2013/5/17


昨晩は未明から豪雨の後、暴風が吹き荒れて(15m/s以上)、寝かしてもらえなかった!
港内は波やうねりは入ってこないので心配はなかった。
朝からは少し弱くなったが、海上は白波が立ち強風注意報も出ている。

此処の阿古漁港周辺はとても居心地がよい!
徒歩圏に(7-8分)トイレ(ウオッシュレット)、水道:錆の浜キャンプ場内。
村営の立派な温泉「ふるさとの湯」(500円)とレストラン。
唯一のホテル内にも風呂(500円)コインランドリー(200円)とレストランがある。

昨晩はホテル「海楽」で食事、
名物のムロアジの「くさや」を頂きました・・・臭いが旨い!?
クリックすると元のサイズで表示します

道路わきにはあちらこちらに小さな祠がある。
草木の洞窟の中を500m歩いてやっと祠があった!
クリックすると元のサイズで表示します

阿古漁港の入り口は溶岩の狭い水路を通ります。
クリックすると元のサイズで表示します

阿古漁港内、NE7-8m/s吹いていますが、静穏です!
クリックすると元のサイズで表示します
向こう側はフェリーターミナルを新築中で完成すればもっと便利になるでしょうね!

*島内は観光バスはありません、近隣の阿古区を歩いて観光、中々見所がありました!
江戸時代初期に噴火した噴火小山に登山、展望台から阿古港を望む。
クリックすると元のサイズで表示します

1983年に噴火し、溶岩流が阿古集落を飲み込んだ跡・・・しかし避難訓練が完璧で被害者はありませんでした!
クリックすると元のサイズで表示します

火山ガスの影響で、木々は燃えなくて、このように枯れています。
遠くには雄岳から白い水蒸気が上がっています。正に活火山ですね!
クリックすると元のサイズで表示します

**明日は風波も弱まり、20nm程の近い新島なので、直ぐ隣の式根島の人気のアンカリングスポット「吹きの江」の入江に立ち寄ってから、新島港に向かいます。
4



2013/5/20  5:04

投稿者:フエニックス

三宅島は今でも火山活動が
活発なのでしょうね
溶岩が流れだしてきた場所は
ごつごつとした岩なんですね

http://blog.goo.ne.jp/oni2134

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ