2006/8/29

やっぱりイルカは白が好き?!  御蔵島ドルフィンスイム

宝田です。
8/25〜27御蔵島報告!
東京竹芝桟橋を1時間遅れで23:40に出航!
クリックすると元のサイズで表示します

夜のナイトクルージングで素敵な夜景を見ながら船旅の始まりです。
翌朝7時ごろ1時間遅れで御蔵島無事到着!少し休憩をはさみ午前中に1回目のドルフィンスイム!みんなの顔は興奮と不安と期待が入り交ざった険しい顔付き・・・。
出航して5分、イルカ達がやさしく歓迎してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

その後もイルカ達は私達のグループにやさしいまなざしで接してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

黒潮のど真ん中ということもあり、水温29℃・透明度30m以上の最高の条件で楽しめました。
先週の倉田班より「イルカは白がお気に入り」との情報を得て準備した白のウェットスーツは大活躍!
イルカが寄ってくるんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
クルクル回りながら優雅に遊べました。こんなに長く遊んでくれたのは初めてだったかもしれません。ラッキーの連続です。みんなもがんばって潜っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

最終日はトレッキングに挑戦!山も世界遺産張りの自然が残るジャングル・・・。乙女峠まで行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

毎日が充実した2.5日でした。
築地の「絶品カレーうどん」もオーダーストップギリギリで食べれて大満足で帰ってきました。

2006/8/25

やっぱり平日は最高!  大瀬崎

宝田です。8/23〜24大瀬崎海洋実習報告!夏休みも後半に入り、海もガラガラ状態!水中も他のダイバーとも交差することもなく快適なツアーでした。2日間とも気温32℃!風なし・波なし・流れなし・ダイバー少なしのベストコンディション!このツアーで3名のダイバーが無事誕生しました。海に行く気マンマンチームなので、これからツアーでご一緒するときがあると思います。海の素晴らしさをみんなで分かちあいましょう。ビール片手に・・・。ワインかな・・・。いや、焼酎?いやいや泡盛?ただいま泡盛4連敗中です。宝田には無理に飲ませないようにご注意ください。そうそう8月だけで5kgも肥えてしまいました。各地で夏バテしないようにたらふく食べていたら・・・。やばい!でもビールが止まらない!皆さんもご注意くださいね。まだまだ続く海ロード!10kg増しになったら笑ってやってください。では流し目のイルカと泳いできまーす。

2006/8/25

女性だけのスノーケリングツアー  スノーケリング

宝田です。8/20大瀬崎報告!スノーケリング部隊総勢女性のみ13名!天気はピーカンで片手に日焼け止めを握り締る姿が・・・。暑い暑いが口癖の一日でした。水面に顔をつけるとキュウセン(ベラ科)のメスが近寄ってきます。そのうちプックリお腹のクサフグも大歓迎の様子!初心者班と経験者班に別れスノーケリングを楽しんできました。透明度が思ったほどよくなかったのが残念でしたが、皆さんの笑顔が見れて良かったです。帰りは、せっかくだからと沼津港の「丸天」へ・・・。お腹は空いてないはずなのに・・・。ペロッとたいらげて、マグロをお土産に上機嫌で帰ってきました。

2006/8/21

イルカは白いビキニがお気に入り!?  御蔵島ドルフィンスイム

倉田です。
8/18〜20ジョイフルツアー先陣を切って御蔵島ドルフィンツアーに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ややうねりは有りますが、黒潮の恩恵を受けた御蔵島は、水温28度、透明度30mの紺碧の海でした。
その海中では、聞こえます。キューという鳴き声が、現れました、たくさんのイルカたちが、あっというまに通り過ぎて行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかも流し目で。
うまくタイミング見計らって潜らないと、流し目で通り過ぎて行きます。
なかなかイルカと一緒に遊ぶのは難しいですが、母親にピッタリ寄り添う赤ちゃんイルカや、
クリックすると元のサイズで表示します

メスイルカを奪い合う3頭のオスイルカの仁義なき戦いや、
クリックすると元のサイズで表示します

交尾シーンなども観察できました。その他トビウオや、海ガメなども見れて満足のツアーでした。
 イルカは白色を好むという説は本当かもしれませんよ。

今週末御蔵島に行かれる方は、ぜひ白いTシャツなどを着てチャレンジして下さい。

できれば白いビキニで・・・。



2006/8/21

気温36度!!  佐渡ヶ島

宝田です。8/17〜18佐渡島報告!

クリックすると元のサイズで表示します

太平洋側は台風の影響でうねりが高く潜水禁止が続く中、日本海側の波は50cm程度・・・。
ほとんど凪状態!気温はグングン上がり36度!今年最高の夏日を佐渡で過ごすのは、何だか変な感じ・・・。海の水温も変な動きがあり、海面は28度ヌクヌク、水底はなんと17度!!!水温差11度はかなり身にしみました。
海中は変化に富んだ地形とホンダワラが生い茂る水底、伊豆や沖縄にはない独特の水中景観はまさに日本海で潜ってるって実感できました。
お腹がパンパンのタツノオトシゴや目がクリクリのマミメハギの群れ、ジョーフィッシュなどはとても可愛かったです。
タツノオトシゴ
クリックすると元のサイズで表示します

ジョーフィッシュ
クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング後は温泉で癒されました。
そして恒例の「アースセレブレーション」も堪能してきました。
世界的に有名な和太鼓グループ「鼓童」も本拠地ということもあり盛り上がりは最高潮!大盛り上がりで体の心まで響きわたりました。
おいしい魚介もたらふくいただき上機嫌で帰ってきました。


2006/8/15

マンタ出現!  沖縄・げるま島

宝田です。
8/11〜14沖縄ケラマ諸島ゲルマ島報告!
台風が心配されたツアーでしたが、まったく影響はなくすばらしい海況に恵まれました。
クリックすると元のサイズで表示します

波なし・流れ多少あり・透明度30m・水温28〜29℃と快適!
期間中は海中に差し込む太陽光線が光のシャワーのように幻想的な水中景観でしたね。1本目「アダン下」ここは水深3mから徐々に深くなり、サンゴの根が点在するポイント。かなりの魚達が出迎えでくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目はケラマを代表する「ニシバマ」砂地に大きなサンゴ礁がありそこには、キンメモドキ・スカシテンジクダイ・ケラマハナダイ・グルクン群れなどが見れました。多少流れがあり泳ぎ疲れた感じでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目の「海底砂漠」は一面白い砂地!砂地に映る自分の影が透明度の良さを実感させられました。ここではヤシャハゼやガーデンイールなど砂地の生物が豊富にいましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

この日のサプライズ企画!「スノーケリングでマンタウォッチング!」出ました。出ました。大きいのが・・・。4mくらいはあるでしょう。水面付近を悠々と泳いでいます。「今だ!」の船長の声と共にドボン!マンタが口をあけて宝田のすぐ下を・・・。しかも、乗れるくらいの近距離で・・・。みんな感動です。ここまで近くで見れるとは思ってもいなかったので感動も大きいですね。恐るべしケラマ諸島!
超至近距離!近すぎてピンボケしてます。
クリックすると元のサイズで表示します

私の真下を泳いでいきました。
クリックすると元のサイズで表示します

キレイな曲線美!
クリックすると元のサイズで表示します

翌日の4本目は「クバ北」サンゴのキレイなドロップオフポイントで海を飛んできました。卵付きのモンツキカエルウオがキュートでした。
クリックすると元のサイズで表示します

5本目は「きのこガーデン」その名のごとく海キノコがびっしり!!ウサギ貝も見れて大満足。
6本目は「ニシバマ北」で癒しダイビング。水深10m前後で無数のデバスズメダイに囲まれてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどのダイビングが1時間ダイビング。随分潜水時間を稼いだツアーでした。それにしてもゲルマ島にはお盆なのに人がいないんです。のどかで、静かで、星がきれいで。思わず道のど真ん中に寝転んで自然のプラネタリウムを満喫できました。天の川もくっきり見れて、流れ星もじゃんじゃん流れていました。橋の上からは夜光虫もキラキラ見れて充実したアフターダイビングが楽しめました。のんびりした4日間で気分もリフレッシュできたツアーでした。

2006/8/10

念願の小笠原!  小笠原&小笠原【皆既日食】

宝田です。
8/3〜8小笠原報告!
クリックすると元のサイズで表示します

大自然の残る小笠原はとても4日間の滞在だけでは語ることの出来ない島でした。
初日10時に竹芝桟橋を定刻通りに出航!25時間の船旅が始まり始まり・・・。
長期の天気予報は毎日曇りばかり・・・!
東京湾を抜けて外洋に出始めると少しの横揺れが体に感じ始め、周りのみんなは昼寝モード・・・。
しかし、我がジョイフルご一行様はそんな揺れには動じず、かるくワインを1本たいらげ、その後は焼酎1本を即効で撃沈!まだまだ飲み足りずビール・ワインは飲み放題状態!船酔いする前に酔ってしまおう作戦だったのかな?
この作戦が成功したのか男性チームは爆睡!
船酔いする間もなく現地に到着し、午後に2ダイブ!エントリーした瞬間、どこまでも透き通る水にみんな興奮気味で荒れる呼吸で潜降が困難な人もチラホラ・・・。
1本目からさすが小笠原、ユウゼンにネムリブカ・アカヒメジ群れなどの魚達が歓迎してくれました。
ドキドキの1本目とは違い2本目のポイントは沈潜ポイント!
バラバラの沈没船なのでポイント名は「バラ沈」
クリックすると元のサイズで表示します

ここでまた一人3桁の大台に乗りました。
Sさんの100本達成記念ダイビングに花を添えるようにキホシスズメダイの群れやヤッコエイの舞いが歓迎していましたね。
2年半のスピード達成おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日の天候は晴天!朝から皆さんソワソワした感じで早朝からじっとはしていられない様子。
数人の方はいてもたってもいられなく200段以上ある階段を上り展望台へ!
いやー朝から汗だくで超ハードなお散歩のようでした・・・。
この日は思いのほか海上は風が強く、穏やかな岩陰のポイントへ・・・。
1本目は「滝之浦リュウモンサンゴ」ここは水深5mの水底にエントリーするとサンゴ礁が広がる見ごたえのあるポイント。
クリックすると元のサイズで表示します

沖に出てみると見事なリュウモンサンゴが群生している小笠原でも唯一との事・・・。無数のキホシスズメダイにサンゴに隠れるキイロハギのベビー・どでかいアカイセエビ・普通に泳ぐユウゼン達などが見れました。
1本目終了後、世界遺産候補で規制のかかっている「南島(1日100人)」に上陸!
クリックすると元のサイズで表示します

ここは船で島の近くまで接近し、スノーケルをつけてエントリー!そう海の中から泳いで上陸するんです。何だかスリル満点でいい感じ・・・。

島に続く穴を抜けると、白い砂浜に緑の植物、そして青い空がすばらしい景色をかもし出していました。今でもこの景色は頭の中に残っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんの話だとアオウミガメの産卵場所だそう。
砂浜を良く見るとカメの足跡があちこちに・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

そして抜け殻もあったりして・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

化石のヒラベソカタマイマイも地層からわいて出てきていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい島でのひと時でした。
昼食後2本目のポイントは「アカブイ」ここは、水深18m付近にアカヒメジ・ヨスジフエダイ・ノコギリダイの3種類がぐちゃっとかたまって、前が見えないほど・・・。これも圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します

宿に帰ってみると台風7号発生のニュースが・・・。内心ヒヤヒヤでしたが、地元の人はこのぐらいで船は欠航にはならないよという一言にほっとしていました。がしかし翌日台風8号・9号までもが発生!しかも7号が小笠原を直撃だって!もうここまでくると心も落ち着き逆に冷静になれましたね。
翌日はビーチで潜れるところが唯一あるとの情報で強風の中ビーチで1本潜ってきました。
そこのサンゴの群生はものすごい数でした。枝サンゴが数百メートルも続くんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

透明度30m・水温29度ポカポカでした。
帰りの出航時にはダイビングショップの船がおがさわら丸を見送ってくれました。感動!感動です。感極まった方も・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

これから世界遺産になればますますポイント規制・入場制限などの措置がとられるそうですが、自然の残るこの島はかなりはまりそうです。
沖縄は年間500万人の来島に対して小笠原は多くて2万人だそうです。この違いは間違いなく海中世界に影響が出ているように感じました。
そうそう最後に小亀の放流も感動的で、手のひらサイズのベビーも超可愛かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

ぜひ、次回はケータ列島でダイビングがしたい気持ちです。

帰りの船から見る夕日もキレイでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/8/2

平日最高!  大瀬崎

宝田です。8/1〜2大瀬崎報告!
梅雨も明け、ギラギラの太陽の下と言いたいところですが、非常に涼しい天候でした。平日ということもあり、海はガラガラ・施設もガラガラでストレスなく準備や片付けなどが出来ました。
器材干し場もガラガラ!
クリックすると元のサイズで表示します

海況も波なし・風なし・流れなしの絶好のコンディションで楽しめました。ただ透明度は5m〜8mとイマイチでしたね。水温は徐々に上がり20℃〜22℃前後!
今年はやけに「マダイ」が多くダイバーを歓迎しているようでした。

寄っても逃げないエソ
クリックすると元のサイズで表示します

また、ダイバーが少ないせいか、ウツボが暇そうにダイバーを見ながらあくびしてるんですよ。とてもにらんでるようには見えませんでしたね。かわいい姿でしたよ。
やっぱり平日はいいですね。でも夏休みなのに・・・。
ちびっ子スノーケラーはいっぱい出没していましたね。

帰りは沼津港の「丸天」で魚料理を堪能!特大ぶりの塩焼き定食はやっぱり旨い!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ