次回公演予定


2018年5月18日(金)〜20日(日)
あべあゆみ一人芝居
「言葉を纏ふ 〜纏の二 太宰治『きりぎりす』〜」
Gallery & Space しあん(新御徒町)


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2018/5/8

重たければ着替えちゃえば、って  稽古のあと

一昨年の一人芝居は
「纏う」ことがテーマになっていました

着物を纏い
生活を纏い
お金を纏い
あの人を纏い・・・

実際に私たちは
色んなものを纏って生きています

肩書であったり
仕事であったり
立場であったり

言い方は色々あるけれど

誇らしい属性であることも
重たい荷物であることも

「纏う」ものはどんどん増えていき
それによって
快適になることもあれば
身動きが取れなくなることもあるでしょう


今回は
纏ったものを「着替える」ことがテーマのようです

それまで培ってきたものを
思い切りよく投げ捨てることは
勇気の要ることだと思います

引っ越し一つにしても
かなりのエネルギーが要るし
転職とか離婚とか
捨てることでスッキリすることがわかっていても
先々の不安はなかなか拭い去れないもんで

安定に甘んじて
現状維持に努めた方が
むしろラクなんじゃねぇかと思うことは
まぁたくさんあると思います


『きりぎりす』は
思い切りよく夫を捨てる女の一人語りです
「おわかれいたします」と身も蓋もなく言い始め
画家として成功した夫をディスりまくり
言いたいことを言い終えて着替え完了、みたいな
清々しい女の話です

これを清々しいと思うのは
もしかしたら私が女であるからかもしれないけれど
纏ったものが重たくてイヤになったら
着替えちゃえばいいじゃん、という
可能性を一つもらえるような気がします


観て下さった方がどんな風に思うかは
それぞれ違うし全く予想が出来ないけれど
重たい身体がちょっと軽くなったなぁみたいな
マッサージの後のような気分になってくれたらなぁと
あと数回の稽古に臨もうと思います
3

2018/3/10

言葉を纏ふ〜纏の二 太宰治『きりぎりす』〜   公演情報

2016年
お芝居を始めて15年経ったことを記念して
一人芝居に挑戦しました

その時戴いた温かいお言葉を
積極的に真に受けて
今年、第二弾を打ち上げます


あさがお企画
「言葉を纏ふ 〜纏の二 太宰治『きりぎりす』〜」

※あさがお企画とは、私が一人芝居を打つ時の屋号です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◯日程

2018年5月18〜20日

18日(金) 19:00
19日(土) 15:00/19:00
20日(日) 17:00


◯場所

Gallery&Space しあん
(東京都台東区東上野1-3-2)
都営地下鉄大江戸線 新御徒町駅より徒歩1分


◯チケット

2500円


ご予約はコメントでも承りますが
TwitterやFacebookをご利用の方は
そちらで「あべあゆみ」を検索して戴き
ダイレクトメッセージを戴くと早いです
1

2017/12/23

ただ石があるだけの場所  通り過ぎた日々

あまり信心深い方ではなく
心霊現象の類はむしろ信じない方ではあるけれど
墓参りは行く方だと思う
 
舞台でその人の作品を使わせてもらうとか
その人の人生を作品にさせてもらうとか
そういう時に
わりと行く方だと思う
 
太宰治は三鷹の禅林寺
三島由紀夫は多磨霊園
 
高野悦子は栃木県の宗源寺
岸上大作は兵庫県の共同墓地
南方熊楠は和歌山県の高山寺
 
見沢知廉は駒込にある光源時
 
そして今回は
阿部定事件の被害者である
石田吉蔵さんが無縁仏として祀られているという
麻布の専光寺に行ってみた
 
 
お墓には特に何もない
石がある
 
お墓によっては
それ相応のカルシウムのかけらがある
 
それだけの場所だけど
それでも行くと少しだけ
ご挨拶した気分になる
 
よろしくお願いしますと
頑張りますと
ひとこと言うだけで
来て良かったなという気持ちになる
 
ほぼ無宗教の国と言われているけれど
根付いている気の持ちようは
ちょっとありがたい宗教の匂いがする
1

2017/11/5

評価と氷菓は同じ音  通り過ぎた日々

歳を重ねるごとに
「知らないひと」が怖くなってる気がする
 
たぶん
人が表情に出さない範囲で考えてる事の多さを
だんだんわかってきたからだと思う
 
誰かの記憶に残ることは
評価が記録されることと同じ
 
なるべくイイところだけ見せられるように
舞台ではイイかっこをするのだけども
 
普段は
もうこれ以上
誰かの記憶に残りたくない
散々な評価をされたくない
そう思うから怖いんだろう
 
とは言いながら
また新しい団体さんに参加して
舞台に立とうとしてる
なんだかんだ言って
残りたいんだろうな
 
I scream!
0

2017/6/18

『二十歳の原点2017』  公演情報

2013年に上演し
その後4回も
同じ時期に
同じ脚本で
同じ演出で
同じ出演者で
上演し続けてきた
『二十歳の原点』

今年で5回目になります

「再演」はよくあることだけど
これだけちゃんと「再演」する公演は
そうはありません
劇場は変わったりしたけれど
それでも内容は全く変わりません

変わったことと言えば
「出演者がちょうど1年歳をとった」
「観る側もちょうど1年歳をとった」
それくらい

本当にわずかな
1年歳をとったことで起こる変化は
観てわかるものではないのかもしれません

それでも
稽古場で1年ぶりにこの作品に触れてみると
1年ちゃんと自分が生きてきたということを実感します

20年というところで
変化を止めてしまった女性
生きていたら68歳

そういえば私が「先輩」と呼んでいたある人は
33年で変化を止めた
生きていたらこないだ40歳になっている


私は37年
たぶん変化し続けています

変化を止めようという気持ちは
わからないものではありません

けれど


けれど

去年の舞台の写真を見て
1年分だけでも変化した自分が
誇らしく思えたりもするのです

クリックすると元のサイズで表示します

当たり前のことだけど
自分ひとりでは何も出来ない
変化も継続も

私に
明日も元気でいたいと思わせてくれる
人や言葉に
改めて感謝します
4

2016/11/19

ねこぐすと熊楠  公演情報

今、最終稿が出来上がりました
上演はいつかと言えば

9時間後です

自分が読む文章を
自分で書くので
困るのは自分だけだから
ギリギリまで考えたり直したり出来ます

でももう少し早ければ
もっとしっかり準備が出来るのに

夏休みの宿題は
8月31日まで本気になれないタイプです

今回は、限られた客席数ということもあり
小さな発表になりますが
また機会を作って
上演出来たら、と思います

何しろ、もっと知名度上がれば良いのに
って思うのですよこの人

南方熊楠

少し知ってみると、本当に面白い

おりこうさんのお手本にはならないけど
こうやって物事を見ることが
本当の勉強なんだろうなって思う


本日11月19日(土)19時半より
30分くらいの短いお話が
千歳烏山の
自然派ワインバー烏楠 で
上演されます
0

2016/6/8

はじめてのひとりしばい  公演記録

「言葉を纏ふ」
〜纏の一 太宰治『燈籠』〜
2016年5月21日(土)〜23日(月)

Gallery&Space しあん


お芝居を始めて15年目の記念に
一人芝居を企画して
その公演が先日無事に終了しました

ご来場下さった皆さま
応援して下さった皆さま
本当にありがとうございました


クリックすると元のサイズで表示します


3ステージとも、たくさんの方にご来場戴き
初日と楽日にご来場下さったお客様には
むしろ窮屈な思いを強いてしまいました


クリックすると元のサイズで表示します


それでも温かいお言葉を戴きました
そういうお言葉は積極的に真に受けて
そして積極的に調子に乗って
いずれ「纏の二」を企画しようと思います


クリックすると元のサイズで表示します


一人芝居、と言えど
一人では決して出来ませんでした

脚本を書いて戴き
演出をして戴き
照明も音響も担ってくれた高木さん

物語の雰囲気や私のフワッとした要望まで汲んで
素敵なチラシやグッズを作ってくれた絵葉書屋長崎堂さん

自分の公演前であるにもかかわらず
3日間とも手伝いに来てくれて
表方の長を担ってくれた繭ちゃん

やっぱり公演前なのに
急な依頼に応えて手伝いに来てくれたむーさん

厳しい条件下で撮影してくれて
しかも客入れ手伝いまでしてくれた
カメラマンの知絵子姐さん

色んなことに気を配ってくれて
それゆえにやたら緊張しながらも
受付周辺を手伝ってくれた宮下さん

やっぱり厳しい条件下でも多くの写真を撮ってくれた
カメラマンの平早さん


クリックすると元のサイズで表示します


そして
この素敵なお家を貸して下さり
作品を観て素敵な感想を話して下さった
Gallery&Space しあんのご夫妻


それぞれに感謝の言葉は尽きませんが
ただただ
ありがとうございました
またよろしくお願いします


皆さまのおかげで
本当に楽しい時間を過ごさせて戴きました

また「次の機会」を許してもらえるように
頑張って日々を生きていこうと思います


(このページの写真は平早勉さんの撮影です)
1

2016/5/1

怒涛の春の前半戦  公演記録

4月2日(土)
読書劇『燈籠』
(木村恵×インベカヲリ★二人展「あべあゆみをめぐる冒険」)
クリックすると元のサイズで表示します


4月24日(日)
『緊縛夜話第十二夜×緊縛ドラマチックvol.3』
クリックすると元のサイズで表示します


4月29日(金)
詩劇『踊る20世紀』
(RUMI ROCK新作ゆかた受注会「着る物語展」特別プログラム)
クリックすると元のサイズで表示します


4月はあれもこれもと欲張って立て続けにイベントがあり
多く人前に立ち
色んな人に挨拶をさせて戴いた

怒涛の春の前半戦がひと段落

そして後半戦
5月には初めての一人芝居
すでにたくさんのご予約を戴き
諸々の手続きが進んでいっている
あとは内容を掘り下げるばかり
それも演出は信頼出来る方にお願いしているので
私は踊るばかりなのです

お芝居も絵画モデルも緊縛モデルも刺青も
私の表現はいつだって人任せ

媒体
依り代
巫女

より良いそれらになれるように
多くを取り入れて取り入れて
なるべくニュートラルに
それが最近のテーマになりました

5月の舞台は
今まで私を使ってくれたたくさんの表現の
集大成的な作品に出来たら良いなぁ
1



AutoPage最新お知らせ