カヌーの日記  鸛(こうのとり) 弐

川、海、池、用水路、噴水?水さえあればどこまでも。そんなカヌーの日記です。
http://sea.ap.teacup.com/stork/ 前のはこちらのカヌーの日記 鸛 壱 をご覧ください。
2013年からは癌と闘いながらも漕ぎ続けています。まだ旅は終れない。

 
Blogランキング参加してます。 よろしかったらクリックお願いします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ

カレンダー

2017
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

次はナラヨシで一緒に練習!

クリックすると元のサイズで表示します
(大阪府登録のFさんと)
 前日、和知のコースで練習したものの速い流れに翻弄されて身体がついていってない。
これでは練習でなく怖さを感じにいってるようだ。
もう少しゆるやかな所から漕いで身体を慣らさないと!
和知には試合直前にもう一度練習に来るとして、もう少しどこかで漕いでおきたい。
そこで慣れた木津川でも行こうかと思いながら、同じ大阪府登録で何年も一緒にレースに出てるFさんに連絡、話しの流れで一緒に奈良吉野川で練習しようということになる。
クリックすると元のサイズで表示します
 二人で回送できるならかなり楽だ。
本当レースの前週にこんな身体の慣らしをしてる場合ではないのだが、無理に速い流れにいっても体勢崩れるだけ。
まあようするに練習不足なんです。
クリックすると元のサイズで表示します
 芝崎で集合して梁瀬橋まで上がる。
まずは1本目、瀬に入る度にグラグラする。
腰が据わってない。
でも和知の流れにくらべればまだ恐怖心がすくないのでまし。
そして徐々に身体も慣れてくる。
クリックすると元のサイズで表示します
 1本目が終わり車を取りに行く。
そして2本目、やはり少しずつましになってきている。
このナラヨシでは、少し緩い流れで身体を慣らす事、そして連続してまとまった時間漕いでいくことを目的としている。
クリックすると元のサイズで表示します
 まあ私も大概衰えたが、同行のFさんも年を取った。
でも生涯スポーツとしてずっと出続けることはできるんです。
オリンピックを目指す人もいれば、こういう自分自身の為に挑戦しつづける者もいてる。
それでいいんじゃないのかな。
クリックすると元のサイズで表示します
 ゴールの芝崎の瀬は奈良国体のカヌーコース。
昔は国体の瀬と呼ばれていた。
そこでスラロームのK−1やC−1の選手が練習している、
23日は午前中がスラローム、昼からがワイルドウォーターのレース、スラの選手もそれなりに顔なじみも多い。
しかしみんな年を取っている。
私より上の人もいてる。
大阪ももっと若い人が始めてほしいですね。
とにかくナラヨシでちょっと感覚ができてきた。
さあ来週は本番だ!

*この投稿は予約投稿で、実際に漕いだのは4/16の事です。そして今日23日は関西ワイルドの試合日、昼過ぎには結果がでます。どうなるのかな?


Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
3
タグ:  カヌー カヤック
投稿者:河野☆鸛

まずは和知の本番コースで一漕ぎ

クリックすると元のサイズで表示します
(花はサクラ・・・カヤックはワイルド・・・)
 いよいよレースが近づいてきた。
いつもは5月後半の日程なのに今年は4月。
水もまだ冷たい。
ずっと淀川中心に静水で練習してきたのだが、いくらなんでも流水漕いどかないと拙い。
そこで本番コースの和知にやってきました!
クリックすると元のサイズで表示します
(この瀬が一番の難関)
 この日はかなり水量が多い。
昨年のレースより40cmぐらい水位高いか?
レースの前週なので誰かきてるかと思ったけれど私一人。
 コースは前半がきつい瀬が続く。
正直いきなりだと沈して流されそうだ。
沈自体はいいんだが、1人だとパドルとか流されたら回収できるか不安。
それに慣れてないのにいきなりきつい瀬で沈して流されたら心が折れたりびびってしまう。
ようするに自信ないんです。
クリックすると元のサイズで表示します
 そこで難関の瀬の下からゴールまでで練習することにする。
まあ試合前の金曜日に有給とってるからそこで上の瀬はいくことにしよう。
 そして艇に乗り込む。
水が冷たい・・・
これは沈したくない!
 上の瀬に途中から入りスタート。
波でかなり振られる。
橋のしたでエディーに掘り出された。
身体が艇の動きについていかない。
ほとんど漕げずにバランス取るだけで下った。
クリックすると元のサイズで表示します
(川の横の水路)
 そして担いで上がり2本目。
1本目よりはまし。
やはり1本おりて落ち着いた。
3本目も担いで上がろうとしたのだが、川沿いの道の横の水路に艇を浮かべて漕いでみる。
担ぐよりかなり楽!
 まあそんな感じで1人寂しく漕いでました。
天気予報ではレースまでにまだ雨降るみたいだし当日もこの水量かな。
まっやるしかないか!
・・・・怖いけど・・・




Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
5
タグ:  カヌー カヤック
投稿者:河野☆鸛

そして椅子に座って涙を流す。

 今年も4月19日がやってきた。
4年前の平成13年4月19日、「貴方は癌です。」と言われた日。
もう無茶苦茶きつかった。
座っていて気がつけば涙がながれていた。
そしてもう4年、膀胱癌のステージWの5年生存率は23%、私は今までは下の転移で済んでいて、膀胱に前立腺、精巣なんかも取られているが、主要臓器は無事だった。
http://www.tensen.com/cancer/stage4/bladder.html
それもあと1年で5年だ!
当時は膀胱の三分の二が癌細胞で埋まり、その癌細胞のモロモロが毎日尿と一緒に出て尿管につまる。
尿結石と同じ状態で激痛の日々。
水分を多めに取り詰まらないようにしていたが、夜中に救急病院で無理矢理管突っ込んで抜いたりもした。
トイレは一日40回ぐらい、一晩で15回ぐらい。
連続で30分以上寝れない状態が続きフラフラだった。
医者には何故ここまで酷くなるまで放置したと呆れられ、自分でもそうだとおもった。
確かに前兆はあったんです。
まあ気後れしてなかなか踏ん切りつかなかったんですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
(先月のオブジーボ点滴中)
 ここ最近は12月〜4月、今月の上旬までオブジーボを投与。
GW明けにまたCT検査をしてどうするか考える。
 実は2月から3月は血尿が出ていた。
真っ赤な尿は視覚的にもショックが大きくストレスがきつかった。
いろいろ検査して、内臓からの出血ではなく、人工膀胱の回腸導管の部分から出血してたようで、現在は収まっている。
クリックすると元のサイズで表示します
 上の画像は先々月の2月のもの。
11月と比べて首部や腹部のリンパ腫の癌は変化なし。
わかりにくいが左下の肺に転移した癌は大きくなっている。
たまらんなあ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
 まあ癌が広がっているもののまだ今は身体は動く。
好きな事をやって、精一杯生きていく。
 よく癌や難病をかかえた著名人が精一杯生きていくだけです。と言っているが、実際それしかいいようがない。

 今週末は関西ワイルドウォーター選手権に出場する。
来月には西の目標だった大三島に到達する予定。
その後も室戸岬、大王崎、山陰ジオパーク、揖斐川〜天野川ルート・・・と行きたい所は目白押しだ。
とにかく漕ごう。
1年1年悔いの残さないように・・・


Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ

20
投稿者:河野☆鸛
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/399 
 
AutoPage最新お知らせ