2010/5/31

サンゴの産卵ツアー!  サンゴ産卵見学

宝田です。

5/27〜30ケラマ諸島、サンゴ産卵ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

梅雨に入っている沖縄でしたが、天気予報は晴れのち曇り・・・。
サンゴの産卵に雨は天敵。
水温の低下で卵が引っ込んでしまうそうです。
現地に到着したとき、数日間は雨が降ってないとのこと・・・。
産卵には文句なしの条件。
クリックすると元のサイズで表示します

初日1本目は「東牛(アガリウシ)」にエントリー。
ここは一面ユビエダハマサンゴの群生が見事なポイント。

クリックすると元のサイズで表示します

サンゴの上をのんびり泳いでいると、マダラトビエイが1匹優雅に泳いでいました。
すぐ近くにはウミガメもいて1本目から幸先のいいスタートになりました。

2本目は「ブツブツサンゴ」でナイトの下見。
ココはサンゴ保護エリアということもあり、浅瀬に広がるエダサンゴの群生はさすが。
水深24mから立ち上がるサンゴも見ごたえ十分。
色とりどりの魚達が群れていましたね。
特にハナゴイの美しさはピカイチです。

3本目も「ブツブツサンゴ」ナイトダイビング。
ドキドキするなか、夜の神秘的な海に挑戦してきました。
ポイントに到着すると、まずは十分なブリーフィング。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ガイドがサンゴチェックに入ります。
30分ほど待ってガイドの指示でエントリー。

クリックすると元のサイズで表示します

緊張する心を静めるように深く深呼吸。
水中ライト片手にサンゴの産卵を待ちます。
10分経過・20分経過・・・。
結局50分ほどがんばりましたが、自然現象はうまくいかないものです。
昼間チェックしたときはいい感じだったのに・・・。うー。残念!!
次回に持ち越しです。
クリックすると元のサイズで表示します

でも、魚の寝顔や、夜行性の生物達が元気に動き回っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

夜光虫もキラキラ光っていて、参加者の方々も楽しんでいました。

4本目は「ニタ」
島の西側の地形ポイント。
クリックすると元のサイズで表示します

魚は少ないが、地形はダイナミック。
ゴシキエビやヤッコエイ・アカククリが見れて楽しいダイビングになりました。

こんなにカワイイふぐも・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


5本目は「ギナ」
ココは砂地に大きな根が点在するポイント。
エントリーしてすぐにツバメウオがご挨拶に来てくれました。
そして、しばらく泳いでいると産卵期のデバスズメダイがいました。
産卵期の魚は色が変化するんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

でも、すごい魚影でしたよ。
カメも狙っていたのですが、ハズレました。

6本目は「アダン下」
港を出港して3分で着いてしまう、定番ポイント。
いつもはほとんど流れないポイントですが、この日は大潮で下げ潮。
船頭さんが、「流れてるけどたぶん止まるだろう」とのアドバイス。
エントリーしてすぐにロープをつかんでエントリーするが結構な流れ。
船頭の言葉を信じて、まずは気持ちよく流しました。
水深15mのメインの根には、キンメモドキ・スカシテンジクダがビッシリ!
クリックすると元のサイズで表示します

大型の魚達が、小魚を狙って泳ぎ回っている様は迫力満点です。
キンギョハナダイ・ケラマハナダイ・カシワハナダイのカラフルな魚達もいっぱい泳いでました。
ここはいつもすごい水中景観ですね。
そして、浅瀬に戻ると流れが止まり、船頭さんの言う通り。
さすがですね。

夜にはその日に撮影したビデオ観賞やカメラチェックで盛り上がります。
もちろん泡盛・オリオンビール片手に・・・。

最終日は市場で昼食を楽しみ、ゆいレールに乗って国際りで遊んで帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します


2010/5/18

晴天!  初島

宝田です。

5/16(日)初島ツアー報告!
天気も良く最高のダイビング日和。
クリックすると元のサイズで表示します

ノリノリで初島に到着。
港で海をチェックするといつも見えるはずの水底が見えない。
透明度に不安が…。

現地ガイドに海況を確認するとあまりよくないらしい。

準備万端でさあエントリー!
予想通り透明度は良くない。深くなるに従い徐々に良くなっているが、透明度5m程度。

それでも、ジョーフィシュやクマノミ、オルトマンワラエビが見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日によって透明度もガラッと変わる春先ですが、生物のクローズアップ撮影は上手になってきましたね。

オーシャンビューの「島の湯」も気持ち良かったです。

2010/5/10

いい天気!  安良里

宝田です。

5/9(日)安良里&黄金崎公園ツアー報告!

朝から天気も良く、高速道路もスイスイ!
富士山も眺めながらドライブして、9時ごろには現地到着。

早速、ボートダイビングの準備。
ここの安良里はポイントまで5分と近く、海中景観もダイナミック。
水深24m〜5mまでそびえ立つ「沖の根」は圧巻です。
トビエイ狙いで潜りましたが、はずれました。残念。
でも、すごい魚影は楽しめましたよ。
透明度も10m〜8m前後でまずまずでした。

午後は黄金崎公園に車で移動し、浅場でのんびりダイビング。
マクロ中心で「イバラタツ」や「タツノイトコ」が出迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みんなカメラ片手にバシバシ撮影してましたね。
レア物が多いのも黄金崎の特徴ですね。

帰りは新しい食事処でおいしい天丼をいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

温泉も入ってポカポカでの帰宅となりました。


2010/5/2

テニアングロット  サイパン

宝田です。

4/27〜30サイパンツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

GW前半に行ってきました。南国サイパン!
飛行機は思いのほか空いていて3席を一人で独占できました。
エコノミーファーストって感じですね。

天気も良く、風もさほど強く吹いてなく快適。
翌日のダイビングは貸切ボートで早速テニアンへデイトリップ。
クリックすると元のサイズで表示します


1本目は足慣らしを兼ねて穏やかなポイント、ダブルコーラルガーデンで
のんびりダイビング。
2本目は海ガメ狙いでフレミング。
ラッキーなことにエントリーした瞬間にカメに遭遇!

ダイビングの合間のリラックスタイムはみんなでお昼寝。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目は「テニアングロット」
多少うねりが残るものの、横穴から見るブルーは忘れられない。

クリックすると元のサイズで表示します

幻想的は地形や水中景観が見れるのはダイバーだけの特権ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次の日も海況は安定してるので、ナフタン方面へ。
サイパン島の南の突端。
大潮のせいか潮通しがポイントを確認しながら、1本目は「オブジャンビーチ」
真っ白な砂地に映る自分の影は、まるで飛んでるように錯覚するほど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはちょっと流れも強かったので、ドリフトで流しました。
ゆっくり流れているとトビエイやらオキアナゴやらいろいろ見れました。
2本目は「ナフタン」でドロップオフを楽しんできました。
カスミチョウチョウウオが群れる中、気持ち良く飛んできました。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目は「マダラトビエイ」狙いでアイスクリームへ!
エントリーして35分待ちました。
でもいっこうに現れない。
帰ろうとしたその瞬間です。
優雅に泳ぐ、エイが近づいてくるじゃないですか!
1枚・2枚・3枚 合計3枚のマダラトビエイが私達の周りをホバリングしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

モンツキカエルウオかわいく撮れました。
クリックすると元のサイズで表示します

結局、今回は6ダイブ。
クリックすると元のサイズで表示します

全てが素晴らしい海でした。
マリアナブルーを十分堪能できましたね。

アドバンスも同時進行で無事取得できて良かったです。
ダイビングコンピュータもバッチリ理解できたし、次回がまた楽しみになりましたね。

でもあの透明度はクセになります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ