2016/11/29  早坂紗知&Stir Up!/Free Fight  

早坂紗知&Stir Up!/Free Fight (mobys record 0007 1987年&1988年)

クリックすると元のサイズで表示します


80年代より活躍を続ける女性サックス奏者、早坂紗知のファーストアルバム。日本産スピリチュアル
ジャズの名演ともいえるA-4「Monster's Teardrops」を収録した好内容のアルバム。果敢に挑んでい
こうとする彼女のフォームに終始ひきつけられてしまいます。




2016/11/8  ベストリオ / Live at 5 penny  

ベストリオ / Live at 5 penny  (LM-1271 1981年)

クリックすると元のサイズで表示します


鳥取にあったライヴハウス、5ペニーで録音されたBESTRIOの自主制作アルバム。水色のプレー
ンジャケットにアーティスト名、曲目が記された白い紙がただペタンと貼ってあるだけの手作り
ジャケ。貼ってある角度がレコードによって微妙に違うので、一枚一枚作られていたと考えられ
ます。ちょっとだけ剥がしてみようと思ったのですが、ビリっといきそうだったので、やっぱり
やめておきました。コルトレーンのIMPRESSIONSからそのままつなげて、NIGHT IN TUNISIAと
両曲とも攻め方がカッコ良く、かなりスペシャルなA面になっています。





2016/10/23  小金高等学校吹奏楽部/結成5周年記念  学生バンド作品

小金高等学校吹奏楽部/結成5周年記念 (1971年)

クリックすると元のサイズで表示します


千葉県松戸にある高校、小金高等学校吹奏楽部の71年の自主制作作品。表裏何も書かれてい
ない赤いプレーンジャケットで、中身はなんだろう?と思いながら、ラベルを確認したら、
なんと学生モノ。吹奏楽には基本的に手を出さないのですが、曲目に「イパネマの娘」と
「Fly Me to the Moon」があったので、もしかしたらと思ってチャレンジ買いしてみました。
吹奏楽には珍しく、ピアノ、ドラム、ベース、フルート、トロンボーンといった、ほぼジャ
ズの楽器編成でやっていて、なかなか聴き心地の良い和やかなムードのボサノバを。地元県
産ということもあり、うれしい発見でした。





2016/10/6  菅野邦彦/オーパ!ブラジル   

菅野邦彦/オーパ!ブラジル (PA-7195 1978年)

クリックすると元のサイズで表示します


ピアニスト、菅野邦彦のジャズ・サンバ作品。トリオレコードからのリリースです。
メンバーは菅野以外、ブラジルのミュージシャンで固められていて、本場の雰囲気が
思いっきり味わえる一枚。サンバのリズムに跳ねたピアノがとてもマッチしていて
活気のある演奏が楽しめます。完全に現地と合致している感はさすが菅野邦彦です。





2016/9/20  山下達郎/スペイシー   

山下達郎/スペイシー (RVL-8006 1977年)

クリックすると元のサイズで表示します


日本、また海外でも人気の高いシンガーソングライター、山下達郎の77年作名盤、「SPACY」。
メロウな空間に硬く打ちつけるブレイクビーツが決まった名曲、A5「Dancer」やB5「Solid
Slider」とグルーヴィな曲を収録した好内容のアルバム。バックコーラスに吉田美奈子も参加。







AutoPage最新お知らせ