2016/2/6

落石・風蓮湖バードウォッチングシャトルバス 運行開始!  バードランドフェスティバル

 今日から落石ネイチャークルーズや
 風蓮湖方面を周る特別シャトルバスが
 運行開始しました!
 NBLF期間中参加できなかった方や、
 初めてだけどバードウォッチングを体験したい
 市民の方などにオススメ!
 この時期ならではのオオワシやオジロワシなど観察できますよ。
 是非ご利用ください!

★☆参加費変更 参加しやすくなりました!☆★

 運行日 : 2月 6,7,13,14,20,21日 
       ≪第1〜3週目 土日≫
 参加費 : 落石往復3,000円 風蓮湖往復4,000円
       ※変更後⇒落石往復1,500円 風蓮湖往復2,000円
 申し込み: 不 要 
      当日、出発10分前までに根室駅前ターミナルに集合

 ※スケジュールは添付の画像を参照
 ※落石ネイチャークルーズへの申込みは各自でお願いします。
 ※荒天時は、運休することもございます。

【お問合せ先】ねむろバードランドフェスティバル実行委員会
       mail: birdinfo@nemuro-kankou.com
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2

2016/1/26

NBLF2016まであと3日! 講演会のご紹介  バードランドフェスティバル

 ねむろバードランドフェスティバル開催まで
 あと3日!いよいよです!
 
 開催初日の1月29日(金)は
 野鳥保護の夕べとして釧路市より
 猛禽類医学研究所代表で獣医師の齊藤慶輔氏による
 講演会が行われます。

 獣医師の目線から見た
 オオワシなどの猛禽類の現状や
 取り巻く環境についてのお話。是非お気軽にご参加ください!

日時:2016年1月29日(金)
   17:30〜19:30(講演開始予定17:45〜)
場所:ベルクラシック根室
講師:猛禽類医学研究所 代表 齊藤 慶輔氏
   ↓齊藤慶輔氏プロフィール
   http://www.irbj.net/profile.html
演題:野生猛禽類との共生をめざして
    〜環境治療の最前線から〜
参加料:無料(申込不要)
定員:特にございません。沢山のご来場をお待ちしています!
※画像2は以前実施した時の様子です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 ↓ねむろバードランドフェスティバル2016
  イベント内容の紹介はコチラ(PDFファイル)
http://www.nemuro-kankou.com/pdf/2016bird_chirashi.pdf
3

2016/1/12

ねむろバードランドフェスティバル2016のご案内  バードランドフェスティバル

 こんにちは
 今回はイベントのご案内
 今月末の開催に迫った
 「ねむろバードランドフェスティバル2016」
 当日楽しめる催しなどを掲載したチラシが完成しましたので
 ご紹介いたします。
 大人から子供まで楽しめ根室の自然や野鳥に
 触れていただくイベント。
 皆様のお越しをお待ちしております!!

 開催日時 平成28年1月29日(金) 17:30〜19:30(講演会) 
          1月30日(土) 10:00〜16:00(交流会17:30〜)
          1月31日(日) 10:00〜15:00

 会場 ベルクラシック根室

 ↓チラシデータ(PDF)はこちらからご覧ください。
http://www.nemuro-kankou.com/pdf/2016bird_chirashi.pdf

クリックすると元のサイズで表示します
2

2015/1/13

ねむろバードランドフェスティバル2015開催内容のご案内  バードランドフェスティバル

 こんにちは
 今日の天気は晴れ

 今回は冬の根室のイベントのご案内です!
 
 2月13日から15日開催の「ねむろバードランドフェスティバル2015」
  
 「おまかせガイドツアー」は車とガイド案内がついた
 お得な内容です。
 13日、14日の夕方には講演会、パネルディスカッションが
 行われます!
 その他、ねむろの野鳥イラストコンテストや協賛団体様の
 展示活動もございます!
クリックすると元のサイズで表示します

 
 2月14日、15日開催の「おまかせガイドツアー」は
 事前申し込みが必要です。(申込期限1月31日まで)
連絡事故防止のためツアー申し込みは
 Eメール、FAX、郵送のみで受け付けております。
 参加ご希望の方はbirdinfo@nemuro-kankou.comまで
 ご連絡ください!
 申込用紙をご案内させていただきます。
 ※2月14日@「海鳥三昧ツアー」は定員の為
  受付締切させていただきました。
 ※受け付けは先着順となります。ご希望のツアーが
  定員となる場合もございます。ご了承下さい。
クリックすると元のサイズで表示します


 ☆市内宿泊施設「ねむろバードランドフェスティバル」参加の為、
  ご宿泊されるお客様へのお得なサービス
 ■あづま旅館・・ミネラルウォーター1本 プレゼント!
 ■お宿エクハシ・民宿ねむろエクハシの宿
  ・・歯舞産昆布を使用した自社特製「昆布のゆず塩」を
  プレゼント!
 ■ゲストハウス・シェアハウスとまや・・使い捨てカイロ1袋
   プレゼント!
 ■照月旅館・・ウーロン茶(500ml)1本 プレゼント!
 ■民宿「四島(しま)の家」・・根室の地酒「北の勝(大海)」もしくは
   ビール1杯(どちらかご希望の方を)1本プレゼント!
 ■民宿「ときわ」・・缶ビール(もしくはウーロン茶)1本プレゼント!
 ■ホテルねむろ海陽亭・・従業員手づくり!「バードコール」
 (小鳥の鳴き声に聞こえる楽器)プレゼント!

 では次回更新をお楽しみに!
3

2013/1/19

ねむろトコロジストの会「ねむろバードソン参戦記」3 (前大会の様子)  バードランドフェスティバル

 こんにちは。
 今回も昨日に引き続き
 「ねむろバードソン参戦記」を
 ご紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【トコロジスト中野 競技後の感想】
 初心者がバードソンに参加して大丈夫かなと心配でしたが、
 思ったよりもたくさん野鳥を見つけることができました。
 二人一組で行うので一緒に野鳥を見つけて喜んだり、
 名前の分からない野鳥を一緒に図鑑で調べたりと、
 野鳥観察の新しい楽しみ方だと思いました。
 今回はパートナーの園田さんが
 野鳥に詳しくて色々教えてもらいましたが、
 次はもっと野鳥を勉強して
 自分の力でも野鳥を見分けられるようになりたい!と
 内なる闘心が燃えています。

 根室は春国岱などで高山性の野鳥が見られたり、
 漁港へ行けばめずらしい海鳥が見られたりと、
 まさに野鳥の楽園ですが、
 ねむろバードソンでその魅力について
 身をもって感じることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

 野鳥は人の姿に敏感で、恥ずかしがりやです。
 根室市内には今回のバードソンで利用した東梅ハイド、
 市民の森ハイドのほかに、
 納沙布岬、明治公園、別当賀の合計5箇所に
 ハイドが設置されています。
 どのハイドも、人の姿を見つけて鳥が逃げて
 観察の機会を逃してしまうことのないよう、
 ゆっくりと野鳥観察ができるようになっていて、
 とても素晴らしい試みだと改めて関心しました。
 冬場は寒さもしのげて一石二鳥です!
 また、それぞれのハイドで観察できる野鳥が
 少し異なることも魅力ですね!!
 こういった野鳥やバーダーに
 優しい環境設備が整っているところ、
 まさに野鳥の宝庫といわれる所以を、
 今回のバードソン参加を通して実感しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 また、ねむろバードソンは稀少鳥類保護へ
 寄附金を通じて貢献することができるという点で、
 ただ野鳥を観察して楽しんで終わりというだけではない、
 自然と人間、鳥と人間の共存といったような
 課題や問題について考えることができる
 貴重な機会でもありました。
クリックすると元のサイズで表示します

 普段のお散歩で鳥がさえずっているのを聞くと
 ルンルンとした気持ちになります。
 初心者で全く鳥なんて分からないけど、
 小鳥はかわいいなと思っている方や、
 鳥に興味があるけどバードソンに参加するのは不安という方は
 多数いると思います。
 でもバードソン、とっても楽しいです!!
 (賞品も豪華でした・・・!!!!)
 オオワシ探鳥会やバスツアーなどの
 プログラムに参加すれば初心者でも
 ガイドの丁寧な説明のもと
 野鳥を観察することができるので、
 初心者でもバードソン上位を目指すことは可能です。

 今後わたしのような20代30代の若い世代や、
 親子間や家族間での参加が増え、
 バードソン参加を機に、より一層野鳥に対して
 興味や関心を持ってくれたり、
 たくさんの方と情報交換や野鳥について
 お話することができたら嬉しいです。
 そのような意味を込めて、
 これからの「ねむろバードソン」、
 そして「ねむろバードランドフェスティバル」の
 ますますの発展を願っています。

 今回観察した鳥(記録順)
 1、アカゲラ   2、シジュウカラ
 3、ハシボソガラス 4、ツグミ
 5、ハシブトガラス 6、ハシブトガラ
 7、ゴジュウカラ  8、スズメ
 9、カワラヒワ  10、コガラ
 11、オオワシ  12、 オジロワシ
 13、トビ   14、ミヤマカケス
 15、オオセグロカモメ 16、コオリガモ
 17、オナガガモ  18、スズガモ
 19、ヒドリガモ  20、クロガモ
 21、ウミアイサ  22、シロカモメ
 23、ホオジロガモ 24、ヒメウ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 鳥が全くわからなくても全然OK!
 ・今まで知らなかった根室の野鳥が楽しめる
 ・オオワシ保護活動につながる
 ・豪華な賞品がもらえる
  楽しい「ねむろバードソン」にぜひご参加下さい!!
 
 
 ↓ねむろバードソン 詳しくはこちら。
http://www.nemuro-kankou.com/events/2013_19.pdf

 ↓ねむろバードソン参加申込用紙
http://www.nemuro-kankou.com/events/2013_17.pdf
 ↓参加申込書 記入例
http://www.nemuro-kankou.com/events/2013_16.pdf

 では次回更新をお楽しみに!
0

2013/1/18

ねむろトコロジストの会「ねむろバードソン参戦記」2 (前大会の様子)  バードランドフェスティバル

 こんにちは。
 今日の天気は晴れ。
 今朝の気温は−10℃以下に
 なったんではないかというくらい
 寒かったです・・・。

 今日も昨日に引き続き
 前回の「ねむろバードソン」に
 参加したトコロジストの会の参戦記を
 ご紹介します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

 森林の鳥をひとしきり観察し、
 次に海鳥を観察するため漁港に向かいました。

 まず花咲港へ。
 海にはたくさんのカモ類がプカプカ泳いでいました。
 冬なのにお尻が冷たくないのかしらと思いながら、
 オオセグロカモメをはじめスズガモや
 オナガガモなどのカモ類8種を記録しました。
 カモなんてみんな一緒だと思っていましたが、
 双眼鏡で見てみると、種類によって
 体の模様が違っていたり毛の形が
 特徴的だったりと面白かったです。
 ちなみにメスとオスとで外見が違うようです。
 (オスは綺麗な模様でメスを誘うんだそうです)
 今までひとくくりにしてしまっていてゴメンネ、と
 心の中で謝りました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 講演会で江戸家猫八師匠が、
 コオリガモは「アオナ」と鳴くから
 別名がアオナだとモノマネまじりに話していましたが、
 本当に「アオナ!アオナ!」と鳴いていて、
 笑ってしまいました!(猫八師匠すごいです)
 ほかにもいろんな野鳥を、鳴き声だけであの鳥だ!と
 区別できるようになれればすごいですよね。

 その後、コミミズクが出た!という噂を耳にし、
 落石漁港へ向かいましたが、
 崖で動けなくなっているエゾ鹿しか確認できず残念。
 でも港内にゆったりと浮かぶホオジロガモとヒメウを観察しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 所定時間内に、
 ゴール地点(道の駅スワン44ねむろ)に無事ゴールイン!
 合計で24種を記録。この他に、
 かくしポイントルールで選んだ5種類の
 野鳥のポイント13点を合わせ、総スコア37点でした!!!!
 表彰式では、タンチョウ保護のための基金として、
 2,400円を寄付しました。
 競技結果は、全9チーム中7位!!初心者ながら奮闘しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 7位の商品は、根室特産の「はぼまい昆布しょうゆのセット2箱」、
 寄付金以上の賞品がもらえて嬉しいっ!
クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみに優勝賞品は、
 根室在住のジュエリーデザイナー古川広道さんが、
 ねむろバードソンのためだけに
 デザイン・制作してくださった特製ブローチでした!
 【2セットあわせて10万円相当!!】

 この円形のブローチに朝日があたると、
 タンチョウが羽ばたいているように
 見えるという素敵な作品です。
 阿寒町から参加の女性ペアが獲得しました。うらやましー。
クリックすると元のサイズで表示します

 「ねむろバードソン」を終えて
 気づいたこと、感想があります。
 それは今度ご紹介させていただきます!
 
 では次回更新をお楽しみに!
0

2013/1/17

ねむろトコロジストの会「ねむろバードソン参戦記」1 (前大会の様子)  バードランドフェスティバル

 ただいま参加者募集中の
 ねむろバードランドフェスティバル2013
 そのプログラムの一つに
 チャリティーイベント
 「ねむろバードソン」というのがあります。
 昨年、ねむろトコロジスト(市民自然ガイド)の会では
 「ねむろバードソン」に参加しましたので
 その様子をご紹介します。
 トコロジストの会 中野氏が
 参戦記をまとめてくれましたので
 ご紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 平成24年2月6日(日)晴れ。
 ねむろトコロジスト(市民自然ガイド)の会を代表して、
 園田・中野の2人で「ねむろバードソン」に参加しました。
 皆さんに、競技の様子をご紹介します。

 「道の駅スワン44ねむろ」で当日の受付を済ませると、
 参加記念品として
 鞄本製紙グループ本社提供「ハンドタオル」と、
 根室市観光協会特製「野鳥イラスト入りピンバッジ」を
 いただきました。
 よしっ、がんばるぞ!
 
クリックすると元のサイズで表示します

 「ねむろバードソン」は、2日間、
  根室半島の決められたエリアでバードウォッチングを行い、
  種数の多さを競うとともに、確認種数×100円を寄付することで、
  稀少鳥類保護にも貢献できるものです。
  寄付金額以上の豪華賞品がもらえるところも魅力です。

  さっそく競技をスタート。
  まず、春国岱ネイチャーセンターで、
  手嶋洋子チーフレンジャーの
  アドバイスを受けながら、
  比較的観察しやすいカラ類などの10種の野鳥を記録しました。
  建物内の窓から、外の餌場にたくさんの小鳥がやってくるので、
  本当に観察しやすいです。
  私たちの好きなアカゲラもきていました!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

  ネイチャーセンターから近くにある
  東梅ハイドに移動し、オオワシ、
  オジロワシ、トビを記録しました。
  大きな猛禽類たちは
  飛んでいる姿に迫力がありました!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


  次に向かった市民の森ハイドは、
  車から降りて少し歩いていくと森のなかにあり、
  ミヤマカケスを記録しました。
  カケスという名前は聞いたことがありましたが、
  ミヤマカケスは初めて見る鳥で、
  シジュウカラなどよりも体が大きくて、
  雪化粧によく映えていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 
 パート2へ続きます!
 お楽しみに!
2



AutoPage最新お知らせ