2009/12/27

超短期デイトレード「FXスキャルマスター」 レビュー  FXスキャルマスター

詳細はこちらをクリック


勝てないFX初心者のための投資手法


もし、あなたがFXで勝てないのであれば、FXのトレードを難しく考えすぎているのかもしれません。ちょっと、簡単な計算をしてみましょう。


いま、勝てば30pipsの利益、負ければ20pipsの損失、50%の確率で勝てるスキャルピング手法があったとします。つまり、2回のトレードのうち1回は30pipsの利益、1回は20pipsの損失ということです。


この場合、プロフィットファクター(総利益と総損失の比)は1.5です。一般に、優秀な売買ルールではプロフィットファクターが2.0以上あるのが普通です。従って、上記の手法は特別優秀なものではなく、あなたでも十分実現できる現実的なものです。


さて、1日に平均3回のトレードチャンスがあるとすれば、1ヶ月で60回のトレードを行うことになります。その結果得られる利益は300pips。これなら、1ヶ月に10%の利益を達成する事は十分にできます。


月10%の利益を月次の複利で運用すれば、いずれ1億に到達します。例えば、100万円の資金からスタートすれば、4年1ヶ月で1億を突破します。


つまり、月10%の利益を確実に取れれば、資金は雪だるま式に増えていくのです。これまでFXで勝てなかったのであれば、まずは月10%の利益をクリアしましょう。


もし、月10%の利益を出す手法がわからないのであれば、「FXスキャルマスター」という手法を参照してみてください。


「FXスキャルマスター」はトレンドの押し目買いや戻り売りを行うトレンドフォロー型のトレード手法です。


5分足でトレンドを確認して、1分足のサインでエントリーします。大きい時間枠のトレンドの方向にのみエントリーするので、自然と損小利大のトレードとなり、負け難いという特長があります。


エントリーやイグジットのルールはきっちりと決められています。その意味では限りなくシステムトレードに近いのですが、最終的にサインを採用するかどうかはトレーダーが判断します。ここの部分だけが「裁量」となります。


とはいえ、判断材料は5分足の独自指標で示されますので、それを見て判断すれば難しくはありません。


この「裁量」によるフィルターを取り入れることによって、パフォーマンスは非常に高くなります。


なお、「FXスキャルマスター」の基本はスキャルピングなのですが、30分足とか日足とかの別の時間枠にも適用できる手法です。

詳細はこちらをクリック




このサイトは、FXで大負けしない超短期デイトレード「FXスキャルマスター」のレビュー、効果、口コミなどの情報を公開しています。




FX24時間完全自動売買「フォレックスメガドロイド」 レビュー


FX自動売買ツール「REO-primo」 古末仁志 レビュー


LAVAS 「225ギャップハンター」 レビュー


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ