2016/7/28

魚影抜群!西伊豆・田子  田子

2016年7/24(日) 西伊豆・田子ツアー報告!



日帰りでベストコンディションの田子に行ってきました。
この日は緩い東風で田子の海はベタ凪。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてのボートダイビングのゲストも安心して潜ることができました。
現地に到着すると早速準備開始。
カワイイ猫フードも登場!

クリックすると元のサイズで表示します

初めてのゲストもいるので入念なブリーフィングを行いイメージを膨らませます。
ドキドキの1本目は「白崎」にエントリーしゆっくりスタートです。
水深20m付近を泳いでいると「ピカチュー」発見。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期に見れるのも珍しいですよね。
ソフトコーラルをいきいきしていてとてもキレイでした。

クリックすると元のサイズで表示します

2本目は船で10分ほどの「フトネ」
水深30m〜8mまでそびえ立つ根がダイナミック。
北側から緩やかに流れているので根のトップには魚がグッシャリ。

クリックすると元のサイズで表示します

数千匹のキンギョハナダイやイサキの群れ、タカベも豪快におよでいました。
ここはいつ潜っても凄い魚影。伊豆でもトップクラスですね。
無事に2ダイブ終わってランチをどうするか相談すると・・・
「ウナギ」を食べようと全員一致!
ちょっと豪華でしたが念願の「うな重」いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ご参加ありがとうございました。
またご一緒しましょう。


2016/7/27

南伊豆最後の秘境!「ヒリゾ浜」  南伊豆秘境!ヒリゾ浜

2016年7/21〜22 南伊豆最後の秘境「ヒリゾ浜」ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

初ツアーとなった南伊豆「ヒリゾ浜」スキンダイビングツアー!
前日の夜18時に千葉店を出発し19時に土浦を出発。
宿に到着は24時30分頃!
途中に寄ったコンビニで買い込んだビールを部屋で飲みながらしばしミーティング。
午前1時には就寝し5時間の睡眠で翌日に備えます。
朝食を済ませ車に乗って30分ほど移動すると中木の港に到着。
ヒリゾ浜はここ中木の漁港から船で5分のクルージング。

クリックすると元のサイズで表示します

到着した時はなんと雨・・・
風も強い感じ・・・
せっかくここまで来たのに・・・と思いつつ素早くウェットスーツに着替えてやる気満々。
肌寒い気候とまだ冷たい水温そしてゴツゴツの岩場にはウェットスーツ&ブーツは必須アイテム。

クリックすると元のサイズで表示します

広範囲のポイントは小笠原を感じさせるようなロケーションが最高!

クリックすると元のサイズで表示します

水中世界も魚が多く、ソラスズメダイやニシキベラもいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

沖に出ると水深10m程度のドロップオフもあり上級者も楽しめる。
とにかく魚影が濃いのと透明度が良く水面を泳いでいても気持ちがいい。

クリックすると元のサイズで表示します

タンクを背負うダイビングを違って空気の排気音で魚が逃げない。
かなり至近距離まで近寄ることができるのは大変おもしろい。
水中カメラを持っていくと楽しさも倍増でした。
アオリイカの子供もバッチリ撮影できました。

クリックすると元のサイズで表示します

次第に天候が回復し晴れ間も見れるようになりました。
午後からはいくつもある洞窟ダイブに挑戦。

クリックすると元のサイズで表示します

人がやっと入れる隙間を抜けると逆まで続いていたり、見たことがないほどのイボヤギの群生も見事!

クリックすると元のサイズで表示します

天井から光が差し込む景色は最高にキレイな場所でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと居たい気持ちを抑えて午後2時頃にはヒリゾ浜を後にして下田でランチ。
下田の人気店だけあって「海鮮丼」や「金目の煮つけ」などは大満足の味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

移動時間がかなりありますが、あのロケーションで過ごすことを考えると移動時間も苦にならないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

人気スポットだけあって夏休みは大混雑で入場制限するため狙い目はやっぱり夏休み前後の平日ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

次回は9/3(日)発の開催です。
追加ツアーも検討中です。

2016/7/21

海の日・Cカード講習  井田

宝田です。
2016年7/17〜18 西伊豆ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します


今回はCカード講習&ブランクダイバーコースでのツアーとなりました。
天気予報は曇りでしたが連日の猛暑!
海の中が気持ちよかったです。

初日は西風ということもあり「大瀬崎」に決定!
小学生の参加者もいたので穏やかな場所で2ダイブ。
浜辺には海水浴客が大勢いましたが、器材を台車に乗せてダイバーエリアに移動。
思っていたよりも海況がよく、透明度も抜群。
少しバタバタしたり、耳ぬきに苦労する場面もありましたが初日無事終了!

2日目は隣の井田でダイビング。
クリックすると元のサイズで表示します

風も東風に変わり穏やかな海で潜る事ができました。
2日目ともなると海洋実習生も余裕が出てきてしっかり中性浮力をとっていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

井田の海も抜群の透明度と魚の群れがすごかった。
海洋実習であの魚群はラッキーでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します


民宿では美味しい食事を食べて、今回は花火もしちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

飛び込みで遊んだり、充実した2日間になりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


2016/7/14


2016年7/8〜13 小笠原ツアー報告!


毎年開催している7月上旬の小笠原ツアーに行ってきました。
今回は新造船した小笠原丸に初乗船。

クリックすると元のサイズで表示します

ピカピカの船内に広々キャビン、シャワールームも広くなり快適。

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄方面にある台風1号も心配されましたが大きく揺れる事も無く順調な航海となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

11時に東京竹芝桟橋を出航し翌11時に小笠原に到着。
早速準備してダイビングに出発です。

クリックすると元のサイズで表示します

今回も現地サービスをチャーターしてるので気の知れた仲間だけで豪華クルーザーを貸切!
知らないゲストに気を使うことなく楽しめます。
ポイントもゲストのレベルに合わせて選ぶことができるので安心して潜れますね。
初日は足慣らしで「滝の裏・コーラルガーデン」

クリックすると元のサイズで表示します

波も無く穏やかなポイントで水底の砂地にはヤッコエイがお出迎えしてくれました。
沈船にはヨスジフエダイやスカシテンジクダイが群れ、中層にはツバメウオがダイバーを観察しています。クマザサハナムロの群れも見ごたえありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

2本目に潜った「赤ブイ」は魚影が凄い!

クリックすると元のサイズで表示します

キホシスズメダイの幼魚やミナミイスズミの群れにゲストも大満足。
アオウミガメの子供も現れていい被写体になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

前線の影響なのか南西の風が強く徐々にうねりが大きくなる予報!
3日目に予定していた「ケータ列島遠征」を前倒しして2日目に変更。
ということで2日目ケータに向けて出発です。

クリックすると元のサイズで表示します

うねりが大きければ引き返すという条件のもとに船を走らせ、多少揺れましたが1時間40分でケータ列島嫁島(ヨメジマ)到着!

クリックすると元のサイズで表示します

南からのうねりがありますが北側のポイント「コーラルガーデン」にエントリー!
ここは水底一面サンゴがビッシリ!しかも透明度40mオーバー!

クリックすると元のサイズで表示します

波も無く流れもないので安心して楽しめました。
魚影も多く、ホウセキキントキやミナミイスズミ、ノコギリダイの群れなど賑やかな水中世界でした。

クリックすると元のサイズで表示します

エキジット間際には2m級のイソマグロが出現し気持ちを高ぶらせてのエキジット。
次はいよいよ今回の目的「マグロ穴」!
嫁島のマグロ穴は海況が悪く、さらに40分船を走らせ媒島(なこうどじま)へ移動。

クリックすると元のサイズで表示します

媒島のマグロ穴にエントリー!
穴の中に進むと奥でマグロがグルグル回る姿が!

クリックすると元のサイズで表示します

100匹以上のイソマグロが悠々と泳いでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー!凄い迫力!
最高の場面を全員がゆっくり見る事ができて大満足!
他のダイバーもいなかったので貸切状態で20分以上はジックリ見れたのはラッキーでしたね。さすがケータ列島!父島では見れない大迫力を満喫できました。
その後は、嫁島に戻ってきてランチタイム。
休憩時間には全員でスキンダイビングも堪能しました。
帰り際には島周りのイルカを発見しドルフィンスイムスタート!

クリックすると元のサイズで表示します

抜群の透明度の写るイルカの姿はワクワク感が止まりません。
船長の合図とともにエントリーすると目の前にイルカのペアがクッキリ見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに潜るとイルカがこちらに寄ってきてくれ、泳ぐスピードも私に合わせるようにしばらく一緒に泳ぐことができ感動。

クリックすると元のサイズで表示します

とても印象的なドルフィンスイムができました。

クリックすると元のサイズで表示します

3日目は予報通りうねりが強くなってきて父島回りでダイビング。
ポイントに移動中にハシナガイルカの群れに遭遇!
ボートの船首に近寄って遊んでいる姿を至近距離で見る事ができて感動!

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくドルフィンウォッチングで癒されダイビングポイントに移動。

「西島北」にエントリー!ツバメウオが待っているかのように現れ、伊豆諸島固有種のテングダイやユウゼン、レンテンヤッコも見る事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントを移動し次にエントリーしたのが「北バラバラ岩」
ここは流れがありましたが、岩の隙間を見ると小笠原固有種のアカイセエビがたくさん!
イセエビの宝庫でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

クマザサハナムロの群れも凄かった!

クリックすると元のサイズで表示します

午後から南島周辺をクルージングしながらカツオドリのひなを見る事ができました。

その後は離れ岩のポイント「霊岩」へ
エントリーすると流れも無く落ち着いた海況、アケヒメジやミナミイスズミ、アジアコショウウダイの群れがゆっくり見れました。



潜水開始20分ほどするとなんと水中でイルカに遭遇!一瞬でしたが水中でイルカに遭遇できる小笠原の海すごいですね。
イルカも祝福に来てくれる海で100本達成したUさんおめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

印象深い記念ダイブになりましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

翌日、出航日は午前中にオプションで2ダイブ!
「ひょうたん島」では水深25mのヘルフリッチを見に行ってきました。
話では現在小笠原で確認できるヘルフリッチはこの1個体のみとのこと。
入念にブリーフィングをしてジリジリ近寄ってきました。
皆さんのおかげでいい写真が撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後のダイビングは「万作の鼻」にエントリー。
ドロップオフにはオーバーハングしてる大きな岩があったり、トンネルがあったりでスリル満点のダイビング。

クリックすると元のサイズで表示します

抜群の透明度に感激しながらエキジットし今年の小笠原ダイビングは終了となりました。

アフターダイビングではウェザーステーションでサンセット見学や

クリックすると元のサイズで表示します

オシャレなホテルでの滞在も有意義に過ごすことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山の上のパン屋に徒歩でお買いものに行っていただいたゲストには感謝いたします。
唯一、南島に上陸できなかったことが悔やまれますが、充実した内容の6日間でした。
また、来年が楽しみです。

2016/6/30

渡嘉敷スキンダイビング!  沖縄・渡嘉敷島

2016年6/27〜29 沖縄・渡嘉敷島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

昨年も実施したプライベートスキンダイビングツアーで沖縄渡嘉敷島へ行ってきました。
半年前から計画をしてベストシーズンの時期を狙って実施した今回のツアー。
毎週のスキンダイビングレッスンでは海を意識した練習を取り入れ、深場での自主練習も役に立ちましたね。
今回初めて参加するゲストの方もいましたが、ドキドキした気持ちを抑えて上手に遊んでいましたよ。
ホテルの目の前がプライベートビーチ、部屋からは海が一望でき最高のロケーション!
ビーチ前の海は毎日ベタ凪でベストコンディション!
初日は昼過ぎに現地に到着し早速着替えて海遊びです。
かなり緊張してるようでしたが透明度抜群の海に気持ちも盛り上がります。
足慣らしで1時間ほど浅瀬でスキンダイビング練習をして初日は終了。

翌日はゆっくり10時30分スタートでボートに乗船し3分でポイントに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

エントリーすると真っ白な砂地にサンゴ礁が点在する癒しスポット。
まずはブルーのデバスズメダイがお出迎え、サンゴの回りには無数のキンメモドキも見る事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

潜れるゲストは水深4〜5m付近まで潜り自分のカメラで水中写真を楽しんでいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

午後はボートで15分走り渡嘉敷島の最北端「タマルル」にエントリー!
ドロップオフのダイナミックな地形の中をスキンダイビングするスリルも味わうことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

中層にはキラキラとキビナゴが右に左に動き回り、壁際にはキンギョハナダイの群れも見れました。
水面付近のアオリイカや岩陰の巨大イシガキフグまであっという間の1時間!

クリックすると元のサイズで表示します

透明度も良くサンゴもキレイで大満足のスキンダイビングでしたね。
ただ、この時点で狙っていた「ウミガメ」がまだ見れていない!
初日に見れなかったのでリベンジで夕方にビーチエントリー!

クリックすると元のサイズで表示します

10分ほど探してウミガメを発見し何とか無事みんなで観察することができました。
水面に上がってきたウミガメと一緒に泳ぐこともでき貴重な体験に感激の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの夕食もおいしく、みなさんたっぷり召し上がっていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランからは夕日が見えてリゾート感たっぷりのロケーション!
みんなサンセットを写真におさめてご満悦。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はほとんどシングルルーム(ツインベース)を利用したので広々部屋でくつろぐことができたようで何よりでした。
最終日はレンタカーで美浜アメリカンビレッジまで移動しランチ休憩。
おいしい石垣牛ハンバーグを食べて国際道りでショッピングをして帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

来年の計画をチラホラ話ながらの帰り道は皆さんのやる気を感じましたね。
次回も最高のパフォーマンスでご紹介できるようにリサーチしておきますね。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

2016/6/27

寺子屋ツアー!  川奈

2016年6/25〜26 西伊豆ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は初心者の方や海洋実習の方を対象に伊豆半島に行ってきました。
前日の予報では雨・・・出発した時は予報通り雨でしたが現地到着する時は曇り空。
次第に天気も回復してきました。
西伊豆にいく予定でしたが、あいにく南西の風が強く西伊豆は断念。
久々に東伊豆の川奈に行ってきました。
川奈は全く波も無く穏やかな海況。
初心者の方も安心して潜ることができました。
ドキドキしながらエントリーしましたが、今回はタンクがアルミだったので参加者全員なかなか潜降に苦労しましたね。アルミタンクは呼吸が荒れると沈むのが難しいですよね。
でも、海外は圧倒的にアルミタンクが多いので練習ですね。
2本目からは次第に天候も回復し暑いぐらい晴天に!
水中も明るく透明度も10mほどあったので快適に潜ることができましたね。
宿は井田に予約をしていたので1時間ほどのロングドライブで到着。
翌日は西伊豆に潜る予定でしたが、どこのポイントも昨日の大雨の影響が残っており透明度が期待できないとのことでした。
安全を考慮して小田原近くまで移動して江の浦で潜ることにしました。
少しうねりは入っていましたが、問題なく潜ることができました。
ベニカルアンコウや巨大イシダイ、クマノミ、アオリイカの卵など初めて見る生物に興味深々のゲスト達でした。
海洋実習を終了した方は次のアドバンス取得に向けてやる気満々!
ダイビングを好きになっていただきうれしく思います。

いつもお世話になっている宿での夕食は今回も豪華!
金目の塩釜焼きや新鮮な刺し盛りにゲストも大満足でした。
クリックすると元のサイズで表示します

富士山がキレイでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/24

平日泊りツアー  田子

2016年6/19〜20 西伊豆・田子&黄金崎ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

当初は日帰りの予定でしたが、せっかく行くなら泊りがいいということで1泊ツアーに変更しての実施となりました。
梅雨時期ということでジメジメした気候ではありましたが時折晴れ間も出る天候で楽しんできました。
初日は田子で2ボートダイビング。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのゲストもいたので1本目は穏やかな湾内のポイント「白崎」にエントリー。



ドキドキの1本目でしたが耳抜きの確認もできたし、ウェイト調子もバッチリでしたね。
エントリーしてすぐにはカマスの大群も出現し大興奮!巨大ウミトサカも健在で主のマダイも悠々と泳いでいました。
この日は東風のおかげで外洋もベタ凪!
期間限定ポイント「田子島」もラクラクエントリーできました。

クリックすると元のサイズで表示します

田子島はとにかくソフトコーラルの宝庫。とてもカラフルな海中世界を堪能できました。きびなごの大群やイサキ・タカベ等群れが多くダイナミックな水中景観が楽しめました。

翌日は近くの黄金崎でビーチダイビング。
平日ということで施設も海もほとんど貸切!
透明度も10m前後ありまずまずのコンディション。
大潮の干潮でエントリー&エキジットが難しいと思っていましたが、以前に比べると格段に入りやすく出やすいように改良されていました。
水中はハナタツ・イロカエルアンコウ

クリックすると元のサイズで表示します

マツカサウオ

クリックすると元のサイズで表示します

コノハガニ・タツノイトコなどレア物尽くしで楽しめました。

そして、今回宿泊した宿は田子港を一望できる眺めのいいお宿。
食事も豪華で煮物・揚げ物・お刺身などとてもおいしくいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストの皆さん大満足!ギンギンに冷えたエビスの生ビールが格別にうまかった!
帰りの食事処もいいところを見つけました。
今回食べた「金目煮つけ定食」もおいしかったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/21

シークレットガーデン  沖縄・西表島

2016年6/13〜17 沖縄・西表島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は以前よりリクエストの多かった西表島に行ってきました。
羽田空港から約3時間で石垣空港に到着し、離島桟橋から西表島上原港までは約50分。
羽田空港を11時に出発しても現地には16時頃には到着できるので体も楽ですね。
初日は移動の疲れもあるので付帯レストラン「イルマーレ」で夕食を済ませて早めに就寝。
ダイビング1日目は数日前から吹き続いている南西の風が強く西表島の西側でダイビングスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

1本目は外洋に近い「ノーズコーナー」にエントリー。
皆さん緊張気味でしたが、抜群の透明度を見ると安心して潜っていました。
棚上では一面サンゴが広がりハナダイが群れてとてもキレイな水中でした。

深場のハナゴンベもバッチリ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、このキレイな場所で土浦店Oさんが200本を達成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

おめでとうございます。

2本目は近くの湾内に移動してベタ凪の「網取浅場」
ここは砂地がメインの水中景観でガーデンイールやアキアナゴ等が見る事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

ハマクマノミの芸にも驚かされましたね。
所々に点在するサンゴの根にはスカシテンジクダイやケラマハナダイが群れ賑わっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

3本目は「外離れ南」にエントリー。
ミニドロップオフにはアカククリのクリーニングステーションがあったり、アカヒメジが群れていたり賑やかな水中でした。

クリックすると元のサイズで表示します

水底にはニチリンダテハゼや珍しいパンダツノウミウシも見る事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング2日目は昨日から吹いている南西のがまだおさまらない。
4本目はリクエストした「シークレットガーデン」ここは以前にも数回潜ったことがあるポイントですが、枝サンゴの群生が見事!

クリックすると元のサイズで表示します

水深2m付近のイキイキしたサンゴは一見の価値はありますよ。
西表にきたらここに潜らないとね。

5本目は「ハリケーンちゃんぷる」
張り出した岩の間にはいくつものクレパスが続いて入り組んだ地形を作りだしていました。
少し奥まで入ると太陽光線が入り込んでいてとてもキレイな水中景観に感動ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

水底付近のリュウキュウキッカサンゴの群生も見事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

6本目は「T’Sエリア」
ここの狙いはイチゴパンツのマンジュウイシモチ!
でも今の時期はそのベビーが見られるということでぜひ見たいとリクエスト。
水深8m付近のサンゴにひっそりといましたよ。
ベビーのうちは赤い点々がまだ無く、パンツをはいている感じではない。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドはノーパンのマンジュウイシモチと紹介するように今の時期しか見れないベビーもしっかり見る事ができました。

海藻にそっくりのセダカカワハギも見る事ができたが、じっくり探し過ぎて潜水時間は70分を越えてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

ロングダイビングに大満足!

ダイビング3日目も南西の風が止むどころかより強風に・・・
とうとう西側でのダイビングができないくなってしまい北側エリアに移動してのダイビングとなりました。
7本目は「ハトマ東」にエントリー。
北側は波も無く穏やかでしたが、以前にオニヒトデにやられてしまったようでサンゴがさびしい感じ。
サンゴとサンゴの間を泳いだりして地形ダイビングを楽しむことができました。
チョウチョウウオの仲間が多くカラフルな水中でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

8本目は「中野沖リーフ」
一度外洋のポイントにアンカーリングしましたが流れが強すぎた為、ポイントを変更してここになりました。
ハゼが多く生息しており、ハタタテシノビハゼやハタタテハゼも多く見る事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

再生途中の小ぶりのテーブルサンゴも多く見る事ができて数年後の成長が楽しみなポイントでした。

9本目のラストダイブは「バラス東」
ここは枝サンゴがキレイに残っていてサンゴの上を泳ぐハナダイの姿が印象的な癒しポイント。

クリックすると元のサイズで表示します

深場に下りていくと水深20m付近には4m以上のイソバナには全員ビックリしました。
カクレクマノミの卵も見れたし大満足なポイントでした。

今回、一番行きたかったエリアには潜ることができませんでしたが、あの強風で3日間9ダイブもこなすことができて良かったです。
魚影の濃さや透明度・サンゴ・レア物の豊富さどれをとっても西表の海は沖縄トップクラスですね。


また、毎日の締めくくりは夕食!
何もないようで実は西表にはおいしい食事処が数多くあり、毎晩大満足の夕食を食べることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

いのししのタタキ!

クリックすると元のサイズで表示します

定番マース煮!

クリックすると元のサイズで表示します

泡盛&オリオンビールそしてサンシンの演奏を聴きながらの食事は格別な時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは早めに石垣島に移動しランチ&ショッピングで格安石垣牛を買ったり、ハンドメイドアクセサリーを買ったりでおみやげもバッチリ買い込んで帰ってきました。
リピートしたくなる西表島ツアーでした。



2016/5/29

アオリイカ産卵  江の浦

宝田です。
2016年5/27(金)江の浦ツアー報告!

黄金崎の予定で出発しましたが、南西の風という予報だったので東エリアに変更。
透明度も東伊豆の方がいい情報でしたので江の浦に決定。

今回ご参加のゲストは皆さんブランクダイバー!
半年以上のブランクが空いているのでできるだけ穏やかな海を求めて。
現地に到着すると一番乗り。他のチームは誰もいません。
貸切でした。
早朝の情報通り透明度15mで水温20度。
波も無くコンディション最高でしたね。
今が旬の「アオリイカの産卵」が今年は当たりまくってるようです。
水深15mに置いてある産卵床にはカップルのアオリイカがいっぱい群がっています。
メスがゆっくり隙間に卵を産んで行きます。
いたるところに卵だらけ!
「今!産んだ!」というホヤホヤ卵もまりましたね。
こんな海を貸切で楽しめるなんてやっぱり平日ですね。

2ダイブ終了してエキジットする時には風向きが変わり、コンディションは最悪!

クリックすると元のサイズで表示します

早めに2ダイブして良かったです。

その後はおいしい海鮮丼ランチ&ログつけタイム。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、ひのも屋によって17時にはショップに到着。

平日いいですね。

2016/5/21

インドネシア・レンベ@  インドネシア・レンベ

宝田です。
2016年5/13(金)〜19(木)インドネシア・レンベツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

はじめて開催するインドネシア・レンベ。すごくいいところでした。
成田空港を夜出発してシンガポールへ
乗り継ぎの関係でどうしても6時間以上のトランジットが必要になってしまいます。
そこで、快適に待ち時間を過ごすために今回は空港内ホテルで仮眠することに・・・
ラウンジのソファーでゆっくりすることも考えましたが、夜中の3時といことを考慮すると
やっぱり横になって寝たいのでトランジットホテルを予約!
シャワーを浴びたりすると実質4時間ほどの仮眠でしたがかなり快適でした。
空港内なのでギリギリまでホテルで滞在できるのもいいですね。
シンガポールからメナドまでは3時間のフライト。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼過ぎにはメナドに到着しその後車で1時間半のドライブでリゾートに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ウェルカムドリンクを飲みながら今後のダイビングの説明などを受けて、夕食を食べたら
その日は就寝。

ダイビングスケジュールは1日3ダイブ。
時間が決まっていて
1本目:8時15分
2本目:11時15分
3本目:14時45分
15分前にはブリーフィングが始まるというスケジュール。

クリックすると元のサイズで表示します

このパターンで3日間9ダイブ潜ってきました。
潜る前にインストラクターに「これだけは見たい!リスト」を渡してダイビングスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

レンベの印象は砂地に生物がいるいわゆる「マックダイブ」のイメージでしたが
1本目に潜ったのはサンゴがたくさん生息するポイント。
いきなりピグミーシーホースやカスリハタ幼魚、カエルアンコウなどが出てきてみんな大興奮!

クリックすると元のサイズで表示します

2本目は砂地をマッタリ潜るスタイルでタツノオトシゴやパイプフィッシュ等レア物のオンパレード状態。

クリックすると元のサイズで表示します

3本目は絶対見たい魚の「ヘアリーフロッグフィッシュ」を求めて透明度5mのかなりレアポイント。
エントリーしてまずはツマジロオコゼを見て、水深を落としていくと15m付近にいました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ヘアリーフロッグフィッシュ」まっ黒い個体でしたが毛むくじゃらのカエルアンコウです。

クリックすると元のサイズで表示します

みんなで撮りまくっていたので砂まみれでしたが、何とか撮影成功しました。
するとガイドがいろいろ出してきます。
タツノオトシゴだのウミウシだのゆっくりする暇がないくらいの間隔でどんどん探し出してきます。
それもそのはず初日はガイドが4名一緒だったので右から左からレア物が出てきます。
特に見たかった「ゼブラバッドフィッシュ」もバッチリ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング2日目もリクエストした魚を探しに出発です。
4本目はレンベでは有名な「TK#3」というポイント。
砂地の水底がスロープ状に深くなっているポイントですが、いきなりでてきたのが
「オオコノハウミウシ」見た目は全くウミウシには見えない姿。

クリックすると元のサイズで表示します

ウミトサカを見れば「イソコンペイトウガニ」がいたり楽しいポイントでした。

クリックすると元のサイズで表示します

5本目は全面砂地のマックダイブ!
狙うは絶対見たいシリーズ「ハナイカ」!
今回はガイドが3名一緒に探します。
15分ぐらいするとタンクをたたく音が聞こえて呼んでいます。
いました。ハナイカ!

クリックすると元のサイズで表示します

砂に同化していて全く分からない状態ですが、さすが現地ガイド!
良く分かってますね。
ハナイカにストレスをあたえると色が変化します。
その色が何とも言えない配色ですばらしい!
バッチリ観察することができました。
おまけにハナイカの卵も見る事ができてラッキー。

クリックすると元のサイズで表示します

何枚も撮影していると、隣に今度はイバラタツが現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

本当にぼっとしてる時間がありません。

6本目はサンゴ礁からショートドロップオフを落ちると砂地に変わるポイント。
まずは、「パイナップルウミウシ」の登場。

クリックすると元のサイズで表示します

そして「ミズタマウミウシ」もすかさず登場。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり凄いレンベ!
関心してると次はこれ!
全身イソギンチャクがついてるカニ!
名前が良く分かりません。コノハガニの仲間???

クリックすると元のサイズで表示します

そしていよいよダイビング3日目の最終日
7本目のポイントはサンゴから砂地に変わるポイント。
ここは流れてましたね。
まずは「ハナヒゲウツボの幼魚」これは5〜6回は遭遇しましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして次は絶対見たいシリーズ「ピンクスクワットロブスター」の登場です。
同じところに何匹もいるなんてすごいです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、すぐに「ピグミーシーホース5匹」が現れます。
本当にすごい!しかも水深15mですからね。
日本ではほとんど25m以上深いところに生息するので浅場にいるとかなりゆっくり撮影できます。
8本目は流れも無く穏やかな砂地ポイント。
水深20m付近には何匹もハナヒゲウツボが生息。

クリックすると元のサイズで表示します

そして絶対見たいシリーズ「サラサハタの幼魚」もバッチリ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ミズタマ模様がカワイイですね。
水深を浅くすると砂地を少しづつ移動するお魚。
絶対見たいシリーズ「イッポンテグリ」も目の前に出てくれました。
でもうまく撮れない・・・残念!

クリックすると元のサイズで表示します

そして、バンガイカーディナルフィッシュも群れ群れです。

クリックすると元のサイズで表示します

結局ここは最長75分潜水でしたね。
そしていよいよラスト9本目
なんだか空模様があやしくなって次第に雨が・・・
どんどん強くなって大雨に!
予定していたポイントも激流の為ポイント変更するなどいきなり悪条件になった海況でしたが
穏やかなサンゴ礁でエントリー
珍しく潜水開始10分ほど何もいない???
代替えポイントだから何もいないのかなーなんて思っていたら・・・
絶対見たいシリーズ「アカククリ幼魚」をゲストのTさんが探し出しみんなに報告。
一斉に群がり穴の奥に逃げてしまいましたが一枚撮影できました。

クリックすると元のサイズで表示します

諦めかけていた時だったので感動ものですね。
Tさんみつけてくれてありがとうございました。

そして、土浦店Hさんが200本達成!
おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します


今回泊ったホテルは全室オーシャンフロント!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

広い室内に快適なバスルームでエアコンもバッチリ効くし実に快適。

クリックすると元のサイズで表示します

女性陣の部屋にはバスタブも!
心配していた飲み水も無料でたくさん飲めるので問題なし。
スタッフも気さくでとてもフレンドリー!
毎回キレイにセッティングされたテーブルで食べる食事も問題なし!

クリックすると元のサイズで表示します

メニューの中から好きな物を頼むアラカルトスタイル。
食事は料金に含まれているのでドリンク以外は追加料金なし。

クリックすると元のサイズで表示します

フルーツは毎食ついてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

朝・昼・夕共お腹いっぱいで大満足でした。

特に朝のおかゆが人気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは全スタッフでお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、軽快なギターの音楽に合わせてスタッフが踊りながら笑顔でお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します

感動しますね。
また来たくなる場所ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ