2009/10/2

定年を迎えてじっくりと旅行  新幹線

日本の新幹線は、世界でも注目の的です。世界の鉄道ファンが「新幹線に乗りたい!」と日本に来ることもあるそうです。
同様に、日本の鉄道ファンも、世界の鉄道目指して飛び立っているようです。
そんな方にお勧めなのが、パス(周遊券)です。
日本に青春18きっぷやその他いろいろな周遊券やお得な切符があるように、海外にもその国独自のパス(周遊券)があります。こうしたパスをうまく利用すると、快適な鉄道旅行ができます。
たとえば、アメリカには、USAレイルパスがあります。またイギリスには、ブリットレイル・パスとブリットレイル・フレキシーパスの2種類があります。
こうしたパスは決められた期間内ならば、2等車にかぎり何度でも自由に乗ることができます。また1等車や寝台車でも、追加料金さえ払えば乗車OK!

●アメリカ
USAレイルパス(アムトラック)が有名。
コーチ(2等車)には何度でも乗車OKです。また1等車や寝台車は追加料金を払うことで乗車できます。
現地では購入できないので、利用したいと思う人は出発前に必ず忘れずに買っておきましょう。
使用方法は、使い始めるときに駅の窓口で使用開始日、終了日を記入してもらい、希望乗車区間の乗車券を受け取ります。利用の際には、パスポート(身分証明用)が必要です。

●イギリス
ブリットレイル・パスとブリットレイル・フレキシーパスの2種類を利用できます。
ブリットレイル・パスは、有効期間中、イギリス国鉄の1等車と2等車が乗り放題です。また、航路についても、ウィンダーミア汽船やワイト島のフェリーに乗船できるという特典がついて魅力的です。
使用方法は、最初の駅で日付の記入と使用を開始した駅のスタンプを押してもらいます。
ブリットレイル・フレキシーパスは、有効期間中なら、それぞれの日数に応じた好きな日を選べるというものです。
続けてではなく、とびとびに列車での移動を考えている場合に便利です。
リンク
胆のうポリープ 肺 浸潤影 食道裂孔ヘルニア 股間 腫れ 陽性転移
心筋梗塞の再発 肝臓の病気 肌荒れ 心臓肥大 唇 日焼け 関節 水泡

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/21

名前からして長そう。  新幹線

「盲腸線(もうちょうせん)」という言葉をご存じですか?医学の分野にも同じ言葉があるようですが、ここではあくまで鉄道のお話です。

新幹線は言うまでもなく、東海道本線や東北本線、山陽本線など、幹線からは考えられないことですが、終点がまさしく終点、つまりそこから先は本当にどんづまりの鉄道も実際、存在するのです。
このようなどんづまり路線を「盲腸線」と呼ぶのだそうです。
地元の方にとっては、非常に貴重な路線であることは間違いないのですが、趣味で?列車に乗りたいと思っている鉄道ファンには、少々、曲者です。
というのも、このようなどんづまり路線に乗ってしまったら、またそれに乗って帰ってくるしかないからです。
日本には、幾つかこのような、融通の利かない?路線が走っています。その一つが、美濃太田(みのおおた)?北濃(ほくのう)間の72.1キロメートルを走る「長良川鉄道(ながらがわてつどう)」です。
JR高山本線の美濃太田駅を起点として、鵜飼い(うかい)で有名な長良川(ながらがわ)沿いを走ります。川は、路線の右側へ行ったり、左側へいったり、と蛇行しながら、旅のお供をしてくれます。
美濃太田の次は、関(せき)。刃物で有名な街です。そして列車は、郡上おどり(ぐじょうおどり)で有名な郡上八幡(ぐじょうはちまん)を越えて、列車は北濃へと向かいます。

美濃太田駅で名物「松茸の釜飯」を買い、長良川をお供に北濃へ。北濃で大日(だいにち)ヶ岳を望んだら、またもと来た道を帰ってくる、そんな旅のスタイルがあってもいいのではないでしょうか?
リンク
十二指腸ポリープ トナー 肺 食道がん 症状 股間がかゆい がん 転移
小脳梗塞 肝臓病 症状 心臓 痛み 唇 荒れ 水泡 かゆみ
0

2009/6/28

水戸発  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
水郡線は、新幹線駅からはつながっていませんが、東北新幹線(とうほくしんかんせん)での郡山(こおりやま)から磐越西線(ばんえつさいせん)で1駅、東京方面へ向かう感じでいった「安積永盛(あさかながもり)」に水郡線はとまります。
水戸からの水郡線は安積永盛で終点です。そこからさらに東北へ向かう人は東北新幹線に乗り入れて郡山へと向かうわけです。「黄門弁当(こうもんべんとう)」「印篭弁当(いんろうべんとう)」、さらには「将軍弁当」まで登場しているのは、水戸?郡山(こおりやま)間を結ぶ「水郡線(すいごうせん)」です。全長147キロメートルの長い長?いローカル線です。起点は、徳川御三家のひとつ水戸藩で有名な「水戸」駅です。そこで先ほどの「黄門」「印篭」「将軍」弁当が登場したというわけです。
水戸を出発した水郡線は、上菅谷(かみすがや)で支線に分岐し、一方は常陸太田(ひたちおおた)、もう一方は、常陸大宮(ひたちおおみや)へと向かいます。
水戸といえば、おなじみの偕楽園です。そして常陸太田には、水戸黄門様の隠居所だったといわれる西山荘(せいざんそう)が、今も残っています。
一方、上菅谷から常陸大宮へ向かい、さらに行くと、「袋田(ふくろだ)」に出ます。「袋田の滝(ふくろだのたき)」で有名なところです。
袋田の滝は、久慈川の支流にある滝です。四季折々に素晴らしい景色を見せてくれますが、特に有名なのが、冬!滝全体が結氷した見事な氷の滝が私たちの前に姿を現します。
この氷の滝をみるためだけにでも、水郡線に乗る価値はあり!
PR
肩痛 体 かゆい 背中 しびれ 妊娠 兆候 腹痛 嚥下 体操
骨折 リハビリテーション 手首 骨折 舌 痛い 妊娠 むくみ 尿 臭い
0
タグ: 水戸 鉄道

2009/6/27

日本の北がおもしろい  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
本日は東北の鉄道をピックアップしていきたいと思います。東北本線は、野辺地からそのまま青森へと向かいますが、この野辺地でちょっと途中下車してみるのも一考です。陸奥湾の荒涼とした砂浜に1人たたずむと、何とも言えない気持ちになります。
この野辺地から大湊(おおみなと)へと、東北本線から枝分かれするようにして走るのが、「大湊線(おおみなとせん)」です。本州最北を走る鉄道として知られています。野辺地から大湊までの58.4キロメートルを結びます。
列車は、1両編成もしくは2両編成のディーゼルカーです。
野辺地を出発し、有戸駅(ありとえき)を過ぎて少し行ったあたりで、陸奥湾に面した砂浜を走ります。左側なので、大湊線に乗るときには左側が断然お勧めです。
東京の上野駅を出発し、関東平野を抜け、白河の関(しらかわのせき)(栃木県と福島県の境)を過ぎ、東北地方へ、さらに北へ北へと進んで、盛岡から八戸へ向かうのが「東北新幹線(とうほくしんかんせん)」、そして盛岡?八戸間は別として、東京上野駅?盛岡、八戸から青森を結ぶのが「東北本線(とうほくほんせん)」です。
東北新幹線がまだ未開通である、八戸から青森間(96キロメートル)は、八戸(はちのへ)を出発して三沢(みさわ)、そして野辺地(のへじ)、さらに終点の青森へと向かいます。野辺地をすぎて少し行くと、進行方向右手に海が見えてきます。陸奥湾(むつわん)です。そしてその先には津軽海峡(つがるかいきょう)が広がります。
まさに、「上野発の夜行列車おりた時から?♪・・・津軽海峡、冬景色?♪」の世界です。なぜか、冬でなくても、真夏でも!この歌を口ずさんでしまいたくなります。
リンク
筋肉痛 治し方 顔 かゆい 左手 しびれ 下腹痛 リハビリテーション 体操
パワー リハビリテーション 足 骨折 舌 できもの 手足 むくみ 尿 泡



0
タグ: 大湊線

2009/6/26

アジアの鉄道事情  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します陸路で国境をわたるということ、ヨーロッパではごく当たり前に行われていることですが、近場、東南アジアでも体験できます。

東南アジアで唯一列車での国境越えができるのは、マレー鉄道です。(ベトナムから中国間は除く。)東南アジア唯一の国際急行です。国際列車といっても、直通で走っているわけではなく、マレーシアのパタワースと首都クアラルンプールで乗り換えることになります。
どうしても直通にこだわる人は、1日1往復だけですが、バタワースからシンガポール間で直通列車が運行されています。

日本の新幹線と比べたら、雲泥の差でゆったりとした旅となりますが、それもまた魅力の一つです。車窓から景色を眺めながらの国境越えは、島国日本で生活する人たちにとって、不思議な体験となります。
マレー鉄道(KTM)というとき、一般には、マレー半島を縦断する1924kmをさします。
タイのバンコクからマレーシア西海岸を抜けて、シンガポールへと至ります。
国際列車とあって、運行は実に複雑です。バンコクからパダン・ベサール間がタイ国鉄です。そしてパダン・ベサールからクアラルンプールからシンガポール間がマレーシア国鉄によります。日本では、当然のことながら、外国は「海外」、つまり海の外ですから、陸路で外国に行く、陸路で国境を越える、ということはあり得ません。列車は空を飛べませんし、海も渡れませんから、当然、鉄道旅行は「国内」だけですよね。
でも、海外に行ったときには、日本では絶対に不可能なことをぜひ、体験していただきたい!と思います。それは、鉄道による国境越えです。

リンク
しらみ 駆除 唇 しびれ 脇腹痛 高齢者 体操 心臓 リハビリテーション
膝蓋骨 骨折 舌 痛み 足むくみ 病気 尿 色 着床痛
0
タグ: アジア 列車



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ