2009/12/31

マブール!  シパダン・マブール

宝田です。

12/24〜29年末マレーシア・マブールツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

出発当日の天気は快晴!
成田までの道のりは順調で1時間弱で到着。
クリスマスイブなので多少は混んでいるだろうと覚悟していったのですが、
思ったほど人は多くなかったですね。
早速、チェックインをすませ、出国審査場へ向かう途中です。
警察が数十人並んで警戒体制。黄色いテープでエリア規制をしながら
半径15mほどは入れない状態。
大きな荷物がいくつも置き去りだったようで・・・。
回収作業をしてました。爆弾でも入っているかのような厳戒態勢でしたよ。

まずは成田からコタキナバルへ向けて飛び立ちます。
直行便で約6時間。
この日はこの町でトランジットステイです。
ホテルのフロントもクリスマスバージョン。
クリックすると元のサイズで表示します

魚のおいしいコタキナバルにはフィッシュマーケットという市場風の
レストランがあります。
クリックすると元のサイズで表示します

水槽に入っている新鮮な魚介を選んで料理してもらえるスタイルです。
クリックすると元のサイズで表示します


貝に魚にエビに・・・。そして地元のタイガービールで乾杯です。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日、早朝よりマブールに向けて出発。
クリックすると元のサイズで表示します

成田を出て約24時間。やっとマブールに到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します

早速オリエンテーションを受けて、チェックダイブです。
ハウスリーフで中性浮力を中心に耳抜きや器材チェックも
行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は風も強くエントリー付近は以外と荒れ気味・・・。
水底の砂も巻き上がり透明度は8m程度。

翌日はマブール周辺をボートダイビングで3本潜水。
1本目から水深3m〜40mまで落ち込むドロップオフでのダイビングとなり
ました。いきなりウミガメが出迎えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

だいたい20m付近を流して30分程度・・・。
ほどよい流れファーストダイブとなりました。
2本目はマクロ中心のダイビングとなりましたが、水深20mに今回も30分以上!
DECOギリギリです。
ウミウシ天国です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3本目は水深18mを40分以上とかなり窒素がタプタプ状態です。
1.5m級のウミガメもいました。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日はシパダンで4本潜水予定。
でも、帰りのフライトの関係で渋々3本でストップ。
シパダン周辺は水深4m〜600mまで落ち込むスーパードロップオフ!
まったく水底は見えません。
コンピュータをチェックしながらリーフ沿いをゆっくり落ちていきます。
中層を飛んでる感覚は最高に気持いい。
しかも、ものすごい魚影、そして活き活きしたサンゴ達はすごいの一言です。


バラクーダにギンガメトルネード、カメ、ウメイロモドキ、クダゴンベ、ロウニンアジなど
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大物からレア物まで何でもいるシパダンでしたね。

そして忘れてはいけない、リゾートライフ。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はマブール水上コテージに宿泊。
クリックすると元のサイズで表示します

景色は抜群だし、程よい風が心地よく気持良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

スタッフもフレンドリーで気が利いて、何一つ不自由はありませんでしたね。
エアコンもあるし、シャワーのお湯もすぐに出るし、食事もおいしいし・・・。
ただ、ここは日本人が少なく、日本人スタッフは1名のみ・・・。
日本語はほとんど通用しないところでしたね。
ダイビングで一緒だったのも、ドイツ人・インド人・韓国人・そしてマレーシア人のガイドといった感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

期間中、多少のスコールもありましたが、ほとんどが天気も良く最高のリゾートライフを
過ごすことができました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ