2008/4/21

光のシャワー  ロタ

宝田です。
4/17〜20ロタ島ツアー報告!【リクエストツアー】
クリックすると元のサイズで表示します

前日の天気予報ではくもり時々雨というあまりよくない天気模様。
気持ちだけは晴れ晴れした気持ちで望みました。

当日はまずサイパンに立ち寄りそこからプロペラ機でロタ島まで向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します

そこでちょっとトラブルが・・・。
プロペラ機いうことで、かなり重量には厳密な体制。
しかも一人一人体重のチェックもかかさない。
体重によって座席の配置を換えている様子。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は満席ということで、荷物もパンパンです。
何だか現地案内人と航空会社スタッフがもめてます。
重量制限で人間は乗れけど・・・。荷物が・・・。
よく聞くと荷物は明日になるかもとの回答!?
それは困ると断固拒否!
数時間の話し合いの結果何とか荷物ともどもロタ島にわたることが出来ました。

翌日からいよいよダイビングのスタートです。
クリックすると元のサイズで表示します

2日間で合計6本のダイビングを満喫しましたが、ドリフトあり、ドロップオフありと変化に富んだ水中景観でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの持ち味はやはり世界一といわれる透明度です。
60m〜70mの水底が見えるんでから、怖いくらいです。
透明度は50m〜70mといったところでしょう。
水温も29度前後とポカポカでした。

透明度が良すぎるせいか、20mの砂地に映る雲の動きがくっきり見えるんです。
自分の影が映るのは当たり前なんです。

そしてロタを代表するポイント「ロタホール」は光のカーテンが実に幻想的な景色を
見せてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

結局2回潜ることが出来ましたが、常に天気がよく素晴らしい光が差し込んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

これはただ見ているだけで癒されるそんなひと時でした。
クリックすると元のサイズで表示します


動画はこちら
ロタホール
ロタホール

お魚もバラクーダにイソマグロ・ウミガメ・カマス群れ・カスミチョウチョウウオ・ハダカハオコゼなど大物小物いろいろ見れました。
ミクロネシア固有種のクマノミも多く生息しています。
クリックすると元のサイズで表示します

今回宿泊したロタリゾートは全室スウィートルームで個室が4部屋+リビングルームがついてるんです。とにかく広いです。街中のレストランもおいしくとても口に合いました。ただ物資供給が少ないようで、スーパーなどには品物が少ないように感じましたね。ホテルの近くには何も無いので今度は街中のホテルでも楽しいかもしれないですね。


ぜひまた訪れたいし、まだ知らない人達に教えてあげたくなる島ですね。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ