カヌーの日記  鸛(こうのとり) 弐

川、海、池、用水路、噴水?水さえあればどこまでも。そんなカヌーの日記です。
http://sea.ap.teacup.com/stork/ 前のはこちらのカヌーの日記 鸛 壱 をご覧ください。
2013年からは癌と闘いながらも漕ぎ続けています。まだ旅は終れない。

 
Blogランキング参加してます。 よろしかったらクリックお願いします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ

カレンダー

2017
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

園部川から桂川へ

クリックすると元のサイズで表示します
(京都縦貫道)
 園部駅前をスタートして、まず1つ目の堰堤を越えて進む我々の前に高速道路が見えて来た。
京都縦貫道だ。
この近くに吉富駅がある。
とりあえず一駅分は進んだな。
クリックすると元のサイズで表示します
(こういう浅瀬がめんどくさい)
 そして京都縦貫道を越えると桂川と合流する。
実は由良川と淀川を繋ぐのは、園部川ー徒歩ー須知川ー高屋川ー由良川ルートで行くか、桂川沿いに船岡駅、胡麻駅から日吉ダムの方へ行くか迷っていた。
結局は駅沿いでない園部の方へ抜けたわけだがかなり地図では検討した所。
実際、このあたりは桂川の方が水量がありそうだ。
まあ今更両方はいかないと思いますが・・・
でも考えていたルートに出会うのもいいもんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
 そして合流してまた堰堤。
この堰堤は降りるルートがなく悩まされた。
しかし辞めるわけにもいかないので、約2.5mの段差の壁をぶら下がって跳び下りる。
着地した時に滑ってこけないよう注意!
まあこういう堰堤があるからしんどいんです。
クリックすると元のサイズで表示します
(約2.5mの段差を先に跳びおりたNMさん)
 この他にも何箇所か堰堤があり、岩を担いだり迂回したり。
まあこんなもんというばこんなもんです。
 こういう堰堤越えを私は慣れてるが、NMさんは楽しそうに越えてくる。
いやいや、凄いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(流れがあると楽ちんです)
 もちろん堰堤や浅瀬ばかりでなく、普通に瀬もあります。
まああまりきつい瀬はないけれど、瀬があると楽しい!
こういう所漕いでると、つい底を擦らず、担がず普通に浮いて漕げるだけでもしあわせになってくる。
こんな所を何箇所も行くから、木津川ぐらいなら楽勝になるんです。
クリックすると元のサイズで表示します
(国道477号線、八木駅の近く)
 そうこうするうちに国道477号線の鉄橋が見えて来た。
ここで約5.5km、時間は既に1時間半が経過している。
この時点で全体平均3.5km、歩くより遅いな・・・
やはり堰堤で時間がかかっている。
そしていよいよこのコースで最後の堰堤にやってきた!
クリックすると元のサイズで表示します
(魚道を歩く。道がないので歩きにくい)
 国道477号線を越えると左から川が流れ込んでくる。
そして左岸に公園が広がっている。
水が溜まりになっていて、その先が最後の堰堤だ。
この堰堤がう回路はないわ、漕いではいけないわ、足場は悪いわの三拍子揃った難関。
まずは魚道をポーテージ、水がないから歩けるが、多いと怖くていけない。
クリックすると元のサイズで表示します
(漕げません・・・泣)
 そして魚道を越えると、テトラの上を水が流れている。
中途半端に水が被っていて、漕げない上に滑って歩きにくい。
でもここを艇を担いで必死で歩くしかないんです。
 前に野洲川でこういう堰堤ありました。
このテトラ越えは本当にしんどい。
パックラフトだから一度に担げるが、重い艇ならパドルと艇を分けて運びます。
もう本当に苦闘の場所です。
クリックすると元のサイズで表示します
(下から見ると・・・)
 なんとか越えて下から見る。
水路がまったく見えない。
どう通ってもテトラの上を担いで歩くしかない。
でもこれで堰堤は終り。
距離は半分きてないが、後半はもう少しは楽に行けるはず。
さあ残りも頑張って行きますか!



Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
6
タグ:  カヌー カヤック
投稿者:河野☆鸛

いざ!園部川へ!!

クリックすると元のサイズで表示します
 日本海と大阪湾を繋ぐ長い長い旅、由良川水系と淀川水系を使ってのルートはいよいよ残すところあと15km程!
最後は園部駅前の園部川から出発、桂川と合流して、保津川遊船下りのスタート地点、亀岡の船着き場までのコース。
JR山陰本線沿いで園部ー吉富ー八木ー千代川ー並河ー亀岡の5駅間だ。
ちょうど川も線路沿いなので電車回送で行ける。
今回はNMさんが一緒に漕いでくれるので、亀岡駅まで車で行き電車で園部駅まで上がる行程。
二人ともパックラフトで、私がアルパカ、NMさんがスカウトだ!
クリックすると元のサイズで表示します
(亀岡駅にて)
 まずは亀岡に車を置き装備一式を担いで亀岡駅へ。
うまいぐらいに5分ぐらいで園部行きがやってきた。
 電車に乗るとそこそこ混んでて座れない。
まあそうなると窓際で時々見える川の景色を楽しみながら行きましょう!
5駅なのですぐに園部駅に到着。
ここには今年の1月に下山駅から歩いて来たんだなあ。
 ちょっと懐かしく思い出しながらすぐ横の園部川へ。
前に来た時に降り口も探しておいたからなんなく河原に到着。
さあ、出発準備だ!
クリックすると元のサイズで表示します
 1月に来た時はもっと水が少なかったと思うのだが、今回はそれなりに漕げる。
ただスタートして300mほどで堰堤だ。
 とにかく、こういう川で何がしんどいといって堰堤と漕げない浅瀬。
要するに担がなくてはいけない区間。
先日の木津川でも堰堤みたいにチャチャッと担いで漕げるなら御の字です。
クリックすると元のサイズで表示します
(魚道を担ぎました)
 最初の堰堤もそこそこ大きな堰堤だが魚道がついている。
そこまで水を流してないので魚道を歩いて降りる事が出来る。
さすがに漕いでは無理ですね。
こういう時に軽量のパックラフトは楽。
クリックすると元のサイズで表示します
(一つ目の堰堤をバックに!)
 サラッと担いで堰堤の下で乗り込む。
しかし既に時間は20分以上過ぎている。
たった400mほどで20分・・・先が思いやられます。
でもまあいつもの事だ。
パックラフトでも流れのない川のツアーが初めてのNMさんもメンタル強いので担いでも大丈夫な筈!
では気持ちを切りかえて行きますか!



Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
5
タグ:  カヌー カヤック
投稿者:河野☆鸛

海老江・ダブルヘッダー!

クリックすると元のサイズで表示します
 春になった。
空には雲雀が飛び、土筆を探す人が淀川の堤防で見かける。
暖かくなったのはいいが、いつものように春霞で視界が悪くなる。
そして花粉・・まあこればかりは仕方ないですが・・
クリックすると元のサイズで表示します
 知人がカヤックをやってみたいという事なので、海老江にやってきた。
でもどうせなら自分の練習もしたいのでちょっと早く来る。
あと一ヵ月で関西ワイルドウォーター選手権だ。
漕げる時は漕いどかないと!
 この日はダッシュ中心。
そろそろ静水ばかりでなく流水もいかないとなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
 そうこうするうちに待ち合わせ時間になる。
そこで一旦車に戻り艇を入れ替える。
使うのはU-YAKとエアリスプレイ、私がエアリスだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 マンツーマンになるのですぐ水の上へ。
なんか人に教えるのは久しぶりですね。
いつものように海老江から十三へ進む。
ちょうど潮が引いていて逆潮になるのでしんどい。
でも久々の十三の橋はやっぱりよかった。
なんというか昭和感が凄いです。
クリックすると元のサイズで表示します
 特に問題もなく十三までいってUターン、やっぱり懐かしい。
楽しんでもらえたみたいで良かったです。
淀川はこのあたりが一番やな。
まあ寝屋川あたりも慣れてるからいいですけどね。
とにかく、春・・・ですね。



Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
4
投稿者:河野☆鸛
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/395 
 
AutoPage最新お知らせ