2008/4/21

光のシャワー  ロタ

宝田です。
4/17〜20ロタ島ツアー報告!【リクエストツアー】
クリックすると元のサイズで表示します

前日の天気予報ではくもり時々雨というあまりよくない天気模様。
気持ちだけは晴れ晴れした気持ちで望みました。

当日はまずサイパンに立ち寄りそこからプロペラ機でロタ島まで向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します

そこでちょっとトラブルが・・・。
プロペラ機いうことで、かなり重量には厳密な体制。
しかも一人一人体重のチェックもかかさない。
体重によって座席の配置を換えている様子。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は満席ということで、荷物もパンパンです。
何だか現地案内人と航空会社スタッフがもめてます。
重量制限で人間は乗れけど・・・。荷物が・・・。
よく聞くと荷物は明日になるかもとの回答!?
それは困ると断固拒否!
数時間の話し合いの結果何とか荷物ともどもロタ島にわたることが出来ました。

翌日からいよいよダイビングのスタートです。
クリックすると元のサイズで表示します

2日間で合計6本のダイビングを満喫しましたが、ドリフトあり、ドロップオフありと変化に富んだ水中景観でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの持ち味はやはり世界一といわれる透明度です。
60m〜70mの水底が見えるんでから、怖いくらいです。
透明度は50m〜70mといったところでしょう。
水温も29度前後とポカポカでした。

透明度が良すぎるせいか、20mの砂地に映る雲の動きがくっきり見えるんです。
自分の影が映るのは当たり前なんです。

そしてロタを代表するポイント「ロタホール」は光のカーテンが実に幻想的な景色を
見せてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

結局2回潜ることが出来ましたが、常に天気がよく素晴らしい光が差し込んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

これはただ見ているだけで癒されるそんなひと時でした。
クリックすると元のサイズで表示します


動画はこちら
ロタホール
ロタホール

お魚もバラクーダにイソマグロ・ウミガメ・カマス群れ・カスミチョウチョウウオ・ハダカハオコゼなど大物小物いろいろ見れました。
ミクロネシア固有種のクマノミも多く生息しています。
クリックすると元のサイズで表示します

今回宿泊したロタリゾートは全室スウィートルームで個室が4部屋+リビングルームがついてるんです。とにかく広いです。街中のレストランもおいしくとても口に合いました。ただ物資供給が少ないようで、スーパーなどには品物が少ないように感じましたね。ホテルの近くには何も無いので今度は街中のホテルでも楽しいかもしれないですね。


ぜひまた訪れたいし、まだ知らない人達に教えてあげたくなる島ですね。





2008/4/14

日本一早い夏の大花火  沖縄本島ステイ

宝田です。
4/11〜13沖縄・海炎祭ツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します

行ってきました。日本一早い夏の大花火。
初日は朝一番の飛行機で羽田空港を出発し9時ごろには那覇空港に到着。
早速、現地ダイビングサービスに直行し、ダイビングの準備を始めます。

1本目はチェックダイブをかねて海岸から近いポイントにエントリー。
前日までの大雨の影響が残っていたようで、透明度は5m程度と最悪・・・。
エントリーすると水底が見えない・・・。
正直、伊豆より状況はよくないかも・・・。

昼食をはさんで2本目・3本目はチービシへ潜りました。
ここは1本目とはうって変わって透明度20m〜30mと本来の沖縄の姿を堪能できました。今の時期は何といってもコブシメの産卵が見れる絶好の時期!
運がよけれが目の前で見れるチャンスです。
そのチャンスは3本目に訪れました。
サンゴの色と同色に変化しながら、10本の足をサンゴの隙間に埋め込んでいく様子は思わず「ガンバレ」と声をかけてしまうほどです。
そして決定的瞬間をこの目で見ることができました。まさに感動です。
コブシメ産卵
コブシメ産卵

白くてピンポン玉程度の卵がいくつも確認できました。
クリックすると元のサイズで表示します

2日目は朝からケラマ諸島に向けて出向です。
さすがケラマ諸島!透明度は常に30mはありました。
4本目は渡嘉敷島の野崎南に潜り、ここはサンゴが群生し無数のデバスズメダイが泳ぎまわるポイント。沖縄サンゴの生命力を感じましたね。
5本目は真っ白の砂地が心を癒してくれる、これぞケラマの海という海中景観でした。
6本目は流れるポイントでドリフトに挑戦。
クリックすると元のサイズで表示します

なだらかに落ち込む水底で中層をフワフワ漂いながらのダイビングとなりました。
カスミチョウチョウウオやハナゴイ・イソマグロに大型のサメなど気持ちよく流れることができました。

サンゴの中をのぞくとこんなキレイなカにもいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、この日の夜には「琉球海炎祭」
今年は5周年ということもあり、1万発の花火が夜空に舞い上がりました。
カウントダウンが始まって花火が打ちあがるとテンションが上がります。
音楽に合わせて打ちあがる花火イリュージョンは全てコンピュータ制御だそうです。
花火もここまで進歩してきたかって感じですよね。
2008 沖縄海炎祭
2008 沖縄海炎祭


来年はどんな選曲なのか今から楽しみです。

2008/4/8

桜吹雪!  イベント

宝田です。

乙戸沼公園にてお花見報告!

クリックすると元のサイズで表示します

この日は天気もよく気温もぐんぐん上がり絶好のお花見日和となりました。
例年に無く桜は満開。
駐車場も1日中満車状態。
隣接している青果市場も開放している状態でした。

風が吹くと花びらが落ちてきてかなりいい感じでしたよ。
近くのイベント会場ではカラオケ大会も始まっていました。

参加者の方にはおいしい料理も振舞っていただき感謝感謝!
とてもおいしかったです。

ただ、どうしたことか今年は例年よりも参加人数がかなり少なく
こじんまりとしたお花見となりました。




2008/4/2

桜咲く、伊豆半島  大瀬崎

宝田です。
3/30大瀬崎ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は土浦を5時前に出発し千葉店経由で大瀬崎へ。
前日の天気予報では曇りのち午後より雨・・・。

9時30分ごろには現地到着し、10時40分には1本目エントリー開始。
東の風が強く、1本目のポイント「岬の先端」も多少エントリーでふらつく場面もありました。水中に入っていくと、一面にキンギョハナダイの群れが出迎えてくれています。ここのポイントはいつも期待を裏切らないので人気ですね。
水深20mまで行くと急に視界が開けてきます。
スッコーンと抜けた水底は透明度20mはありました。
でも、水底の水温は冷たかった!
安全停止のときにこっちを向いてぜんぜん逃げないイソカサゴがいたので
アップで激写してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目は久々に「湾内」に潜ろうということでレア物探しスタート。
情報によると珍しいウミウシがいるとのことで探してみるが、どこにもいない?!
このウミウシは私も一度も見たことがないので、必死で探しました。
岩の上下、左右どこを探してもいない。結局、最後までいませんでした。
非常に残念です。

透明度10m〜15mとなかなか海況がいい海でした。

帰りは、最近お気に入りのお食事どころで今回は「生イカ丼」を食べました。
これは初めて食べるメニューでしたが、イカ刺しボリュームはかなりのものです。
オススメです。

道中、海岸線は桜が満開。
クリックすると元のサイズで表示します

水面から山側を見ても山桜が満開に咲いて実にきれいな景色でした。
クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ