2009/4/16

凍結胚移植周期30日目(判定日)  不妊治療

結果は陰性。

生理が来そうだったので、あきらめていました。

45歳になったので、不妊治療は卒業かな。
0

2009/4/2

凍結胚移植周期(16日目)移植  不妊治療

1時に電話で移植可能かを確認して、5時に移植のはずだったのですが、朝、電話が来て、11時から移植となりました。

電話が鳴ったときは、今日はキャンセル?と不吉なことを考えましたが、とにかくペットボトルのお茶を飲みながら、CMに向かいました。

まずはプロゲホルモンをお尻に注射。

まだ尿がたまっていないので、もう一人の方を先に移植するということに。
ところが、突然激しい尿意に襲われ、つらい30分を過ごしました。
ふらふらしながら、手術台に上り、あっという間に移植。
3日目4分割と少し遅いのですが、きれいなG2の卵です。
アシストハッチングもしてくれたそうです。
「いいところに入りましたよ。」
と先生は常にポジティブ。

30分休憩して帰りました。

昨日から服用しているプラノバールの副作用で頭痛と吐き気が・・・。

本日のお会計 \90,380

(プラノバール1錠\50 融解肺移植\84,000:2回目以降のため割引価格 再診\1,300 超音波\2,100 調剤料\90 院内処方料\440 注射手技料\180 プロゲホルモン25mg\220 シュアビュー加算\2,000:超音波に映りやすいカテーテル)

今回の合計 \249,650

0

2009/4/1

凍結胚移植周期(15日目)  不妊治療

10:00の予約で診察。

「D12あたりにオリモノが出て、排卵したんじゃないかと思うんですが・・・。」
と言ったら、薬飲んでるから大丈夫ということでした。

内診すると、卵胞が一つ大きくなっているということで、念のため、血液検査。
なんと
E2 3000
という異常値でしたが、検地ミスだろうということでした。
普通は300ぐらいなのに。まあ、出ている分にはいいでしょうということで、明日移植決定。
内膜は、はじめに測ったところが7oで、えっ!と思ったのですが、次に測ったところは11oでまずまず。

本日のお会計 \6,910

(プラノバール14錠\700 処方料\440 BV\120 調剤料\90 再診\1,300 超音波\2,100 E2\2160)

今回の合計 \159,270


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ