陽のあたる街Web情報版「ひのPiO!」へようこそ!「ひのPiO!」は、東の立川、西の八王子に囲まれたベッドタウンとして発展してきた街ですが、地域のなかでも近年新しいムーヴメントが始まっています。どちらかと言うとマイナーなイメージの街ですが、もっと掘り起こせば、面白い話題や知られざる人々の暮らしが見えてきます。2008年日野市の活性化に少しでも貢献できれば、との思いでこのブログを立ち上げました。只今準備中で、コンテンツの構築もこれからの作業になりますが、どうぞご期待ください。

 

いよいよ始動します。ひのピオ!  

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/28

残しておきたい日本の古民家  

クリックすると元のサイズで表示します


 日本古来の古民家と言えば、各地に今も点在する藁葺き屋根の家があります。藁葺き屋根の代表として岐阜県白川郷集落の藁葺き屋根は有名ですが、藁葺き屋根の家は50年、100年と風雪に耐えたどっしりとした赴きと風情を醸し出しています。またそれは四季を通し地域で暮らす人々の喜怒哀楽と言った生き様を象徴するかのようでもあります。
 今回ご紹介するドールハウス「手作り藁葺き屋根の家」は、東北秋田の昭和40年代頃までの古民家を再現した手作り品です。材料は出来るだけ古い素材、秋田杉のタンスの木片や地元秋田産の自然素材(あきたこまちの藁)等を使用しています。土産店で販売されている大量生産商品でもなくオーダーにこだわった作品の世界を堪能していただきたいと存じます。

このブログをご覧になっている読者の中には、遠い過去に藁葺き屋根に住まれていた方や生家だった方もおられるかもしれません。写真や資料などありましたらその風情を作製することができます。インテリアとしても贈り物としても最良かと存じます。また旅館・ホテル・居酒屋店などの調度品としても好評をいただいております。

クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

材料:藁葺き屋根(あきたこまちの藁)
   壁(戦前作られた麻糸、及び絣生地使用)
   柱と壁(秋田杉の古タンス使用)※一部市販品使用
   (※ ペン立て 竹に絣の生地を貼付け)
   軒屋根(銅板を腐食させたもの)※市販品使用
   庭装飾(秋田県由利海岸の流木使用)
   装飾(竹※市販品使用)
   他(一般材料/自然素材)

サイズ:W300〜150×H200〜150mm(商品の大きさはそれぞれ異なります。)
制作日数:通常10日程度(再現内容により1ヶ月要すものもあります。)

価格帯:(例)水車小屋7000円(ペン立て)〜10,000円
      藁葺き古民家 10,000円〜29,800
      藁葺き曲がり家 30,000円〜49,800円
      いずれも、消費税・送料込み価格です。

現在、道の駅に展示しております。
   秋田県横手市「十文字 道の駅」
   秋田県横手市「さんない 道の駅」


 
工房名:ふる里工房「郷」
工房所在地:秋田県横手市山内筏大穴45番地

販売代行:〒191-0042東京都日野市程久保8-28-17
    生出勝久
    電話:042-592-4115(週末のみ対応致します)
    携帯:090-8725-2068
    メール:oide@mail.hinocatv.ne.jp 
    ※お問い合わせは、先ずメールにてご連絡お願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します

             「十文字 道の駅」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

                 工房内部
0

2008/1/4

(無題)  

2008年 新年明けましておめでとうございます。

0

2007/11/28

はじめまして  プラチナ倶楽部

初めて投稿しました!
プラチナ倶楽部です。

今後もいろいろな面白い情報をお届けできたらと思っています。
よろしくお願いいたします!
0

2007/11/10

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ