2012/11/4

八丈ブルー!  八丈島

宝田です。
2012年11/2(金)〜4(日)八丈島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

羽田空港より50分で到着の亜熱帯地区。
順調に着陸できましたが、風が強い様子。
上空から見ると白波がバシャバシャしています。
ちょっと嫌な予感がありましたが、その予感が的中!
お迎えにきてくれたスタッフに聞くと「ボートは出ません」・・・。
今日はビーチダイビングです。ときっぱり!
しかも、ポイントは1箇所「八重根」しか入れないそうです。
まあ、海況が悪いので仕方ない。
でも、アーチもあっていいポイントですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

砂地のリップルマークもいいですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

気持ちを切り替え、早速準備開始です。
ビーチといえど八丈島に変わりはありません。
クリックすると元のサイズで表示します
エントリーすれば、水温は暖かいし、透明度も20m以上。

アオウミガメやユウゼン、
クリックすると元のサイズで表示します

レンテンヤッコ
クリックすると元のサイズで表示します

フリソデエビなど八丈を代表する魚達に

クリックすると元のサイズで表示します

会うことができました。

翌日は若干風が弱まりましたが、ボートは出港せず!
結局、「乙千代ケ浜」で潜ることに・・・。
ここはすごく透明度が良く、30m以上は見えてましたね。
10mのゴロタが続くのですが、しばらく進むとドロップオフのダイナミックな
水中景観でしたね。浮遊感がたまらないですね。
ダイバーを観察しているハナミノカサゴも大きかったな。
クリックすると元のサイズで表示します

他にも岩に付着するイバラカンザシがいっぱい。
クリックすると元のサイズで表示します

黒潮の恩恵を受けてる感じが満載でしたね。

それと、今回ウミガメがいっぱいで、中にはフレンドリーなカメもいて
かなりダイバーに近寄ってくるんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

思わず、甲羅をなでなでしてしまいました。
かわいかったですね。

今回も宿の夕食は豪快でした。
島すしやキンメダイ1人1尾の煮つけやイセエビ汁や新鮮刺身などなど
かなりのボリュームでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します


最終日の観光はとても暑く、風もおさまり最高のコンディション。
見晴らしのいい牧場で、八丈島を上から一望してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

とても気持ちいい一日でしたね。
ランチは名物「アシタバうどん」
しかも、「人気のカツカレーうどん」をみんな食べてましたよ。
カレーもスパイシーでうどんもうまい!
なかなかの一品ですよ。

近いし、キレイな海だし、地形も面白い!
また、来なくちゃね。

参加いただいたゲストの皆さんありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

2012/7/22

黒潮ど真ん中!  八丈島

宝田です。
7/19(木)〜21(土)八丈島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

空港より飛行機で35分の亜熱帯地区!
無事上陸成功!


天気もすこぶる快晴でテンションも上がります。
到着後早速着替えて、ボートに乗り込みダイビングスタート。
穏やかに見えても、意外とうねりがあり、エントリーエキジットには苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、水中に入ってしまえばさすが黒潮!
透明度25m〜30m・水温28度!
海がとても青いです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は合計6ボートダイブを満喫。
東エリアで有名な「イデサリ」も潜れて大満足。
垂土の地形もダイナミックだし、ウミガメはバシバシ出てくるし・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

お馴染みユウゼンにレンテンヤッコも近くで観察できました。
2日目はあいにくの雨模様でしたが、参加者のみなさんのテンションが下がることは
ありませんでしたね。

アフターダイブでは、絶景「みはらしの湯」でゆっくり体を癒し、超豪快夕食でびっくり!
キンメの煮つけがまるまる1匹!

クリックすると元のサイズで表示します

残さず食べるのが難しく少し残してしまいました。ごめんなさい。



今回ご夫婦で100本記念ダイブを達成!
「感動を共有いつも共有できる」って素晴らしいですね。
おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します


また次回ご一緒できる日を楽しみにしております。

2011/10/3

透明度30mオーバー  八丈島

宝田です。

9/30(金)〜10/2(日)八丈島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します


行ってきましたよ。八丈島!
羽田空港から飛行機で40分で到着。
あっという間に着陸態勢です。

初日の朝8時30分には現地に到着できるので1日が有意義に過ごせます。
早速ダイビングの準備から取り掛かります。
飛行機の上から見た海況はあまり良くないように感じ、ガイドと話していると
やっぱり海況が良くないらしい。
ビーチポイントは全滅のようで、ボートでしか潜れない状況。
もともとボートの予定だったので、問題なかったのですが、海はうねりが強い!
エントリー&エキジットがちょっと大変です。
まあ、がんばってエントリーすると、海中は別世界!
さすが、黒潮ど真ん中海が青いです。
まさに、八丈ブルー!
沖縄とは違い、濃いブルーですね。
透明度30m・水温25℃〜26℃と快適。
クリックすると元のサイズで表示します

今回すべて西側でのダイビングとなりましたが、アーチありオーバーハングありで
八丈島独特の火山でできた水中景観を楽しめました。

生物ではユウゼンをはじめ、レンテンヤッコやテングダイ・カゴカキダイ群れ・アオウミガメなどが見れて楽しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

初日は2ダイブ終了後、船長より「海況が悪いので船が出せないと・・・。」
でも、3ダイブ希望の方とビーチでのんびり潜ってきました。
今回6ダイブで100本達成の方がいたので、何が何でも1日3ダイブ!
この目標をクリアできてほっとしています。

無事100ダイブも達成できて、良かったですね。
クリックすると元のサイズで表示します

宿の食事も相変わらずすごいボリューム!
クリックすると元のサイズで表示します

特大キンメダイが一人一匹ですからね。
これでおなかいっぱいです。

2日間とも残してしまいました。
ごめんなさい。

アフターダイブでは毎日温泉にいったり、八丈富士にも入ったし、牧場にも行けた。
おいしい明日場うどん&そばも食べれたし文句なしのツアーでした。

クリックすると元のサイズで表示します


次は、ぜひ八丈小島周辺で潜りたいですね。



2010/10/5

透明度30mオーバー  八丈島

宝田です。

10/1(金)〜3(日)八丈島リベンジツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します

9月末に予定していたツアーでしたが台風の影響で、翌週に変更。
スケジュール調整ができるゲストのみの参加でしたが、波もなくかなりいい海でした。
クリックすると元のサイズで表示します

連日北東の風が強く、島の西側のポイントをメインに潜りました。合計6ダイブ。
クリックすると元のサイズで表示します

何といっても水温が高い!27℃で快適。
透明度も平均30m以上と気持ちいい!
クリックすると元のサイズで表示します
エントリーすると水底がバッチリ見える爽快感はたまりません。!

台風後ということで魚影は少なめでしたが、海亀はいっぱいいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、ユウゼンやテングダイは健在です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

火山で出来た島だけあって水中景観は変化に富んでダイナミック!
クリックすると元のサイズで表示します

アーチや洞窟で見る光のシャワーはダイバーの特権ですね。
クリックすると元のサイズで表示します


お食事は…

2009/5/11

GW第二弾!  八丈島

宝田です。

5/4〜6 GW第2弾・八丈島ツアー報告!

連休も後半に入り、各地ではUターン渋滞の真っ只中。
各地に向かう飛行機も満席状態。
八丈島の飛行機も往復満席。

40分の飛行で現地に到着し早速ダイビングの準備にとりかかります。
初日は北東の風が強く西側でダイビング。
入り組んだ地形は八丈島独特の水中景観。
そして、伊豆諸島固有種のテングダイやユウゼンもゆっくり観察できました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2日目は東側でダイビング。
まずは八丈最大のアーチを誇るポイント「イデサリ」
クリックすると元のサイズで表示します

ここはいくつもの岩の橋が架かるダイナミックは地形ポイント。
景色を見るだけでも圧巻です。

次のダイビング風が強くなってきたので、船を走らせベタ凪の北側のポイントへ。
八丈小島との間のポイントで、ビーチポイントではナズマドという有名なポイント。
ボートのポイント名は「ナカノママ」沖に出ると流れも強く、魚影も濃いビッグポイント。
エントリーすると、海の青さに感動。そして、期待に答えてウミガメも登場してくれました。



今回は八丈島の代表的なポイントに潜れてラッキーでした。
しかし、2日目には風が強く帰りの船はかなり揺れましたね。

ここは温泉も充実。
アフターには必ず温泉で体もポカポカ。
3つの温泉に行ってしまいました。
ふれあいの湯・やすらぎの湯・そして絶景見晴らしの湯!
クリックすると元のサイズで表示します

今度は混浴の温泉に挑戦!(もちろん水着着用です)

そして、おいしい食事もいただきました。
明日葉の天ぷらに、今が旬の初がつおの刺身、郷土料理のブド、明日葉うどんなど
今回もたらふく食べてしまいました。

次回の秋の八丈島に興味深々の参加者の皆様でした。


2008/8/14

おめでとう。200本!  八丈島

宝田です。
6/27〜29八丈島報告!

クリックすると元のサイズで表示します

朝7時の飛行機で羽田を出発すると、40分でもう到着。
八丈空港で荷物待ちをしていると、タレント勝俣さんが突然現れました。テレビの撮影だとか・・・。

すこぶるいい天気の中、早速ダイビングの始まりです。
まずは近場で足慣らし。小さなアーチにはテングダイが何匹も。
八丈ならではのレンテンヤッコにユウゼンもちらほら泳いでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

水温は22度。透明度は20m前後って感じでした。
思ったよりも冷たく感じましたね。

2本目は島の北側に移動。なんと北側には黒潮がぶつかり水温は26度。
透明度30m〜40m。
少し移動しただけなのに違う海を潜っているようでした。恐るべし八丈島。
クリックすると元のサイズで表示します


3本目はナズマド。日本でも有名なポイント。
緩やかな流れの中、ドリフトで流します。
メインの根「馬の背」にはキンギョハナダイ・ユウゼンが群れています。
クリックすると元のサイズで表示します

なかなかすごい光景でした。
タテジマキンチャクダイ幼魚もかわいかった。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、3本目にしてはちょっと深かったかな・・・。

地形派にも八丈島はオススメですよ。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日も天候は最高!波もなく、絶好のダイビング日和でした。
クリックすると元のサイズで表示します
水温・透明度は前日同様、最高にいい感じ。
でも、前日の深酒が利いた人も・・・。
結局2日で6本。ばっちり潜ってきました。

おなじみ梁山泊では連日宴会モード。
おいしい島酒・おいしい郷土料理・癒しの温泉で陸も海も大満足の八丈島となりました。

J.Hさん200本おめでとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
またご一緒できる日を楽しみにしております。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/2

極上の八丈ブルー!  八丈島

宝田です。
6/29〜7/1八丈島ツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します

1週間前の週間天気予報は連日雨予報・・・。
参加者の方々も少しあきらめていたが、雨など一滴も降らない晴天が期間中は続きました。
初日は朝一便の飛行機で35分で到着。
9時には現地ショップでお茶をしてました。
ゆっくり準備をし、いざ港へ!
初日は南西の風が強く、島の北側のポイントでエントリー。
大潮のせいか1本目から流れが強く、八丈島の洗礼を浴びたダイブとなりました。
2本目・3本目は流れも緩やかな東側の地形アーチポイント「イデサリ」「アブラド」にエントリー。
変化にとんだ地形はまさに水中生物の絶好の隠れ場、岩がアーチ状になっている水中景観は八丈島の特徴!
幻想的でダイナミック。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日は島の船長達が集まる会合があるため島中のボートはクローズ!
やむなくビーチダイビングに変更!
ビーチポイント「八重根」では前日の水温25℃を4度下回る21℃。
冷たくきれいな水が流れていました。
ちょっと冷たかったけど透明度は抜群30mオーバーです。
久しぶりにスッコーンと抜けた八丈ブルーを堪能できました。
クリックすると元のサイズで表示します

ユウゼンはもちろん海ガメ・巨大マダラエイなど魚影もすごいものがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

テングダイも大きかった。
クリックすると元のサイズで表示します

温泉あり・島ずしあり・明日葉ソフトクリームありで大満足のツアーとなりました。

次回は八丈小島周辺を狙いたいものですね。
クリックすると元のサイズで表示します






2006/10/27

なんと冷水界で水温15.6℃!  八丈島

宝田です。
10/24〜26八丈島報告!毎日天候は晴れ!!
クリックすると元のサイズで表示します

初日は西風が強く吹く予報!ということで東側のポイントで潜ることに・・・。
でも、東側もうねりがのこり、船はかなりの揺れがある状態!
午後になると風向きが急変し北東の風に・・・。
風の当らないポイントに移動してダイビングしたものの、風は強まるいっぽう!
海は大シケ!船は横に縦に揺れ放題!自然をあまく見てはいけませんね。
翌日も風は強い予報で、定期船は欠航!でも、島回りはぜんぜん波がない状態!
前日に比べたら段違いにいいコンディションでした。
しかし、エントリーして水底につくと、やけに冷たく感じるんですよ。
水温計を見ているとグングン下がっていきます。
20℃・18℃・16℃・最後にはなんと15.6℃!!!
この数字を見たとたん震えが止まらない・・・。
現地ガイドの話では八丈の真冬でもここまで下がらないとの事!
前日の強い東風の影響で海底の冷たい水が浅いところまで上がってきたんだとか・・・。
透明度は25m以上ときれいでしたが、潜水時間は30分が限界でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ニタリやハンマー情報が飛び交う八丈でしたが、私達の前には現れてくれませんでした。
でも、2m以上のマダラエイ2匹は大迫力でしたよ。
ツムブリ・カンパチ・アオウミガメ10匹以上・ユウゼン・テングダイ群れなどなど見ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

冷え切った体は毎日温泉でポカポカ!
おいしい明日葉テンプラや島寿司も食べれて満足な八丈ツアーでした。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ