2015/3/21

パラオスポート!  パラオ

宝田です。
2015年3/10(火)〜15(日)パラオスポートツアー報告!

 今年も行ってきました。パラオ共和国!
寒くて花粉が舞う日本を抜け出し、約4時間ほどで到着できるダイバー天国パラオ。
現地到着は深夜ということもあり、翌日のダイビングは少し寝不足ぎみでもスタートとなりました。今回はダイバー専用のクルーズ船に乗船。
クリックすると元のサイズで表示します

3日間は朝から夕方まで潜りっぱなしで合計11ダイブ!
初日はまずチェックダイブを兼ねてジャーマンチャネルにエントリー。
マスククリアやオクトパス呼吸などを練習してからスタート。
全員チェックダイブをクリアして早速マンタポイントへ移動すると5分ほどでマンタが登場!

クリックすると元のサイズで表示します

みんなの目の前を3周・4周と回り優雅に泳ぐ姿を堪能することができました。
さすがパラオですね!いきなり1本目からすごいダイビングになりました。
1本潜って落ち着いた一行は昼食を食べて次のダイビングまで休憩。
クルーズダイビングは無駄な時間がないですね。
ポイントまでは遠くても10分程度。
船酔いする暇もありません。

3本目に潜った「ニュードロップオフ」は流れが強く、途中で流れが変わりダウンカレントも出てくる状態。
疲れましたが、みなさん印象に残ったポイントだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

翌日は早朝ダイブでだれもいない「ブルーコーナー」にエントリー。

クリックすると元のサイズで表示します

流れはほとんどなく快適。
中層をフワフワ泳ぐ浮遊感覚もバッチリ体験できました。
さすがブルーコーナー!
とにかく魚だらけで皆さん納得のダイビングになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 天気もいいので次のダイビングは「ブルーホール」に決定。
一番大きな縦穴から潜降し水深23m付近をキープしながら光の差し込みを楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します

洞窟内部からみる景色はとても美しく幻想的!ダイバーの特権ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

3日目も早朝ダイブは「ブルーコーナー」下げ潮ということでなかなかの流れ。
この日もカレントフックをしっかりかけてじっくり観察できました。
みなさんカレントフックの使い方も上達しましたね。

サンゴがキレイな「ゲメリスコーラルガーデン」はまさにサンゴの見本市!

クリックすると元のサイズで表示します

色とりどりのサンゴがどこまでも続くポイント。
流れもないのでゆっくり中性浮力を取りながら浮遊してるだけで癒されるし透明度も抜群。

最後のダイビングは夕方の「ジャーマンチャネル」を貸切。
100本記念ダイビングのMさんを胴上げでお祝いしてからほぼ自由にファンダイビング。
クリックすると元のサイズで表示します

中層にはグルクンの群れがグッシャリ。
水面付近にはマンタも現れました。
流れもないのでバブルリングに挑戦している方もいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

Mさん100本達成おめでとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

今回のダイビングは全員がナイトロックスダイバー認定者だったので全てのダイビングをナイトロックスで潜りました。
クリックすると元のサイズで表示します

短期間に集中して潜るクルーズダイブにはナイトロックスが不可欠ですね。
体も楽だし快適です。
下船日には「ジェリーフィッシュレイク&ミルキーウェイ」ツアーに参加しパラオを満喫してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/5

やっぱりいいね!パラオ  パラオ

宝田です。

2012年3/29〜4/3 パラオツアー報告!

今年も行ってきました。
ベストシーズンのパラオ!

クリックすると元のサイズで表示します

成田空港を夜出発して、約4時間30分で到着。
時差がないから体が楽ですよね。

翌日はちょっと遅めのスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはジャーマンチャネルでいろいろチェックダイブ。
マンタも狙いましたが、マンタ出ず・・・。
でも、イトヒキアジ4匹が見れました。
マンタよりも貴重な存在ですよ。


無人島でのランチタイムを挟んで
クリックすると元のサイズで表示します

2本目は「ニュードロップオフ」
カスミチョウチョウウオがわんさか群れてる景観は癒されますね。
ウミガメやヨスジフエダイもいっぱいでした。
クリックすると元のサイズで表示します


ここでTさんがめでたく50本記念!おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日はウーロン方面へ船を走らせ3本ダイブ。
3本目は「ウーロンチャネル」でドリフトダイブ。
テーブルサンゴの群生やら真っ白な砂地やら変化に富んだ地形が
楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します

4本目は「グラスランド」
草原の意味を持つここのポイントはショップオリジナルポイント。
砂地から出ている「アキアナゴ」の群れが圧巻です。
数千匹?いや数万匹は生息しているでしょうね。


5本目は「シアスコーナー」でカレントフックダイブ!
流れはさほど強くなかったですが、コーナー付近は魚だらけ!
カレントフックが初めての方にはいい練習になりましたね。
帰りの途中に「クラゲ見学」3点セットをもって幻想的なクラゲランド。
毒をもたないタコクラゲがものすごい数。
体に当たらないように泳ぐのは無理なほどたくさんいました。


ダイビング最終日は朝から外洋狙い。
6本目は「ブルーホール」
横穴から入ってゆっくり進んでいくと太陽の光が水底まで差し込んでいます。
貸切の洞窟内は幻想的な水中景観が楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します

7本目は「ブルーコーナー」
パラオでは一番有名なここのポイント。
流れはゆるやかで心地よい流れ。
お魚たちは優雅に泳いでいます。
サメやカメやナポレオン・バラクーダ等なんでも泳いでます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

すごいポイントですね。
この日も帰りにちょっと寄り道。
日焼けした肌をケアしにミルキーウェイで全身泥パック休憩。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

つるつるお肌に大満足。

最終日は各自フリーで好きなことを・・・。
どうしても潜りたいというゲストがいたので、早朝ダイブに行ってきました。
早朝「ブルーコーナー」
朝5時30分に出航し朝日を浴びながらのダイビングとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こころなしかお魚たちも活発に泳ぎまわっていましたね。
特にギンガメアジの群れやナポレオンがすごかったです。

クリックすると元のサイズで表示します


その後は、無人島で朝食休憩。
持参した食材で作った朝食は実にうまい。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

誰もいない島でサバイバル体験もしちゃいました。
スノーケルではマンジュウイシモチもいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

この日も帰りにちょっと寄り道。
サンゴがぎっしりのスノーケリングポイント。
いやー!すごい!この群生はすごい!

クリックすると元のサイズで表示します

楽しい最終日でした。

朝、夕はスコールもありましたが、日中はほとんど雨無し。
過ごしやすいパラオツアーになりました。

いつ行っても、期待を裏切らない海・パラオでした。

また、来年ですね。

2011/3/30

パラオ第2弾!  パラオ

宝田です

3/23〜28 パラオツアー第2弾報告!

クリックすると元のサイズで表示します

行ってきました。
3月に入って2回目のパラオ。
天気も良く、さすがベストシーズンですね!
海況も安定してたので、結局10本も潜っちゃいました。
参加者の皆さんも最初は緊張気味でしたが、本数を重ねるうちに
流れのある海でも安心してダイビングできました。

動画報告!



1本目「ジャーマンドロップ」
ここは浅瀬でエントリーすると水底が見えて、安心して潜れるポイント。
チェックダイブを兼ねて潜りました。
ゆっくり泳いでいるとウミガメが挨拶にやってきて、目の前で昼食休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

水深18mを移動してると大きな物体が動いています。

「マンタ」です。

しかも、超低空飛行!
クリックすると元のサイズで表示します

ダイバーが避けないと当たるほどの至近距離!
手の届く距離でマンタがホバリングしてダイバーを観察していました。

クリックすると元のサイズで表示します

はじめから凄い光景でした。



2本目は天気が良いいので「ブルーホール」
いくつもの穴から差し込む太陽の光はダイバーだけが見れる特権。

クリックすると元のサイズで表示します

昼ごろの時間帯だった為、水深30mまで光のシャワーが届いてました。
クリックすると元のサイズで表示します

とてもリラックスできるダイビングとなりました。


3本目は「ニュードロップオフ」
ほど良く流れる中、水深20mまで落とし気持ちよく飛んできました。
ここの水中景観は絶壁沿いに群れるカスミチョウチョウがきれいで、至福の時
を感じますね。

クリックすると元のサイズで表示します

オオメカマスやバラクーダ、ヨスジフエダイ、ノコギリダイも群れていました。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日、4本目は朝から「ブルーコーナー」
ほとんど流れが無い状態の優しいブルーコーナーでした。
でもエントリーした瞬間に「マンタ」も発見。
ここのポイントでは珍しいことだそうです。
ギンガメアジやバラフエダイ、サメが優雅に泳いでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

ゲストの皆さんは魚影の多さにびっくりでしたね。

ナポレオンも健在!
クリックすると元のサイズで表示します


5本目は続けて「ブルーコーナー」
少し流れが出てきて、1本目よりも活発に動き始めた魚達を堪能できました。
カレントフックをつけてのお魚観賞はリラックスできますね。
クリックすると元のサイズで表示します

右に左にサメが泳ぐ様子は迫力満点!


この日は2本で終了。

無人島でランチ休憩した後は、「ジェリーフィッシュレイク」へ・・・。

足場が安定しないゴツゴツした山道を越えるとクラゲの住み海が見えてきます。
エントリーしてしばらく泳ぐとどんどんクラゲが増えていきます。
そのうち、あたり一面クラゲだらけ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ここのクラゲは毒も無く安全な「タコクラゲ」!
良く見ると足が8本あるそうですよ。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日、6本目「ウーロンチャネル」
ここはテーブルサンゴが群生してる癒しポイント。
クリックすると元のサイズで表示します

チャネル(水路)だけあって次第に流れが増していく。
はじめはゆっくりと・・・。
どんどん早い流れになって、結局1kmほど流れる楽しいドリフトダイビングに
なりました。

みんなドキドキでしたが楽しそうでした。


7本目「グラスランド」
サンゴ礁と砂地のコントラストが印象的なポイント。
中層にはカツオの群れやウメイロモドキ・クマザサハナムロが乱れてる。
水深28mの砂地にはアキアナゴが群生してる珍しい光景。
人が少なくたっぷり堪能できました。


8本目「シアスコーナー」
水深5mから落ち込む絶壁を飛ぶように流れていくと岩礁の先端にたどり着く。
カレントフックを使って身体を固定し、飛んでる感覚で楽しみました。
かなりの流れだったので、魚の群れが凄い元気に泳いでました。
マダラトビエイも優雅に遊んでいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

その場での20分は、かなり楽しめました。

本来なら、ここで最終日となる予定でしたが、フライト時間が変更になったので
予定変更!

翌日の午前中もダイビングしちゃいました。

9本目「ブルーコーナー」
いままででは一番強い流れの中、落ち着いて中層に飛び出していきます。
さすが、連続でダイビングしてるので参加者の皆さまも慣れてきて上手にドリフトダイビングしてましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

マダラトビエイの兄弟も姿を現し、上手に中性浮力してましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


最後の10本目「ニュードロップオフ」
初日に潜ったときよりも、流れが強かったものの皆さん余裕がありましたね。
落ち着いて、カレントフックをつけてダイビングを楽しんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

特にカスミチョウチョウウオが自由に泳ぎ、大物が近寄ると一気に動き出す様子は弱肉強食の世界を感じる一面も・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


午前で2本終了。

無人島でランチ休憩。
その後のスノーケリングでは「マンジューイシモチ」に大興奮!

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道にはお馴染「ミルキーウェイ」で美白体験!
みんなで豪快に塗りまくり・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

いっぱい笑わせて頂きました。
その後は一斉に飛び込んで美白終了!
クリックすると元のサイズで表示します


プカプカ浮いてるだけでも、癒される場所ですね。
クリックすると元のサイズで表示します


夜のお食事もいつもとは違う場所をチョイスして新規開拓!
港に面したオシャレなお店や上品な味付けの日本食など
いつも満腹状態でした。

帰りの飛行機からはロックアイランドがバッチリ見えました。
いつも深夜の帰国だったので、初めての景色にビックリです。

クリックすると元のサイズで表示します

空港の壁にもこんな絵が一面に!

クリックすると元のサイズで表示します

震災後ということもあり、パラオでもあちこちで義援金活動が
行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

「日本のために祈る」

がんばれ!ニッポン!




2011/3/9

パラオは直行便がいい!!  パラオ

宝田です。

2011年3/3(木)〜8(火)6日間 パラオツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、さすがベストシーズンのパラオ!!
魚影も日射しもスコールも凄すぎます。
合計9本のダイビングとスノーケリングを楽しんできました。

今回は総勢15名でのツアーとなりましたが、12名が初パラオ!
到着日は皆さんの表情も硬く、不安もいっぱいの様子。
日が進むにつれて緊張感も和らぎ、大爆笑の連発といった感じでした。

毎日ボートをチャーターしたので仲間だけで楽しめました。

動画報告!




初日はウーロン方面で3ダイブ!
初めはチェックダイブを兼ねて流れの無いポイントへエントリー。
サンゴがきれいな砂地のポイント。
アキアナゴやチンアナゴが大量に観察できました。
ウメイロモドキやクマザサハナムロの群れは圧巻でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目「シアスコーナー」
ここは、ドロップオフの際沿いをほど良く流し魚と一体になって泳ぎました。
珍しいカンムリブダイ(バッファローフィッシュ)群れやウミガメにも遭遇できました。
ゲストもだんだんドリフトダイビングにも慣れてきた感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します


3本目「ウーロンチャネル」
テーブルサンゴの群生はパラオNO.1!
まだまだ、サンゴも健在です。
水路だけあって流れは激流!
川のように流れます。
空を飛ぶように気持ちよく流れてきました。
クリックすると元のサイズで表示します


初日の帰りに立ち寄った「ミルキーウェイ」はパラオ天然泥パックの海。
クリックすると元のサイズで表示します

石灰質の粒子が更に太陽光に熱せられ発酵し、美容によいとされる真っ白い泥に・・・。
ミルキーウェイの泥から作られた美肌パックの粉は日本では90グラムが約2万円で売られているとか!?
そんな高級な泥とも知らず、泥遊びの始まりです。
みんな身体に塗りまくり。顔に髪に足に腕に・・・。
誰が誰だか分からない状態でまずは記念撮影に・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

異様な写真ですが、お肌すべすべです。
笑わせて頂きました。

翌日、2日目
4本目「ブルーコーナー」
パラオでも人気のここは、魚影も地形も凄かったです。
ギンガメアジの大群やオオカマス・バラフエダイグレイリーフシャーク等
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みんな初めてのブルーコーナーでしたが、流れもさほど無く安心して楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します

5本目「ブルーホール」
天気にも恵まれ穴の中は光のシャワーで幻想的!
クリックすると元のサイズで表示します

ダイバーでしか見ることのできない光景ですね。
横穴を見ると「海って青いんだな」って思うほどブルーが濃いですね。
クリックすると元のサイズで表示します


6本目「ジャーマンチャネル」
ここは水深18m付近にマンタのクリーニングステーションがあり、
運が良ければマンタが見れます。
待つこと5分!
なんと4mほどの大物マンタが優雅に現れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、ゲストの真上を通過するじゃないですか!
ちょっと光が遮られ暗くなったように感じましたね。
あの至近距離はラッキーとしか言いようがないですね。

3日目
7本目「ニュードロップオフ」
水深5mから垂直に落ち込むドロップオフ。
まるで空を飛んでるかのように錯覚するくらいフワフワ状態。
クマザサハナムロやカスミチョウチョウウオが乱れ飛んでる光景は圧巻でした。
ネムリブカ(サメ)もうろうろしてましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


8本目「ブルーコーナー」
あの感動をもう一度!ということでこのポイントに。
昨日よりも流れが速く、魚達も元気に泳ぎ回ってました。
カレントフックを使ってお魚見学の始まりです。
クリックすると元のサイズで表示します

思いのまま泳ぐ魚達を見てる瞬間は皆さん興奮気味。
レギュレータをつけたまま大声で騒いでる人もチラホラ・・・。
凄い場面でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します


9本目のラストダイブも「ブルーコーナー」
に行きましたが、水面でも分かるぐらいの激流!
ガイドストップで断念!
結局、マンタの感動をもう一度!ということで
「ジャーマンチャネル」へ行きました。
今度はなかなか出てくれません。
待つこと10分・15分・20分・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

待ち切れず浅場を探すことにしたら、水深5m付近で遊んでいるところ発見!
でも、かなり遠い場所でした。
別のグループは安全停止中に至近距離を横切っていったようです。

最終日はみんなで船を貸し切って自分たちで好きなところに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ジェリーフィッシュレイクでリラックスダイブ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


・猪木アイランドでのんびり癒しタイム
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

・サンゴ礁で極上スノーケリングを楽しんで帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します


マングローブガニも美味しかったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

焼いて食べても、鍋にしても絶品でした。
お酒の好きな方はカニみその入ってる甲羅に日本酒を入れて飲んでました。
贅沢ですよね。

今年のパラオもさすが!という感じでしたね。
何より大きなケガや病気が無く、皆さん楽しんでいただけたのは一番
良かったです。

次回のパラオも今から楽しみです。

最後に
R.Wさん150本達成おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

M.Mさん 50本達成おめでとうございます。
H.Mさん 50本達成おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2010/3/14

さすがベストシーズン!  パラオ

宝田です。
3/5〜10ダイバー天国パラオツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

行ってきましたよ。ベストシーズンのパラオ!
全日程晴天で文句なしの天気でした。

日本で見た天気予報ではポツポツ雨が降る予報でしたが、まったく雨の心配はありませんでした。

夜8時45分に成田を出発し直行便で約4時間30分。
機内で映画を一本見たらすぐに着いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜に到着しホテルのベッドで就寝したのは午前3時ごろだったかな・・・。
翌日は遅めのスタートで2ダイブしてきました。
1本目は足慣らしということでコーラルガーデンにエントリー。

クリックすると元のサイズで表示します

ブリーフィングではのんびり潜りましょうと説明をうけるが、エントリーしたとたん意外と流れがきつい。潜降ロープにつかまるのも大変なぐらい。
そんな中、最後の一人がエントリーした瞬間、片方のフィンが水底に落ちていくではありませんか。ガイドが急いで取りに行ってリカバリー成功。
フィンのストラップはしっかりしめましょうね。
結局、1本目からちょっとハードなダイビングとなりました。
2本目は近くの外洋ポイント・ニュードロップオフで気持ちよく流れようというダイビング計画。エントリーしてすぐに魚がグッチャリ。
程よい流れの中ドリフトダイビング開始。20分ほどするといくら泳いでも前に進まない・・・。あれって思っていたら流れが変わりはじめて岩をつかんで進んでました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのポイントもなかなかハードなダイビングとなりました。
ホテルに戻る途中に疲れた体と心を癒すため「ミルキーウェイ」という神秘的な場所に
寄り道です。

クリックすると元のサイズで表示します

海底に沈む白い石灰石がお肌にすごくいいと評判。
みんなで全身塗り捲り!お肌もすべすべで帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

かなりおもしろかったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日は睡眠もバッチリ!
やる気満々で望みました。
クリックすると元のサイズで表示します

1本目はジャーマンチャネルでマンタ狙い。
待つこと20分。出ました。出ました。
マンタが4枚も!


しかも、全身真っ黒なブラックマンタも出現です。
クリックすると元のサイズで表示します

マンタを堪能し余裕のピース!
クリックすると元のサイズで表示します

レギュレータ越しに叫んでました。
「黒!・黒!・ブラック!!・ブラック!!」って・・・。
私もブラックマンタを見たのが2回目だったので興奮してしまいました。
ホバリングしているマンタが何と私達の真上を通過していくではありませんか。
1枚・2枚・3枚と・・・。皆さん大興奮でした。
その後も場所移動すると魚の大群が現れます。
なんとギンガメアジのトルネード!
クリックすると元のサイズで表示します

マンタだけでもお腹いっぱいだったのに、ギンガメアジまで出てくるなんてさすがパラオ!大満足のダイビングになりました。

興奮冷めやらぬ中、移動してきたポイントは「ブルーホール」!
クリックすると元のサイズで表示します

パラオでも1、2を争うBIGポイント。
水深20m付近からぽっかり空いた穴に入っていくと、
幻想的は世界が待っていました。
水面から差し込む太陽光線が光のシャワーとして降り注ぎます。
まさにダイバー以外は体験できない至福の時。
クリックすると元のサイズで表示します

横穴を見るとブルーが際立ち何ともいえない水中景観が楽しめました。

3本目はブルーコーナーに潜ろうとしましたが、流れが強く隣の亀ポイントへ・・・。
ここは流れも無くゆったり、まったりといったダイビング。
クリックすると元のサイズで表示します

ここではタイマイやアオウミガメなど6匹も出てくれました。
食事中ということもあり、目の前まで近寄ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

充実した2日目となりました。

翌日はダイビング最終日。
どこのポイントに行こうか、ガイドと相談しているとすごい魚影ポイントがあるとのこと・・・。そんな情報を聞いたら行かないわけには行かないでしょ。
ポイントは「ウーロンクリフ」。
エントリーするとまずは素晴らしいサンゴ礁が出迎えてくれました。
どこまでも続くサンゴ礁は久々に見た水中景観でした。
クリックすると元のサイズで表示します

まだこんなにサンゴが残っている場所があったことに感謝です。
ゆっくり流れていくとひときわダイバーが集まっている場所が・・・。
ナポレオンにサメ・カスミアジにロウニンアジがメアジの大群に猛アタック。
クリックすると元のサイズで表示します

大型の魚達が何度も何度も大群の中に突っ込んでいく様は凄まじい迫力です。
20分の見物はなかなか見ごたえありましたよ。

2本目のダイビングはいよいよブルーコーナー!
パラオといえばここのポイントは外せない。
程よい流れの中、ドロップオフを泳いでいくと、まずは数匹のサメが挨拶に
現れます。右に左に優雅に泳ぎます。
クリックすると元のサイズで表示します


そのまま進んでいくと中層にはブルーがキレイなウメイロモドキやアカモンガラが
ウジャウジャ漂っています。
岩の上に移動した瞬間とうとう現れました。
1匹1mはあるバラクーダの登場です。
100匹以上の大群です。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでも大興奮!
写真も撮りまくりでした。
そのまま移動すると海かめやらナポレオンやらどこを見ても魚だらけ・・・。
インドカイワリの大群やヨスジフエダイまで現れどこを見て良いのか分からなくなる
くらいの魚影でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そんな海を見てしまったら、3本目ももちろん「ブルーコーナー」でしょ。
しかし、エントリー時間が違うと潮の流れも刻々を変化しています。
3本目はなかなかの流れが出迎えてくれました。
ドロップオフの中層をゆっくりながしながら、岩の上に移動し
豪快に泳ぐ魚の群れを堪能しました。
クリックすると元のサイズで表示します

潮の流れが強ければ強いほど魚達は元気に動きだします。
右に泳いだり左に泳いだり、お魚達のダンスの始まりです。
今回は流れが強かったので、カレントフックで固定しながらの見物となりました。
楽チンで写真もバッチリでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

いやー!今回のパラオは最高に良かった。
天気・魚影・サプライズどれをとってもさすがベストシーズンって感じでしたね。
そうそう、1日目のボート移動中にマンタに遭遇。
クリックすると元のサイズで表示します

3日目のボート移動中にはカマイルカの群れがボートの前をピョンピョンジャンプしながらエンドレスで遊んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに楽しませてくれたのも最高のサプライズでした。

アフターダイブは地元のビールや地元の食材で作った料理で毎日おいしい食事を楽しめました。最終日に行った絶景レストランはパラオを一望できて非常に満足できました。

帰りの日にはカヤックをやったりエステで癒されたりと参加者それぞれで楽しみ充実したパラオツアーを締めくくりました。
クリックすると元のサイズで表示します

さすがダイバー天国パラオ。
来年も来なくちゃね。
クリックすると元のサイズで表示します

★動画でも報告したいのですがカメラを変えたら動画編集ソフトがうまく作動しなくなってしまいました。現在格闘中でもうしばらく時間がかかりそうです。
完成したら再度UPさせていただきます。

2008/3/19

さすがダイバー天国!  パラオ

宝田&倉田です。
3/13〜18パラオ報告!
クリックすると元のサイズで表示します

今回はスクーバチームとスノーケリングチーム合同でのツアーとなりました。
チャーター便は予定通り出発し4時間30分の映画鑑賞飛行となりました。
深夜の到着ですがすぐにホテルに入れるのも体が楽ですね。

翌日はちょっと遅いスタートで10時30分にホテル併設の桟橋から出港!
初日ということでみんな同じボートに乗船しそれぞれ足慣らしという感じでした。
スノーケリングチームは海ガメが、スクーバチームは初日からマンタが目の前まで歓迎しにきてくれてみんな興奮気味の初日となりました。
ランチタイムには無人島で体験ダイビングも行いスノーケリングチームはスクーバダイビングに興味深々!
その後は、パラオ名物「ミルキーウェイ」での泥パックです。
全身に塗りまくってみんな真っ白。
クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりにお腹が痛いほど笑いましたね。
誰が誰だか分からないほど・・・。
2日目・3日目はチーム別に分かれての行動となりました。
スクーバチームはブルーコーナーやブルーホールなど外洋メインポイントへエントリー!
ナポレオンにバラクーダ・ホワイトチップなどなど大物づくしで大満足の様子。
移動途中には100頭近いイルカの大群が船の周りを泳ぎ回るなど素敵なサプライズもありました。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてビッグなゲストも現れました。
テレビでもお馴染みの「さかなくん」とご対面です。
撮影でパラオの海にいらしてたようです。
そして、元モー娘辻ちゃんと杉浦太陽夫婦が
無人島でCカード講習をしていたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

スノーケリングチームは無人島でのんびりスノーケリングを楽しみカラフルな魚達
と戯れていました。好きな時に海に入り、疲れたら上がるそんなゆっくりdayでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3日目に行ったジェリーフィッシュレイクではすごい数のタコクラゲが幻想的な
世界を見せてくれました。もちろんここのクラゲ毒はありません。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな遊びも出来ますよ。
br />回るクラゲ

ボートポイントでは見たこともないサンゴの群生や魚の大群が見れました。
クリックすると元のサイズで表示します


最終日はエステをしたりカヤックをしたりのんびりプールで遊んだりショッピングしたりと、自由な1日でした。

また来年のパラオが楽しみですね。





2007/3/14

まさにダイバー天国パラオ!  パラオ

宝田です。
3/8〜13パラオツアー報告!
成田空港から直行便で4時間30分!
グアム経由だと約10時間かかるところ、さすが直行便は早い!
期間中は毎日晴天!晴れ女・晴れ男の集団だったように感じる。
クリックすると元のサイズで表示します

海中も明るく、とても開放的な感覚でダイビングを楽しめました。
初日から大物マンタもキッチリ挨拶に現れてくれ、優雅に泳ぐ姿は記憶がすぐによみがえってくる。
クリックすると元のサイズで表示します

かなりの低空飛行だった為、かなりじっくり観察出来ました。

2日目は本番!
1本目からブルーホールに突入しディープブルーの世界へ!
クリックすると元のサイズで表示します

薄暗い穴の中に差し込む光のシャワーはかなりロマンチック&ドキドキモード!
横穴から見る濃いブルーはもう感動もの!

2本目はいよいよブルーコーナーへいざ挑戦!下げ潮の流れがある中エントリー。
潜降ロープをにぎりしめて海底へ・・・。
ほどよい流れの中ドリフト開始、途中岩の上でしばしお魚鑑賞!今年はオグロメジロザメが多く、シャープで力強い泳ぎが見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

永遠と続く魚たちの群はさすがブルーコーナーだと感じた。
説明などは要らない。ただ見てればいい瞬間でした!

3日目は50本記念が2名、リクエストダイブでブルーコーナーになんと2回ダイブ!
クリックすると元のサイズで表示します

合計3回。期待を裏切らないポイントですね。
ナポレオンや海カメ、サメ、バラクーダには圧巻でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アフターダイビングで立ち寄ったミルキーウェイでは美白効果抜群!
クリックすると元のサイズで表示します

全身泥パックで日焼けした肌をスキンケアしてきましたが、その姿は大爆笑の連続でした。
クリックすると元のサイズで表示します

最終日はジェリーフィッシュレイク&スノーケリングツアーに出かけ、視察してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

半信半疑で参加したのですが、かなり満足な内容でした。
クリックすると元のサイズで表示します

楽しい1日でした。夕食ではマングローブクラブを食べたり、上映会をしたり充実した6日間になりました。来年も楽しみです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ