ハローワークブログパーツ
 ブログ CLOCK

2016/8/6  23:45

ブログ移行の お知らせ  


お暑うございます。

さて早速ですが、この度、更なるブログの向上を目指し、本日をもってYahooブログに、移行する事となりました。


Yahooブログ おいやん道中記 は → こちら


この記事以降は、当ブログの更新を致しません。


Yahooブログに移行後も、おいやん道中記を、よろしくお願い致します。

見てね〜。     (^-^)b



0

2016/8/3  22:10

鶏もも肉の照り焼き  


前回、作り過ぎて残っていた、”ポテトサラダ”に合わせて作った、鶏肉の照り焼きです。

やっとこさ、ポテトサラダが、食べ切りになりんす。

やれやれ・・・。     (*´ω`*)


材料は、鶏もも肉1枚、片栗粉少々、照り焼きのタレとして、醤油とお酒が大さじ3杯、味醂大さじ2杯、砂糖大さじ1杯 を、器に合わせて置きます。

鶏もも肉は、まな板に広げて軽く筋切りをしておきます。 筋切りをすると、焼いた時の肉の縮みが、少ないのでありんす。

筋切りが出来たら、キッチンペーパーを当てて、余分な水気を取り、片栗粉を叩いておきます。

フライパンに油を引いて熱し、皮目の方から、もも肉を焼いてゆきます。 (皮目をパリッと焼くのが、コツやね)

皮目が焼けたら、ひっくり返し、アルミホイルを被せて、身の方も焼きます。

身に火が通ったら、合わせて置いたタレを入れて、ホイルを被せ、タレを軽く煮詰めて、仕上げます。

出来たら、まな板に取り上げて、食べやすい大きさに切り分け、お皿に盛り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。 (フライパンに残ったタレを、回し掛けてます)


甘辛いタレが、もも肉に絡まって美味しいです。

応用で、タレにおろし生姜を入れて焼くと、チキンジンジャーになりんす。

よろしいかな。     ( `ー´)ノ ⌒☆


今日は、ここまで。 では、また。



0

2016/8/1  22:40

作り過ぎたよ ポテトサラダ  


先日、スーパーで、ジャガイモを買って帰った。

で、きのう、あろう事か、小振りのジャガイモを、一杯貰ったのである。

ど〜しよう・・・。     (;゚Д゚) b

なので、ポテトサラダを作って見ました。

スーパーで買ったのは男爵、貰ったのは、メークイン。 この2つ、でんぷんの質が違うのである。

男爵は、粉質。 メークインは、粘質なのだ。 もちろん、等級も違うし、味も違います。

男爵の等級は”優”で、メークインは”秀”。 どちらが上かと言うと、”秀”が一段上なのである。

食味は、男爵の方がパサパサして、どちらかと言うと、粉吹き薯やサラダ向き。 メークインは、むっちりとして、おでんや煮っ転がしに向いてます。

で、今回はスーパーの男爵で、ポテトサラダです。

小振りの男爵だったので、量も少ないと思い、少し多めに茹でたのが失敗の始まりですわ。

材料は、小振りの男爵4個、人参1/2本、胡瓜1/2本、スライスしたハム4枚、あと 塩・粗びきのコショウ・マヨネーズ です。

ジャガイモと人参は、ピーラーで皮を剥きます。 ジャガイモは、小さめの一口大に、人参は、縦半分に切って、薄めのいちょう切りにします。

鍋にジャガイモと人参を入れ、水を被る位に張って、塩小さじ1杯を加え、火に掛けて茹でます。

この間に、胡瓜とハムを切り分けます。 胡瓜は小口の薄切りに、ハムは4枚を、1/4カットのいちょう切りにします。

ジャガイモと人参が茹であがったら、鍋蓋を利用してお湯を捨て、ボウルに取り出して冷まします。

全体が冷める前に、ボウルを揺すって、ジャガイモを粉吹き状態にします。 

胡瓜とハムを入れて、マヨネーズを大さじ4杯加え、粗びきのコショウを適宜振りかけて、ゴムベラ若しくはスプーンで全体を混ぜ合わせて、出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

(ゆで卵をトッピングしてます)


お皿にサラダ菜を敷いて、盛り付けて見ました。

結構な量になってしまって、食べ切れませんな・・・。  (;´д`) トホホ

ま! 上手くいく時もあれば、失敗する時もありんす。


なので、今日は、ここまで。 では、また。



0

2016/7/29  22:25

キーウィジャム  


もう一つ、忘れてました。 キーウィで、ジャムを作ったのだ。

作り方は、すこぶる簡単。

小振りのキーウィ3個に、上白糖、水あめが少々で、出来ます。 (キーウィの個数で、ジャムの量を加減してね)

では、作って見ましょう。

キーウィはヘタを落として皮を剥き、2個と半分をすりおろします。 (すりおろすと、舌触りが良くなります)

残りの半分は、縦半分に切り、さらにもう半分に切って、小さくイチョウ切りにします。

鍋にすりおろしたキーウィを入れ、上白糖を大さじ3杯と、水大さじ1杯を加え、火に掛けます。 (火は中火)

加える砂糖は、キーウィ1個に、砂糖大さじ1杯が目安かと。

煮立って来たら、弱火にしてイチョウ切りのキーウィを入れ、蓋をして焦げ付かない様に注意しながら、約10〜15分位煮詰めます。 (キーウィの良い香りがして、たまりません)

キーウィが、半透明に煮詰まったら、水あめを大さじ2杯加え、軽く煮て仕上げます。 (必ず味見をして、砂糖の甘みを調節しましょう)

少し冷ましたら、煮沸した瓶かタッパーに移して、粗熱を取って冷まし、冷蔵庫で保管します。

クリックすると元のサイズで表示します

(Oiyanは、タッパーで保管してます)


キーウィの風味と、滑らかな食感が美味しいです。

簡単に出来るので、お試しあれ。     d(^^*)


でわ、また。



0

2016/7/29  21:55

鰆を使って・・  


スーパーへ食材を買いに行ったら、鰆が安く売られていたので、思わず衝動買いしまちた。

なので、鰆を使ってポン酢醤油で、焼いてみました。 

結構、美味しい。  (^v^)b

鰆の切り身は、キッチンペーパーで軽く水気を取って、片栗粉を薄く付けておきます。

市販のポン酢醤油を、器に大さじ5杯位用意します。 あと、大根おろしを添えるので、一つまみ分、すりおろしておきます。

材料は、これだけ。 でわ、作って見ましょう。

フライパンに油を引いて、鰆を皮目の方から焼きます。 

焼き色が付いたら、身を崩さない様に返し、アルミホイルを被せて、身の方も焼きます。

身に火が通ったら、ポン酢醤油を加えてホイルを被せ、焦げ付かない様に弱火でさらに焼きます。

ポン酢醤油が、軽く煮詰まったら、火を止めます。

お皿に取り出し、すりおろした大根おろしを添えて、出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

(こんな感じ・・)

照り焼き風に出来て、ポン酢醤油の酸味と旨味が、よく合います。

大根おろしに七味を掛けて、ピリ辛で・・・。


今日は、ここまで。 では、また。     (^0^)/



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ