2014/9/14

室津F−関門海峡ー姫島  東北・北海道周航

朝5時には出航準備が出来ていたが、まだ暗かったので待機。
0530、航海灯を点けて室津を出航、6時頃にやっと明るくなってきた。

関門橋まで23nm、4時間弱はかかる、東流→西流は9時半ころ、遅くとも0530には出航しないとね!

幸いアビームの風で関門の進入航路ブイまでセールを出して7kt。
クリックすると元のサイズで表示します
連れ潮に乗るために本船が続々と集まって来ます。

進入ブイの手前でセールをたたんで、航路ブイの外側を進みます。
クリックすると元のサイズで表示します
電光板表示は「E7」7時現在で東流7kt、

航路に入ると連れ潮が増してきて、艇速は9−10kt!
しかし、この海峡は海底を浚渫しているので、鳴門海峡のような渦流は起きません。
クリックすると元のサイズで表示します
下関港の唐戸市場が見えます、お勧めは市場の2F「唐戸回転ずし」ですが、次回にします。

関門橋の狭い航路を大型本船が列をなして行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
16CH無線機をモニターしていたので関門マーチスとのやり取りで動きが把握できます。

結局、コントレ〜ルは末尾の0845に関門橋通過、電光掲示板は「E5」、余裕の通過でした!
クリックすると元のサイズで表示します

関門海峡から瀬戸内海に入ると一転してそれまでの響灘の波高2mから、0.5mになります。
クリックすると元のサイズで表示します
関門通過は4度目になりますが、瀬戸内海に入るとホッとしますね!

しかし、周防灘に入ると、本船や漁船が一気に増えて目が離せません。

目的地姫島までは逆潮と向かい風であと17nm/3時間はかかりそうです。(1530予定)

1515、姫島港のいつもの突堤に係留、連休なのにヨットが居ないと思いきや・・・
10分後に愛知NOのBAV40が入ってきたので舫いを取る。
クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸内海は干満差が大きいので岸壁に留めるときは階段のあるところがベターですね。

BAV40は愛知で中古艇を購入して長崎ハウステンボスマリーナへ廻航中ででした。
クリックすると元のサイズで表示します

チャリで15分のところに(送迎バスもある)「拍子水温泉」がある。
昔、姫島の姫がお歯黒をゆすぐために湧水を求めたがなく、神に祈りをささげるために手拍子したら冷泉が湧き出たと云う伝説の温泉です。冷泉と温泉の浴槽がありとても気持ち良い!

姫島は「車エビ」の養殖でも有名、ブランドの「姫海老」です。
これをミニスーパーで買って、自前のパエーリアを作ってみました。
活け〆の冷凍エビですが旨さは抜群!
クリックすると元のサイズで表示します

*明日は五日市メープルマリーナで上架整備したかったが、上架船台が10月まで予約で一杯と・・・。
五日市はあきらめて、仁尾マリーナか木場ヨットハーバーで上下を再検討します。

**よって明日の予定は愛媛県・北条港にしました。
1



2014/9/16  4:48

投稿者:フェニックス

フェイスブックに
何方か?入港の写真を掲載されてましたね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ