2012/5/12

西之浜港ー硫黄島  九州・沖縄クル〜ジング

早朝、コントレールの回りにはいつの間にか4隻の漁船が係留していた。
皆さん、5時には出漁、コントレールも6時前には西之浜港を出航しました。
口之島・セリイ岬沖は黒潮がぶつかって3mの三角波が立っていた、そこをクリアーしたら昨日同様大きなうねりの中を順調に機帆走、黒潮の連れ潮が少しあって7〜8kt!
口永良部島・野崎沖で又ナブラに入った、今度はカツオが飛び跳ねている、しかしルアーを流したが掛からなかった、残念!
クリックすると元のサイズで表示します

その後、風が増してきてセイリング!
硫黄島が見えてきた。風下なので火山灰の匂いがする!正に活火山だ!!
クリックすると元のサイズで表示します

13時過ぎに硫黄島港に入港、鹿児島からのフェリーと同時刻に入港。
最初は反対側のポンツーンに行ったが漁船が入っていて、東側の岸壁に係留。
この海の色!?硫黄水が酸化して表面だけが金色です。もちろんその下はマリンブルー!魚も住んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

自転車に乗って2.3kmの東温泉へ、約15分起伏があるのでチトきつい。
これぞ野趣あふれる露天風呂!!しかし先約がいた、それも若いカップル、東京から自転車を持ち込んで先ほどのフェリーで来たとか。一緒に入るのを遠慮して、彼らが揚がるころに入りました。写真はカップルの彼が撮ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

この天然温泉は三層になっていて、約45℃、40℃、38℃になっています。
硫黄分が濃いので目にしみます、ペットボトルに水を持参するのをお勧めします。

クリックすると元のサイズで表示します

この島もかっては流刑地、今NHK大河ドラマの平清盛に平家討伐の疑いで藤原成経、平康頼とそして俊寛が流され、俊寛だけが戻されずに食を絶って自害したと云う伝説。
歌舞伎や能舞台で題目となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

ボクの祖父が80歳から能面を彫り始め、この俊寛のゆがんだ顔面の説明を聞いたときに、無念と悔しさが表情に表れているのだと祖父は云っていた。

**明日はいよいよ西九州に入ります!まずは野間池漁港の中にある「笠沙恵比寿」リソートホテルの浮き桟橋を予約しました。
明後日からまた梅雨前線の通過で2〜3日はここで逗留予定です。
2



2012/5/13  6:18

投稿者:フエニックス

最高の温泉ですね
硫黄島の港の色
写真で以前見た色と
一緒です。
実際生で見てみたいもんですね


http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2012/5/12  23:59

投稿者:FlyingTiger

 すごい海の色ですね、ペラやENGに影響ないんですかね?

http://g.co/maps/5p7m9

2012/5/12  20:00

投稿者:himawari

天然温泉、気持よさそう!羨ましい!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ