2013/2/25

お風呂上りの所に・・  オールインワンジェル

私の子供が乾燥肌です。大人の乾燥肌対策とはちょっと異なるかもしれませんが、子供にも使える=大人にもやさしい方法だと思いますので、参考のために書いてみますね。

さて子供の肌の状態ですが、夏はそうでもないですが、冬場は放っておくと白く粉を吹くぐらいの乾燥肌です。冬は、体全体がカサカサします。
乾燥を放っておくと痒みが出て、掻き崩したり、痒みで夜中に目を覚ましたりするので、冬には定期的に、皮膚科に通っています。
皮膚科では、保湿剤を処方してもらっています。ひどくなると治療薬が必要ですが、早い段階で保湿をしておくと、軽く済むことが多いです。
保湿に使うのはプロペトです。プロペトは、薬の成分が何も入っていない保湿剤です。お風呂上りに、たっぷりと使っています。オールインワンジェルも効果的です。
ちなみに、プロペトは白色ワセリンとほぼ同等の性質です。白色ワセリンは、薬局でも購入できます。

市販の入浴剤も使っています。保湿を謳っている液体タイプの入浴剤です。少しでも潤えばいいなと思って・・・。
ちょっと意外な話ですが、お風呂は、お肌から水分を奪うのだそうです。

正確に言うと、お風呂上りは一番潤っている状態ですが、直後に一番乾燥した状態になるのだとか。だから、お風呂上りの潤っている状態のうちに、素早く保湿剤を塗って、コーティングしてしまうのが良いそうです。

そういうわけで、入浴前にプロペトを用意しておいて、体を拭いたらすぐに塗っています。体に塗るときは、ちょっと多いかなと思うぐらい、たっぷりと。皮膚科の先生には、「ティッシュペーパーを貼りつけても落ちないぐらいの量を塗る」と教わりました。
下着などが結構吸収してしまうので、多めに塗るぐらいでちょうどよいのだそうです。

このように、毎日ひたすら保湿するだけという単純なケアですが、うちの子の場合は、劇的に改善しました。
軽い乾燥でお悩みの方は、お風呂上りにプロペトまたはオールインワンジェル、白色ワセリン、ぜひ試してみてください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ