実地試験の経験記述 合格のコツ  一級土木施工管理技士 勉強法

「今年こそは…何としても受かりたい」という思いで
一級土木施工管理技士の受験をされる方もいるかと思います。

「でも…。経験記述って、去年もさっぱりだったからなぁ…」

たしかに、経験記述だけは何が出題されるのか
まったく予測ができませんよね。

「あれもしなくては、いや、これも…」と、慌ててしまって、
結局、充分な準備ができないまま受験してしまった。
そんな方も多いのではないでしょうか。

「今年もやっぱり…」と、試験が近づいてくると、
つい弱気になってしまいがちですが、ご安心ください。
しっかり準備をすれば大丈夫です。

1日1時間の勉強で10日間で
合格レベルの実力がつく講座があります。

市販の参考書にくらべ、経験記述の「書き方」や「書き始め」、
「記述の進め方」、そして「押さえておくべきポイント」など、
どうやって書いていけばよいのかかなり具体的に説明しています。

これなら文章が苦手な方でも書き方が理解でき、
楽々と合格レベルに近づくことが可能です。

一級土木施工管理技士の実地試験にある
経験記述は「難しい」と言われていますが、
書き方のコツを知ることで合格は充分に可能です。




1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ