2017/6/16

マクロ天国!レンベ  インドネシア・レンベ

2017年6/9〜15 インドネシア・レンベツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

今年も昨年お世話になった「クンクンガンベイリゾート」に行ってきました。
成田空港を予定通り午後に出発し約7時間でまずはシンガポールに到着。
チャンギ空港でトランジットホテルに宿泊し翌日9時の飛行機でメナドまで・・・
現地リゾートには15時頃の到着で日本を出発してから約24時間!
やっと到着したリゾートはとても落ち着いた大人のリゾート。
部屋も広々していて全室オーシャンビュー!

クリックすると元のサイズで表示します

WIFI環境も万全でリゾート内どこにいてもつながる環境が安心します。
期間中は快適なホテルライフを送ることができました。
翌日から早速ダイビングスタートです。
ほとんどのゲストがナイトロックス使用で安全面もバッチリ確保。
ここのスポットは特殊な地形の為、レアな生き物が多く世界中のマクロ好きダイバーが集まる聖地!そんな場所でガッツリマクロダイブを堪能してきました。
3日間で合計9ダイブ!潜水時間は10時間35分!
長い時は80分以上のダイビングも珍しくありません。
なのでナイトロックスを使用する方が安心なんですね。
水温は30℃近くあるので1時間以上のダイビングでも寒くならないで楽しめます。
ここに潜るダイバーのほぼ100%は水中カメラを持参して水中写真に没頭します。全てを忘れて目の前に被写体に集中します。
1時間以上のロングダイビングですが次々出てくる被写体を撮影しているとあっという間の1時間!
日本ではなかなか見る事が出来ないレア物を数多く見る事ができました。
今回潜ったNEWポイントでは現地ガイドにリクエストした「ボロカサゴ」「ミミックオクトパス」「ヘアリーフロッグフィッシュ」「ピンクスクワットロブスター」が一度に見れてしまうスーパーポイントが凄かったです!
「ボロカサゴ」

クリックすると元のサイズで表示します

「ミミックオクトパス」

クリックすると元のサイズで表示します

「ヘアリーフロッグフィッシュ」

クリックすると元のサイズで表示します

「ピンクスクワッドロブスター」

クリックすると元のサイズで表示します

他にもリクエストした
「ピグミーシーホース」も水深18mで見る事ができジックリ撮影できます。
まぐれでピントが合いました。

クリックすると元のサイズで表示します

カラフルなホヤや

クリックすると元のサイズで表示します

笑ってるようなホヤも印象的。

クリックすると元のサイズで表示します

めちゃめちゃウミウシも多くウミウシ好きにはたまらない!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

時期的にかベビーフィッシュを見ることが多く撮影には苦労しましたがカワイイ動きに楽しませてもらいました。

モヨウフグ幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

ハナイカ幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

ハナイカの卵
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ウミウシカクレエビ
クリックすると元のサイズで表示します

ヘアリーフロッグフィッシュの幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

サラサハタの幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

チョウチョウコショウダイの幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

ニシキフウライウオの幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

極小のエビ!ヘアリーシュリンプ【フィコカリス】
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2人に1人のガイドがつく体制で安全面&生物観察面でも満足いくダイビングになりました。
エキジット後には毎回新しいタオルやフルーツ&ドリンクで至れり尽くせりの御姫様ダイビング。
期間中にバースデイを迎えたゲストには手厚い歓迎で楽しませてくれたり、ダイビング後のティータイムでは楽しいトークをしてくれたり、充実したリゾートライフを過ごすことができました。
行き帰りのシンガポール・チャンギ空港ではショッピングも楽しんで帰ってきました。
気さくなリゾートスタッフが待っていてくれる場所はまた行きたくなりますね。

2016/5/21

インドネシア・レンベ@  インドネシア・レンベ

宝田です。
2016年5/13(金)〜19(木)インドネシア・レンベツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

はじめて開催するインドネシア・レンベ。すごくいいところでした。
成田空港を夜出発してシンガポールへ
乗り継ぎの関係でどうしても6時間以上のトランジットが必要になってしまいます。
そこで、快適に待ち時間を過ごすために今回は空港内ホテルで仮眠することに・・・
ラウンジのソファーでゆっくりすることも考えましたが、夜中の3時といことを考慮すると
やっぱり横になって寝たいのでトランジットホテルを予約!
シャワーを浴びたりすると実質4時間ほどの仮眠でしたがかなり快適でした。
空港内なのでギリギリまでホテルで滞在できるのもいいですね。
シンガポールからメナドまでは3時間のフライト。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼過ぎにはメナドに到着しその後車で1時間半のドライブでリゾートに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ウェルカムドリンクを飲みながら今後のダイビングの説明などを受けて、夕食を食べたら
その日は就寝。

ダイビングスケジュールは1日3ダイブ。
時間が決まっていて
1本目:8時15分
2本目:11時15分
3本目:14時45分
15分前にはブリーフィングが始まるというスケジュール。

クリックすると元のサイズで表示します

このパターンで3日間9ダイブ潜ってきました。
潜る前にインストラクターに「これだけは見たい!リスト」を渡してダイビングスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

レンベの印象は砂地に生物がいるいわゆる「マックダイブ」のイメージでしたが
1本目に潜ったのはサンゴがたくさん生息するポイント。
いきなりピグミーシーホースやカスリハタ幼魚、カエルアンコウなどが出てきてみんな大興奮!

クリックすると元のサイズで表示します

2本目は砂地をマッタリ潜るスタイルでタツノオトシゴやパイプフィッシュ等レア物のオンパレード状態。

クリックすると元のサイズで表示します

3本目は絶対見たい魚の「ヘアリーフロッグフィッシュ」を求めて透明度5mのかなりレアポイント。
エントリーしてまずはツマジロオコゼを見て、水深を落としていくと15m付近にいました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ヘアリーフロッグフィッシュ」まっ黒い個体でしたが毛むくじゃらのカエルアンコウです。

クリックすると元のサイズで表示します

みんなで撮りまくっていたので砂まみれでしたが、何とか撮影成功しました。
するとガイドがいろいろ出してきます。
タツノオトシゴだのウミウシだのゆっくりする暇がないくらいの間隔でどんどん探し出してきます。
それもそのはず初日はガイドが4名一緒だったので右から左からレア物が出てきます。
特に見たかった「ゼブラバッドフィッシュ」もバッチリ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング2日目もリクエストした魚を探しに出発です。
4本目はレンベでは有名な「TK#3」というポイント。
砂地の水底がスロープ状に深くなっているポイントですが、いきなりでてきたのが
「オオコノハウミウシ」見た目は全くウミウシには見えない姿。

クリックすると元のサイズで表示します

ウミトサカを見れば「イソコンペイトウガニ」がいたり楽しいポイントでした。

クリックすると元のサイズで表示します

5本目は全面砂地のマックダイブ!
狙うは絶対見たいシリーズ「ハナイカ」!
今回はガイドが3名一緒に探します。
15分ぐらいするとタンクをたたく音が聞こえて呼んでいます。
いました。ハナイカ!

クリックすると元のサイズで表示します

砂に同化していて全く分からない状態ですが、さすが現地ガイド!
良く分かってますね。
ハナイカにストレスをあたえると色が変化します。
その色が何とも言えない配色ですばらしい!
バッチリ観察することができました。
おまけにハナイカの卵も見る事ができてラッキー。

クリックすると元のサイズで表示します

何枚も撮影していると、隣に今度はイバラタツが現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

本当にぼっとしてる時間がありません。

6本目はサンゴ礁からショートドロップオフを落ちると砂地に変わるポイント。
まずは、「パイナップルウミウシ」の登場。

クリックすると元のサイズで表示します

そして「ミズタマウミウシ」もすかさず登場。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり凄いレンベ!
関心してると次はこれ!
全身イソギンチャクがついてるカニ!
名前が良く分かりません。コノハガニの仲間???

クリックすると元のサイズで表示します

そしていよいよダイビング3日目の最終日
7本目のポイントはサンゴから砂地に変わるポイント。
ここは流れてましたね。
まずは「ハナヒゲウツボの幼魚」これは5〜6回は遭遇しましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして次は絶対見たいシリーズ「ピンクスクワットロブスター」の登場です。
同じところに何匹もいるなんてすごいです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、すぐに「ピグミーシーホース5匹」が現れます。
本当にすごい!しかも水深15mですからね。
日本ではほとんど25m以上深いところに生息するので浅場にいるとかなりゆっくり撮影できます。
8本目は流れも無く穏やかな砂地ポイント。
水深20m付近には何匹もハナヒゲウツボが生息。

クリックすると元のサイズで表示します

そして絶対見たいシリーズ「サラサハタの幼魚」もバッチリ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ミズタマ模様がカワイイですね。
水深を浅くすると砂地を少しづつ移動するお魚。
絶対見たいシリーズ「イッポンテグリ」も目の前に出てくれました。
でもうまく撮れない・・・残念!

クリックすると元のサイズで表示します

そして、バンガイカーディナルフィッシュも群れ群れです。

クリックすると元のサイズで表示します

結局ここは最長75分潜水でしたね。
そしていよいよラスト9本目
なんだか空模様があやしくなって次第に雨が・・・
どんどん強くなって大雨に!
予定していたポイントも激流の為ポイント変更するなどいきなり悪条件になった海況でしたが
穏やかなサンゴ礁でエントリー
珍しく潜水開始10分ほど何もいない???
代替えポイントだから何もいないのかなーなんて思っていたら・・・
絶対見たいシリーズ「アカククリ幼魚」をゲストのTさんが探し出しみんなに報告。
一斉に群がり穴の奥に逃げてしまいましたが一枚撮影できました。

クリックすると元のサイズで表示します

諦めかけていた時だったので感動ものですね。
Tさんみつけてくれてありがとうございました。

そして、土浦店Hさんが200本達成!
おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します


今回泊ったホテルは全室オーシャンフロント!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

広い室内に快適なバスルームでエアコンもバッチリ効くし実に快適。

クリックすると元のサイズで表示します

女性陣の部屋にはバスタブも!
心配していた飲み水も無料でたくさん飲めるので問題なし。
スタッフも気さくでとてもフレンドリー!
毎回キレイにセッティングされたテーブルで食べる食事も問題なし!

クリックすると元のサイズで表示します

メニューの中から好きな物を頼むアラカルトスタイル。
食事は料金に含まれているのでドリンク以外は追加料金なし。

クリックすると元のサイズで表示します

フルーツは毎食ついてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

朝・昼・夕共お腹いっぱいで大満足でした。

特に朝のおかゆが人気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは全スタッフでお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、軽快なギターの音楽に合わせてスタッフが踊りながら笑顔でお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します

感動しますね。
また来たくなる場所ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ