2012/3/25

奈半利ー高知  九州・沖縄クル〜ジング

朝3時頃、外は風がうなっている、今日もダメかなっと、あきらめてまた眠った。
6時起床、朝日とともに爽やかな静かな朝だ!?風は何処に行った・・・気象情報では強風波浪注意報、高潮は消えていた。
取りあえず出航準備をして、奈半利の港を無事に出られればあとはなんとか・・・・・
0730に出航、港内で1ポイントリーフのメインセイルをUPして3mの波の港外へ・・・
奈半利沖は風も弱く順調だったが、高知空港沖あたりから風波が増してきた。なるべく岸寄りに寄せて走ったが風波はおさまらず、Max35ktまで記録した。
でもContrailは安定していて良く踏ん張ってくれた。この風は高知港の入江に入ってもおさまらず、結局大橋の下でやっとセールを降ろすことが出来た。
クリックすると元のサイズで表示します

大橋を回って直ぐの種崎地区に高知ヨットクラブがあり、ビジターバースに元先輩同僚のG氏とクラブの方3人が出迎えてくれていた、12時入港。

入港後、G氏の車で、高知市の山手のおしゃれな温泉施設「オーベルジュ土佐山温泉」に連れて行ってもらいゆっくり疲れをとりました。
クリックすると元のサイズで表示します

夕方からははりまや橋界隈に繰り出し、2軒はしごして真夜中にこのブログを書いています。遅くなってごめんなさい。

やっぱり、高知で食べるカツオのたたきは格別だね!!(特に塩味・焼き立て)

明日は土佐佐賀港に向かいます。

**翌日の朝、高知ヨットクラブの会長さんが来られてクラブハウスで談笑、1970年に立ち上げた自主管理ヨットクラブはIYCよりも古い!!
バージ(クラブ旗)も交かんしました。
クリックすると元のサイズで表示します
4



2012/3/26  11:45

投稿者:しっちゃん・MARCH

強風の中、お疲れ様です。

昨日は西宮も大荒れで、KYCのスプリングレガッタにTOMで出ましたが、メインセイルが裂けてしまうほどでした。

次は、沖ノ島に行かれるということで、同島には本港の南に古屋野という小さな港があります。そこに、その港と同名の方が、素敵な手造りの海の家をやっておられ、当方もダイビングや、ヨットでの寄航で大変お世話になりました。 状況が許せば一度立ち寄られては・・・。 

まだまだ先は長いですが、お気をつけて! 
UW.

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ