ちえさん紹介  

香川県高松市生まれ。
脊髄疾患や線維筋痛症、関節リウマチ、ベーチェット病
などにより車椅子生活をしているが、
闘病生活の中での経験や、出会った人たちとの交わり
などから受け取った思いを詩として書きとめている。
詩集「語りかけ」の作者。
高松クリスチャンチャーチの教会員

2017/7/22

(無題)  

泣きべそかいていたら
誰かが目の前に立った
ぐちゃぐちゃの顔をあげると
イエス様がそこにはいた
イエス様は何も言わず
ただギュッと抱きしてくれた
そしてイエス様は話された
笑ってごらん
心の中がお花畑になるよって
イエス様のぬくもりが忘れられない
イエス様が心の中にいるから
いつも笑っていられるんだ

2017/7/20

聖書:ローマ人への手紙 12:3  

『わたしは、自分に与えられた恵みによって、
 あなた方ひとりびとりに言う。
 思うべき限度を越えて思いあがることなく、
 むしろ、神が各自に分け与えられた信仰の
 量りにしたがって、慎み深く思うべきである』。

2017/7/19

(無題)  

大きな神の愛のゆえに
人は今 存在している
大きな神の恵みのゆえに
人は今 生かされている
大きな神の愛と憐れみのゆえに
イエス様は十字架にかかられた
十字架の贖いは私達のため
よみがえられ天にあげられたイエス様
助け主なる聖霊を送って下さった
いつも共にいて下さることを感謝します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ