2018/2/3  22:00

栃木県立学悠館高等学校講演会無事終了!  講演会

2018/2/3(土)10:00〜12:00 栃木県立学悠館高等学校(栃木市)

寺子屋みらい・金子貴一講演会
『世界へ羽ばたけ
〜フリーライターと旅行添乗員の仕事とは〜』


本当に、私は幸せ者です。「40年前の私」である生徒など33名(生徒27名+卒業生2名+一般1名+教員3名)を前に話をさせて頂けるとは!彼ら同様、私も不登校やいじめに悩んでいたのです。

講演後の質疑応答では、先生たちがビックリする程、多くの質問が出ました。

担当の先生からは、「参加者全員が終始、耳を傾け、興味を持って聞いているようでした。感想用紙を見ても、彼らの心に残るご講話となったようです」とのメールを頂きました。

学悠館高校の先生と生徒の方々、私の方こそ、本当に本当にありがとうございました!

アンケートには、次の様に記載されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

・「色々な文化を知ることの意味、海外に行く意味を深く知れた。人とのコミュニケーションの大切さを知った。『知識より知恵を身につけよう』と聞いて、そうだなと思った。

 閉じこもってないで、変わって行こう、変わろうという思いと共に行動する勇気が必要なのかなと思った。心の問題を解決するには、内から変えて行くという言葉は心に響いた」。

・「自分の殻に閉じこもっていないで、自分がやりたい、やろうと思ったことはやったほうが良い!問題を解決すると心が成長するから、問題を解決して行こうと思った」

・「子供の頃からのいじめ、発達障害を乗り越え、自分がやりたいことを見つけて今を輝いている。何事にも前向きは姿勢がかっこいいと思った。

 不登校の現状を変えたい→社会問題に興味を持つ。その一心で、世界に羽ばたき、100カ国以上の国に行き記事を書くライターになる人生の壮大さに少なからず感激した」。

・「いじめ、障害、帰国後に日本に馴染めないなど、たくさんの苦難を乗り越えて、周りのたくさんの人々や、外国での経験に影響を受けながら、自分自身が成長して行く。そんな人生の中で、人間力やコミュニケーション能力、言語など、たくさんのことを学んでいて、すごいなと思いました。

 また、楽しいことばかりではなくても、海外での経験や生活により、今が充実していて幸せだと感じることもすごいなと思いました」。

・「人の歴史を聞くのは楽しいと、改めて感じた」。

・「小さい頃、様々な辛いことがあったのに、こうやって乗り越えて生きていることはすごいと思った。自分も辛いことがあるが、頑張りたいと思った」。

・「自分も将来、いろんな国に行き、たくさん刺激を受けて、自分の心をより強くしていける大人になります」。

・「金子さんは、若い頃から壮絶な人生を送って、それが人生を成功させてすごいと思いました」。

・「実際に世界のいろんな場所で、その地域の勝手などを経験してきた人だからこそ、説得力があった」。

・「人にいじめられていたのに、いろんな文化を身につけて、自分には考えられない様な人生を歩んでいらっしゃってすごいと思いました。高校生の時に社会問題に目をつけて考え行動して自分の形でそれを今の仕事などで取り組もうとしているのがすごいと思いまた。

 今までのいろんな人とのつながりを大切にできるのは少し羨ましいと思います」。

・「友人に誘われて来たが、とても楽しい話を聞けてよかった。過去の暗い話を笑いながら話しているところから惹かれ、他人との関わりの大切さがよくわかった。自分とかぶるところが多々あってすごく聞き入ってしまった。自分が変われば、周囲も変わってくるとわかった」。

・「いじめや不登校を乗り越えてこの様な活躍をされている金子先生の人生は、本校の生徒たちに大きな希望を与えてくださったと思います。『大変な時こそ、他人の幸せの為に努力しよう』心して実行して行きたいと思いました。とても楽しい、あっという間の2時間でした」。

・「とてもためになる話でした!学生時代の境遇は似ていて、私も不登校がきっかけで、ある問題意識を持ち始めたので、私も頑張ろうと思いました!」

・「その国の国柄や人柄をも理解し上手に心に入り込み、話をして仲良くなることはすごいと思う。外国には良いイメージはなかったが、今回の話を聞いて、海外に行ってみたい、英語や他の言語を学んでみたいと思った。色々な人に触れることはとても良いことなんだと改めて思うことができた。

 いくらAIが発達しても、人間同士のコミュニケーションはなくならないという言葉にとても感動し、心に響いた。今回は友人に誘われて参加したが、参加してとてもよかった。とても勇気をもらうことができた。色々頑張ろうと思えた。もっともっと金子先生のお話を聞きたいと強く思いました。ありがとうございました」。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ