦することができます。ちなみにですが僕らのチームは練習不足で完全なる予選落ち・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにオープンレースではシーカヤック部門で僕は第二位になりました!!




続きを読む
0

2010/5/31 | 投稿者: ◎SHOSHI◎

どーも更新遅れてすみません。最近なんか朝が寒いですよね。明日から6月だと言うのに・・・

今回知ってもらいたい事は「いなだ」の美味しさです!この時期の「いなだ」はナゼか油が乗っていて大変美味しいのです。夏に獲れる「わかし」サイズは油っけが全然無くパサパサして残念な感じですが今の「いなだ」は油でギッチギッチしています。包丁で皮を引くと油で包丁がねっとりです。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず今日言いたかった事は、「同じ魚でも時期によって味が違いますよ!」って言いたかったんですねぇ。
だから一度食べてみて美味しくないと感じた魚でも時期を変えて食べてみたら美味しく感じるかもしれませんので一度食べたくらいで嫌いにならないでください。


あっ、ちなみに魚のアブラは「油」らしいです。油と脂の違いは「油」は常温で液体の物をさし、「脂」は常温で固体の物を指すらしいです。



どうでもいいですが、今日の釣果です。
クリックすると元のサイズで表示します
三連敗で連敗ストップです。ですが小さすぎたのでパシフィックオーシャンに帰してあげました。また大きくなたら僕に釣られることを願っています。もしくは生き延びて子孫繁栄に励んででもらいたいです。

By◎SHOSHI◎
4

2010/4/15 | 投稿者: TAKOMI

4月も中旬だと言うのに最高気温が一桁というなんともいえない寒さです。皆様は体調崩していませんか?

前回は「潮流」について書いたので今回は「海流」について書き込んでいきます。

日本には「黒潮(日本海流)・対馬海流・親潮(千島海流)」があります。そもそも海流と言うのは何なのかと言うと、「ほぼ定常的に同じ方向に移動する海水の流れ」を海流と言うらしいです。
海流には大きく分けて「暖流」「寒流」があります。「黒潮・対馬海流」が暖流で、「親潮」が寒流です。

暖流は、海水温が高く、透明度が高く、高塩分。

寒流は、海水温が低く、透明度が低く、低塩分。プランクトンが多い。

親潮(千島海流)」は、非常に栄養塩の濃度が濃く黒潮の(少なくとも)5〜10倍の濃度があるらしいです。春になると植物プランクトンが大繁殖し、動物プランクトンや魚たちの繁殖場になるようです。植物プランクトンが大繁殖すると、親潮は緑や茶色かがった色になるそうです。
親潮は流れとしては弱く流速は早いときでも1ノットを超える程度ですが、深いところまで流れているので流量は多いです。

今年は親潮の力が強いらしく東北から外房にかけての水温が平年よろ4℃も低いらしいです。たかが4℃ですが気温と違って海水は氷点下になることは無いので海水温で4℃低いと言うのはとても低いことなので、冷夏とかにならないか少し心配です。



黒潮(日本海流)」は、ここ長井にも影響する海流です。黒潮はプランクトンが少なく、透明度が高い。色は青黒色。この色が黒潮の名前の由来です。黒潮は世界最大の海流の一つです。

黒潮には大きく分けて二週類の流路があります。ひとつは紀伊半島・遠州灘沖で南へ大きく蛇行して流れる「大蛇行流路」、もう一つは四国・本州南岸にほぼ沿って流れる「非大蛇行流路」というものです。

「大蛇行流路」は1967年以降に5回発生しています。最近では2004年7月〜2005年8月に発生したようです。一度発生すると一年以上持続するようです。

「非大蛇行流路」の中にも遠州灘から関東近海で小さく蛇行する「非大蛇行離岸流路」と、四国・本州の南岸近くを直進する「非大蛇行接岸流路」があります。

黒潮の幅は日本近海で100kmで最大流速は4ノットにもなります。
海水温は夏季では30℃近くになり、冬季でも20℃近くになるようです。



対馬海流」は、黒潮から分岐した暖流である。日本沿岸にそって山形、秋田沖を通って大部分は津軽海峡を抜けて太平洋に流れるようです。一部は北海道の西岸を北上して宗谷海峡に達するそうです。

冬に新潟や山形のどの東北地方が大雪になるのは対馬海流が関係しているようです。
冬季の寒気であるシベリア高気圧が日本海を通過する際に北西季節風を起こし、暖かい対馬海流から水蒸気を大量に蒸発させた結果、雪を降らせる雲を形成しているかららしいです。


親潮と黒潮のぶつかる潮目と呼ばれる場所は季節や年によって場所が上だったり下だったりするみたいです。潮目は上から見ると白い泡や漂流物が長い帯状に集まっています。潮目ができる訳は互いに違った水温などがぶつかり合った場所が潮目になります。

小規模の潮目は荒崎公園などの展望台などから見ることができることがあります。

海流についてはこの位でご勘弁ください。

By◎SHOSHI◎
4

2010/3/9 | 投稿者: TAKOMI

今日は潮汐についてお伝えしようとおもいます。

潮汐とは、月や太陽の引力の作用によって海面が周期的に昇降する現象を言います。
だいたい一日に二回の干満の差があるのが普通です。
干満の周期は、平均して12時間25分らしいです。二回の干満に24時間50分かかるので、前日に比べて50分遅れていきます。

干満の差を潮差といいます。潮差は月齢によって変化し大潮・小潮の差を作ります。

有名な話ですが、新月・満月の時が大潮で上弦・下弦の月のときが小潮になります。

潮差には地域によってだいぶ差があります。日本では有明海で5mほどあり、日本海側では数十センチほどしかないようです。カナダのファンデー湾という所は13.6mもの差が生まれるらしいです。

潮汐によって生まれる海水の周期的な水平移動を潮流といいます。
潮流の流向・流速は、時間の経過とともに周期的に変化し、しかも、その地域によって一定の変化を繰り返すのが特徴だそうです。

潮流のスピードは、太平洋の真ん中のような沖合いではあんまり変化がありませんが、岸に近い浅い海には潮差の多きところほど早くなります。ってことは小潮よりも大潮のほうが潮流のスピードが速くなるわけです。

   ・・・長くなりましたが今日の所は失礼します。

by◎SHOSHI◎
1




AutoPage最新お知らせ