2006/10/30

伊豆めぐり  大瀬崎

宝田です。
10/28〜29伊豆めぐりツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します

天気が心配されていましたが、2日間とも晴天に恵まれ、富士山も良く見れました。
初日は安良里で2ボートダイビング!
波もなく、流れもなく、ポイントまでの乗船時間は5分〜6分とラクラク!
沖の根というポイントには、キビナゴが飛び回り、スズメダイの大群に巻かれて来ました。
海底からそびえたつ岩にはカラフルなソフトコーラルがところ狭しに群生していて、まるでお花畑のよう・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

水中に差し込む太陽ビームが海中を明るくしてくれました。
途中、小腹が減ったので名産の「小あじ寿司」でランチタイム!
その後は40分の海岸線ドライブ!窓・サンルーフは全開ですがすがしい一時でした。
夜は神秘的なナイトダイビング!
内心、心臓バクバクの中、水中ライトの明かりを頼りに、潜降すると意外に皆さん落ち着いて潜っていましたね。
全員でライトを消しての夜光虫観察もキラキラと幻想的に光っていました。
ぐっすり眠っている魚達もいれば、夜遊びしている魚達も、夜が大好きなカニやタコにも出会えました。
翌日は、天候によっていく場所を変更しようと考えていましたが、予報はくもりのち雨・・・。
ということで2日目は大瀬崎に決定!
岬の先端・大川下(外海)はこの時期にしては濁り気味で透明度5m〜8mというところでしょうか。
ブルーのソラスズメダイもいっぱい群れましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

最近、注目のとてもシャイなアオサハギ!
クリックすると元のサイズで表示します

水温は22度前後でまだウェットスーツでいけそうですね。
でも寒がりの方はドライスーツがオススメですね。
帰りはもちろん、おいしい食事で腹いっぱい!
次回の伊豆めぐりに乞うご期待!

2006/10/27

なんと冷水界で水温15.6℃!  八丈島

宝田です。
10/24〜26八丈島報告!毎日天候は晴れ!!
クリックすると元のサイズで表示します

初日は西風が強く吹く予報!ということで東側のポイントで潜ることに・・・。
でも、東側もうねりがのこり、船はかなりの揺れがある状態!
午後になると風向きが急変し北東の風に・・・。
風の当らないポイントに移動してダイビングしたものの、風は強まるいっぽう!
海は大シケ!船は横に縦に揺れ放題!自然をあまく見てはいけませんね。
翌日も風は強い予報で、定期船は欠航!でも、島回りはぜんぜん波がない状態!
前日に比べたら段違いにいいコンディションでした。
しかし、エントリーして水底につくと、やけに冷たく感じるんですよ。
水温計を見ているとグングン下がっていきます。
20℃・18℃・16℃・最後にはなんと15.6℃!!!
この数字を見たとたん震えが止まらない・・・。
現地ガイドの話では八丈の真冬でもここまで下がらないとの事!
前日の強い東風の影響で海底の冷たい水が浅いところまで上がってきたんだとか・・・。
透明度は25m以上ときれいでしたが、潜水時間は30分が限界でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ニタリやハンマー情報が飛び交う八丈でしたが、私達の前には現れてくれませんでした。
でも、2m以上のマダラエイ2匹は大迫力でしたよ。
ツムブリ・カンパチ・アオウミガメ10匹以上・ユウゼン・テングダイ群れなどなど見ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

冷え切った体は毎日温泉でポカポカ!
おいしい明日葉テンプラや島寿司も食べれて満足な八丈ツアーでした。


2006/10/23

レア物続出!  黄金崎

宝田です。
10/21黄金崎報告!
朝から天気も良く最高のダイビング日和!
さすが、秋の海はシーズンって感じですね。
透明度もまずまずだし、魚影も抜群、南の海のレア物まで・・・。

今回はイバラタツやハダカハオコゼを写真におさめることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

恥ずかしがりやのハダカハオコゼなので正面向いてくれませんでしたので、上から激写!
クリックすると元のサイズで表示します

中層もとてもにぎやかでイサキの大群やニザダイ・クロホシイシモチなどかなり見ごたえありますね。
水温は22℃前後と少しずつ下がり始めましたが、ウェットスーツのダイバーもまだまだ健在です。
さすがに陸に上がると肌寒く感じる季節ですね。
ウェットのまま入れるお風呂は終日満員御礼状態!
これからは休憩中の防寒対策が必要ですね。
これからの季節は伊豆の紅葉と絶景富士山も期待できますね。

2006/10/18

潜水時間1時間!  奄美大島

宝田です。
10/13〜15奄美大島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

期間中は台風18号の動きが気になる毎日でしたが、特に影響はなく楽しめました。
天気も毎日晴天!気温も28度前後とポカポカ・・・。
北よりの風が吹いていて多少海面はザワザワしていましたが、潜ってしまえば何も問題なし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

初日、ホテル前の倉崎ビーチにエントリー!
ここは水深が浅くロングダイビングが楽しめるポイント!
レア物も多く人気ポイントになっている。
今回狙っていた「ハナヒゲウツボ」「ヒレナガネジリンボウ」「イロブダイ幼魚」などなど、
クリックすると元のサイズで表示します

皆さんしっかり自分のカメラにおさめていた・・・。
2日目は約30人乗りの大型ボートで15分ほど移動して潜った「山本SP」「ハナゴイ」は透明度25m以上と抜群!

クリックすると元のサイズで表示します

白い砂地に離れ根がありそこは魚のオアシスになっていた。スカシテンジクダイがウジャウジャ、ケラマハナダイが咲き乱れ、エビ類が自由に動き回る!
クリックすると元のサイズで表示します

癒し効果は絶大!無数のデバスズメダイにも感動しました。

合計5本のダイビングを満喫しましたが、全てが約1時間のロングダイビングでした。カメラ派ダイバーには特にオススメですね。
最終日はマングローブ原生林でカヌーツーリング体験!

クリックすると元のサイズで表示します

慣れないカヌーうまく操縦しプチ冒険気分を味わえました。
奄美郷土料理「鶏飯(けいはん)」もおいしく頂きました。
ネイティブシー奄美の食事はいつ行ってもおいしい食事を提供してくれて、とてもリッチな気分になりますね。

2006/10/16

ピカチュー参上!  大瀬崎

倉田です。
海洋実習&ファンダイビングツアーで大瀬崎に行って来ました。
台風の影響でうねりと波がやや有りましたが、厳しいプール講習?の成果もあってか、波にもまれながらも楽しく実習できました。
水中は水面とは違い穏やかで、透明度も水温もまずまず、魚影も濃く、快適ダイビングでした。
帰りには恒例の丸天&ソフトクリームで、思い出いっぱい、おなかいっぱいで渋滞も華麗に回避して帰宅しました。
今回の目玉は、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウー)ですね。
居ました!しかも7匹!!!!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

みんな初めて見たのに有り難味がありません。
もう1匹は、僕のひざの上に乗る謎の魚。
逃げないんです、あごを撫でてもボーッとしてるんです。
しまいには唇を奪われそうになりました。
そして、その魚の名はアナハゼ。

2006/10/11

群れ群れ群れ  井田

宝田です。
10/9井田ツアー報告!
朝から晴天で雲一つない青空!渋滞もまったくなく、なんと朝8時には現地到着!
素晴らしい富士山を眺めながらのエントリー。
クリックすると元のサイズで表示します

透明度15m・水温24℃の快適ダイビングを楽しんできました。
海が青く見えます。
少しづつ進んでいくとすごい群れのネンブツダイやイサキ・テンジクダイ・スズメダイが自分達の目の前を壁のように遮ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さすが秋の伊豆は魚影が濃いですね。
浅瀬にはブルーのソラスズメダイが一面を覆っています。

ツッパリギンポの姿もとても可愛かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

レア物ではナンヨウツバメウオが見れたんですよ!ラッキー!!!
クリックすると元のサイズで表示します

3連休の最終日ということもあり早めに切り上げ、お馴染み「弥次喜多」で昼食を済ませ、超裏道ドライブで夕方には到着できました。

2006/10/8

アワビにサザエに豪華BBQ!  大瀬崎BBQ

宝田です。
10/7大瀬崎バーベキューツアー報告!
台風の影響が心配されましたが、天候は一日晴天!
夏に逆戻りといった感じ・・・。
3連休の初日ということもあり人出はピーク!
その上、東名高速は朝から事故渋滞!!!
バーべQ食材の魚介類を沼津港で調達しいざ大瀬崎へ!
海況は南風がやや強く吹いていましたが問題なく、快適にダイビングを楽しんできました。
水面付近は少しにごり気味でしたが、3mも潜ると透明度10m前後・水温23℃とスストレスなく潜れました。
アカカマスの群れやムレハタタテダイ・マアジの群れ・イサキの群れなどなど海中は一年でも一番にぎやかなシーズンですね。
クリックすると元のサイズで表示します

小指の爪ほどのミツボシクロスズメダイもやっと姿をあらわしました。
秋を感じますね。
2ダイブ終了後は豪華BBQの始まり!
隊長の合図とともに腹いっぱい魚介類(アワビ・サザエ・カニ・ホタテ・サンマ)を食べまくりました。
クリックすると元のサイズで表示します

気がつくと回りは暗く、満月の月明かりがきれいに光ってました。いつもより遅い現地出発のため渋滞なしで帰ってこれました。

2006/10/2

迫力の沖の根  安良里

宝田です。
10/1西伊豆・安良里ツアー報告!
前日の天気予報では午後から天気は崩れ雨の予報!
早めに2本潜ってギリギリ雨は大丈夫かなあと予測していましたが、
行きの海老名SAを過ぎたころからポツポツと降り始めて
現地に着いたときにはどしゃぶりに・・・。
でも、漁港は屋根付き・お風呂付で快適!しかもボート乗り場までは10歩程度・・・。
更衣室も近くてこれまた快適!
今回はボートダイビングで「沖の根」に2本!
波もなく・流れもなく・透明度もまずまずの12m前後・魚影も濃く・地形もダイナミック・水温23〜24℃と快適にダイビングを満喫してきました。
レア物の「ニシキフウライウオ(ペア)」も見ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

ウミトサカに隠れる「シマウミスズメ」も可愛かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは温泉で身も心も癒され、心地よい疲れのなか帰って来ました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ