2009/9/25

周期13日目(採卵)  不妊治療

10:00に受付。

まず内診して排卵していないことを確認し、血液検査。

安静室で着替えて11:30採卵。

初めての手術室だし、流れも若干違うので、少し緊張。

1個なので、あっという間に終わりました。
「ワンエッグ」という声が聞こえたので、ちょっと安心。
左の卵巣がちょっとチクッとした程度でした。
ただ消毒するときが少し痛かったかな。

そのあとベッドに横になり、20分たったら、トイレでカーゼを2枚抜きます。
CMでは内診のときに先生が抜いてくれたので、ちょっとびっくり。
ハンカチサイズのガーゼが2枚もずるずる出てきました。

内診して出血を確認した後、先生から、「1回出産を経験していて、おなかの中で卵を育てる力がありそうだから、3日目新鮮胚を移植しましょう。お薬を使ってないからいい卵が取れるケースもありますよ」と言われました。

ところが培養士さんに呼ばれてみると、「卵をよく確認してみたら、未成熟卵だったので、今日培養してみて成熟卵になったら、顕微授精します。卵が茶色で殻が厚いようなので、顕微授精を強くお勧めします。」と言われました。
カルテを見ると、さらに「奇形」の文字が・・・。

ここのところ、なかなかいい卵が取れないので、あまり期待をせずに待つことにします。

本日の会計 \40,000(採卵針など)

合計 \65,360

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ