裸で過ごす ヨーロッパ

ナチュリスム・ナチュリズム・ヌーディズム・FKK
裸体主義・나체주의・ナチュリスト・ヌーディスト
裸族・ヌード・ヌーディスト村・ヌーディストビーチ
ヌーディストリゾート・ヌードレクリエーション
サウナ・温泉・混浴・ライフスタイル・アウトドア
naturism・naturist・nudism・nudist

 

ブログ コミュニティ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 裸族・ヌーディスト(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
↑クリックすると順位が上がります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:四万十
自分はストレス多いですから裸で
過ごしたいです!そのときはよろしくね!

http://white.ap.teacup.com/simannto/
投稿者:nicora
こんにちは!
以前ヨーロッパのヌーディストビーチに彼氏と行ったときに、私も上半身を脱ごうとしたら、当時の彼に嫌がられ止められました。 でも、そのときは服を着てるほうが逆に恥ずかしかったというか、、、なんというか、、やっぱり郷に入れば郷に従えと思いました。 

http://www.klmflightclub.jp
投稿者:どんだけ〜
関係がない話ですが・・スタージス氏も来るかも知れません 憶測ですが・・・(*^^)v
投稿者:ぽぽぽ
cherry様
こんにちは、書き込みありがとうございます。

中国の話は初耳です。中国も急に変化して来て、インターネットで中国人のヌードもよく見かけるようになって来ましたし、ヌーディストビーチ(ただし男女別)ができたけどすぐになくなったという話もあります。
何しろ人の数が日本の10倍ありますから、単純に日本の10倍いろんな出来事があっておかしくない訳で、ヌードマラソンもあってもおかしくないでしょうね。
アジアの裸文化が進展するのは日本のナチュリストにとっても望ましいことではないでしょうか?

アメリカ人の話について言うと、むしろサンフランシスコなどの方が自由なのではないでしょうか? サンフランシスコでは特に迷惑をかけない限り、屋外で裸でいても法律に反しないらしいですよ。ドイツでは特別に指定された所だけで可能なんでしょうね。

また来て下さいね。
投稿者:cherry
こんにちは。
中国で以前にヌードマラソンが企画されたニュースはご存知ですか。今日の記事に書いたのですけど、naturistから見られてどう思われますか?

それと、ドイツでアメリカ人観光客が全裸で街を歩いていて警察に連行されたそうです。なんでも、その観光客はドイツでは全裸で歩いてもOKなんだと本気で思っていたとか。


http://diary.jp.aol.com/8g8tkknuzqby/205.html
投稿者:ぽぽぽ
私自身「ヌーディズム」の方は英語を使っているので(フランス語なら「ニュディスム」)、何ら統一性がありません。私の使っている言葉をまとめてみますと、

ヌーディズム(英語/フランス語はニュディスム)
ヌーディスト(英語/フランス語はニュディスト)
ナチュリスム(フランス語/英語はネイチャリズム)
ナチュリスト(フランス語/英語はネイチャリスト)

となります。

イーストボーンというのはイギリスですね。また機会があればフランスの方にもどうぞ。
投稿者:いおいお
なるほど。Fulhamをフラムではなく、フルハムと表記するが如きですね。ちょっと違うか。

Eastboneの崖下の海岸で全裸で泳いだときは8月なのに足の裏が痺れました。
投稿者:ぽぽぽ
いおいお様、初めまして。

確かに英語の発音は「ネイチャリスト」でそれを使う人もいますが、「ナチュリスト」(フランス語起源?)を使う人の方が日本では多いようです。一方「〜イズム」の方は英語とフランス語を混ぜたような「ナチュリズム」が一般的ですが、私はフランス語(に近い)「ナチュリスム」を使っています。

別に統一させる必要はなく、それぞれの好みで使えばいいのではないかと私は思っています。
投稿者:いおいお
差し出がましいようですが、naturistとはナチュリストではなくて、ネイチャリストの方がいいのでは?発音記号もそうなっています。私もnaturist beachでの日光浴が好きです。
投稿者:ぽぽぽ
まさに光明を見た思い、、、いえいえ、ナチュリスム、ヌーディズム関係のブログ、ホームページは他にもたくさんもありますので訪れてみて下さい。右の「リンク集」からどうぞ。5つしか表示されていませんが、「リンク集のページへ」をクリックすればもっとたくさんあります。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ