ハローワークブログパーツ
 ブログ CLOCK

2017/1/3  15:23

宇陀 水銀の道  


Oiyan、実は去年の年末の忙しい中、奈良は宇陀の奥、菟田野へ水銀の鉱石”辰砂”を探しに行っていたのだ。

菟田野は、古代より”宇陀の真赤土(マハニと読む)”と呼ばれる、赤土を産出する所として知られていました。

この”真赤土”とは、水銀の鉱石である辰砂(赤色硫化水銀鉱)が含まれる赤色の土で、古くから赤い色を付ける”顔料”や、装飾品に金メッキ(水銀アマルガム法)を施す原料として、利用されていました。

因みに水銀が有毒なのは、有機水銀であって、辰砂は硫黄と化合した硫化塩の無機水銀なので、毒性がないのでありんす。

クリックすると元のサイズで表示します

水銀の鉱石 辰砂(赤色硫化水銀鉱)”鉱石コレクションより引用”


菟田野は、伊勢本街道の宿場町として栄えた所で、街道筋には今も古い民家が残っています。


クリックすると元のサイズで表示します

菟田野 伊勢本街道の街並み


クリックすると元のサイズで表示します

菟田野 民家の路地


クリックすると元のサイズで表示します

菟田野 宇太水分神社 赤鳥居


宇太水分神社には、三棟連造りの国宝本殿があります。


クリックすると元のサイズで表示します

宇太水分神社 国宝の本殿(朱塗りの赤がきれいです)


クリックすると元のサイズで表示します

菟田野 入谷 丹生神社 本殿


丹生神社は、古く水銀採掘の人々が祀った、水銀の神”丹生都姫”を祭神としています。


クリックすると元のサイズで表示します

菟田野 辰砂を採掘していた ”大和水銀鉱山跡”


急な時雨で、水分神社の休憩所で雨宿りをしていた折、正月準備の氏子さんと水銀について、色々とお話を聞かせて頂きました。

昔、又兵衛桜で有名な”後藤又兵衛”が、刀傷を治すのに自然水銀を塗って治した・・(ほんまかいな?)とか、廃坑となった鉱山跡に在った、水銀を製錬する窯の中に入って、液体の水銀を取って遊んだ・・とか、夜静かになると、地下で辰砂を採掘する発破の音が聞こえた・・とか、面白く話してくれました。

今でも、道路工事をして切通を作ると、辰砂の鉱脈の露頭が現れるそうです。(めったに無いと言ってましたが・・)


クリックすると元のサイズで表示します

Oiyanも、その話を聞いて、丹念に道路の切通を見て歩いて、赤い怪しげな石を採取して、持ち帰ったのが、上の写真ですな。


でも、ど〜も違うような感じで、これは酸化鉄の赤(ベンガラ)らしい・・・。

トホホ・・・。   (ノД`)・゜・。

なので、機会があれば、また辰砂の採取に挑戦してみたいと思っている、Oiyanなのだ。


今日は、ここまで。  では、また。   ( `ー´)ノ⌒☆



0

2017/1/1  13:48

謹賀新年  


2017年 明けましておめでとうございます。


クリックすると元のサイズで表示します

 室津  播磨灘の日の出


さて、今年はどんな年になりますやら、どんぞ宜しくお願い致します。

(^◇^)



0

2016/12/1  23:21

万葉の舞台 泊瀬の道を行く (番外編)  


前回と同じく、只今、OiyanのHPで、” 万葉の舞台を訪ねて 泊瀬の道を行く ” を、公開しています。

で、その中で掲載出来なかった写真を、またしてもこちらで公開しましょう・・・ と。

だったら、初めからHPの枠を広げて、掲載すればいいじゃん! と、思われるかも知れない。

でも、Oiyanにすれば、撮影した写真を選りまくって、納得した写真をHPに公開したいので、ど〜しても二番煎じの写真は、控えに回してしまうのでありんす。

これは、デジタルでもフィルムでも、変わりません。

しかし、二番煎じと言っても、捨て難い写真でもあるので、番外編で見て頂こうと、そういう事ですね。


今回は縮小せずに、都合5枚載せて見ました。(写真をクリックすると拡大します)


クリックすると元のサイズで表示します

@ 玉列神社 境内の紅葉


クリックすると元のサイズで表示します

A 寺恩寺 民家の石積み


クリックすると元のサイズで表示します

B 黒崎 白山神社 拝殿と名残の紅葉


クリックすると元のサイズで表示します

C 長谷 初瀬川の紅葉


クリックすると元のサイズで表示します

D 長谷 山口神社 山茶花と紅葉


如何でしたでしょうか。

まあ、次回からHPの方でも、出来るだけ写真を掲載出来るように、レイアウトを検討して見ようかな〜。  (=゚ω゚)ノ


おっと、最後に草餅を忘れてました。

クリックすると元のサイズで表示します


長谷に着いて、休憩に立ち寄った喫茶で、教えてもらった”寶圓堂”のよもぎ餅やね。

クリックすると元のサイズで表示します

(左がこし餡で、右がつぶ餡です  これは詰め合わせですが、どちらか一方だけでも買えます)


10個入りで、¥1000也。

あっさりした餡の甘みと、よもぎの香りが美味しいね!


今回は、万葉の舞台 泊瀬の道を行く の、番外編でちた。

では、また次回をお楽しみに。   (^ω^)




0

2016/11/7  22:14

万葉の舞台 山の辺の道  (番外編)  


只今、OiyanのHPで、 ” 万葉の舞台を訪ねて 山の辺の道 ” の写真を、公開しています。


で、厳選 ( したつもり・・ ) して、都合12枚の写真をUP しているのですが、セレクトした残りの写真を、ど〜しようかな〜ww っと、しばらく考えてまちた。


で、こちらで、画像は少々小さいですが、残りを一挙に載せてしまえ〜ww と、そ〜ゆ〜事ですな。


せっかく写してきたのに、もったいないじゃん・・・ 。   ( `ー´)ノ ⌒☆


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 大和神社 参道)


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 温州みかん)


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 コスモスの花畑)


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 種無柿の木)


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 猿田彦を祀る道標)


クリックすると元のサイズで表示します

(山の辺 珍しく刈穂で稲塚)


如何でしたでしょうか。

まあ、スナップ写真に毛の生えた・・ と、言ったところやね。


それにしても、山の辺の道沿いって、あちらこちらに被写体になる物が有って、結構面白いのでありんす。

何回行っても、Oiyanは飽きないなぁ〜。   (ノД`)・゜・。


弓月ヶ嶽の、猟人の呼んでる声が、聞こえて来て・・。 ← (ちょっと神懸かり〜)


でわ、また。



0

2016/11/4  23:02

ブログ継続の お知らせ  


前回8月中旬より、Yahooブログの方へ移行して、こちらのブログを休止していました。

ですが、このまま捨て置くのは残念な気がして、再度ですが”Classic”として、気ままに再開することにしますた。


四方山話、色話・・? 何を書きますやら、またまたよろしくです。


By Oiyan    (=゚ω゚)ノ




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ