2013/10/28

べた凪!  大瀬崎

宝田です。
2013年10/27(日)井田⇒大瀬崎ツアー報告!

今回の台風26号・27号はさすがに海は無理かな・・・と思っていましたが、
台風がそれたこともあり、日帰りで行くことができました。

波やうねりが心配でしたが、現地に到着するとべた凪!
クリックすると元のサイズで表示します

台風一過で最高の天気!
大勢のダイバーでにぎわっていました。
前日までの雨の影響で水温は少し低めの23℃、海中も白っぽい感じで5m〜8m前後。

ファンダイビングで潜ったチームはネジリンボウやウミテングも見る事ができました。
湾内でのダイビングとなりましたが、まだまだ魚影も濃く楽しめました。

そして、今回はレスキュー講習も実施してきました。
水面でのトラブル回避方法や人工呼吸の方法など役に立つ技術の習得や
ウェイトベルトやバディチェックの重要性、自分の器材の再認識などこれからの
ダイビングライフに絶対役に立つこと間違いないですね。
ダイバーを背負って歩いたりして大変でしたが、いい経験になったと思います。

帰りにはお馴染みのお食事処で「旬のカキフライ定食」を楽しみに行きましたが、
なんと売切れ!人気あるんですね。
次回来店にリベンジです。
結局、串カツ定食!
クリックすると元のサイズで表示します

※今回レスキュー講習担当の為、水中画像がありません。

2013/10/21

サンゴの楽園パプアニューギニア!  パプアニューギニア

宝田です。
2013年10/12(土)〜19(土)パプアニューギニアツアーツアー報告!


行ってきました。パプアニューギニア!

日本からは週に1便しか出ていない穴場ツアーですね。
以前は週に2便出ていたので5日間コースもできたんですけど・・・。今は週一便なので8日間コースしか設定がないんです。

成田空港〜約6時間30分でポートモレスビー空港に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

その後は国内線で乗り継ぎ約1時間、ホスキンスに到着。
クリックすると元のサイズで表示します

そこから車で1時間移動すると今回の目的地、キンベ湾にある「ワリンディプランテーションリゾート」に到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

深夜の便であまり寝ていないこともあり到着日はゆっくり休息!
夜は名物のホタル見学!敷地を出て10分ほど車で移動すると、数百匹のホタル達が点滅を繰り返し、次第にシンクロしながら光り出す様子は幻想的!

初日の夜も充実した一日でした。


翌日からは毎日7時に朝食を済ませ8時に出航です。
ダイビング器材は部屋のボックスに入れておくとスタッフが持っていってくれる楽ちんスタイル。
ダイビングセンターに行くと既にセッティングしてあるスクーバ器材をチェックするだけ!重い器材は全く持つことはありませんでした。
期間中波もなく、ほぼ毎日べストコンディションでダイビングができました。
クリックすると元のサイズで表示します

3日目の午前中だけ少し波がありましたが、午後になれば問題なくべた凪です。

海の中は、1本目からサンゴの群生にびっくり!
クリックすると元のサイズで表示します

噂には聞いていましたが、ここまで種類、範囲が大きいとは思ってもいませんでした。

隠れ根のポイントでは水深30mでもサンゴの群生がイキイキしていたり、ドロップオフでは水深1m〜見渡せる限りサンゴがビッシリ!
クリックすると元のサイズで表示します

水底はカラフルでリラックスダイブを満喫できましたね。
サンゴだけではなく、魚影も凄い!
クリックすると元のサイズで表示します

大物では毎日バラクーダが登場したり、ギンガメアジ、イソマグロ、メジロザメ、ネムリブカなどが見れたり、群れではツバメウオ、パープルビューティー、タカサゴ、ヨメユメイロ、特にアイゴの幼魚はものすごい大群で迫力満点!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小物も充実していて、ピグミーシーホース
クリックすると元のサイズで表示します

アケボノハゼ
クリックすると元のサイズで表示します

ニチリンダテハゼなどレア物もしっかり紹介してもらいました。

日本では見られないクマノミ、スパインチークアネモネフィッシュ
クリックすると元のサイズで表示します

ホワイトボンネットアネモネフィッシュなどもしっかり観察できました。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、一番びっくりしたのはソフトコーラルの大きさです。
今までは見たこともない大きさの海ウチワには参加者含め全員がビックリです。5m級の海ウチワがごろごろしてるんですからね・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

まるでフェンスのようでした。
クリックすると元のサイズで表示します

日本ではなじみの無い赤いムチヤギにも興味深々でした。
クリックすると元のサイズで表示します

全体的に透明度30m、水温30℃でとても快適に潜ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

海底はサンゴで覆われていて、そこを住処にカラフルな小魚がわんさか群れて、中層には動きの速い魚達が縦横無尽に動き回っている。
クリックすると元のサイズで表示します

そんな海ですから毎回潜水時間も50分以上になってしまいますよね。

結局1日3ダイブ×4日間で12ダイブ楽しんできました。

スケジュール的にはもう半日潜ることはできたんですが、せっかく来たので島内見学やショッピング、そしてリゾートでゆっくり昼寝などのんびり1日を過ごすことになりました。
宿泊したコテージにはテレビもなく、シーリングファンと窓から入る心地よい海風だけ。
クリックすると元のサイズで表示します

鳥の鳴き声、波の音、生物の奏でる自然の音でかなりリラックスできました。
クリックすると元のサイズで表示します

日中は30℃近くあるのですが、朝夕は23℃前後で肌寒いくらい!
寝苦しいこともなく快適に生活できました。
ただ若干、虫がいるので虫除けスプレーは重宝しましたね。
そして、ここのリゾートは無料ランドリーサービスがあり、朝洗濯物を出して夕方にはバッチリ乾いて戻ってくる。
毎日洗濯物がたまらなく、部屋やベランダに干すこともなく随分助かりました。帰りの洗濯物はTシャツと短パン1セットだけですからね。帰ってからも楽ちんですね。

今回、Hさん・Kさんが100本記念ダイビングを無事終了することができ、現地ガイドのKEIKOさんからもケーキで祝福していただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、パプアニューギニアのキンベ湾にダイビングサービスが1つしかないということ、広大な範囲のエリアに1日最大でも20名程度のダイバーしか潜らないという環境が
今の大自然を守っているんだと感じましたね。
それに、地元では漁をしていないので魚が豊富なんですね。
飛行機のスケジュールがうまくかみ合えばクルーズやショートステイなどもできるのに・・・。
初めてのパプアニューギニアツアーでしたが、大成功で帰ってくることができました。
ぜひ、また訪れたい場所の一つになりましたね。

2013/10/15

透明度20m!初島いい感じ・・・。  初島

倉田です。
2013年10/12(土)初島ツアー報告!

三連休の初日、渋滞にまきこまれることなく、予定通り初島に到着。

天気も良く富士山がクッキリ見えました。
クリックすると元のサイズで表示します


水中も透明度20m位有り、久しぶりに青い海に潜りました。

魚影は少なめでしたが、時折カンパチがアタックを仕掛けたり
クリックすると元のサイズで表示します

タカベの群れが見れたり、初島のジョーも健在でした。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りがけの小田原の干物は定番ですかね。

2013/10/12

やっぱり凄い魚影!  田子

宝田です。

2013年10/8(火)田子ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

まえまえから秋の田子は魚影が凄いよ!って言いながら、台風の影響がずっと続いて先延ばししていた田子!やっと来れました。
早速、準備にとりかかり、1本目からメインポイント「フトネ」にエントリー!
さすが、伊豆でも指折りのポイント!評判通り凄い魚影でした。
イサキにタカベにスズメダイがあちらこちらに群れをなして優雅に泳いでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

すごいね!すごいね!で終わった1本目。

少し休憩して、2本目も「フトネ」にエントリーすることに・・・。
船の上から見ると、なかなかの流れ!
参加者に「流れ強いのでがんばってくださいね〜」と言いながらエントリー!
いやいや凄い流れ!逆らって泳ぐことはちょっと無理。
ロープをつかまって何とか潜降できました。
さっきの1本目とは比べ物にならないぐらいに元気に泳ぐ魚達。
群れ!群れ!群れ!右に左に凄い勢いです。
クリックすると元のサイズで表示します

ダイバーなんてお構いなしです。

前からビュンビュンくる流れに負けないように、しっかりつかまって観察開始!
カレントフック持ってくればよかったと後悔しながら、撮影もバッチリ成功!

クリックすると元のサイズで表示します

終始強い流れと、うねりでこいのぼり状態でしたね。

水面に上がって一言!「楽しーい!」
ちょっと癖になりそうな、流れダイビングでした。

帰りには、いつも気になっていたお店!
なんと「うなぎ」を食べて帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしくいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここはさかなくんもオススメのお店で香ばしいうなぎが絶品でした。
クリックすると元のサイズで表示します

また、来なくちゃ!

2013/10/12

ナイトロックス講習会!  獅子浜

宝田です。

2013年10/3(水)安良里⇒獅子浜ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は以前からリクエストのあった「エンリッチドエアナイトロックス講習」で西伊豆獅子浜へ行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

台風が近くまで接近していましたが、現地は全く風が当たらずにべた凪!


本当に台風来てるの?って感じの海況でしたね。
うねりの入ってる東伊豆ではクローズだったようで、潜れる場所を探して獅子浜は混雑していましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

今回は1日で講習+実習を終わらせるスケジュールでしたので午前中1時間ほど学科を行い
その後にリッチなエアーを使って2ダイブしてきました。
学科でやった手順通りに実施して皆さん無事合格!
3名のナイトロックスダイバーが誕生しました。

少し多い酸素濃度で潜ると、3倍以上長く潜水が可能な水深もあったりして
びっくりしていましたね。
体にもやさしいナイトロックス講習はぜひ皆さんに受講していただきたい講習の一つです。もはや、海外では当たり前になってきております。
まだ、受講されていない方はこの機会にぜひご検討ください。

帰りは沼津港の人気店「丸天」でお食事!
平日ということもあり、店内はガラガラでしたね。
私は「マグロ尽くし定食」うまかった!
クリックすると元のサイズで表示します

帰りの渋滞もほとんどなく、早めに帰ってこれました。

2013/10/11

締めはマンタで!  沖縄・石垣島

宝田です。
2013年9/25(水)〜29(日)PL石垣島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は仲良しグループで石垣島に行ってきました。
連日、天気図には台風の姿があり、ヒヤヒヤしていましたが、問題なく石垣到着!
現地での期間中もおおむね快晴続きでした。

 初日は台風20号の影響で北風が強く、太平洋側でのダイビングとなり、魚も少なく、うねりも入り初日にしてはハードなダイビングとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

Tさん100本達成おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

2日目は風も弱くなり、竹富島近辺でのんびりゆったり潜ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

Mさん100本達成おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

潜水時間もほとんどが50分〜65分のロングダイビングで大満足。
安全停止を兼ねた浅場での自由時間もカメラを持ったゲスト達には大好評!
15分ぐらい安全停止してましたね。
真っ白な砂地では、ガーデンイールやハナヒゲウツボ幼魚など砂地の生物もバッチリ観察できました。

地形ポイントの「オープンハート」では洞窟にリュウキュウハタンポがいっぱい泳ぎ回って、ダイバーを楽しませてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

洞窟から出る際のブルーの色は印象深い鮮やかな色でしたね。

最終日は思いが届いたのか、北風が東風に変わり海況もバッチリ。
行きたかったポイントに潜ることができました。
名蔵湾ではアカククリの群れやオニダルマオコゼが見れたし、御神崎ではウミガメやハナゴイの群れも楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します


最後の9本目はやっぱりマンタで決まりました。
「川平マンタシティ」にエントリーして5分後には優雅に泳ぐマンタが6枚も岩の上を回遊しています。
岩につかまりじっとしていると、私たちの頭上を行ったり来たり!
前からきたと思えば、急に後ろから現れるほどにぎやかに泳ぎ回っていましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

ダイバーなんてお構いなしって感じでしたね。
バッチリ60分見学して、ゲストの皆さんもシャッター押しまくりでしたよ。

運よく私の真上にもマンタが通過。
下からの撮影に成功しました。
こんな感じで・・・。現地ガイドさんに撮られてました(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します

その写真がこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します

大満足で船に戻ってきたら、何と船の下まで大きなマンタがお別れのあいさつに来てくれたのはびっくりしましたね。

今回狙っていたマンタが最終日に全員がしっかり見れて、良かったです。
そして、この印象深いツアーで100本を達成できたお二人のゲストの方はラッキーでしたね。
また、素晴らしい海でご一緒できたことをうれしく思います。

お食事も初日から居酒屋ライブで踊りまくり、2日目はばっちり石垣牛の焼き肉で力をつけて、3日目は地元で評判のさっぱりお寿司をほおばり、4日目には打ち上げで元気いっぱいの地元居酒屋で飲みまくり、食べまくりでした。

アフターダイブでは、広大な眺めのミルミル牧場でジェラートを食べたり
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

川平湾でお散歩したりとかなり石垣島を満喫してきましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


最終日はお隣の島「竹富島」で水牛に乗ってゆっくりモードの観光も楽しんできました。


赤瓦の素晴らしい文化財や変わったシーサーも写真におさめる事ができましたね。
私自身も久々の石垣島でしたが、石垣の良さを発見することができ、とても楽しく有意義な5日間になりました。
また、このメンバーでご一緒できる日を楽しみにしております。ありがとうございました。

2013/10/9

ぐるぐるイルカ  御蔵島ドルフィンスイム

馬場です。
9月27日〜29日に御蔵島ドルフィンスイムツアーへ行ってきました!

クリックすると元のサイズで表示します
(撮影:土浦店S様)

金曜の仕事後に集合していざ竹芝桟橋へ!
台風の影響が残るため条件付きで22時20分に出港。
さほどうねりもなく船は揺れずに明朝5時に三宅島へ着岸。
さぁ、次はいよいよ御蔵島、この分なら大丈夫だ!と、思ったのはつかの間、
御蔵に近付くにつれて風が強くなり、揺れが激しくなるではありませんか

風波が北から打ちつける桟橋に南側から接岸作業を続けること10分以上、、、。
接岸を合図するホイッスルが鳴ることなく、無線連絡を受けたクルーがロープを解除し始めると「御蔵島行きは欠航となりました」とアナウンスが…船じゅうからため息がもれた。

御蔵島を間近に見ながら八丈島へ向かったカメリア丸・・・。
昨年、接岸アタックはおろか、島影すら見られなかったゲストは「御蔵島が見られただけでも一歩前進!」と前向きな一枚、ハイチーズ
クリックすると元のサイズで表示します

その後、船長さんに聞いたら
「船は着けられた。でも桟橋に波が上がってるから、上陸したお客さんが波にさらわれるといけないからと、島からストップがかかったんです・・・」
とのこと。それなら仕方ない・・・(;;)

でも三時間後に八丈島で折り返し、昼に再度接岸をする頃は満潮時、、、。
最悪のシナリオも想定したけれど、2回目の入港時に見えたのは、
乾いた桟橋と島の民宿のお迎えの車列!

「着ける!」
そう励ましあいながらも、閉ざされた水扉の中でひたすら待つ数分間はとっても長く感じました。
かすかに「ピーッ!」と着岸を合図するホイッスルが聞こえたら、自然と乗客みんなから拍手が沸き起こりました。

クリックすると元のサイズで表示します

宿に着いたら早速ドルフィンスイムへ出港!
曇り空や23度の低水温なんてなんのその!
皆さんの祈りと元気が届いて、ファーストエントリーからほとんどの方がイルカを水中で目撃成功!
その後も順調に海面のジャンプを見たり、水中ですぐそばで泳いだり、ドルフィンスイムを楽しみました。



初めての方が多かったのですが、無事に2時間を終えることができ、ほっとしたB'ABAでした(^^)

宿に戻ってお風呂で温まった後は、近くの商店でお土産を買ったり、ジェラートを食べたり、
港の見える公園で夕焼けを見て島時間をまったりすごしました。
夕飯は宿食で、島のお魚料理に舌鼓!

8時には女子部屋の皆さんはすでに床に就き消灯となりましたzzz

翌朝は、島の観光協会主催で行われる伊勢エビ祭り!
ということで、早朝から海に行く支度をして港へ!

クリックすると元のサイズで表示します

御蔵島の昔ながらの漁法、地引網から魚を外したら振る舞い伊勢エビ汁がオイシィ〜!

クリックすると元のサイズで表示します

小腹も満たして身体も温まり、いざ海&山へオプションツアー!
出港すぐからイルカたちも朝の挨拶に来てくれて、幸先上々!
初日よりもグルグルと回って遊んでくれて、皆さん大満足のオプション・ドルフィンスイムとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
(撮影:N様)

山を選ばれた方は、島の裏側、南郷方面へトレッキングに行かれて、
日本一のスダジィの木や、日本一の生息数を誇るオオミズナギドリの巣などを観察されましたよ。

昼にはパッキングをして、東京行きに乗船。
次の低気圧が心配されてましたが、帰りはさほど揺れることなく楽な船旅でした。
夜には竹芝に着き、築地で豪華な海鮮丼を頂いてシメました
クリックすると元のサイズで表示します

今回、ひとり立ち初ガイドだったB'ABAですが、不慣れな東京の道はお客様に助けられて、
何事もなく(?少々道に迷ったりはしましたが)皆さんを各店舗まで安全に送り届けることができました。ありがとうございました。

仕事を休まなくても週末に行ける楽園、御蔵島。
リピーターの方はもちろん、まだ行かれたことのない方も是非また来シーズン以降、
ご一緒してイルカたちと遊びましょうね〜!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ