2017/8/6  清水靖晃/案山子  

清水靖晃/案山子 (YF-7061-BD 1982年)

クリックすると元のサイズで表示します


とら猫の赤ジャケットが印象的なサックス奏者、清水靖晃の82年のアルバム。空をふわふわと遊覧
しているような心地よいトラック、B-2「海の上から」は蝉の鳴き声をセンス良くサンプリング。
日本の夏を想わせる、風情のある空間が広がっていきます。旅のお供にぴったりな一枚。和みます。




2017/7/2  深町純 / NICOLE '86 SPRING & SUMMER COLLECTION   

深町純 / NICOLE '86 SPRING & SUMMER COLLECTION (NCL-0001 1986年)

クリックすると元のサイズで表示します


日本の鍵盤奏者、深町純がファッションブランド、ニコルの春夏用のショーのBGMのために制作したアルバム。多重録音
でアンビエント的な作品ですが、3曲ビートが立っている曲があり、エキゾチックでカッコよい演奏を収録しています。
シンセサイザーなどの飛び道具の使い方、作曲家としてのセンス。企画モノの仕事とはいえ、もはやその才能が隠せない
感じになっています。





2017/6/1  森定道広, 本木良憲 / 鶴千亀千   

森定道広, 本木良憲 / 鶴千亀千 (NO.1 1981年)

クリックすると元のサイズで表示します


コントラバスとフルートのデュオ。フルートはサックスに似た音色でベースもバッキンバッキン。音の突出感が、
もう凄くて断続的に降り注ぐ双方の出音に完全にやられてしまいます。ふつうじゃない感じ丸出しですが、これは
手に入ってから何回も聴いているお気に入りのレコード。80年代、大阪のフリージャズ作品です。




2017/5/7  東京音楽大学 /パーカッショングループ 演奏会   学生バンド作品

東京音楽大学 /パーカッショングループ 演奏会 (ICR-1105 1977年)

クリックすると元のサイズで表示します


インターコム・レーベルによって制作された東京音楽大学パーカッショングループによる作品。妖しさ漂うモノ
クロジャケットに惹かれて購入した1枚です。打楽器主体のグループのようですが、72年から活動を開始。もしか
したら他にも作品があるかもしれません。A-2「フリダヤ」とB-2「タンブーコ」はフリーの要素も入り混じり、
ちょっと睨んだ演奏を展開しています。ビブラフォンのアヴァンギャルドな旋律が耳に残ります。




2017/4/17  ザ・キャッツ/フレッシュ  

ザ・キャッツ/フレッシュ (YX-5007 1976年)

クリックすると元のサイズで表示します


大口純一郎(p)、福井五十雄(b)、大隅寿男(ds)からなるピアノトリオ、THE CATSの作品。大海原へ
ゆっくりと漕ぎ出すようなイメージではじまるB-1「triste」の素晴らしいアレンジ。しなやかに
美しく煌めいたかと思うと情感を揺さぶるように旋回する奔放なピアノソロ。後半、3人がいよいよ
ひとつに繋がり、最高のラストエンディングを迎えます。







AutoPage最新お知らせ