カヌーの日記  鸛(こうのとり) 弐

川、海、池、用水路、噴水?水さえあればどこまでも。そんなカヌーの日記です。
http://sea.ap.teacup.com/stork/ 前のはこちらのカヌーの日記 鸛 壱 をご覧ください。
2013年からは癌と闘いながらも漕ぎ続けています。まだ旅は終れない。

 
Blogランキング参加してます。 よろしかったらクリックお願いします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ

カレンダー

2017
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

固いのしなるのどっちがお好き?

クリックすると元のサイズで表示します
(クルーソー500)
 今回の試乗会に出ていたファルトはフジタカヌーとバタフライカヤックスの2社。
それぞれ関西の京都府相楽郡笠置町、兵庫県姫路市のメーカーだ。
特にクルーソー500は初お目見えなので楽しみにしていた。
やはり初めて乗る艇はワクワクします。
クリックすると元のサイズで表示します
(ファルト組立風景 艇はアルピナ460)
 そしていざ実物に乗ってみて・・・膝が低い??
これはまだ完成品じゃなく手が加わるというのを期待しておこう。
このままなら私にはいりません。
クリックすると元のサイズで表示します
(こちらはクルーソー460組立中)
 そもそもファルトというのは折りたたんで持ち運べる艇だ。
折りたたみにする為にはどうしても強度はFRPほどの剛性は出ない。
組みたてと一体成型の差として埋めれない壁がある。
そして艇にとって剛性というのは大きな要素だ。
クリックすると元のサイズで表示します
(カラフルなアルピナ430)
 この剛性がクルーソーはかなり高い。
はっきりいってファルト離れしている。
その点シーショアはかなりしなる。
ここで剛性という点ではクルーソーのほうが上。
 ただ川でもダッキー(空気のカヌー)のほうが安定が上のように、しなりがあることによって安定感があがる。
あとは乗る人はどっちがいいか?
関西の2つのメーカーが違う方向で製品を出しているのが面白い。
クリックすると元のサイズで表示します
(ファルトっていいですよ!・・・この人はだれ?)
 まあ一長一短なんですね。
ちなみに私は海は日帰り中心、そんなに大荷物は積まない。
それなりに波のあるところに行くという前提で考える。
フジタカヌーならアルピナ450HVのロアーストリンガー付き、バタフライならクルーソー460のコクピットポットのラージポケットですね。
この2艇で場所によって使い分けかな。
あとはエルズミア530か。ベイとかビーチはゴミになるだけやからいらない・・・
クルーソー500期待してたんだけどなあ。
完成品を待ちましょう!

*アマチュアパドラーは好きな事かけるので楽です。





Blogランキング参加してます。
よろしかったら↓お願いします。
土下座土下座
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ人気ブログランキングへ
3
投稿者:河野☆鸛
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ