マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目シェル、口コミ、内容、方法  マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目リシェル、口コミ、内容、方法

クリックすると元のサイズで表示します
詳細はこちら


英語を習得するためのエクササイズは、

本質的には実は2つしかないんです。
 
たったの2つです。

 

英語=筋肉ですので、それくらいシンプルでないと、

実際の喋りには使えないんです。
 
いつだって本当に使えるものは、シンプルですね。

 
この二つを上手く行うために、単語とか文法とかリーディングとか、

際限なく細分化していったのが事実でしょう。
 
 
その結果、世の中にもの凄い種類の参考書が生まれ、

語学の本質を見失い、英語をなにやら得体の知れない

怪物にしてしまっているのです。
 
 
そしてその怪物を前に、

「どうしたら英語を話せるようになるのか」

全くわからなくなってしまっているのです。


 本質的な2つのエクササイズとはなんでしょう。

 1. リスニング       (聞き流すだけではありません。)

 2. ●●●●●   です。 

 
●●●●●は普通に行うと初心者の方には
非常に難しいかも知れませんが、
マッスル・イングリッシュ・メソッドを用いて行うと、
誰にでも出来る易しいエクササイズになります。
 

加えて、マッスル・イングリッシュ・メソッドでは
長期記憶に落とし込めます。

 
このことにより、
子供が言葉を覚えるのと同じ過程を、
短期間で、一気に進める効果が得られるのです。

★あなたは、そのプログラムに沿い、1日30分楽しくエクササイズするだけ★

 
■ 28日間で、英語を話す上で基礎体力と言うべき、
「英語筋肉」を養って行きます。■

付属するエクササイズ・プログラムに従い、リスニングと●●●●●にてEarマッスル、Mouthマッスル、
Brainマッスル-を鍛えて行きます。
 
体に言葉を経験させて行く方法をとるため、言葉をより自然に、自分の中に取り込む(覚える)ことが出来ます。

 このエクササイズによりあなたは、

 ○ ●●筋 
 ○ 高いリスニング能力
 ○ 瞬時に英語を生成する能力
 ○ 聴いた言葉を長期記憶に保持する能力
 
 を得ることが出来ます。

 
身につけた筋肉とこれらの能力、実際のエクササイズの経験により、
英語習得最大の壁「どうしたら英語が話せるようになるのか」を一気に乗り越えます。
 
 
サッカーや野球に例えるなら、ドリブルや素振り練習に該当します。

身につけた筋肉を使い、
英語を話したくてワクワクしてもらうため、

今回は特別に、
フォローアップ・エクササイズを
飛躍編として追加で準備させて頂きました!

28日間のトレーニングであなたの英語筋力は
英語を充分ものにする力を獲得しています。
 
その力を一気に伸ばすため、次の飛躍編を是非ご活用下さい。

人為的にあなたの英語力を
ジャンプさせるよう仕組んであります。


 ■飛躍編は、24日分のエクササイズとなります。■
 
本フォローアッププログラムにつきましては、
あなたの飛躍状況により、エクササイズ期間をご決定下さい。

エクササイズご提供量としましては、
充分な量(24日分)をご用意させて頂きました。


インタビュー集を使用し、リスニングと●●●●●を行って行きます。
 

養った筋肉を使い、ある簡単なエクササイズを加えることで、
インプットとアウトプットを1:1に近づける練習をします。
(インプット=聴くこと、言葉を取り込むこと、アウトプット=喋ること、自分の言葉として使うこと)

このエクササイズにより、現実に近い形で、英語を話し始めます。
 
このエクササイズによりあなたは、

 ○ 実際に喋り出します。
 ○ 1:1にして行く手法を身につけます。

サッカーや野球に例えるなら、練習試合といったところです。


あなたはマッスル・イングリッシュ・プログラムにより
英語を話す上で不可欠な、●●筋を身に付け
筋肉により英語を話す感覚を体得し
筋肉的アプローチにより一気に英語をものにします。


「英語」=「筋肉」と認識し、実際に筋肉を鍛えて行くと、
英語は短期間で自然にマスターできます。


詳細はこちら


スペイン語勉強法・スペイン語会話・発音が楽しく身につく!


TOEIC短期スコアアップ講座


最短距離で話せるようになる英会話訓練法
0
タグ: 口コミ 内容 方法



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ