次回公演予定


2018年8月16日(木)〜19日(日)
ノーコンタクツ
『パイレーツ・オブ・トレビアン2〜呪われた最後の海賊たち〜』
大塚萬劇場


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2013/11/4

読書メーター10月まとめ  読後感

最近読んでいる本は
ジャンルは違う本だけど
内容が一部被ったりする事が多い

時節によるものなのか
自分の無意識によるものなのか
とにかくそういう事があると
理解が深まってありがたい


2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1930ページ
ナイス数:31ナイス

池上彰の憲法入門 (ちくまプリマ―新書)池上彰の憲法入門 (ちくまプリマ―新書)感想
どんなにカンペキなものでも、どこかに抜け道がある。憲法も、改正しようがしまいが、解釈一つで意味合いは変わるだろう。そうなると大事なのは精神と体裁だと思う。現憲法は精神はステキだけど体裁が悪い。精神はそのままで体裁を整える事が出来るといいのに。
読了日:10月31日 著者:池上彰
女はギャップ (扶桑社文庫)女はギャップ (扶桑社文庫)感想
女に限らず、ギャップは魅力的だと思う。ただ、ギャップは「ある」ものであって「作る」ものかどうかは微妙だと思う。男らしい女性が料理上手なのは、ギャップを作ろうとしてるのではなく、単純に、男らしいけど料理が上手なだけだろう。自分の得意分野や、理想に対して素直になれ、って事だろうな。そういう時、こういう本ってどこまで役に立つんだろう。
読了日:10月29日 著者:名越康文
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)感想
やりたくない、不本意な、たまに理不尽なことまでやらなきゃいけないのが社会というところなんだろう。やりたい事を引っ提げて社会に突入した人は、やりたい事の中でやりたくない事をやらなきゃいけない。大変な事だな。やりたい事をやりたい事のままでやるには、社会のレールに乗せちゃダメなのだ。それを人は趣味と呼ぶ。どんなに本気でやろうが、人はそれを趣味と呼ぶ。
読了日:10月20日 著者:若林正恭
晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:10月10日 著者:緑川聖司
カラマーゾフの妹カラマーゾフの妹感想
未完の小説の続きを創作するには、結構な筆力と情熱と、そして勇気や覚悟も必要だった事だろう。そして楽しそうだ。文芸部の活動っぽい。そして著者近影を見ると、文芸部の部長って感じがするのだ。
読了日:10月10日 著者:高野史緒
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)感想
楽しく生きていれば、重たいものなんて何もない。悲しいことは悲しむから悲しいんだ。放っておいたって重力が働いているなら、わざわざ重力を感じる必要はないんだよ。私は宙に浮いていられるんだ。重力は勝手に働いてくれればいい。
読了日:10月4日 著者:伊坂幸太郎
野宿入門野宿入門
読了日:10月3日 著者:かとうちあき

読書メーター


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ