2018/7/15

久しぶりの南房  釣行記:Iその他


夏魚を釣りたくて、久しぶりの南房夜磯に出撃です。
当初は通い慣れたポイントでカゴ釣りをするつもりでしたが、先客のウキの明かりが見えたため急遽予定を変更。
釣り人の気配の無い別の磯に入り、フカセ釣りをすることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します


結果は惨敗。
レギュラーサイズ(34cm)のメジナ1枚と、トゲトゲのアイゴが釣れただけでした。
未熟でございます。(T-T)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


コマセが余ったので、日の出後はちゃっかりソーダ祭りに参戦。
足元にコマセを入れると、どこからともなくワラワラと魚が湧いてきて、エンドレスに釣れます。
フカセ仕掛けでの一本釣り、楽しいです(^^)。


クリックすると元のサイズで表示します


30分程お祭り気分を味わって、撤収しました。


クリックすると元のサイズで表示します


ちなみにワタクシ、今年まだ一度も「本命」として狙った魚を釣っていません。
こんなことは初めてです。
どこまで伸びるか連敗記録!?


<本日のカツオ一本釣りタックル>
ロッド:がま磯アテンダーII 25-50
リール:BBXテクニウムMgC3000DXG
ライン:PE2号+ナイロンリーダー6号+フロロハリス5号
針:太軸伊勢尼12号



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇


帰宅後は、急いでソーダガツオの下処理を行いました。
釣ったその場で首を折って血抜きを済ませているので「ヒスタミン中毒」の心配はまずありませんが、念の為すみやかにサク取りして、血合い肉も除去。
釣り上げてから数時間以内にここまでやっておけば、安心して食べることができます。
(ヒスタミン毒は加熱しても消えないので、火を通せばアタらないというのは嘘です。)


クリックすると元のサイズで表示します


その後はゆっくり庭で釣り道具を洗い、ついでにブルーベリーを収穫しました。
今年も甘くて美味しいです♪


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ビールを飲んだら眠くなりました。


クリックすると元のサイズで表示します


それでは夕方まで、お休みなさ〜い。
Z Z Z Z Z・・・・・(@ ̄ρ ̄@)


◇◇◇◇◇


本日の亀山亭。
お造りは2品用意しました。
メジナの刺身と、宗田鰹と青唐辛子のタタキです。


クリックすると元のサイズで表示します


濃厚な宗田鰹の赤身は、青唐辛子の爽やかな辛味と相性抜群。
静岡県には、これをご飯に載せた「うずわ飯」という郷土料理があるそうです。
残りの宗田鰹は、生姜を効かせた角煮に仕上げました。


クリックすると元のサイズで表示します


そして、煮物をもう一品。
こっそりと持ち帰ったアイゴです(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


関東の人は食べませんが、私の故郷では食べます。
アイゴに対して何の偏見も持っていない(名前すら知らない)奥さんの感想は、「美味しいけど、身が硬くて食感が独特だね」というものでした。
はい、正当な評価だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


次回こそは「本命魚」を釣りたいと思います(^^)。


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
インスタグラムも随時更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇
タグ: 釣り


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ