2008/5/7

春の干潮  富戸

宝田です。
5/6(火祭)富戸日帰りツアー報告!

GW最終日ということで多少の渋滞が心配されましたが、さほど目立った混雑もなく順調なドライブができました。
千葉経由でも現地には9時30分に到着です。
いつもは大勢の人でごった返す富戸もガラガラ状態。
北東の風が少し吹いていましたが、波はそれほど強くない。
でも、春の大潮!
しかも干潮時間にあたりコケの生えた岩がごろごろ転がっていました。
エントリー&エキジットはちょっと苦労していたようです。
海中も浅場は底揺れがのこり、その影響で透明度も5m〜8mといったところでした。
富戸名物イソギンチャク畑にはクマノミが元気な姿で泳いでいましたね。

クマノミ
クリックすると元のサイズで表示します

ヤマドリもいました。
クリックすると元のサイズで表示します

富戸の海は80%がウェットスーツのダイバーでしたね。
そろそろウェットダイバーの季節がやってきましたよ。

帰りの食事は伊東漁港近くで「イカ丸焼き定食」をペロリ。
「ネゴめし」という変わったどんぶりもありましたよ。
よーし。次回はネゴめしに挑戦だー!




2007/7/23

温泉三昧!  富戸

宝田です。
7/21〜22赤沢&富戸報告!
3日前の天気予報では週末晴れの予報でしたが、当日は雨・・・。
でも、現地は終始くもり空で日焼けも心配ないコンディション。
早速、エントリーをすると何だか前が見えずらい・・・。
うーん!かなり濁ってる。
この日は日帰りチーム・泊りチームをあわせて総勢9名。
それにしても見えない!
エントリー付近は他のダイバーの人的な砂の巻上げで透明度3m程度!
幸い皆さん水中ライトを照らしいただき、人数確認は容易にできました。
いざという時にライトは必需品ですね。
水深が深くなるにつれ徐々に見えるようになり、透明度も8mまで回復。
アオリイカの卵やタツノイトコなどを観察してきました。

アオリイカの卵
クリックすると元のサイズで表示しますその後は豪華日帰り

温泉、赤沢館で絶景の大露天風呂で疲れを癒しました。

2日目は東伊豆の横綱スポット「富戸」。
ココには船の形をした温泉丸という風呂があり、温泉から見る景色も絶景!
クリックすると元のサイズで表示します

海中は透明度10m〜15mと前日に比べると劇的に良くなっていました。
クマノミやカエルアンコウ・アジ群・オトヒメエビ・ヤマドリなどリラックスして潜れました。

ヤマドリ
クリックすると元のサイズで表示します

カエルアンコウ
クリックすると元のサイズで表示します


帰りには新しい御食事処で「オススメ刺身定食」を食べ、初めての宇佐美温泉に入って帰ってきました。

夏休みに入り渋滞も心配していましたがほとんど渋滞は無かったですね。

2006/7/17

シーズン到来!  富戸

宝田です。
7/15〜16・富戸&海洋公園報告!
いやー15日はすごい暑さでした。
早く海に入りたくてウズウズしてました。
海中の上層はポカポカ21℃前後・下層はヒンヤリ17℃前後、透明度も時間により刻々と変化していきました。
水中を泳いでいると冷たい潮が入ってきてあっという間に透明度20m近くまで見えてしまう・・・。うーん!不思議だ!
にごってた水は一体どこにいったんだろう?考えれば考えるほど不思議がいっぱいですね海って・・・。
久しぶりの東伊豆でしたが楽しかったです。
海洋公園の波の洗礼も浴びましたが、ダイナミックな地形に魚影、施設の使いやすさ、どれをとってもピカイチですね。でも、ダイバーの数はすごかった!
ウェットのまま入れるお風呂やエントリー&エキジット専用スロープ、水中ガイドロープ設置などより進化する海洋公園でしたね。
これからの海洋公園にはまりそうな宝田でした。

海の宝石「アオウミウシ」
クリックすると元のサイズで表示します

口に卵をほおばる「ネンブツダイ」
クリックすると元のサイズで表示します

模様が変わってる「サラサエビ」
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ