裸で過ごす ヨーロッパ

ナチュリスム・ナチュリズム・ヌーディズム・FKK
裸体主義・나체주의・ナチュリスト・ヌーディスト
裸族・ヌード・ヌーディスト村・ヌーディストビーチ
ヌーディストリゾート・ヌードレクリエーション
サウナ・温泉・混浴・ライフスタイル・アウトドア
naturism・naturist・nudism・nudist

 

ブログ コミュニティ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 裸族・ヌーディスト(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
↑クリックすると順位が上がります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:白鳳凰
また僕のHPを更新しました。
と、言っても基本的な内容は同じですが
裸の写真をTATTOO以外はイラストと入れ替えました。
と言うのも、僕のサイトの携帯版で裸の写真を
TATTOO以外を全て消去されたからです。
まあ‥時代の流れと言うとこでしょうかね!


http://rayou.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:ぽぽぽ
白鳳凰様

ようこそ、いらっしゃいませ!

フランスはこのところかなり寒いです。とてもはだか生活という感じではないですね。「裸遊」は時々覗かせていただいています。これからも頑張って下さい。
投稿者:白鳳凰
白鳳凰です
今年の冬は寒い!ぽぽぽさんが御住まいの所では
例年に比べて寒さの方はどうですか?

さて、2006年前半版と言うことで、少しだけ私のサイト(裸遊)を
更新しました。
と‥言ってもほんの少しだけ‥
 要望があったので、TATTOOのページを復活させ、新しい写真を載せました
 2005年の裸生活と言うことで、1ページだけ作りました。


http://rayou.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:ぽぽぽ
すごい話ですね。

でも近所の方もこれを機会にはだか生活を始められたらいいですね。

 ぽぽぽ
投稿者:もに太
ちょっと凄い話を聞いてください。あるナチュリストの夫婦がいます。この夫婦は首都圏外の分譲地に移り住んだのですが、家の中ばかりでなく暖かい時期は庭に出ていても完全に全裸です。
垣根があるので道路からは覗かなければ見えませんが3軒くらいの家の二階からは庭の半分は丸見えなのです。しかしずっと裸の生活をしていたベテランの夫婦なのでその点は万全で庭が見える家には引越したときに「裸で生活しているけど、もし見えても気にしないでください」といって承諾を得てあったそうです。昼間は庭に出ていることが多く宅配便がきても郵便配達がきてもそのまま受け取っています。
ところが承諾を得ていたはずの2つの家から「外で裸でいる」というクレームが分譲地の管理会社に寄せられ、自治会でも問題にされその夫婦は3組の年配夫婦から迫害を受けるようになりました。
見せ付けているとか、新興宗教とか、非常識とかウワサを広められました。そしてこの夫婦を追い出すための署名が100以上も集められ警察もたびたび呼ばれました。普通の人ならメゲてしまいそうですよね。

すごいのはここからです。この夫婦は管理会社の責任者が来ても、警察官が来ても家に招き入れて堂々と全裸のまま応対し話をしたそうです。
結局、垣根やフェンスで目隠ししているので公共の道路からは見えないこと、隣家の2階から敷地内で全裸でいることが見えたとしてもまったく問題とならないとことを確認しました。
そればかりか、管理会社も警察官たちもこの夫婦の味方になってしまい、大騒ぎをした3組の夫婦は逆に「覗き」として厳しい注意を受けたのです。
この話を知り合いの女性たちに話すと半数くらいの女性は凄い、かっこいい、その夫婦の生活を見てみたいと言います。このくらい堂々と全裸生活しているっていうのはナチュリストでなくても憧れなんですね。
投稿者:ぽぽぽ
海坊主様

そうですね、宗教的な理由もあるかもしれませんね。
私はふとこの人たち(というのはヨーロッパ人ということですが)は楽園(エデンの園)を自分たちで再現しようとしているのではないかと思うことがあります。
つまりアダムとイヴが「善悪を知る木の実」を食べる前は自分たちが裸であることを知らず「恥ずかしいとは思わなかった」(旧約聖書「創世記」2−25)のですから。
そう言えばキャップ・ダグドのホテルの名は「イヴ」でしたね。

 ぽぽぽ
投稿者:海坊主
昨年Heliopolisの一室を一週間借りてCap d'Agdeの
Naturist生活を堪能して来ました。詳しくは『にゃんごろりん』さんの掲示板へ体験記を書きましたが,アグド以外にもアメリカで数箇所複数回Naturist campを訪問しました。

ところでアジアでははだかと言うと非常に特殊な体験のように捉えられているようですが,欧米では本当にレクリエーションの一環として週末ハイキングへ行くような感覚で捉えられていますが,おそらくその違いは歴史と宗教観にあるのではないでしょうか?また特に日本の場合だとみんながやるなら自分もやるという人が多いために誰もやらない全裸を自分だけがやるのは無理とのことから誰もやらない,という感じでは?
投稿者:ぽぽぽ
上の名前のところをクリックして下さいね。

 ぽぽぽ
投稿者:匿名
初めましてぽぽぽさん。
お尋ねしたい事があるのですがもしよろしければ捨てメールで構いませんのでメールアドレスを教えていただけないでしょうか。
投稿者:ナクトクル
こんにちは、無記入改めナクトクル
といたします。
どうぞよろしく
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ