2009/8/31

今年最後の御蔵島  御蔵島ドルフィンスイム

宝田です。
8/28〜30御蔵島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今年3回目の御蔵島ツアー。
行きの高速も渋滞があったものの、東京裏街道で難なく回避成功。
しっかり築地で夕食を食べることができました。
今回はどんぶり屋さんで『北海5点盛り丼』をいただきました。美味しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

御蔵島に渡る船も順調に出港。
翌朝にはすんなり御蔵島に接岸できました。
海は穏やかでベタ凪。こんなに静かな海は記憶にないくらい…。
クリックすると元のサイズで表示します

でも、嵐の前の静けさといった雰囲気も…。







午前、午後と2回のドルフィンスイムを楽しみました。
初めて参加された方々は間近に見えるイルカとその数に大興奮!
クリックすると元のサイズで表示します

触れるぐらいの距離でイルカと遊ぶシーンもありました。
クリックすると元のサイズで表示します

水温も28℃前後、透明度30mと恵まれたコンディションを見方にヘトヘトになるまで満喫できました。


部屋でゆっくりしながらテレビを見ていると台風台風が発生したとの情報。
なんと御蔵島に向かって近づいてるじゃないですか!?
それからは天気予報とにらめっこです。

宿の方や東海汽船スタッフの話しでは昼ごろまでは大丈夫じゃないかって話し…。
でも、いろいろ悩んだ末早朝便で帰ることを決定!
八丈島クルーズを楽しみながらの航海を楽しんで帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

結局、御蔵島昼便は高波の為欠航!危うく御蔵島で足止めくらうところでした。
もし、そのままいたら3日間は帰ってこれなかったかも・・・。

私達が帰った日の夕方の御蔵島桟橋はこんなだったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

一度御蔵島に来島されたことがある方にはこの高波のすごさが分かってもらえるでしょう。
恐らく波高8m〜10mはあるかも・・・。
一日でこんなに変化する海況は自然のパワーを感じたツアーとなりました。


2009/8/31

ジョー健在!  初島

倉田です。
8/29(土)初島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します


今回は先週までとはうって代わって、少人数での初島ツアーに行って来ました。
まったく渋滞せずあっというまに現地到着、のんびりダイビングとなりました。

天気もとても良く、水温も26℃位あり快適でした。
水中ではやっぱり最初はジョーフィッシュ探し、
元気に小石をパカパカ咥えては吐き出してました。
クリックすると元のサイズで表示します

クマノミの幼魚やミツボシクロスズメダイ・キビナゴやタカベの群れなどが見れましたが、中層に魚が少なっかったのが残念でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング後は地魚の定食を食べ、見晴らしの良い島の湯でのんびり癒されてきました。帰りは久し振りに大渋滞でした。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/28

8月寺子屋  寺子屋

宝田です。

8/26
今月の寺子屋は西伊豆獅子浜。
総勢8名で行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


東風の為、波なし・風なし・流れなしといった海況。
初心者・初級者には絶好コンディション。
エントリー地点までもタンクを背負って10m程度・・・。

ドキドキの1本目。
皆さん最高に緊張気味。
ロープを使っていざ潜降しようかと思うと、1名は既に水の中・・・。
皆さん潜降合図があってから潜降してくださいね。

さらに、数人はウェイトが少なくなかなか潜降できない状態。
さすが寺子屋ツアー。
1本目はいろいろありました。
けど、いろいろ失敗しながら上達するんですよね。
きっとウェイトの重要性が分かったツアーになったんじゃないかな・・・。
2本目はウェイト調整したので皆さん快適にダイビングできてましたね。

黒潮の影響で水温が25℃まで急上昇!
南方系の魚も多く、これからも楽しみな伊豆半島です。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは久々「丸天」でお食事。
ゲストは「上刺身盛り合わせ」を前にビールで乾杯!

温泉に入って疲れを癒し、渋滞なしで帰ってこれました。
8月だけど平日は空いてていいですね。

2009/8/25

伊豆・絶好調!  大瀬崎

宝田です。

8/22〜23大瀬崎&井田ツアー報告!

期間中は天気も良く、海中も明るく快適なダイビングとなりました。
初日は西風が思ったより強く、井田には潜れず大瀬崎に変更となりました。
今伊豆半島に黒潮が流れ込んできていることもあり、青い海にダイビングすることができました。初日の透明度も10m前後・水温も26℃まで上昇しておりポカポカです。
初日は総勢26名での海遊びとなり大変にぎやかなツアーとなりました。

16名の宿泊チームはそのまま井田へ移動。
ものすごい豪華な夕食に一同ビックリ!!!
ボリュウム満点の刺盛り・カサゴ煮付け・カニグラタン・金目の塩釜焼き・魚介ホール焼き・エビの姿焼き・・・。魚尽くしの
テーブルのスペースが無くなるほどです。
クリックすると元のサイズで表示します


皆さんビールもすすみます。
これは癖になりそうです。私はもう癖になってますけど・・・。

翌日は風もおさまり井田で潜ることができました。
前日のうねりで海中は若干白っぽくなっていましたが、
透明度10m〜15m・水温25℃といった感じでした。

スズメダイの群れに始まり、キンギョハナダイ・ソラスズメダイ・そしてタカベの群れは
いつ来ても圧巻ですね。
太陽の光に反射してキラキラ泳ぐ光物の魚は見ているだけで心が落ち着きますね。

帰り道の昼食は久々「イカのつみれ揚げ」や「アジトロ丼」を食べてきました。
こちらも新鮮でかなりうまいです。
温泉にも入って、いざ高速に乗ると何と渋滞50キロ!!!
スーパー裏道で何とか厚木に合流し10キロほどの渋滞ですみ無事帰ってきました。

今黒潮がものすごく蛇行して、伊豆半島に近づいています。
絶好調の伊豆を今堪能しないときっと損しますよ。
ウェットスーツでまったく問題なく潜れます。
今伊豆が旬ですよ。

今回、水中画像はありません。

2009/8/12

5年生ダイバー誕生!  大瀬崎

宝田です。
8/8〜9大瀬崎ツアー報告!

今回は総勢14名でにぎやかに行ってきました。
天気は連日快晴。
風もなく快適なコンディションでダイビングを楽しめました。
上層の透明度は悪かったですが、4mも潜れば視界もよくなり
魚達もいっぱい群れていました。

今回は夏休みということもあり小学5年生の女の子と中学2年生の男の子がCカード取得に挑戦!
しっかりプールトレーニングをしてきたので、海では落ち着いてダイビングを楽しんでいました。マスク脱着も難なくクリアー。
3本目・4本目には中性浮力もバッチリで魚と一緒に遊んでいましたね。

そしてもう1チーム。
聞いてビックリ!何と4名みんなB型ということで随分にぎやかに始まりました。
いろいろ失敗もありましたが、終わってみれば皆さん上手に潜っていましたね。
中性浮力の難しさには苦労した様子でしたね。
既に次のツアーの予定をたててやる気満々でした。

スノーケリングチームもプカプカ浮かびながら時には潜ったり、自分のペースで
楽しんでいました。

帰りは沼津港のおみやげ屋に立ち寄りましたが、
皆さんいっぱい買い込んでましたね。
買い物の勢いはすごいものがありました。

お盆休みが始まったこともあり帰りの高速は大渋滞。
スーパー裏道で何とか回避できました。

今回で6名のダイバーが誕生しました。

これからツアーでご一緒することもあると思います。
よろしくお願いいたします。

【今回画像は撮影するチャンスがありませんでした。】

2009/8/9


宝田です。

8/4〜6御蔵島ツアー報告!

3日前にできた台風の進路が心配されたツアーでしたが、
思いのほか海況は悪くなく、接岸も難なく成功!
ドルフィンスイムも順調に3回も実施できました。
初回は皆様初めてのドルフィンスイムということで緊張気味。
船から下りるタイミングが遅く、うまく観察できない様子。
2〜3回やるうちにだんだん慣れてきて、イルカの姿を見ることができましたが、
イルカが通り過ぎて行くシーンが多かったです。



2回目はずいぶん慣れたせいか、イルカと一緒に泳ぐこともできていました。
そして、1回目に比べるとフレンドリーなイルカも多く皆さん満足していました。

翌日はトレッキングをやめて3回目のチャレンジ。
早朝6時30分のイルカが元気な時を狙ってスタート。
3回目ということで皆様コツをつかんだ様子。
かなりの大群と遊ぶことができました。
自分たちの回りをグルグル回ったり、ダイバーの泳ぐスピードにあわせて
くれるイルカもいたり大満足のドルフィンスイムとなりました。

前日の水温20℃・当日の水温27℃・翌日は22℃
まだまだ水温が安定しない御蔵島の海。
準備だけはしっかりしないとね。

2009/8/3

東風強く・・・  獅子浜

宝田です。
8/1獅子浜ツアー報告!

今回は東伊豆「岩」の予定でしたが、前日より北東風の予報。
無理せずに西伊豆に変更。
海況が安定している獅子浜に決定。

9時頃には現地に到着。
早速スクーバチームとスノーケリングチームに分かれて準備開始です。
クリックすると元のサイズで表示します

1本目はちょっと深めにディープダイビング。浮遊感を楽しんできました。
深場に住む「サクラダイ」も見ることができました。
2本目は浅場を流してドリフト気分を満喫してきました。
この時期には珍しい「ハタタテダイ」も見ることができたし、
カサゴがハナハゼを捕食してる場面も見ることができました。

スノーケリングチームも水面を優雅に泳いで魚の群れを楽しんでいました。
波が無いので、浅場の生物もじっくり観察することができて満足してました。

帰りはお馴染み「弥次喜多」で満腹になり、温泉で疲れを癒し帰ってきました。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ