2017/11/14

台風被害と災害復旧  ヨットクラブ

10月22日の未明から23日にかけて、台風21号は潮岬の沖合を通過したにも関わらず、西宮に暴風雨をもたらした!
早朝の神戸気象台の観測ではGust 45m/s NW!
ボクが西宮に住み始めて40年・・・記憶にない!!

GarryのFBreportと滞在していたクラブ員の通報で早朝0530にハーバーへ・・・
その時の一報は10/24のブログにUPしていますが詳細は・・・・

(写真は転用しないでください)

・マストしか見えない桟橋
クリックすると元のサイズで表示します

・スターン舫いロープが切れて桟橋もろとも・・・
クリックすると元のサイズで表示します

・同様に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
大型艇なので2艇を押しつぶしました!?

・杭と桟橋の接続金具が破断
クリックすると元のサイズで表示します
桟橋の角がヨットのハルに穴をあけています!?

・鉄骨の桟橋下のフロートが抜けて・・・
クリックすると元のサイズで表示します

・横付け桟橋が崩壊
クリックすると元のサイズで表示します

・倉庫は2個在りましたが、1個はバラバラです!
クリックすると元のサイズで表示します

・コントレ〜ル/ラムソールの桟橋は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
20年以上使用していた古い桟橋を補修したもので、先端の部分は手抜きをしていた!

クリックすると元のサイズで表示します
錆びた鉄骨を補強していなかったので、ボロが露呈しました!
この先端部は廃棄して、別の係留方法を考えます。(後述)

*クラブの全艇と桟橋は多かれ少なかれ、なんらかの損害を被りました!
猛烈な台風接近にも関わらず、脆弱な横ずけ桟橋と係留方法を自ずから容認し、放置したためです。

定期点検を行い、連結ボルトやロープ類を交換していた共有桟橋は無事で、自主管理で必須な自艇の増し舫いやアンカーを打っているヨットは無事だった!
25tonもあるS・Sobroanも完璧な台風対策をしており、乗り切っていた!

*23日から連日ハーバーに出向いて復旧作業に入る!

・桟橋下のフロートの挿入
クリックすると元のサイズで表示します

・バラバラになった横付け桟橋の撤去
クリックすると元のサイズで表示します

*11月11-12日は全員参加の共同作業

・70tonクレーンが来た!
クリックすると元のサイズで表示します
巨大なクレーンでもベンドしています!?

・ついでに廃棄桟橋も揚陸しました。
クリックすると元のサイズで表示します

・膨大な廃棄物は2日間では処理不可能です。
クリックすると元のサイズで表示します

・共同作業日の炊き出しランチは格別に旨いです!
クリックすると元のサイズで表示します

*コントレ〜ル/ラムソールの横付け桟橋の新提案

5mx2mの4本繋ぎ=20mの先端部5mを廃棄して、20mmのロープで杭の根元から定置アンカーの様に舫いました!

クリックすると元のサイズで表示します

図面で見るとこんなんです!
クリックすると元のサイズで表示します

ゆうこうマリンから20mm/100mの舫いロープを買いましたが、少し足りない位です。

しかし、今の所、六甲おろしが来ても安定しています!

クリックすると元のサイズで表示します

鉄鋼杭は12年経過し、朽ちて来ているので頼れません、アンカーは必須ですね!

この横付け桟橋は20年以上経過して、あちらこちら朽ちて来て、パッチ当てでなんとか持ってますが、いずれは廃棄しなければならないでしょう!?

クリックすると元のサイズで表示します

今日は40年使っていたFRPの桟橋を解体業者に引き取ってもらった!

クリックすると元のサイズで表示します

この業者には廃船ヨットも引き取ってもらってます。

いずれはコントレールもお願いすることになるでしょうね!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ